FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (44)下着ドロ(7)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (44)下着ドロ(7)

くっそおっ…、どこで、見てんだ、ストーカー野郎…。
本文は「先輩の股間を見て興奮する欲求不満女は、今日死ぬ」だった。

あれれ…、なに?…。
しかし今度は画像が添付されていた。その下には、「この写真をばらまかれたくなかったら、引き出しのオモチャを入れろ」と書かれていた。
ぬっ?…、これって…、
写真は今朝盗まれたパンティと、裸の女性の下半身だった。
うそっ…、亜樹なの?!…。
顔が写ってないのではっきりしないが、自分の裸だと言われれば否定出来なかった。

なんなの…、オモチャ?…、
いつのまにか盗撮された破廉恥写真に、亜樹は空恐ろしい気味悪さを感じてキレイな顔をゆがませた。おそるおそる引き出しを開けると、ピンクローターが入っていた。
これを…、入れるの?…、このおっ、なめんなっ…、
性具としてのピンクローターを知っていた亜樹は心持ち頬を染めたが、同時に卑劣なストーカーに湧き上がる怒りでさらに頬を紅潮させた。
…、しょうがない…。
しかしすぐに正体不明の相手にはどうしようもないとあきらめると、ソレをポケットに入れてそそくさとトイレに向かった。

あ、ん、んんっ…、ああ…、入った…、
個室でタイトミニをまくり上げた亜樹は、広げたガーターストッキングの脚線美の根元にソレを押しつけて、ゆっくり挿入した。
はあ…、変態め…、絶対コロス…。
飛び出さないように奥まで押し込んだ亜樹は、膣ナカに収まったソレを感じて小さくため息をつき、心の中で悪態をついた。
「ひっ」
が、そんな亜樹の虚を突くようにケータイが鳴った。ドキドキしなが見るとやはり「呪いのメール」だった。

「今日死にたくなかったら、○○まで来い」と書かれていた。

何それ、なんでよ?…、はあ…、しょうがないか…。
メールが予言めいた文面から命令に変わっているのが納得できない亜樹だったが、しぶしぶ指定された場所に行くコトにした。

そこは会議などで使われるフリースペースで、この時間は何の予約も入ってないため、がらんとしている。
なによ…、え、あ、や、ああ…。
不気味な静けさに身震いした亜樹だったが、突然ピンクローターが震動しはじめた。激しく震動するソレにたまらずオマタを押さえた亜樹は、ガーターストッキングの太ももをムッチリさせてその場にしゃがみ込む。

「えっ」
やっ、なに?…、コワイ…、
突然照明が落ちて真っ暗になった。ますます恐怖に身を固くする亜樹だが、
「あ、あんっ」
あっ、いっ、あ、あん…、や、ああ…。
膣で震えるローターは亜樹のメスの本性を刺激し、成熟した女体が悩ましげに震える。しゃがんでムチッと畳んだ太ももの根本では、かすかに開いたスジからいやらしい汁があふれて床に垂れていた。

短編 (45)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:29:35 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (43)下着ドロ(6)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (43)下着ドロ(6)

「うっ…、出るっ」
半裸に剥いた横山を机に押しつけ、バックから激しく挿入していた大島は、生ナカ出しにうなると、みっともなくさらしたケツをビクビク震わせていた。

あっ、ああっ…、いっ、イックウッ…。
隠れてノゾキながらオナる亜樹も同時に絶頂を迎えてどエロなアヘ顔を見せると、あえぎ声が漏れそうな口を押さえながらのけ反り、発情した女体をビクビクと痙攣させていた。

はああ…、またやっちゃった…。
二人がこっそり出て行くと、床にぺたんとお尻を付けて女の子座りした亜樹は、今日二度目の一人エッチに、らしくない自己嫌悪をしていた。

ひっ…、また?…。
そんな気の抜けた亜樹を狙いすましたようにケータイが鳴った。またかと見当を付けてケータイを開くと、やっぱりタイトルは「呪いのメール」だった。

本文は「ノゾキながらオナってイク色情狂女は、今日死ぬ」だった。

だから、どこで見てんだあっ…、出てこいっ、このストーカー野郎っ…、
まなじりを上げてケータイをにらみつける亜樹は、一方的に送りつけられる怪文書メールにイラついたが、
そうか、返信してやれ…。
言われるばかりでいるのは性に合わないので、返信ボタンを押して
「死ね!!、変態のぞきストーキング野郎!!、包茎の早漏童貞イカ臭野郎!!、死ぬまでコイてろ!!」
カチカチと素早く罵詈雑言を打ち込んで送信した。

…、?…。
しばらく返信を待ったが、ケータイはうんともすんとも言わなかった。
勝った…、恐れ入ったか、変態童貞野郎…。
返信もできないヘタレ野郎だと決めつけた亜樹は、フンと鼻息を鳴らすと心の中で勝利宣言した。それから資料探しを再開した亜樹は目当ての資料を見つけると、とっとと資料室を後にした。

「亜樹ちゃん、遅かったねえ」
課長に資料を持って行くと、オナニーの名残で淫靡な空気をまとった亜樹のカラダを視姦しながら、ニヤニヤしていた。

「…」
大島さんの…、アレが…。
席に戻った亜樹は、隣でPCに打ち込む大島の股間をつい見つめて、ノーパンのアソコにエッチ汁を滲ませていた。
「なんだ、亜樹?」
職場で発情する亜樹に、PCから顔を上げた大島が声をかける。

「あうっ、何でもありません」
慌てて座り直して机に向かった。と同時にケータイが鳴った。
「すいません」
助け船とばかりケータイを開いたが亜樹だったが
「げっ」
タイトルはまたも「呪いのメール」だった。

「どうした」
素っ頓狂な声を上げた亜樹に大島が声をかける。
「なんでもないです」
あわわ、恥ずかしい…、変な声だしちゃった…。
大島の視線から逃げるように、亜樹はケータイをのぞき込むようにして顔を伏せた。

短編 (44)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:23:28 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (42)下着ドロ(5)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (42)下着ドロ(5)

「おはよう、亜樹ちゃん、今日もカワイイねえ」
なんとか遅刻せずに会社に到着すると、セクハラ上司がペロンとお尻をなで上げた。

「きゃんっ…、おはようございます」
…、このお、変態上司…、いつかコロス…。
セクハラ上司の変わりばえしない、いつもの朝の挨拶にキレそうなのをこらえて、ニッコリ笑って応えた亜樹は、心の中で剣呑なセリフをつぶやいていた。

しかしノーパンの下半身はスケベ中年のネットリしたタッチに、女体の奥に潜在させた発情をチリチリと刺激され、あそこのスジをわずかに潤ませていた。

「おはよう、亜樹、ギリギリだぞ」
セクハラ課長をどうやって殺そうか考えていると、隣の大島が声をかける。
「あ、大島さん、おはようございまあす」
きゃあんっ、大島さあん、今朝もカッコイイ…、
密かに想いを寄せるイケ面エリート社員に、あからさまにコビコビの亜樹だった。
「あのお…、ちょっとあってえ…」
パンツ盗まれてたから…、なあんて、亜樹、言えなあい…。
スリット入りタイトミニのオマタの前で手を揃えた亜樹は、ブリブリな態度でおケツをプリプリ振っていたが、
「…」
あれ、もう終わり?…、亜樹ちゃん、ショック…。
大島はもう机に向かって書類に目を通していた。


はあ…、どうしてこんな美人が、ホコリまみれの部屋で…。
セクハラ課長に頼まれた亜樹は、不満そうに資料室で捜し物をしていた。
あれ、誰か来た?…。
ドアが開いて誰かが入ってきた。シンデレラな境遇(灰かぶり→ほこりまみれ)を見られたくない亜樹がとっさに隠れると
「誰か来ますよ」
「こないよ、こんなトコ」
男女の艶を帯びたセリフが聞こえてくる。

大島さん?!…、横山、さん?!…。
男の声は大島だった。女性は亜樹もよく知っている先輩OLの横山のようだ。

「ああんっ、だめえ…」
大島は制服のボタンを外してナマ乳を揉みながら、ウットリしたエロ顔を見せる横山にチューした。
えええっ?!…、いやああん…、私の大島さんがあっ…、
机の下に隠れてスキマから様子をうかがう亜樹は二人のキスシーンにガックリしたが、
ハアア…、亜樹もチューされたい…。
しゃがんでムッチリしたオマタのスジをエッチな汁を滲ませていた。

「あ、あ、あっ…」
しばらく乳繰り合っていた二人だったが、今はナマ本番の真っ最中だ。

や、あ、ああ…、だ、だめえ…、
ケダモノのように絡み合う二人をのぞき見するノーパンの亜樹は、床に膝を突いてお尻を突き出し、エッチ汁で潤んだスジに指を入れてクチュクチュしていた。
はあ、声が、ああ、でちゃう…。
制服のスカートをお腹までまくり上げられた横山の、アソコに出入りする肉棒に自分が犯される妄想を浮かべて、イキそうになっていた。

短編 (43)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:22:41 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old