FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (53)女湯ヒーロー(4)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (53)女湯ヒーロー(4)

「いい、今日はアンタが彩佳を洗うのよ、いいでしょ、いつも彩佳が、やってあげてるんだから」
ナガミが目を覚ますと二人でお風呂に入った彩佳は、スケベイスに座ったナガミに大胆にオマタを開いてまたがり、目の前のナガミをにらみつけていた。

ナガミの中途半端な愛撫のせいで火照った女体をもてあまして、ほとんど眠れなかった彩佳は機嫌が悪かった。

「わかった…、いつも彩佳ちゃんに洗ってもらってるし、不公平だもんね」
眉尻を上げる彩佳にうつむきがちに応えたナガミは、顔を上げるとニッコリ笑った。
「そ、そうよ…、不公平よ」
ナガミの身の回りの世話は彩佳のタスクであり、彩佳がナガミに奉仕するのは当たり前のことで、天真爛漫な笑顔を見せるナガミに、彩佳はなんとなく後ろめたさを感じて気後れした。

「じゃあ、洗ってあげるね」
パックリ広げたオマタをフニャチンに押しつける彩佳のカラダに、ボディソープを塗りたくったナガミは、両手で柔肌をまさぐりまくる。
「あ…、んっ、あ、ああ…、そ、そこ…」
ん、あ、はあ…、気持ち、いい…。
火照った体を一晩もてあました彩佳は、ぎこちない手の平の愛撫にも発情してナガミに抱きつき、セクシーダイナマイトバディを悩ましげにくねらせる。

「あ…、そ、そこは…、コレで、して…」
ん、あ、はあ…、して…、おちんちん、欲しい、の…。
オマタの濡れたスジを指でこすられると、またがって大きく広げたムッチリ太ももでナガミの腰を締めつける彩佳はうわずった艶めかしい声を漏らし、チンチンでこするように指示する。
「え…、うん、わかったよ…」
なんだか気乗りしないナガミは曖昧に応えると、ボディソープを塗りたくったフニャチンで、ヌルヌルのスジをコスリはじめる。

「あっ、んっ、もっと、は、ああ、ナカも、してえ…」
はあ…、い、いいっ…、して、彩佳を、犯してえ…。
ナガミの首筋に抱きついてセクシーな声を耳元にささやく彩佳は、ムッチリ腰肉を妖しく揺らしながらナマ挿入をお願いする
「あ、うん…、わかった…」
彩佳の赤裸々な態度の前でも、相変わらず肉茎をションボリさせたナガミはやっぱり気乗りしない様子で、膣口に先端をネジ込む。

「んっ、あ、ああっ、もっと、お願い、してえっ」
ああん、入った…、おちんちんが…、彩佳のナカに…。
待ち望んだナガミとのセックスにとうとう突入したと意気込む彩佳は、本能的に膣をキュッキュッと締めつけ、膣口に咥え込んだフニャチンに気合いを入れようとする。
「う、うん…、彩佳ちゃん?…」
前のめりに興奮したあえぎ声を上げる彩佳に対して、気弱な声を漏らすナガミだった。

「な…、なあに?…」
は、ああっ…、はやく、してえ…。
立派になったジャイアントコックに貫かれるのを期待して、懸命に濡れ濡れオマンチョをナガミに押しつける彩佳が、鼻から抜けるような声で聞く。

「ボク…、彩佳ちゃんじゃ…、勃たない…」
女をムキ出しにて汗が滲んだ柔肌を淫靡に波立たせ、むせかえるようなフェロモンを発散する彩佳を優しく抱えたナガミは、申し訳なさそうにつぶやいた。

短編 (54)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:20:09 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (52)女湯ヒーロー(3)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (52)女湯ヒーロー(3)

サルガとして宇宙怪獣を殲滅した後、人間の姿に戻ったナガミが一般家庭の、しかも女性が入浴中の風呂場に出現するメカニズムの詳細はいまだにわかっていない。

一歩間違えれば地球を救うスーパーヒーローが変質者扱いされかねないこのおマヌケな不可思議現象を、科学防衛特機隊は持てる科学力のすべてを投入して解明しようとしたが、莫大なコストと優秀な科学者の労力を費やして、以下の現象を突き止めただけだ。

ナガミがサルガの姿から人間の姿に戻るとき、異次元空間に放り出されるらしい。そして我々の次元に戻ってくる出口が、どこかの一般家庭の風呂場(しかも若い女性が入浴中)というわけだ。

異次元空間ではナガミは仮死状態に陥るらしく、湯船で蘇生したとき生殖本能が異常に高まるようで、目の前にいる全裸の女性を欲望のまま陵辱して性欲を満たしてしまう。

住居侵入および強姦で警察に突き出されてもおかしくないが、ジャイアントコックで犯された女性は、経験したことのないようなエクスタシー体験に感謝することはあっても、文句を言うモノはこれまで一人もいなかった。

「でね、彩佳ちゃん、アイツが飛びかかってきて、ボク、やられちゃうって思ったんだけど、バアッってやったらね、バーンってねっ、やっつけちゃった」
ナガミにあてがわれた専用宿舎である高級マンションの寝室で、彩佳と同衾するナガミは、寝物語に今日の対決を自慢気に語っていた。
「そう…、よかったね…」
なによ、インポのクセに…。
宇宙怪獣との対決を熱心に語るナガミに、若く瑞々しい裸体を差し出し、夜のお供として一緒の布団に入る彩佳は、手を出してこない朴念仁に冷たい口調で応えていた。

「あう…、彩佳ちゃん、だめだよ、眠れなくなるから」
どうにもガマン出来なくて彩佳がフニャチンに手を出してモミモミすると、くすぐたがって腰を引いたナガミは
「オッパイ、しゃぶっていいよね、こうするとよく眠れるんだ」
横になってもキレイな形を保つ美乳に抱きついて、カワイイ先端をチューチュー吸い出した。

「あ、んっ…」
や、ああ…、そこ、感じる…。
毎日ナガミに添い寝しても、彼に対してはいまだにバージンの彩佳は、胸の性感帯を吸引されて成熟した女体を悩ましげにくねらせる。
「んっ…、があ…、があ…」
快感に震えるセクシーバディに抱きついて、硬くなった乳首をしばらく吸っていたナガミは、しかしすぐにイビキをかいて熟睡した。

もう、バカっ…、
胸の深い谷間に顔を埋めてイビキで乳肌を震わせるナガミを、いまいましそうに見つめた彩佳は、
このっ、犯してよっ…。
フニャチンをヌルヌルオマタに挟んでスマタをはじめたが、全く固くならないソレに女のプライドをひどく傷つけられ、生殺しで火照った体をもてあましたまま、今夜も眠れない夜を過ごすことになった。

短編 (53)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:38:17 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (51)女湯ヒーロー(2)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (51)女湯ヒーロー(2)

「しゃんとしてください」
科学防衛特機隊の同僚である桜田彩佳隊員は、ありったけの精力を吐きだしてだらしなく立つ、風呂上がりのナガミの体を拭いていた。

ナガミがユーバーメンシュサルガであるコトは、科学防衛特機隊内でもトップシークレットだが、ナガミがサルガに変身したとき完全に能力を発揮するため、サポートを命じられた一部の隊員には知らされている。

彩佳隊員はサルガの人間の姿であるナガミの、シモの世話を含めた身の回りの世話を命じられている。シモの世話とは夜の生活を含んでいる。

しかし宇宙怪獣との戦いの後は、かならず一般家庭のお風呂に出現して一般女性を陵辱して性欲を満たしてしまうため、いまだ彩佳隊員の夜の生活における任務遂行実績はない。

命令を遂行できずに女としてのプライドを粉々に粉砕された彩佳は、一般家庭に出現したナガミの性欲処理後の後始末をなにより屈辱に感じている。

「前、向いてください」
…、こんどこそ…、
大きくあいた胸に深い谷間を強調したトップスとホットパンツという、露出度の高いスパルタンなセクシーレザースーツを身につけた彩佳は太ももをムッチリさせてひざまずき、タオルでナガミの濡れた体を拭いていた。
イカしてやるから…。
言われるままに体の向きを変えたナガミのダランとしたチンポに、彩佳はローションまみれの手を絡ませる。

「はうっ」
ダランとした肉茎をヌルヌルの手でマッサージする彩佳に、ナガミがうわずった声を上げる。
「!…」
やったっ、今日こそ…。
手コキに反応するその声に、彩佳はうれしそうな笑顔を見せて気合いを入れてマッサージを続ける。
「くっ…、うひゃひゃっ、彩佳ちゃん、くすぐったいよっ」
一瞬筋肉質のカラダを緊張させたナガミは、息子をなぶる手のくすぐったさに思いっきり大声で笑い出し、みっともなく腰を引いていた。

「…、すいませんでしたっ…、あとはじぶんでやって…」
このおっ…、どうしてえっ…、
ナガミのうわずった声に、オマタのスジにうっすらと淫汁を滲ませた自分が恥ずかしくてミジメで、
私って、セクシーで、魅力的でしょ…、コイツ…、変態なのっ…。
タオルを放り出した彩佳は、ナガミがロリコンかなにかの特殊性癖を持つ変態扱いしていた。

「じゃあ、彩佳ちゃん、行こうか」
彩佳が持ってきた着替えを身につけたナガミが、サルガポインターのドライバーズシートでイグニッションを入れて無邪気な笑顔を向ける。
「…、はい…」
この変態…。
ナビに座ってレザーブーツの太ももを重ねて脚を組んだ彩佳が、窓の外を見ながら不機嫌そうに応えると、MAX800馬力の2シーターラグジェアリースポーツカーは、甲高い咆哮をあげて颯爽と走り去った。

短編 (52)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:35:36 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (50)女湯ヒーロー(1)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (50)女湯ヒーロー(1)

科学防衛特機隊のタイホウ・ナガミ隊員は世を忍ぶ仮の姿。彼の真実の姿はスーパーヒーロー ユーバーメンシュサルガだ。

今日もサルガに変身巨大化し、未知の惑星からの侵略者と死闘を繰り広げて見事に撃退した。今日も彼のおかげで地球の平和は守られた。

で、今、彼はどこかのお宅のウチ風呂にいる。同じ湯船には妙齢の美女が驚愕の表情で、人間の姿に戻った(というか全裸の)ナガミを見つめている。

「どうも…」
いつも、こうなるんだよな…。
艶肌をピンクに染めたセクシーな裸身を隠すのも忘れ、驚きのあまり声も出ない美女に、ナガミは困ったような笑顔で声をかける。
「きゃ…」
「まって、たんまっ」
おわっ…、ヒーローが痴漢で捕まったら、シャレになんないよ…。
情けない笑顔に思わず悲鳴を上げた美女は、ナガミに素早く抑え込まれた。

「んっ、んっ…」
たくましい胸板に顔を埋めた美女は、大きく見開いた目に恐怖の色をありありと見せていた。
「…、しょうがない…」
ビンビンの分身が柔らかい弾力に食い込む気持ち良さをイヤでも意識するナガミは、彼女の股間に手を忍ばせる。
「んっ?…、んんっ、んっ、んんうっ…」
お湯がチャプチャプ揺れて彼女のうめき声が徐々に艶めいてくる。人間に戻っても彼の指技はスーパーヒーロー級だった。

「んっ、んーっ、んっ、んんーっ」
感じる秘所を絶品の指マンで愛撫される美女は苦しそうに裸体をくねらせていたが、すぐに絶頂に突きあげられ、断末魔のうめき声を押さえられた唇のスキマから漏らした。
「じゃあ、失礼して…」
チンチン、破裂しそうっ…。
本イキでぐったりした美女のムチムチ太ももを大きく開かせたナガミは、ヤル気満々の息子を握ると、ヌルヌルにまみれた亀裂に押し当て一気に突入した。

「ひっ…、あ、ああっ、あっ、ああっ…」
ウルトラ級のジャイアントコックを突っ込まれた彼女は苦しそうのけ反ったが、たくましいカラダに抱かれてズンズン突きあげられると、鼻にかかった艶めかしいあえぎ声を上げてもだえ狂った。
「おっ、んっ、くっ、いいっ」
指マンでトロトロにとろけた発情女にしがみつき、快感を貪って腰を振るナガミは、スーパーヒーローの片鱗さえないだらしなく顔で、ナマ本番に没頭していた。

「あ、いっ、ああっ、すごい、いいっ」
荒波の立つ湯船で見知らぬ他人に強姦される美女は、快感の頂点に何度も突きあげられていた。
「ああっ、こんなの、はじめてえっ」
激しいアヘ顔でのけ反る美女は、メスの悦楽にまみれ、成熟した女体を淫靡に波立たせていた。

「んっ、おっ、う…」
くっ…、
快感に踊り狂う女体にジャイアントコックをケダモノのように激しく出し入れしたナガミは、裏スジのシビレを感じてヌルヌルの亀裂に根元まで押し込むと
でる…。
頭から突き抜ける様な快感に全身を緊張させ、ドクドクと脈動するビッグガンから大量のザーメンを放出した。

「ひっ…、あ、ああ…」
ナカ出しされて膣をザーメンで満たされた美女は思いっきり背筋を反らせて気絶した。

全身が性器になったような敏感な官能の悦びに翻弄された彼女はうっすらと笑みを浮かべ、発情したカラダ全体をビクビク痙攣させていた。

短編 (51)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 08:58:09 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old