FC2ブログ

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (24)ホームで野外本番

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (24)ホームで野外本番

や、そんなとこまで…。
背中に張り付くアブラっぽい痴漢中年の好きにさせていたマリコだったが、お尻をまさぐる手がスカートに入り込んでくると、おもしろがってばかりはいられなくなった。

や、あ、あんっ…、
濃厚なフェロモンに当てられた中年は直接ハイレグパンティに触れて、軽く電流が流れたようなショックを受けた。
やあん、揉んじゃ、だ、だめえ…。
何かに取り憑かれたようにケダモノじみた目つきに変わった痴漢オヤジは、ゴクンとツバを飲み込んでお尻のナマ肌をハイレグパンティごと揉みはじめた。

あ、ああ…、そこ、だめえ…、
中年の手はお尻のワレメの奥に入り込んで、秘肉に密着して淫靡なシワを作る濡れたマタ布をグリグリとイジりだした。
あ、ん…、ああ、や、ああ…。
ねちっこい指先は若い英語教師の成熟した女体を悩ましげにもだえさせる。

あっ…、だ、めえ…、
中心部を狙う指先は濡れ濡れのマタ布をめくってヌルヌルの媚肉をイジりはじめた。
あ、んっ、や、ああ…。
いやらしい声が出そうで唇を噛み締めたマリコは、しかしお尻を突き出して痴漢中年が触りやすいポーズを取っていた。

ん、だ、あっ…、い、いっちゃうっ…、
淫液でヒタヒタのスジを行き来していた指先は、膣口を見つけると無遠慮に侵入し、クチュクチュとかき回す。
や、あ、ああっ…。
ナカをかき回す指先にイカされたマリコは広げた手で口を押さえて、快感まみで痙攣する発情する女体からあえぎ声が漏れないように懸命にこらえていた。

え、なに?…、
エクスタシーの余韻で朦朧したマリコはオッサンに手を引かれるまま、ちょうどドアが開いた電車から降ろされた。
あ…、こんなことで…。
植え込みに連れ込まれたマリコは、フェンスに手を突かされると腰を抱えられて、めくられたパンティのスキマから挿入された。

「あ、や、ああっ…」
は、あっ、ああ、オチンチンが、入ってるっ…、
まだ指マンの快感から覚めてないマリコは、ホームでアオカンナマ挿入されても、快感にまみれていやらしくあえぐだけだった。
や、だ、め、なのに…、はああっ、もっと、して欲しい…。
ハゲあがった額から汗を垂らして懸命に腰を振るオッサンは、若い成熟した女体をただれた官能の悦びに突きあげていた。

「や、ああっ、い、いいっ」
はあ、オチンチン…、気持ち、いいっ…。
誰かに見られるかも知れない駅のホームでお淫ら三昧の英語教師は、口元からヨダレを垂らした淫らなアヘ顔で青い空を仰ぎ、ナマ挿入で膣をズコズコされる快感を貪欲に貪っていた。

呪いのパンティ (25)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:46:49 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (23)ズル休み

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (23)ズル休み

「わかったら、さっさと教室に戻って、勉強しなさいっ」
早漏少年を思いっきりビビらせてどSな興奮をとりあえず満足させたマリコは、内マタで今にもションベンをちびりそうな信司を保健室から蹴り出した。

「は、はひいっ」
半ベソの早漏少年はみっともなくたたらを踏むと、逃げるように教室に帰った。

「ふんっ…、あっ、痛あっ…」
(性)愛の教育の、勝利ね…、あ、痛い…。
半ムケ少年を正しい道に導いたと、満足そうなサディステック美女は仁王立ちで鼻息を鳴らしたが、急に階段でくじいた足の痛みを思い出した。
…、これじゃ、今日はムリだわ、病院行かなきゃ…。
足首がジンジンして今日一日教壇に立つのはムリだと勝手に判断したマリコは、学年主任に早退を願い出た。

「あ、んん…、ケガなら、しょうがないな…」
マリコの女体から漂うフェロモンに当てられて鼻の下を伸ばした学年主任は、英語担当なので自分がマリコの授業を肩代わりすることで、マリコを早退させた。

…、なんか儲かっちゃった…、
まだ1時間目途中の早い時間に学校を出たマリコは、脚の痛みなど忘れていた。
どこ行こうかな…、
まだひんやりした朝の空気に火照った女体をくすぐられ、なんだか解放された気分で自転車を漕いでいた。
ああん…、そうだ…、
ペダルを漕ぐたびにアソコとウチ太ももがサドルにこすれて、若い女体が淫らに発情していた。
服買いに行こう…。
昨日服を買いに行ったばかりだが、もっとハデな服が欲しくなったマリコは最寄りの駅に自転車を走らせた。

ん?…、なに…。
ラッシュ時間が終わって割合に空いた電車に乗ったマリコは、お尻を圧迫する不自然な感じに振り返った。
え?…、
素知らぬ顔で横を向く中年が背中に密着していた。
痴漢?…、私、痴漢されてる?…。
それほど混んでない車内でのあきらか不審な行動を、マリコは痴漢だと直感した。

…、これも経験かな…。
電車通学や通勤の経験のないマリコは、電車で痴漢された経験が無かった。初めての痴漢体験を、これも経験だとお気楽に考えた(そう考えたのはハイレグパンティの魔力なのだが、マリコの意識するところではない)マリコは、しばらく痴漢の好きにさせていた。

しかしそれが間違いだった。

痴漢常習者の中年リーマンはつい寝坊してこんな時間に電車に乗っていたが、すでに遅刻しているので会社をズル休みするコトを考えていた。

そんなときマリコを見て、セクシーな女体から発散するエロフェロモンに誘われてつい手を出してしまったが、嫌がるそぶりを見せないマリコによりディープな痴漢行為を働いてしまった。

呪いのパンティ (24)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:25:36 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (22)マリコの本性

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (22)マリコの本性

「んっ…、あ、はあっ…」
あ、ああ…、だめ、とまらない…。
オッパイを愛撫されたマリコは、半ムケチンポを咥え込んだ膣がムズムズして無意識に腰を振っていた。

「お、は、ああっ」
美人教師に騎乗位で妖しく腰をグラインドされて、みっともないあえぎ声を上げるエロガキは
「う、お、おおっ…」
あっけなく果てた。半ムケチンポをドクドクと脈動させてドピュドピュと大量のザーメンを放出した。

「あ…、ああ…」
で、出てる…、い、いっぱい…。
いきなりナマ射精されたマリコは、キレイな女体を緊張させて切なげなアヘ顔を天井に向けていた。

「あ、はああ…、えがった…」
美人教師におもいっきりナマ出ししたエロガキは、幸せそうなたるんだ顔を見せたが
「ひっ、い、いたい…」
いきなり平手打ちを食って、鳩が豆鉄砲を食ったようなビックリした顔でマリコを見つめた。

「ナマで出すなんて、どういうつもり…、私を妊娠させたいのっ」
このバカガキ…、ゴム付けてないのに…
早すぎるナマ出しにすぐに正気に戻ったマリコは、美人顔をキリッとさせて茫然とする信司をにらみつけた。
女の敵だわ…、許しちゃ、だめっ…。
まだ全く満足出来ない欲求不満も手伝って、どSな本性をムキ出にしていた。

「え…、ご、ごめんなさい…、先生…」
美人教師の迫力にしぼみはじめた半ムケチンポを一気に意気消沈させた信司は、なさけない半ベソで謝っていた。
「だめ、許さない、私が妊娠したら、責任取ってくれるのっ」
あっさり出してくれちゃって、そんな自分勝手なセックス、ダメだわ…、この子のためにならない…。
先生っぽい教育的指導をするナマ太もを広げて信司にまたがる淫乱教師は、早漏生徒の頬が腫れるほどビシバシと体罰を加えていた。

「ごめん、ゆ、ゆるしてっ、もう、しません…」
(性)愛の鉄拳指導にヘタレ早漏はみっともない泣き顔をさらして、まだマリコのマ○コに入ったままのチンポを極小までションボリさせていた。
「いいっ?…、こんなわがままなセックスするようじゃ、ろくな大人にならないから」
あ、ああっ…、これが、本当の…、(性)教育だわ…。
どSな教育的指導に加虐色情を昂ぶらせたマリコは、フニャチンのモジャモジャに密着させたアソコをネチョネチョに濡らしていた。

「早く服を着なさい、ちゃんと勉強して、女の人を悦ばせることの出来る、立派な大人になるのよ」
ああ…、気持ち、いい…。
みっともない泣き顔をさらしてへこみまくりのガキを容赦なく責め、上機嫌のマリコは恍惚とした恐ろしいほど美しい笑顔を見せていた。
「は、はい…」
背中を丸めてブリーフに足を通す信司は、威圧的な美しい笑顔にションベンをちびりそうに震えていた。

「このこと、しゃべったら、そのダメチンポ、チョン切るから、わかった?」
言えないと思うけど、いちおう、口止めしないと…、
バカガキが軽はずみにしゃべったりしないように念を押したマリコは
「早漏が恥ずかしくて、言えないと思うけどね」
早漏くん…、私としようなんて、100万光年早いのよ…。
フフンと鼻息が聞こえて来そうなどSな笑顔で、横綱と新入門力士ぐらいの立場の違いをはっきりさせ、
「は、ひい…」
震え上がって股間を両手で隠す少年を、さらに萎縮させていた。

呪いのパンティ (23)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:37:33 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (21)上からマ○コ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (21)上からマ○コ

「答えろ、これなんだ…」
太ももを広げた美人教師が発散するどMなフェロモンに興奮したエロガキは、パンティをめくってヌルッとした合わせ目に指を入れてグリグリすると、万年筆を取りだした。

「ああ…、そ、それは…」
んっ、や、ああっ…、ば、バレ、た…。
魔性のパンティに魅入られて攻撃的な性衝動に支配された少年に、愛液でヌルヌルの万年筆を突きつけられてマリコは、言い逃れできないと観念した。
「こいっ」
暴力的な昂ぶりをぶちまけるエロガキは、マリコの手首を掴むとベッドに放りだした。

「ほら、またがれ、上からマ○コしろっ」
服を脱いだ信司はベッドに仰向けになると、隣で布団に顔を埋めるマリコに命令した。
「え…」
私が?…、や…、この子、おっきくしてる…。
すぐに襲われるかと思ったが、信司はエロイ期待を込めた鼻息を鳴らして、マリコがまたがるのを待っていた。

「は、い…」
ダメ…、私は、教師なのよ…、
先端をカウパーで濡らした半ムケチンポを寄り目で見つめたマリコは、誘われるようにナマ太ももを広げて少年のカラダにまたがると、
あ、ああ…、ガマンできない…。
ハイレグパンティの濡れたマタ布をめくって、ソレを媚肉のヌルヌル合わせ目に咥え込んだ。

「おっ、ん…、せんせい、あったけえ…」
切なげに顔をしかめたマリコがゆっくり腰を下ろし、半ムケチンポを咥え込んでいく。
「ん、ん、あん…、や、恥ずかしい…」
あ、ああっ、入ってる…、
自ら担任生徒のチンポを咥え込んだ美人教師は、根元まで挿入して股間を密着させると、
あ、ああ…、感じる…。
大マタ開きのセクシーでスタイルのいい女体を伸び上がらせて、胸を突き出すようにのけ反っていた。

「くっ…、せ、んせい…、オッパイ、出して…」
美人教師にナマ挿入された興奮でハアハアと吐息を昂ぶらせ、イレ込み気味のエロガキは、ナマ乳を触らせろと要求する。
「あ…、は、はい…」
おっぱい?…、
万年筆より太い半ムケチンポで敏感な膣粘膜を刺激されたマリコは、はしたないアヘ顔をさらしていたが、
あ、はあ…。
シャツのボタンを外すとフロントホックを外して、頃合いの乳房をひりだした。

「おおっ、せんせいのオッパイ、きもちええっ」
手を引かれて倒れ込んできた胸にタプタプ揺れるオッパイを、信司はムニムニ揉んだ。

「あんっ、はああっ…」
や、あん、はあっ…、
胸の感じる部分をイジられたエロ美人教師は恥ずかしいアヘ顔をさらして、快感まみれの女体をよがらせる。
変に…、なっちゃう…。
ナマ乳をグニグニ揉まれて勃起した乳首をクリクリされたマリコは、おツユが滲んだシャインリップをグッと噛み締め、さざ波のように女体に押し寄せる快感に耐えていた。

呪いのパンティ (22)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:49:27 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old