FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (46)下着ドロ(9)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (46)下着ドロ(9)

「そうか、じゃあ、『亜樹にナマ出ししてイッてください』とお願いしろ」
のけ反ってキレイなロングヘアを悩ましげに振り乱し、悩ましげに波打つ女体を意のままに陵辱し続けるストーカー男は、またイジワルな声色で恥ずかしいおねだりを強制して、羞恥責めしていた。

「あ、ああっ、あ、亜樹のっ、んっ、ああっ、ナカで、あひっ、うっ」
も、もう、だめ…、し、しんじゃ、うっ…。
成熟した女の本能は陵辱される悦びを貪り、女体からネットリした汁をあふれさせたが、
「ナマ出しでっ、ひっ、ああっ、い、イッてえっ」
ひっ、ああっ、早く、してえっ…。
わずかに残った理性は、永遠に続くような快感地獄から解放されたい一心で、とまらないあえぎ声の合間に、恥ずかしい懇願をしていた。

「よし、イイ子だ、よく言った、いくぞっ」
破廉恥なおねだりにご機嫌な声を漏らした男は、体を起こして腰肉を両手で抱えると思いっきり挿入した。根元まで突入した肉棒が、ローターを子宮に押し込み、カリを子宮口に食い込ませた。

「ひっ、し、じぬっ、じ、じぬうっ」
「うっ、出るっ」
子宮をローターの震動でビリビリされ、大量のザーメンを膣に注入された亜樹は、四つん這いで緊張した四肢を痙攣させ、思いっきりのけ反ってロングヘアを激しく振り乱した。
「ひっ、あぐっ…、う、うっ…」
熱いザーメンで膣粘膜を焦がされるどMな快感に絶頂を突き抜けた亜樹は、思いっきりのけ反ると、ヨダレ垂れまくりのアヘ顔に白目を剥いて気絶していた。

「じゃあな、オレは包茎の早漏童貞イカ臭野郎じゃねえから…、憶えとけ」
真っ暗なフリースペースで膝を突き、半眼でうなだれる亜樹を見下ろした男は、罵詈雑言返信メールを否定するとどこかに行ってしまった。

あ…、は、ああ…、す、ごい…、
男の声を遠くに聞きながら意識を取り戻した亜樹は、脱力して足を広げた女の子座りし、惚けた表情で暗闇をうつろに眺めていた。
イッ、ちゃった…、こんなの…、はじめて…。
初めて味わった気絶しそうな恍惚と強烈な忘我感に、女の悦びの神髄を教えられた気がしていた。

「あ、あんっ…」
あ、ああ…、立てない…。
立とうとしたが腰があがらない。イキすぎて腰が抜けて立てない。
「は、はあ…」
しばらくしてようやく立てるようになった亜樹は、化粧直しによろよろとトイレに向かうと、ヨダレや涙で崩れたメイクを直してから個室に籠もった。
あ、ああ…、
ウォシュレットで膣内洗浄した亜樹は、
や、取れない…。
ズルムケチンポで子宮までネジ込まれたローターを取ろうと、アソコに指を差し込んだがとても届かず、あきらめた。

急に、動き出したら…
いきなりローターが動き出したら自分はどうなってしまうのかと、どMな胸のときめきに湿った吐息を漏らす亜樹は、けだるげな艶めかしい空気をまとったまま職場に戻った。

短編 (47)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:44:06 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (45)下着ドロ(8)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (45)下着ドロ(8)

「気持ちいいか…、淫乱女…」
全く気配を感じなかったのに、突然頭の後ろで声がして亜樹は抱きすくめられた。

「きゃっ…、な、なに?…、い、いやっ」
だ、誰っ?…、こ、コワイ…、
暗闇にビビる亜樹の耳元でハアハアと男のうわずった吐息が響く。ビックリして腰の抜けた亜樹は、何も抵抗できずに男のいやらしい手で体中をまさぐられ、タイトミニを腰のくびれまでまくり上げられた。
やっ、なっ?…、あ、入って、くるうっ…。
アソコのスジに食い込む何かを感じときには、ネットリした汁を垂らす膣口に勃起した肉棒を差し込まれていた。

「や、やあ、ああっ、やらあ…」
あ、や、やだあ…、は、ああっ、犯された…。
のしかかる男の重さで前に手を突いた亜樹は、むき身タマゴのようなお尻を突き出し、ウェルカムな四つん這いの体勢になっていた。
あ、ああっ、や、ああっ…。
のしかかった勢いで肉棒は膣を貫き、その先端に押されたローターが膣の最奥に押しつけられる。子宮口がビリビリ刺激されて、官能の悦びに翻弄される亜樹はかろうじて四肢を突っ張り、今の姿勢を保つのが精一杯だった。

「オレは、包茎じゃないし、早漏じゃないからな…、たっぷりと教えてやる」
快感にもだえる亜樹の体にしがみついて、耳元で湿った吐息混じりのこもった声を漏らす男は、腰を振ってズコズコ肉棒を挿入した。
「や、あ、ああっ…」
だ、めっ、や、ああっ…。
懸命に体を支える亜樹に男は体重を預けて腰を振り、ブラウスをはだけた胸を揉む。ローター込みのナマ肉棒挿入に気絶しそうな快感の嵐に叩き込まれた亜樹は、情けないアヘ顔をさらし、ゆるんだ唇のハシからヨダレを垂らしていた。

「どうだ、オレのズルムケチンポはおいしいか?」
プルプル震える亜樹にのしかかって腰を振りまくる男が、耳元でわざといやらしい声色を作ってささやく。
「は、あっ、んっ、ああ、ああっ…」
だ、めっ、ああっ、当たる、ひっ、し、死ぬうっ…、
ムキタマゴのようなツルスベお尻と男の股間がぶつかるパンパンという音と、粘液が肉棒にかき出されるニュプジュブという湿った音が、フリースペースの暗闇に響いていた。
はっ、ああっ、し、死んじゃう…。
ストーカー変態男の言葉責めに応える余裕のない亜樹は、子宮口に食い込んで激しく震動するローターと、膣粘膜に絡んで激しく出入りする肉棒に、忘我の絶頂に向かっていた。

「早漏じゃないから、まだまだイケるぞ」
快感にもだえる成熟した女体に激しい挿入を続けてハアハアと湿った荒い息にまみれる男は、ナマ本番の持続時間を自慢していたが
「あ、もう、死ぬ、あ、んっ、あっ、死んじゃ、うっ…」
も、もう、許、して…、あ、ああっ、狂っちゃ、うっ…。
エクスターに何度も突きあげられた亜樹は、半ベソのアヘ顔でみっともなくヨダレを垂らし、ズルムケチンポで無残に広げられた媚肉の裂け目からあふれる淫汁で、オマタを洪水状態に濡らしていた。

短編 (46)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:33:21 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old