FC2ブログ

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (9)前後で放出

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (9)前後で放出

「おいっ、脚っ、おっ、おお…」
狭い個室で下半身裸になったボウズ頭は、ニーハイデザインストッキングの脚を抱えてハイレグパンティのマタ布をめくると、いきなり突入した。

「あ、ああっ」
ひゃっ…、んっ、犯、された…。
ズンズンと突きあげられる片脚立ちの優子は、膣ナカを行き来する肉棒にうわずった吐息を漏らしながら、後ろの様子をうかがっていた。
「オレにも、やらせろ」
ワインレッドキャミワンピを胸の下までまくり上げで腰を押さえた長髪メガネは、ハアハアと湿った吐息を弾ませながら、ハイレグパンティをめくって尻アナに肉棒を押し当てた。

「や、そこ、だめえっ」
おしり?…、だめえっ…。
アナルバージンの危機に慌てて声を上げたが、
「しるかっ」
性衝動に支配された長髪メガネは尻アナを狙って腰を押しつけ、カリを食い込ませて括約筋をムリヤリ広げると、カッチカチの半ムケチンポを直腸にネジ込んだ。

「やっ…、あっ、ああんっ…」
にゃっ、にゃあっ、あんっ…、まへ、ほ…、はあう、うひ、ろほおっ…、
二人の高校生にサンドイッチされて、ズコズコと不規則に突きあげられる優子は、膣と直腸をかき回す肉棒にのけ反り、
んにゃあっ、おかされ、へるうっ…。
淫らなアヘ顔で天井を見つめて、ゆるんだ唇のハシからみっともなくヨダレを垂らしていた。

「ん、き、きもち、ええっ」
前から突きあげるボウズ頭は、キャミワンピの肩ひもをよけて胸をムキ出しにすると、手の平でモミモミしながら、腰を振り続ける。
「んぐっ…、あくっ、あっ、くっ、し、しまるっ」
アナルセックスの倒錯した興奮に没頭した長髪メガネは、キツイ括約筋の締めつけにみっともない声でうなりながら、尻アナの陵辱を続けていた。

「あにゃっ…、ひゃらあっ、にゃあらあっ…」
ひっ…、あひゃるっ…、ひっ、にゃあっ…、
膣粘膜越しに二本のチンポがぶつかり合うたびに、白目を剥いて天井を仰いだ優子がケダモノのようなあえぎ声を上げる。
にゃ、んっ、うみゃあっ…、ひゃあ、にゃらあっ…。
前後から荒々しく犯される肉の悦びに、発情した女体が悩ましげにもだえる。

「んっ、で、るっ」
ムッチリ太ももを抱えて肉棒を挿入しまくったボウズ頭は、うなり声を上げてドクドクとザーメンを注入する。
「おっ、オレもっ」
長髪メガネも同じようにうなって発情した女体にしがみつくと、尻アナに熱い白濁液をたっぷり放出した。

「んっ…、ああっ」
あ、ああっ、い、いくうっ…
同時に前後のアナにザーメンシャワーを浴びた優子は、片脚立ちのつま先を緊張させて伸び上がると、快感の頂点に突きあげられて昇天した。

呪いのパンティ (10)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:49:14 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (8)狂ったDK

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (8)狂ったDK

「は、はあっ…」
優子にナマ出しした男は、ひしゃげたお尻になんどかグイグイと股間を押しつけ、息子を根元まで押し込んでありったけのザーメンを注入すると、黙って個室から出て行った。

「はあ…」
あ、ああ…、また…、犯された…。
個室の壁に寄りかかった優子は、下半身からジワジワとあがってくる官能の悦びを感じながら、無表情に天井を見つめていた。
「あ…」
そしてザーメンがドロリとあふれるとハイレグパンティがすべて吸収し、膣内の残りも吸い取っていった。

ああ、どうしてなの…。
3人の男にナカ出しされて本当ならザーメンタンク状態の膣は、強姦される前と変わりなかった。ただ男たちの肉棒に調教されて感度が格段に高まっている点を除けば。

「あ…」
いつまでもここにいてもしょうがないので個室を出ると、高校生らしい二人が小用中だった。
「おわっ」
驚いたのは高校生の方で、突然現れたけだるそうなセクシー美女に半ムケチンポを懸命に隠していた。

いたのね…、聞かれ、ちゃった?…。
さっさと立ち去れば良かったのだがつい習慣で手を洗った優子に、息子をしまった野球部らしいボウズ頭がチョッカイを出した。
「パンチラ、ゲット!」
前屈みの優子の背後に迫ったボウズ頭は、ふざけてキャミワンピをまくり上げた。

「やっ」
や…、恥ずかしい…。
最初はただのおふざけだったが、優子がお尻を押さえて不安そうに振り返ったときには、ボウズ頭は血走った目で優子のカラダを視姦していた。

「お姉さん、やらせろよ」
ボウズ頭はまだ成長途中の、しかし毎日の部活で鍛えたカラダで迫ってくる。
「やってたんだろ、そこで」
股間はちょっと見ただけではっきりわかるほど、息子の怒張を示して盛り上がっていた。
「や…、ゆるして…」
こ、こわい…。
ケダモノじみた目で迫ってくる少年に、優子は腰が抜けそうに震えていた。しかしハイレグパンティはますます愛液に濡れて、媚肉の合わせ目は受け入れ体勢を完了していた。

ボウズ頭がふざけてキャミワンピに手を出したとき、指先がハイレグパンティに触れた。その瞬間、軽く電流が流れたようなショックを受けた少年は、このパンティの魔力に魅入られていた。

「やめとけよ」
優子の手首を握って引っ張るボウズ頭をヤリ過ぎだ、と思った片割れがやめさせようとしたが、
「え…」
この長髪メガネもつんのめった優子の前屈みになって突きあげたハイレグパンティのお尻に、偶然触れてしまった。

「え、や、やあ…」
あ、ああっ…、
股間を膨らませた長髪メガネがボウズ頭の側になると、優子は二人に引っ張られてさっきの個室に連れ込まれた。
またなの…、
狭い個室で前後から挟まれた優子は泣きそうになりながら、
犯されちゃう…、ふたり、いっしょに?…。
秘肉の合わせ目からどMな昂ぶりであふれたいやらしい汁を垂らしていた。

呪いのパンティ (9)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:23:15 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (7)公衆便所強姦

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (7)公衆便所強姦

あ…、や、あん、ああ…。
スケベな中年痴漢にしつこくお尻を揉み砕かれる優子は、自分から挿入を誘うように意識せずにカラダをS字にくねらせ、お尻を突きあげていた。

あ…、降りないと…。
しかし車内アナウンスで最寄り駅に到着したことを知ると、朦朧としたまま頼りない足取りでドアに向かった。
「おあっ」
優子の後を追ったオッサンは、突然気味の悪い声を上げてパンツの中で暴発させた。パンツの中をベトベトにして顔を伏せたオッサンに、周りの乗客がいぶかしげな視線を投げかけていた。

はあ…、
発情した女体のウズウズする感じをもてあましながら、ニーハイデザインストッキングの脚を内マタ気味に上げて階段をあがった優子は、
あれって…。
火照ったカラダがフワフワした感じで、電車内強姦と痴漢体験をまるで夢のように感じていた。

えっ…、
が、ハイレグパンティに魅入られた女体はすぐに男の欲望の標的となった。改札を出た優子は誰かに後ろから抱えられると、男子トイレに連れ込まれた。
「やらせろ」
たくましい腕に抱えられた優子は、よくわからないまま個室に連れ込まれ、壁に押しつけられたと思ったら、いきなりパンティをめくられて挿入された。

「やっ、あ、ああっ」
ひっ…、また…。
愛液にまみれた媚肉の合わせ目が血管の浮き出たゴツイ肉棒に広げられ、あっさりナマチンポの侵入を許した。
「んっ…、くうっ、うっ、うっ」
即挿入した男はキャミワンピをくびれまでまくり上げると、ハイレグパンティをはいたままのムチムチ腰肉を両手で抱え、興奮した吐息にまみれながら思いっきり腰を振っていた。

女体の火照りでぼんやりした優子は気付いてなかったが、階段を登るとき男にお尻を触られていた。大胆にもキャミワンピに手を差し入れた男は、ハイレグパンティに触れると押さえきれない性衝動に襲われ、優子をトイレに連れ込んだ。

「や、やら…、ゆる、ひれ…」
あ、ああっ、や、やらあ…。
異臭の漂う男子便所の個室で後ろからズンズン突きあげられて陵辱を受ける優子は、脱力して天井を見上げたアヘ顔に半眼を涙で潤ませていた。
「おっ、くっ、うう…」
欲望のまま腰を振っていた男は突然停止すると、股間をお尻のワレメに押しつけ、小さくうなり声をあげてドビュドビュとナカに放出した。

「やっ、ああ…」
や、ああ…、また…、
またも熱いザーメンで膣粘膜を焼かれた優子は、妖しいテカリを放つ唇のハシからヨダレを垂らした淫らなアヘ顔をさらし、
い…、ああ…、やらあ…。
キャミワンピに艶めかしい曲線を見せる女体を艶めかしくよがらせ、快感で火照った柔肌をヒクヒク震わせていた。

呪いのパンティ (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:38:50 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (6)痴漢中年

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (6)痴漢中年

この痴漢もしばらく優子に抱きついて放出の余韻に浸っていたが、電車が止まってドアが開くと慌てて逃げ出した。

ああ…、また…、犯された?…、
21年間守ってきた純潔を誰とも知れない男に奪われ、その後立て続けに犯された優子は、非現実な現状にリアル感がなかった。
あ、あん…。
そしてまたザーメンがドロリとあふれてきて危うく声が漏れそうになったのをこらえた優子は、発情した女体を緊張させたが、それもまたハイレグパンティがすべて吸収し、膣内の残りもすべて吸い取っていた。

なに?…。
優子は子種がすべて吸引される感覚に、まるで2度の強姦事件が無かったことにされたように感じていた。


現実と脳を含めた体の感覚が乖離した優子は、うつろな目で暗闇を流れていく家の灯りを眺めていたが、このときすでに3人目の痴漢が優子に近寄っていた。

中年リーマンは優子が発散するメスの匂いに誘われるように近寄ると、カバンを持つ手をキャミワンピが張り付いたお尻の押しつけた。
や…、また?…、
お尻の圧迫が痴漢をすぐに気づいた優子だったが、やはり何も出来ずにただされるままに発情した女体を緊張させていた。

「(ハアハア)」
中年リーマンは用心深くカバンを持った手の甲をムチムチのお尻に押しつけて、柔らかい弾力を楽しんでいたが
「(んぐっ、は、はあ…)」
優子が抵抗しないと食ってかかるとゴクンとツバを飲み込む音を鳴らし、手の平を広げてキャミワンピの上からお尻をまさぐりはじめた。

や…、めてえ…。
オッサンの手で女体の芯にくすぶるメスの欲情を煽られた優子は、汗が滲んだ太もものナマ肌を切なげに擦り合わせ、声が漏れないように唇を固く結んだ。
「(は、はあ…、た、まらん…)」
キレイな球面を見せるお尻を貪り続ける中年リーマンは、シットリしたセミロングヘアに顔を埋めて生臭い息を吐きかけながら、
「(んっ、あ、ああ…)」
膨らんだ股間を太ももの弾力にこすり付けて、悦に入った気味の悪いうわずった声を漏らす。

や…、いやああ…、
優子は背後にしがみつくオッサンに嫌悪を感じていたが、二人の男を知ったオンナ盛りのカラダは、潜在意識でチンポを挿入れられてバコバコされるのを望んでいた。
ひ…、あ、ああ…、
ニーハイデザインストッキングから張り出したナマ肌を、オッサンの股間でこすられるたびに、女体のあちこちで小さな花火が破裂するような甘美な官能に襲われる。

はあっ…、ら、らめえ…、
唇を潤ませた淫らなアヘ顔をさらす優子は、カラダの線を浮き上がらせてヌメッとした妖しい輝きをテカらせる、ワインレッドキャミワンピの女体を悩ましげにくねらせ、
あ…、や…、らああ…。
開き気味の媚肉の合わせ目からネットリした汁を垂らし、ハイレグパンティをおびただしい愛液でネチョネチョに濡らしていた。

呪いのパンティ (7)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:21:50 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (5)2人目2発目

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (5)2人目2発目

ドピュドピュとザーメンをナカ出しした痴漢は、放心状態の優子の発情した柔らかい女体にしがみついていたが、慌ててしぼみはじめた息子をしまうと、電車が止まってドアが開くのと同時に逃げ出した。

私…、犯された…、
背中を圧迫していた痴漢がいなくなると、優子は朦朧とした意識で自分が電車内で強姦されたことを意識した。
あ…。
その時挿入されていた肉棒の名残でまだ開き気味だった秘肉の切れ目からドロリとザーメンが垂れた。そしてそれを受けたハイレグパンティが瞬間的に吸収した。それどころか膣内に残った残滓もすべて吸収した。

ハイレグパンティは痴漢に強姦される前のように、恥ずかしいシミだけ残していた。


意識がはっきりせず、かろうじて吊革につかまっていた優子に、2番目の痴漢が忍び寄っていた。

あ…、
優子の背後に密着した痴漢はいきなりキャミワンピのスソに手を入れてお尻を揉み出した。
えっ、やだ…、
ハイレグパンティに触れた痴漢は何かに憑かれたようにケダモノぶりを発揮し、お尻をまさぐりながらキャミワンピの胸を揉み出す。
恥ずかしい…。
痴漢されているのを誰かに見られそうで、羞恥心で頬を熱くした優子は揉みくちゃにされる胸をジャケットで隠して顔を伏せたが、お尻と胸の刺激で女体の欲情はさらに昂ぶり、ハイレグパンティにネットリした小さな池を作っていた。

「(うひひっ、感じてるの?)」
かすかに震える発情した女体にしがみつく変態は、湿ったパンティのマタ布に指を食い込ませて、淫靡なシワをクチュクチュしながら、恥じらう優子の耳元にいやらしい声をささやく。
や、ああ…、私、感じてる?…、
痴漢に恥ずかしい事実を指摘された優子は、誰とも知れない手で欲情する自分が情けなかったが、下半身から湧き上がる熱い官能の波はそんな気持ちをあっさり押し流していた。
だ、め、そこ、ああ…。
湿り気を帯びたハイレグパンティに食い込んでいやらしいシワを作る指先を嫌悪しながら、優子はその小さな動き一つ一つに反応して、キャミワンピが張り付いた女体を淫らにもだえさせていた。

「(入れて、あ、あげるよ)」
膨らんだ股間をキレイなお尻の柔らかい弾力に押しつけてスケベ面をさらしていた痴漢は、ソレを取り出すとネットリ濡れたマタ布をめくって挿入した。
「ひっ」
やっ、ひっ…、ひゃら、らめえ…
またも車内ナマ本番の辱めを受けた優子だったが、無意識にお尻を突き出し、ヒダヒダ膣粘膜をかき分けて侵入する肉棒を深く迎え入れる。

「(くっ、吸い込まれる…)」
つま先に力を入れてお尻を押しつけて胸を突き出す美人女子大生の背中に、痴漢強姦男はピッタリ密着してズコズコ挿入しながら、大きくあいた胸のスキマに手を入れてナマ乳を揉みまくる。
ら、らめえ…、やら、あひゃあ…。
膣から広がる熱い官能の波に発情した女体を翻弄される優子は、恥ずかしいアヘ顔をさらして唇のハシにヨダレを滲ませていた。

「(んっ、出る…)」
心地いい弾力で押してくるお尻を押し返すように腰を振って挿入を繰り返した痴漢は、小さく呻くとふくれあがった肉棒をビクビク震わせ、大量のザーメンを膣ナカに放出した。

「んっ…」
ひっ、あひっ、ひああ…。
膣粘膜にへばりつく熱い白濁液にセクシーな女体を緊張させた優子は、はしたないあえぎ声を叫ぶのをかろうじてこらえたが、
らめっ、ひいいっ…、ひゃらあ…。、
吊り広告がぶら下がった天井にのけ反って、快感の頂点に突きあげられる悦びにまみれたメス丸出しのアヘ顔をさらしていた。

呪いのパンティ (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:41:57 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old