FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (41)下着ドロ(4)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (41)下着ドロ(4)

満員電車痴漢は、亜樹のスマタで一発抜いてご機嫌だった。

電車が次の駅に到着すると、痴漢はいそいそとザーメンまみれの勝負パンツを引き上げ、ズリ上げたタイトミニを元に戻した。

コイツ…、コロス…。
車内発射してご満悦な痴漢だったが、すぐに地獄に突き落とされる運命が待っていた。痴漢の不幸はプロレス技が得意な亜樹に手を出したことだった。
喰らえっ…、
ドアが開いて他の客と一緒に押し出された亜樹は、ホームに立つと同時に振り返り、痴漢にラリアットを喰らわせ、
死ねっ…。
ふらついた痴漢の背後に回り込んで、一閃バックドロップを決めた。

踏ん張って開いたガーターストッキング脚の根元では、アソコに食い込んだパンティからあふれたザーメンがシブキとなって飛んだが、スリット入りのタイトミニが垂れて隠していた。

「ぐ…」
何が起こったか判らずに、ホームの固い地面に受け身なしで後頭部を激突させた痴漢は、口から泡を吹いて卒倒した。
「ざまあみろっ」
ブリッジの体勢から跳ね起きて体を起こした亜樹は、卑劣な痴漢の変わり果てた姿を満足そうに見下ろし、腕を組んだドヤ顔で捨てゼリフを吐いたが
「あ、あの、コイツ、痴漢ですっ」
ヤバッ、やり過ぎかっ?…。
あっけにとられたリーマンたちの視線に気付くと、愛想笑いで言い訳して逃げ出した。

あ~あ…、これ、もうはけない、じゃんっ…、
トイレに逃げ込んだ亜樹は、ザーメンまみれの勝負パンツを脱ぐと未練タラタラに眺めていたが、思い切って汚物入れに叩き込んだ。
へ?…、なに?…。
ソレと同時にケータイが鳴った。メールの着信だった。

またか…、
見るとまた「呪いのメール」が届いていた。
なにいっ、どこで見てんだっ…、
文面は「痴漢されて悦ぶ変態女は、今日死ぬ」だった。痴漢撃退の興奮がまだ覚めてない亜樹は、怖がる代わりにいきり立ってケータイをにらみつけた。
それに、悦んでない、っつーのっ…。
タイトミニをまくり上げてノーパンの下半身をさらした亜樹は、ガーターストッキングの脚線美を肩幅に開いて、ケータイにすごんでいた。

って、ケータイに怒ってもしょうがないよねっ、会社に遅れちゃうっ…。
が、すぐに気を取り直してカワイイ笑顔になった亜樹は、ザーメンがへばりついたアソコをキレイにすると、タイトミニをズリ下げて急いで会社に向かった。

はあんっ…、スースーするっ…。
大マタを広げて元気に会社に向かう亜樹だったが、やっぱり何もはいてない秘所を外気でひんやりくすぐられ、心許ないイヤーンな感じだった。

短編 (42)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:09:44 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (40)下着ドロ(3)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (40)下着ドロ(3)

あ、逃げた…。
駅に到着してドアが開くと、ツインテール少女は弾かれたように駆け出し、痴漢から逃げていった。

あうっ…。
しかし降りたのは少女だけで、乗ってくる大勢の客で車内は立錐の余地もないほど混雑した。亜樹は全身を誰かに押され、不自然に足を開かれて女体をくねらせていた。
あ…、痴漢?…。
無意識下で全身を乱暴に愛撫される官能にもだえる亜樹は、お尻をまさぐる明らかに淫靡な魂胆のこもった手に痴漢を意識した。

コイツ…、節操無しの、性欲異常者かっ…。
こっそり後ろをうかがうと、くだんのイケ面が密着していた。JKに手を出すロリコンペド野郎だと全否定したが、今度は成熟した大人の女性まで歯牙にかける節操無しのケダモノだと、コケおろしていた。

…って、言ってる場合じゃない…、
お尻をモミモミしていた手は、いつのまにかサイドのスリットに侵入し、ガーターストッキングの上のナマ太ももをイジりだした。
うええ…、やめろ、このど変態がっ…。
背中に毛虫が這うようなゾワゾワする気持ち悪さに端正な顔をゆがめた亜樹は、しかし殺人的な満員電車で身動きできずに、痴漢の手に弄ばれていた。

って、おいっ…、そこは、あんっ…、やめろおっ…。
何も出来ない亜樹をあざ笑うかのように、痴漢は手を前に進ませるとパンティが食い込んだスジ前の薄い茂みに覆われた柔らかい肉をイジりだした。
や、やだ、あ、あんっ、やめてえっ…。
さらに手をすすませた痴漢は、スジに指を食い込ませてアソコを手の平全体で弄ぶ。

あ…、駅…、
大胆な痴漢のいやらしい手にアソコをモミモミされて、何も出来ずにいた亜樹は電車がホームに滑り込むのに、つかのま安堵したが
でも、コレに乗ってないと、遅刻しちゃうし…。
会社に遅れるわけにはいかないと自分に言い訳すると、ツインテール少女のように逃げることなく、押し出されそうになるのをこらえて、痴漢に背中を押しつけていた。

なに?…、そこまでする?…、
逃げ出さない亜樹に痴漢はますます大胆になった。さらに混雑度の増した車内で亜樹に密着する痴漢は、タイトミニをズリ上げてお尻を丸出しにした。
や、あんっ、だめえ、だって…、見えちゃう…。
かろうじて前側を引っ張って隠した亜樹だったが、丸出しのお尻を突き出す形になって痴漢に勝負パンツのお尻を押しつけていた。

へっ、なに?…、
膨らんだ股間に食い込むお尻にニンマリした痴漢は、セクシー勝負パンツをズリ下げると、なんと自らの分身を押しつけた。
おちんちん?…、や、やあだあ…、変態…。
生温かいソレが最初何か判らなかった亜樹は、痴漢の勃起した肉棒だと気付いたが、身動きできずにナマ尻のワレメにハメ込まれていた。

「はっ、あっ、はっ」
しばし腰を振って双臀にサンドイッチされる気持ち良さを楽しんだ痴漢は、反り上がろうとするソレを押さえてアソコに差し込み、スマタをはじめた。
「あっ、ああ…」
ナマ肌に指先を食い込ませてムチムチな腰を抱えた痴漢は、ロングヘアに顔を埋めて興奮した湿った吐息を首筋に吹きかけながら、カウパー汁で濡れた息子を媚肉のスジにこすり付け
「うっ」
こもった声でうなると、ドピュッ、ドクドクとザーメンを発射した。

きったねえっ…、このお、ど変態っ、死ねっ…。
勝負パンツをザーメンまみれにされた亜樹は怒り心頭で、痴漢イケ面を全殺しする復讐心を燃え上がらせたが、反対に熟れた女の本能は肉棒でアソコをこすられる悦びの余韻にウットリしていた。

短編 (41)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:22:20 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (39)下着ドロ(2)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (39)下着ドロ(2)

「あ、メール来てる」
ケータイが点滅しているのを見て、亜樹は手を伸ばした。

シャワーを浴びながら朝っぱらからオナってしまった亜樹は、バスタオル一枚巻いただけの姿で、朝食代わりの野菜ジュースを飲んでいた。ちなみに開けはなった窓から、色っぽい姿が丸見えなことは、相変わらず気付いていない。

「なにこれ?…」
呪い、って?…。
メールのタイトルを見て亜樹は眉を顰めた。迷惑メールはよく来るが、タレントがメル友になろうなどという見え透いた詐欺メールのたぐいで、「呪いのメール」などというあからさまに怪しいメールは初めてだった。

「やだ…」
おそるおそる本文を読むと、「オマエは、今日死ぬ」とだけ書かれていた。
「キモッ」
シンプルすぎる文面に怯えた亜樹は、いきなり消去してケータイを放り出した。

「あ、遅れちゃうっ」
時計を見るとすでに出勤時間を過ぎていた。朝オナで時間を食いすぎたようだ。慌ててバスタオルを外した亜樹は、スッパでチェストから無意識にエロエロな勝負下着を選んで着用すると、白ブラウスにタイトミニのスーツを着た。

本人は無意識に選んだつもりだが、オナニーで昂ぶったままの潜在意識が、まだ発情の収まらない若々しい女体を魅力的に見せるセクシーな下着を選んでいた。

はあっ、間に合った…。
急いで部屋を出た亜樹は駅まで走り、なんとか遅刻ギリギリの急行電車に乗ることが出来た。
混んでるなあ…。
たぶん亜樹と同じように会社に急ぐ会社員でいっぱいの電車は、いつもの倍以上の混雑とむせるような人いきれを感じた。

あれ、痴漢?…。
混雑に息苦しさを感じながら、ふと目線を落として前にいるツインテールのセーラー服美少女を見ると、つらそうな表情をしている。その後ろには、いかにも痴漢しそうにない学生っぽいイケ面が密着して立っている。

普通にしてれば、モテそうなのに…、
少女の様子から、亜樹はイケ面が痴漢だと決めつけていた。
未成年に手を出すど変態のクズ野郎…、ここにこんな、いい女がいるのに…。
そして目の前の自分を無視して、ションベン臭い子供に手を出す痴漢を全否定していた。朝シャワーオナニーで昂ぶったままメスの本性が、亜樹を高飛車な女にしていた。

亜樹が痴漢扱いした男は、実際にツインテール少女を痴漢していた。スカートの上からお尻を触るだけでは飽きたらず、紺ミニスカに手を入れてパンティの上から大事な部分を触っていた。

太もものモチモチした素肌を楽しみ、お尻のワレメにパンティごと指を差し込み、淫靡なシワの出来た当て布の部分をイジる痴漢に、抗議する勇気さえない憐れな少女は、あふれそうな涙をこらえて電車が駅に着くのを願っていた。

短編 (40)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:05:46 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old