FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (48)下着ドロ(11)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (48)下着ドロ(11)

「これ…」
沼が後ろに隠し持っていた花束を差し出す。亜樹は気付かなかったが、亜樹の歳の数と同数のバラだった。

「何ソレ、先生、似合わないよ…、ひょっとして、指輪もあったりして…」
なんだ?…、プロポーズか?…、誰にするんだよ、このスケベオヤジ…。
頑固オヤジと花束という想定外の組み合わせについ笑ってしまった亜樹は、誰かにプロポーズするのかと妄想し、ニヤけた笑顔で冷やかしていた。
「あ、ああ…、あるぞ…」
小さく咳払いした沼は、ポケットから指輪ケースを取りだした。

「なあにっ、先生、誰と結婚するの?」
いい年こいて、このどスケベがっ…。
思わぬ慶事にニヤケ顔をさらにゆるませた亜樹が、無責任にはやし立てる。
「あ、ああ…、オマエとな」
はしゃぐ亜樹を、ちょっと目を伏せて覚悟を決めた沼は、真剣な顔で見つめた。

「へ?…」
おまえって…、亜樹のこと?…。
いきなり当事者にされて混乱した亜樹は、大きく目を見開いたファニーフェイスを見せていた。予期しない展開にフリーズした亜樹に沼が花束を押しつけ、
「亜樹、結婚しよう」
真面目な顔でプロポーズした。

「はっ?…、チョット待って、それに、私、今、待ってる人がいるから、だからっ」
なんだ、なんで、結婚?…、先生、なにを、いきなりっ…。
バラの花束を受け取ってしまった亜樹は、混乱しながら饒舌になっていた。
「それ、オレだから」
焦る亜樹の肩を抱いた沼が、照れたように笑っていた。

「だって…、今日死ぬって…」
だから、わからんっ…、亜樹は、「呪いのメール」の送り主、待ってんだぞ…。
まだ全然納得できない亜樹が、例のメールを持ち出して、食い下がると
「そうだ、『教師沼』って入力したつもりだったんだが、『今日死ぬま』って変換されたのが面白くてな…」
署名のつもりがおかしな変換されたのがおもしろくて、悪ふざけであんなメールを送ったことを説明した(が、告白のいいアイデアが浮かばなくて、半ばヤケ気味に「呪いのメール」を送ったコトは黙っていた)。

「?…、『教師沼』が、『今日死ぬ』に、なったってこと?…」
ん?…、そういうこと?…。
「呪いのメール」を思い出しながら、沼の説明を懸命に理解しようと寄り目で考え込む亜樹だった。
「じゃあ、先生が、ストーカー!?…」
ずっと見てたってこと…、しかも、先生に…。
恥ずかしいトコロをさんざん見られた上に、高校の時の担任とエッチまでしてしまったことを理解した亜樹は、恥ずかしくて顔を上げられなかった。

「ああ、オマエ、無防備すぎるぞ…、着替えるときはちゃんと窓、閉めろよ」
猫背気味にモジモジする亜樹がかわいくて、つい笑ってしまった沼は
「せんせい…、ちょっといい?…」
うつむきがちに声をかける亜樹に
「なんだ?」
幸せそうな笑顔で不用意に応えた。

「このっ、ど変態があっ」
許さんっ…、
花束を手放した亜樹はタイトミニスカの足を沼に絡めると、ワキの下に手を通して伸び上がり、コブラツイストを決めた。
「ぐっ…」
すっかり油断していた沼は、強烈なプロレス技に苦痛にくぐもった声を漏らす。
「ホントに、こわかった、んっ、だからあっ」
変なメール、送りやがってえっ…、喰らえっ…。
カラダをゆすって締めつけをキツクした亜樹は、沼が気絶するまで許さなかった。


亜樹の当て身で意識を取り戻した沼は、平身低頭で謝って許してもらうと、ローターを取り出しにラブホに亜樹を連れて行った。そのまま流れでエッチに突入した二人は、その後も交際を続けて数ヶ月後には幸せな結婚式を挙げた。

ちなみに下着ドロだと亜樹が思ったパンティは、下から見上げていた沼の上に落ちてきたモノで、もちろん沼が2階までよじ登ったのではないし、写メの裸の下半身写真は、ネットに転がっていたそれらしいモノを加工しただけだった。

下着ドロ、終わり

短編 (49)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:17:25 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (47)下着ドロ(10)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (47)下着ドロ(10)

…、こない…、
ケータイの着信にビクビクし、子宮内のローターが突然震動し始めるんじゃないか、というどMな不安にドキドキしていた亜樹だったが、
なあんだ…。
あれからローターはピクリともせず、定時になっていた。

ちぇっ…、帰ろ…。
憧れの(といってもヤリチン現場を見てずいぶん株を落としていたが)大島も直帰で戻らないので、亜樹がとっとと定時上がりしようとしたその時に、
!…、来たっ?!…、ストーカーメール?…。
ケータイが鳴った。

このお、ジラしてくれちゃって…。
絶頂を突き抜けたセックスを教えてくれた男に、本心ではもう一度逢いたくてメールを待っていた亜樹は、照れくさそうなカワイイ笑顔を見せてケータイを開けた。
おっ、やっぱ、来たな…。
やっぱり「呪いのメール」だった。本文は「7時までに、○○に来ないと、今日死ぬ」だった。

ふうん…、亜樹に、来て欲しいんだ…。
○○は自宅近くの公園だった。亜樹は呼び出されたのがうれしかった。ストーカーの変態扱いして不気味がって怯えていたことなど、すっかり忘れていた。

ウキウキして会社を後にした亜樹は、帰りの混んだ電車で中年のオッサンにお尻をナデられていたが、男に会えるうれしさで優しい気持ちになっていたので、知らん顔して痴漢されていた。

はあ、まだ、早いか…。
○○公園に着いた亜樹は、オッサンに痴漢されて火照った女体から妖しいオーラを漂わせ、心持ち腰を振りながら男が来るのを待っていた。

「おお、亜樹じゃないか」
来たっ?…。
その声にパッと笑顔になって振り返ると、高校の時の担任だった沼重造が立っていた。
「沼先生…、お久しぶりです」
なんで…、ヌマ?…。
沼にあまりいい思い出のない亜樹は愛想笑いで応えながら、邪魔モノはとっとと消えてくれと失礼なコトを考えていた。

「立派になったなあ…、オレはオマエを鑑別所に送ることだけが、生き甲斐だったのに…」
いっぱしの社会人になった亜樹をうれしそうに眺めて、照れ隠しなのか冗談交じりに沼はしみじみつぶやく。
「もう、先生たらっ、昔の話は…」
スケバン刑事かっ…、私はサキじゃなくて、アキだっつーの…、昔の話、持ち出すんじゃネエよ…。
顔に痣があるんじゃないかと、ジトッと見つめた亜樹は、ヤンキーな過去を持ち出されて迷惑そうに笑っていた。

短編 (48)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:16:21 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old