FC2ブログ

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (4)車内膣内発射

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (4)車内膣内発射

や、あ、んっ、んんっ、も、もう、ああっ…、
ただ耐えるだけの優子に、痴漢はますます図に乗ってヌメリ気でヒタヒタの秘肉のスジに指を行き来させる。

や、あ、声、あ、でちゃ、あんっ、んん…、
感じる部分を直接愛撫された優子は、キャミドレスが密着したセクシーな女体を悩ましげ痙攣させ、感極まった声が漏れないように懸命に口を結ぶ。

ひゃっ、ら、らめえ…、
痴漢の指は膣口を探り当てると、第一関節まで埋没させてクチュクチュとかき回す。
ああ…、おかひく、らっちゃう…。
いやらしい指先に広げられた膣口から愛液がダラダラ垂れ、太ももを伝ってニーハイストッキングまで垂れていた。

優子自身はまだ気付いてないが、ハイレグパンティを身につけてからカラダの感度は数十倍に高まっていた。それが卑劣な痴漢の手であっても、アソコをイジられる刺激で快感の頂点に突きあげられる優子は、メロメロの失神寸前だった。

あ、はああ…、えっ、何、や、やらあ…、
痴漢の指が抜けてつかの間息をついたが、すぐに代わりのモノが入ってきた。それは痴漢の勃起した肉棒だった。
やっ、あ、あんっ、入れちゃ…、あひいっ、らめえ…。
キャミワンピがまくれたハイレグパンティのお尻に股間を押しつけた痴漢は、先っちょをアソコにあてがって、クイッと腰を上げた。

ひっ…、ら、らめ…、
痴漢の邪悪な肉棒は吸いこまれるように優子の肉体に突入した。
や、やら…、ああっ、あひゃあ…、
電車内でナマ本番された優子は吊革につかまった手を緊張させ、もう一方の手は恥ずかしいあえぎ声が漏れないように、口を懸命に押さえていた。
にゃ、ら…、ひっ、ん、んっ…、
優子の背中に密着した痴漢は、マタ布をめくって挿入した肉棒を、電車の揺れに合わせて行き来させた。

あ、ひっ、ぐっ…、
メス丸出しのアヘ顔を優子はうつむいて広げた手で隠していたが、
ら、らあめえ…、
下半身から湧き上がる官能の熱い波に揉みくちゃにされて、デザインストッキングの美脚をガクガク震わせていた。
ゆ、ゆるひれ…、あひっ、ら、やっ、らあっ…。
男に陵辱される悦びをはじめて味わう女子大生は、かろうじてケダモノのようなあえぎ声がでないように懸命にガマンしていた。

「んっ」
嵐のような快感に耐えきれずその場にしゃがみ込もうとしたその寸前、痴漢は小さく呻いて熱いザーメンを膣ナカにぶちまけた。
「あっ…」
ひっ…、あ、ああ…。
衆人環視の混んだ電車の中で痴漢に中ダシされた優子は濃厚なフェロモンを発散し、はしたないアヘ顔を天井に向けてのけ反り、ワインレッドミニワンピが張り付いた瑞々しいカラダを切なげによがらせていた。

呪いのパンティ (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:38:35 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (3)帰り道の痴漢

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (3)帰り道の痴漢

あ…、あれ?…。
混雑した電車に乗った優子は、すぐにお尻を不自然に圧迫されるのに気付いた。

21年の人生で痴漢された経験がほとんどなく、痴漢されてもそれと気付かなかった優子は、昨日とは比べものにならないほどカラダの感覚が敏感になっていたが、それでもそれが痴漢の手だとわかるまでしばらくかかった。

私、触られてる?…、
優子が痴漢だと確信したのは、キャミワンピの短いスソを通り越して痴漢の手がハイレグパンティとお尻のナマ肌を直接触りだした時だった。
や…、あ、やめてえ…。
誰だかわからない痴漢にナマ尻を揉まれてゾワゾワする感じに、優子は何も言えずにジッと耐えていた。

げへへ…、
ミニワンピの上からお尻の丸い感触を触りまくってさんざん楽しんでも、全く抵抗しなかった優子に大胆になった痴漢は、
いいケツしやがって…。
ナマ尻のしっとりした肌に指を食い込ませ、ドキドキと高鳴る動悸に異常性癖を昂ぶらせていた。

いい想い、させてやるからよ…、
しかし痴漢がここまで大胆になった本当の理由は、ハイレグパンティに直接触れたからだった。
オレのカワイイ、エロ子ちゃん…。
優子がそうだったように、このハイレグパンティに触れた痴漢は、指先に軽く電流が走ったように感じ、それからケダモノじみた痴漢衝動を押さえられなくなった。

や…、そこ、恥ずかしい…、
優子の後ろに密着した痴漢は、サラサラしたセミロングの髪にハアハアと生臭い息を吐きかけながら、お尻のワレメに指をグリグリと食い込ませて恥ずかしい菊門を刺激していた。
だめ、あ、ああ…、
恥ずかしい排泄器官をイジられる優子は、女体の芯でなにか熱いモノがたぎるのを感じながら、
だれか、たすけて…。
どうしていいかわからずに家の明かりが流れていく窓の外を眺めていたが、アソコの切れ目からいやらしい汁を滲ませて、ニーハイの絶対領域をモジモジすり合わせていた。

「あ…」
あっ…、やっ、声が…。
尻アナいじりに満足した痴漢の手がさらに奥に侵入し、湿ったマタ布部分に食い込むと、優子はつい声を漏らした。
恥ずかしい…。
電車の中という公衆の場で恥ずかしい声を漏らしてしまった優子は、耳まで真っ赤にして唇をギュッと結んだが、アソコからいやらしい汁がドンドン出てきて新品のハイレグパンティに恥ずかしいシミを作っていた。

ひっ…、あ、やあ…、だ、だめえ…、
思わずあえぎ声を漏らして緊張する優子にほくそ笑んだ痴漢は、パンティのマタ布をめくって直接アソコに触れた。

や…、ゆ、許してえ…、ん、ああっ…、声、出ちゃう…。
敏感な皮膚を触られて電気ショックを受けたようにビクンと震えた優子は、恥ずかしい声が出ないように口を固く結ぶのが精一杯だった。

呪いのパンティ (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:27:17 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (2)開花する優子

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (2)開花する優子

あ…、これ…。
コンサバファッションからかけ離れたガールズファッションは、優子の目に新鮮に映った。

カワイイ…。
ヒラヒラした光沢のあるワインレッドのキャミワンピが気に入った優子は、春らしい桜色のジャケットと合わせて購入した。
こんなの、初めてかも…。
それから店員に勧められて、今まではいたことのないカラフルなニーハイデザインストッキングも一緒に買った。

これ…、私?…、
試着室で全部着替えた優子は、これまでのコンサバで地味ファッションから、街によくいる若い娘がしているような、エロかわいい姿に変身した自分に驚いていた。
かっこいい…。
キャミドレスはナイズバディの艶めかしい曲線にピッタリ張り付いて、裸の優子を容易に想像させた。昨日までの優子ならそんな破廉恥な姿を恥ずかしいと感じて、嫌悪さえしたかも知れない。

なんか、いい…、
しかしあのハイレグパンティに出会ってから、なにかカラダの奥で眠っていたモノが一気に解放された気分だった。
はあ、きもちいい…、
前屈みに脚を上げて、デザインストッキングをスルスルとナマ脚に滑らせる。側面のよくわからない模様がすらっとした脚線美をセクシーに強調していた。
はあ…、なんか、きもちいい…。
ハイレグパンティがアソコに食い込んで、マタ布の部分が湿り気を帯びていたが、優子自身はまだ気付いてなかった。

「着ていきます」
それを着たまま会計を済ませた優子は、1階まで降りると化粧品のコーナーに自然と足が向いてた。
メイクも、しちゃお…。
身だしなみ程度にしか化粧しない優子だったが、今日はファッションに合わせたメイクをしたいと思った。

すごい…、
化粧品会社のお姉さんに任せてメイクしてもらうと、いままでと全く別人の自分が鏡の中にいた。
私って、こんな風になるんだ…。
そこには明るい笑顔のかわいい女の子がいた。優子自身は意識しないようにしていたが、それは男好きするエッチっぽい女の子の顔でもあった。

今日はいい日ね…。
新しい服とメイクで優子は生まれ変わっていた。地味ファッションのお堅い女子大生はもういなかった。
あれ?…、もう、こんな時間…、
優子がウキウキした軽い足取りでファッションビルを出ると、会社終わりのリーマンたちが行き交う時間だった。
なんか、いいことありそう…。
上機嫌の優子だったが、しかし彼女を待っているのは見知らぬ男たちにナマ本番で弄ばれる、快感まみれの陵辱地獄だった。

呪いのパンティ (3)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:07:05 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (1)女子大生優子

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (1)女子大生優子

大嶋優子は来年卒業予定の大学生。真面目が取り柄で3年次までに単位は卒論を残して消化し、しかもそのほとんどが優の成績優秀な学生だった。

おかげで4年になる前に就職の内々定をもらって、同級生のようにこの時期、会社訪問にあくせくする必要もなかった。

単位もほぼ履修して就職も決まった優子は、毎日大学に行く必要はないが、3年間の習慣で朝早くから大学に行って、図書館で本を読んでいた。

今日は好きな本を読み切ってちょっと機嫌が良かった。いつもは下宿と大学の往復だが、今日の優子は帰り道に途中下車して寄り道した。

駅前のファッションビルに入った優子は、ランジェリーショップでカワイイ下着を眺めていた。特に理由はないが、そろそろ新しい下着が欲しいと思っていた。

あ、コレ…。
どれもこれもカワイイ下着ばかりで目移りしたが、目立たない最下段の棚に置いてあったハイレグパンティが目についた。

彼女はコンサバファッションが定番で、下着もオーソドックスなタイプを好んで着用していた。ファッション性よりも実用性を重視する優子は、勝負下着のたぐいは持っておらず、ハイレグパンティさえ数枚持っているだけだった。

いいな、コレ…。
しかしこのハイレグパンティを見た優子はどうしても欲しくなった。

はっ…、ああ…、あれ?…
ソレに手を伸ばして触れた瞬間、指先に軽く電流が流れたような気がした。そしてソレを手に取った優子はそのままレジに向かい
「これ、買います…、はいていってもいいですか?」
店員に着用して帰ることを伝えていた。

あ、あん…、はあん、はああ…。
試着室でパンティを履き替えた優子は、下半身から何か得体の知れないモノが湧き上がってくる感じに小さくため息をついた。
なに?…、なんか、きもちいい…。
それは決して不快ではなく快感でさえあった。しかし真面目で奥手な人生、有り体に言えば異性と縁のない人生を送ってきた優子に、それが女性の悦びであることは理解出来なかった。

服も、欲しいな…。
新品のパンティを装着してランジェリーショップを出た優子の足取りは軽かった。無駄遣いしない優子はよけいな買い物をほとんどしないが、この日は急に服も欲しくなってガールズファッションの店に足を向けていた。

呪いのパンティ (2)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:50:38 ━ Page top ━…‥・

== はじめに ==

呪いのパンティ 目次

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次(12/05/16更新)
痴漢や強姦は刑法犯罪です。これはフィクションです。実在の人物団体と一切関わりありません。

内容:JKたちの間でまことしやかにウワサされる「幸福のパンティ」。ソレを手にしたモノは必ず幸せになれるという。
「幸福のパンティ」は実在した。しかしその実体は「呪いのパンティ」だった。ソレを着用した女性はセックス漬けの人生に堕とされ、毎日幾度も見ず知らずの他人からナマ本番を強制される運命が待っていた。

1.女子大生優子編
(1)女子大生優子 / (2)開花する優子 / (3)帰り道の痴漢 / (4)車内膣内発射 / (5)2人目2発目 / (6)痴漢中年 / (7)公衆便所強姦 / (8)狂ったDK / (9)前後で放出 / (10)暗い帰り道 / (11)星空の下で強姦 / (12)新聞奨学生アキオ / (13)ごんぶとチンポ / (14)優子の恋心 / (15)呪いの結末 /

2.女教師マリコ編
(16)女教師マリコ / (17)変態教師高田 / (18)万年筆オナニー / (19)エロガキ信司 / (20)囚われの信司 / (21)上からマ○コ / (22)マリコの本性 / (23)ズル休み / (24)ホームで野外本番 / (25)オヤジ撃沈 / (26)マーキュリーマリコ / (27)ヲタ男と本番 / (28)ヲタの女神様 / (29)お尻にサービス / (30)お尻の陵辱 / (31)指名ナンバーワン / (32)襲いかかるケダモノ / (33)ゴリラの絶頂 / (34)パンティの呪い / (35)その後のマリコ /

3.女子高生マユ編
(36)女子高生マユ / (37)ヲタクのセイ地 / (38)カメラ小僧に陵辱 / (39)早漏の2発目 / (40)不思議な感覚 /

ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
以下続く

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 21:37:28 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (59)女湯ヒーロー(10)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (59)女湯ヒーロー(10)

「…」
触手の餌食となりイボイボバイブでズコズコされて、昇天したさやかと佐江のÜローターは沈黙し、残るは彩佳のÜローターのみとなった。

「やあん、こないでえっ」
ヌルヌル、やだあっ…。
ゆっくりと近寄り触手を伸ばしてくる宇宙怪獣テンタクルバイブに、彩佳が気弱な女の子のような悲鳴を上げる。

「ぢゅわっ、彩佳ちゃん、助けに来たよっ」
そこへいかにもスーパーヒーローらしいもったいぶった登場をした(というかようやく緊縛が解けて駆けつけた)サルガが、テンタクルバイブの前に立ちふさがる。
やった、ナガミ、軽くやっちゃって…、
これでヌルヌルを触らなくて済むとお気楽に笑った彩佳だったが、
「ひっ、やだあっ、なんでくるのよおっ」
へ?…、アンタはナガミと、ヤッてなさいよ…。
自慢気に仁王立ちするサルガを迂回したテンタクルバイブが、彩佳のÜローターに襲いかかる。

「やだあっ、キモいっ」
うわっ、もう来たっ…。
あっさりコックピットに触手の侵入を許した彩佳は、Üローターを放棄して逃げ出した。
「ひっ、やだ、追ってこないでえっ」
脱兎のごとく逃げる彩佳だったが、巨大なテンタクルバイブの触手はあっさり追いついた。

「や、やだあーっ、いやあーっ」
ヌルヌル、やだあっ、キモい、やめてえっ…。
気持ち悪いヌルヌルが巻き付き、先端のイボイボバイブが彩佳のオマタを狙う。
「やめろ、彩佳ちゃんに手を出すな」
あわやという時に駆けつけたサルガが触手を引きちぎり、彩佳を救出した。
おそい…、さっさとやっちゃってよ…
助けてもらった彩佳だが、心の中でサルガをノロマと罵っていた。

「う゛ぁわっ」
SM趣味で女の子イジメの楽しみをジャマされたテンタクルバイブは、怒りのあまりゆでダコのように赤くなり全身タイツのようなサルガに火炎攻撃した。
「えっ」
触手以外に、あったのね…。
火だるまになりながらその場に立ち止まるサルガを見上げて、彩佳はまだ奥の手を隠していた宇宙怪獣の狡猾さに感心していた。

「ちょっと、さっさとやっちゃいなよ、スペルマ光線、どぴゅって」
灼熱の火炎を苦悶しながら必死に耐えるサルガに、彩佳が無責任に必殺技をはやし立てる。
「だ、だめだよ、彩佳ちゃんが巻き添えになっちゃう…」
彩佳の楯となってみすから火炎を受けるサルガは、文字通り塗炭の苦しみにもだえながら、彩佳を心配して攻撃できずにいた。

「え…、うそ…」
あんた…、ホントに、私がスキなのね…。
その一言で自分を慕う男に身を挺して守られる可憐な美女というシチュエーションにどっぷりはまった彩佳は、ウルウルした目で火だるまのサルガを見上げていた。

短編 (60)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:42:42 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (58)女湯ヒーロー(9)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (58)女湯ヒーロー(9)

「みんなっ、準備はいいっ?」
Üローターのコックピットに座って、ピンクローターによく似た生体感応式操縦装置を、両胸とノーパンのアソコに装着したさやかが、メンバーに声をかける。

「OK、リーダー」
同様にピンクローター状マンマシンインターフェイスを、乳首の挿入口と股間の切れ目にプラグインした彩佳が、ヘッドセット(IHADSS:Integrated Hedset And Display Sight System:統合化ヘッドセット・表示視力装置)に応える。

「GO!、チームÜ!」
見た目は工事現場の特殊車両のようなÜローターがノズルから火を噴き、特機隊の格納庫から発進する。
「うげっ、とんじゃうっ、とんじゃうよおっ」
密閉されたコックピットにいるさやかはいいが、吹きさらしの上部席にいる白メイド有華は、吹き飛ばされないように必死にしがみついていた。

「敵よ、Üローター変形!」
宇宙怪獣を目視したさやかが戦闘モード変換を指示する。不格好な飛行形態から地上戦闘モードに変形したÜローターは、さらにブサイクだった。
「やあんっ、キモいっ」
宇宙怪獣テンタクルバイブはイカかタコのような姿をしているが、無数のヌルヌル触手の先端にイボイボバイブを備えていた。粘液系が苦手な彩佳が悲鳴じみたお気楽な声を上げる。
「みんな、行くわよ」
3機すべてが地上戦闘モードに変換して、さやかの号令で一斉に突撃する。

「や、やんっ、はいってくるうっ」
ドスドスと突進する工事用特殊機械のようなÜローターにヌルヌル触手が襲いかかり、上部席にいる有華、すみれ、晴香の股間に突入する。
「や、んっ、あ、ああっ」
イボイボバイブをアソコに挿入された白メイド有華は、エッチな声を漏らしてあっさりリタイアした。
「あ、あんっ、イボイボがあっ」
同様にすみれと晴香もイボイボバイブの餌食になって、オマタの切れ目にズコズコ挿入されていた。

アソコにバイブを差し込まれてもだえる3人を置き去りにしたさやかは、突進を続けてヌルヌル触手を千切っては投げ、千切っては投げして一人奮戦していた。

やだあっ、さやかさん、よくあんなの、触れるね…
ヌルヌルがだめな彩佳は、距離を置いてさやかの奮戦を高みの見物していた。
「彩佳、行くよ」
ドスドスと地響きを立てて横を通り過ぎた佐江が、参戦しない彩佳にハッパを掛けてさやかに合流する。
やーよ、あんなの、触れないもん…。
二人のÜローターが触手にまかれまくりで奮戦するのを、顔をしかめて横目で見る彩佳だった。

「彩佳、早く、来てっ」
触手を千切りまくるさやかだったが、その数倍のヌルヌルバイブ付き触手に襲われて、密閉されたコックピットにも侵入を許していた。
「や、あんっ、入って、くるうっ、だ、だめえっ」
ヒラヒラワンピに入り込んだ触手は、イボイボバイブをノーパンのアソコに挿入した。ナカをイボイボで刺激されたさやかは、たまらず女の声を上げてもだえる。
「ん、あっ、は、ああっ、おっきい、イボイボが、すごいのおっ」
勇ましく突進した佐江も、あっさり触手に侵入されてイボイボバイブで犯されていた。

ええっ、だってえ、キモいし…。
チームÜ全滅の危機にも、相変わらず高みの見物の彩佳だった。

短編 (59)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:41:18 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (57)女湯ヒーロー(8)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (57)女湯ヒーロー(8)

「ちょっとまって、ここはリーダーの出番でしょ」
艶めかしいオーラ出しまくりの彩佳が、ナガミにまたがってジャイアントコックをまさに咥え込もうとしたその瞬間、さやかが高笑いとともに現れた。

「へ…、あの?…、さやか、さん?…」
な…、なんですとっ…。
さやかの姿を見つめた彩佳は、あんぐりと口を開けて茫然としていた。さやかはいつものスパルタンなセクシーコスチュームではなく、アイドルのようなお花模様のヒラヒラフリルワンピを着て、内マタでシナを作っていた。
「なに、私がこんなカッコウしたら、おかしい?」
この世のモノとは思えぬという驚愕の表情をみせる彩佳を、さやかはギロッとにらんで突き飛ばすと、ノーパンのオマタをイスに縛り付けられたナガミのジャイアントコックに押しつけた。

「あ、あの…」
カッコイイ系のイメージでやってきたさやかが、実は少女趣味でアイドル路線に憧れていることを密かに知っていたナガミは、
「さやか、さん…」
今のさやかの姿が痛々しくて、濡れた秘肉を押しつけられたジャイアントコックをションボリさせていた。

「えっ、なんで…、き、貴様、それでも日本男児かっ、歯を食いしばれっ」
さやかはナニがみるみるしょぼんでいくのに思いっきり落ち込んだが、突然逆ギレして地球の平和を守るスーパーヒーロー(の仮の姿)を、鉄拳制裁でフルボッコしていた。

「わあっ、痛いっ、ご、ごめんっ、さやかさん、許してっ」
ビシバシとビンタを食らって、頬がキンキンになるまで腫れあがったナガミは、半ベソで謝っていた。
「さやかさん、やりすぎですっ」
やばっ、ナガミが、しんじゃうっ…。
さやかの迫力に圧倒されてメンバーはしばし私的制裁を黙って見ていたが、ナガミの情けない声に我に返った彩佳が慌てて間に入る。

「なに?、リーダーに逆らう気?」
メスの昂ぶりと怒りが綯い交ぜになって極限状態のさやかは、彩佳にも噛みつきそうな勢いだったが
…、宇宙怪獣テンタクルバイブ襲来…、特機隊チームÜ、直ちに出撃せよ…。
その時、館内放送で迎撃命令が下された。

「ちっ…、いくわよ、いい?…、チームÜ出撃!!」
収まりのつかないさやかだったが、対宇宙怪獣が主任務のチームÜリーダーは、宇宙怪獣に怒りを向けてヒラヒラワンピース姿のままÜローターに向かった。
「了解!」
さやかの号令で宇宙怪獣殲滅に心を一つにしたチームÜメンバー全員が駆け出した。

「ちょ、ちょっと、ボクは?…、ねえっ、行っちゃわないで、ほどいてよおっ」
そして一人残されたナガミはイスに縛られて身動きできないまま、情けない声を上げていた。

短編 (58)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:42:09 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old