FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (17)立ちはだかるつらい記憶

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (17)立ちはだかるつらい記憶

「どう、有紀ちゃん…、おいしい?」
冴子は時間さえ許せば由紀と一緒に食事をとった。

今日も一緒に昼食を取る冴子は、オイシイと応える代わりに見せる由紀の笑顔がかわいくて愛おしくて、思わず抱きしめたくなるような甘酸っぱい幸せな気持ちを感じていた。

点滴から経口食に切り替えた由紀は少しずつ以前の体重を取り戻し、柔らかいホッペの明るい少女に戻っていった。


一緒に朝の青空を見たあの日以来、由紀は冴子に甘えるようになった。一度精神が崩壊した由紀は、カラダは高校生でも生まれたての赤ん坊のような純粋な精神にリセットされていた。

無垢で純真な気持ちでなついてくる由紀は天使のようなまばゆささえ感じさせた。

そんなあどけなく愛らしい由紀を、いつしか冴子は本当の妹のように思っていた。


しかし闇に閉ざされた心に差した光は、過去のつらい記憶も浮き上がらせた。

「許して、ください、お願いします」
突然強姦グループに襲われた記憶がフラッシュバックすると、悲鳴を上げて怯えた由紀は、冴子に力一杯しがみついて泣きじゃくった。

「や、やだっ、やめてえっ」
そしてあの少年の死の記憶は由紀を半狂乱に動揺させ、静かになると感情を無くしたように由紀をひとりの世界に閉じこめた。
「有紀ちゃん、私、ここにいるから」
冴子は由紀の心が暗い闇に落ち込んでいかないように、力の抜けた体を抱きしめて由紀の名前を呼び続けた。

ある程度回復するとフラッシュバックが起こるという繰り返しで、由紀の病状は一進一退した。

少年の記憶が蘇ったあと由紀は明らかに憔悴し、天使のような明るい笑顔と対照的な、痛々しくも尋常でない落ち込んだ表情が冴子をさいなんだ。

由紀の苦しみを自分のことのように感じて悩み抜いた結果、冴子は記憶のすり替えを決意した。


記憶のすり替えというと、ある記憶に強制的に別の記憶を上書きするようなイメージがあるが、それは一面的で短絡な理解である。

記憶とは様々な情報が複雑に絡み合った情報の集合体であり、記憶のすり替えとはある情報により呼び出される情報を、別の情報につなぎ替える作業を意味する。

複雑に絡んだ情報のつながりを一つずつ付け替えることは、付け替え対象の情報を特定するために思い出したくない過去を呼び覚ます苦痛が伴うコトであり、付け替えに失敗すれば人格自体の崩壊を起こしかねない、長時間の地道で根気のいる、細心の注意を常に要求される非常に困難な作業だった。

アベンジャー由紀 (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:24:31 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (49)中休み(これまでのあとがき)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (49)中休み(これまでのあとがき)

若干のネタバレがあるので、(48)までの本編を読んだ後に読んでください。

『短編』と題して3月末から約半月で48話(5.5万字)を量産しました。単行本約半分の量ですから、かなりのハイペースだと思います(その間『アベンジャー由紀』の更新もありました)。

去年交通事故に遭って骨折したのですが、年明けからはずっと病気をしていて、会社を休職していました。3月にはそれもだいぶ良くなって、復職を待って自宅待機をしている間に『短編』は書かれました。

また『短編』はストーリーがほとんどない、エロエロなだけの話なので、悩まずに筆が進みました(キーボード入力ですが)。

似たような形式は過去に『ろま中男劇場』がありますが、こちらは短編というより中編です。1編5万字を越えるモノもあり、ストーリーもそれなりにあり、完結した話もまだ2編しかありません。


この『短編』は最初の『肉便器』が4話しかないように、エロシーンのみを書くことを目的にはじめました。2編目の『図書館痴漢』が10話に増えたのは、いつものクドイ描写(苦笑)が止まらなかったからです。

だからといって『図書館痴漢』に何らかのストリーリーがあるかというと、エロが徐々に進んでいく以外にはありません。ちなみにコレは某AVからヒントを得ています(というか、AVの内容を文章にしただけかも)。

お気づきかも知れませんが、『肉便器』と『図書館痴漢』に登場するキャラは『3年B組金八先生』から借用しています。もちろんろま中男作品はすべてフィクションなので、実在の人物とは全く関係ありませんが(苦笑、以下同じです)。


僕の彼女』は、机の下でフェラしている美少女という妄想からはじまりました。ヒロインを幽霊にしたのは、超常現象属性は何でもアリになって、エピソードの自由度が大幅に広がるためで、わりと好んで使ってます(例:魔法のメガネ魔法のスティックブリとブラなど)。


ニセ産婦人科』は松○玲奈を書きたかっただけです(笑)。ニセ産婦人科医は犯罪としてニュースになることもありますし、誰でも一度は体験したいと妄想する上位だと思います。


隣のお姉さん』も指○莉乃を書きたかったからです(『AKBがいっぱい(ビデオクリップ集)』で、指原と松井は二人でコメンタリーをしていて、個人的にペアのイメージがあります)。ヘタレでどMな垢抜けない女性を描きたかったのですが、いまいち達成できてません(恥笑)。


下着ドロ』はサスペンス風の味付けをしてますが、つぎはぎのストーリーです(汗)。最初に考えたプロットからかなりかけ離れた内容でかき上げました。とりあえずオチが付けられて、作者は割と満足してます。

キャラ設定は高○亜樹をモデルにしてますが、倉○明日香が混入してます(笑、わかる方にはわかると思います)。執筆中の『アベンジャー由紀』と合わせてフレンチキスということで勘弁してください(どういうことで…、汗)。

言わずもがなですが、ラストに登場した沼重造は『スケバン刑事』の沼重三のもじりです。このあたりがつぎはぎの最たるモノで、サキ(麻宮サキ)とアキでごまかしていますが、沼が突然出てくるのはプロットの大幅変更により、オチも変わってしまったからです(汗笑)。

オチに合わせるためや、もっと良くしようとすでにアップした分の細かい部分をだいぶ修正したので、アップ直後に読んだ人は、もう一度通して読んでみてください。

どうして沼が亜樹の会社に…、など説明してない部分がけっこうあります。その辺はセキュリティの甘い会社とか色々考えたのですが、一々説明するのもクドくなり、『短編』のコンセプト?に合わないのでやめました(汗笑)。

短編 (50)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:58:03 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old