FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (30)隣のお姉さん(2)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (30)隣のお姉さん(2)

はあ…。
毒液を発射したあとも、脱力した輝雄はノゾキ穴から莉乃を観察していた。着衣した莉乃は出掛けるつもりらしい。

「あっ、こんにちは…」
慌てて白濁液を始末した輝雄は急いで部屋を出た。ちょうど莉乃も部屋を出たところだった。偶然を装った輝雄が声をかけると
「は、はあ…」
うつむきがちに応えた莉乃はやっと聞き取れるくらいの声で応えた。ストライプのミニスカから伸びた、紺ニーハイの絶対領域がやけにまぶしく見える。

「あの、どちらへ…」
警戒気味の莉乃に、輝雄は探るように声をかける。
「ちょっと、買い物に…」
近寄ってくる輝雄にますます萎縮する莉乃は、背中を向けて応えた。

「あの、よかったら、一緒に…、引っ越したばかりで、わからないんで…」
ここで引いたら、負けだ…。
猫背の背中に覆い被さるように迫った輝雄は、さっき見た裸体が頭に浮かんで股間を膨らませたがさりげなく隠して、たたみかけるように話した。

「…、じゃあ、いっしょに…」
不安げな表情を隠さずにチラ見した莉乃が、さっきと同じようにやっと聞こえる声で応える。隣のお姉さんはどMで被虐的な空気をプンプンさせていた。
なんか…、やらしい…。
どMな空気に当てられて、輝雄はさっき抜いたばかりなのに、なんだかムラムラして股間が痛かった。

「何、買うんですか?」
歩き出した莉乃は、急に振り返って聞いた。
「あ、あの…、食器とか、食べ物とか…」
莉乃の後ろ姿にスケベな妄想を膨らましていた輝雄は、ドキマギしながら応えた。
「はい…」
莉乃はうつむいたままうなずくと、輝雄の動揺を見なかったようにまた前を向いて歩いた。

やっぱ、いい脚してる…。
猫背気味に歩く莉乃の脚は、すらっとキレイで色っぽかった。輝雄は少し離れて美脚ウォッチングを楽しんでいた。
「ここです…」
突然振り返った莉乃にまた輝雄はドキマギしたが、小間物屋の前で莉乃はここに入ろうと言っているようだ。
「はい」
輝雄はとりあえず返事したが、店の前の階段をあがる莉乃に忍び寄り、
やった、見えた…。
さっきのぞいたばかりの黒パンを見ようと、ストライプミニをのぞき込んだ。黒パンが張り付いたムチムチのお尻を確認した輝雄は、スケベ面丸出しで笑っていた。

「どうかしました?」
前屈みにミニスカをノゾキ込む輝雄に莉乃が振り返った。
「い、いえ、なんでも…」
慌てて体を起こした輝雄は、みっともなくゆるんだ顔で愛想笑いしていた。

短編 (31)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:28:37 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (29)隣のお姉さん(1)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (29)隣のお姉さん(1)

福田輝雄は18歳の浪人生。大学入試にすべて失敗して、3月に高校卒業してからひとり暮らしをはじめた。

新しいすみかは築30年のボロアパート。母親はもっとキレイな場所に住むように勧めたが、輝雄そんなボロイ部屋が浪人生らしくて気に入っていた。

なにより隣に済んでいるのが若いOLだというのが、一番の理由だった。

引っ越しの日に階段を見上げた輝雄は、彼女のナマ脚をローアングルから見て勃起した。本人いわく「無駄にキレイな脚」は、成り立てホヤホヤの浪人生を魅了してしまった。

彼女の名前は佐志原莉乃。気取ったところのない庶民的な風貌で、親しみやすい隣のお姉さんという形容がピッタリだった。

「隣に引っ越して来た福田と言います」
運び入れたばかりの段ボールを空けると、輝雄は引っ越しの挨拶にタオルを持って行った。
「そうですか…、よろしく、おねがいします」
中途半端に開いたドアから半身(はんみ)を見せる彼女は、上目遣いにどMな雰囲気をプンプンさせ、怖じけた態度で応えた。

輝雄が引っ越しの荷物を片付けていると、押し入れにノゾキ穴を見つけた。穴の向こうは同じアパートとは思えない清潔な部屋だった。ベッドがあり、着替えが入って入るだろうタンスも見えた。

丸見えじゃん…。
この穴を通して、莉乃の私生活をすべて見られると思ったら、股間が痛いほど盛り上がって、輝雄は無意識に口に溜まったツバをゴクンと飲み込んだ。

き、きた…。
チャンスはすぐに来た。バスタオル一枚で輝雄の視界に現れた莉乃は、湯気を上げる背中のナマ肌を向けてベッドに座った。
やべっ、エロい…。
どうやら風呂上がりらしい。500mlペットボトルをゴクゴクとラッパ飲みして、艶めかしくノドを上下させた莉乃は、ドライヤーで髪を乾かしはじめた。
たまらん…。
ノゾキ穴から目を離さずゴソゴソした輝雄は、風呂上がりの半裸体を眺めながら、息子をシゴキはじめる。ドライヤーの騒音で息子をムキ出しにする脱衣音はかき消されていた。

くうっ…、ええケツしやがって…。
髪が乾くと、立ち上がった莉乃はタンスから下着を取り出す。バスタオルのスソからしゃがんだお尻のワレメが見えた。
はっ、裸…。
黒の上下を選んだ若い女体は、バスタオルを取って全裸になってブラから付けた。
はっ、はあ、ああ…。
形のいい締まったお尻とそのワレメを凝視して、輝雄はガシガシと息子をコスリ続けた。
あっ、見えた…、
美脚がつま先を上げて黒パンに足を通す。太ももの根本のくびれの奥にクッキリしたスジを見た輝雄は、声が出そうになったがなんとかこらえた。
うっ…、ああ…。
が、欲棒はこらえきれずに熱い粘液を発射した。

短編 (30)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:36:55 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (28)ニセ産婦人科(7)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (28)ニセ産婦人科(7)

「あっ、あ、ああっ、ああっ」
ナマ本番に突入したオレは、下の唇にもチンポが吸引される気がした。

血管の浮き出た肉棒が、ネチョネチョな肉に合わせ目に食い込んでいくのに合わせて、甲高いあえぎ声が診察室を震わせた。

「お薬が出るまで、ちょっとガマンしてください」
もだえる玲奈にしがみついたオレは、ハアハアいいながら耳元でささやく。アブラ汗が滲んだスレンダーな女体のスベスベした感触で、下半身がゾクゾクする。
「んっ、あ、は、ああ…、はい…」
オレは体を起こし、くびれから張り出したお尻を抱えて腰を振る。張りのいいお尻と股間がぶつかるパンパンという音が診察室に響いて、突き上げの反動でのけ反る玲奈が苦しそうに応える。

「んっ、おっ、おおっ」
淫汁まみれの肉棒が媚肉の切れ目を広げて忙しく出入りする。汗にまみれた女体が苦しそうにもだえると、アソコがしまって息子全体を締めつけてくる。
「あ、ああっ、せ、せんせいっ、はあっ、ああっ」
細い腕がブルブル震えていたが、とうとう耐えきれなくなって玲奈は診察台に突っ伏し、お尻を突きあげた。

「ん、おっ、おおっ…」
女豹のポーズで挿入の角度が変わった。反り上がろうとする息子が膣の上側をこすって、ヒダヒダがよくわかった。
「ん、あ、ああっ、せんせい、もう、だめえ」
かろうじてお尻だけ突きあげていた玲奈だったが、それも力尽きてベッドに腹ばいになった。
「ま、まだだっ」
抜けそうな息子が引っ張り出さした粘膜を追いかけ、オレは診察台に突っ伏した玲奈に股間を押しつける。

「あ…、だ、だめ、い、いっ、ちゃううっ」
診察台とオレにサンドイッチされた玲奈が苦しそうに呻きながら、お尻のワレメの奥に差し込まれる肉棒にもだえる。
「ん、こ、こうして、やるっ」
台と胸の間に手をネジ込んで固くなった乳首を探り当てクリクリすると
「や、だ、だめ、変になるうっ」
台に横顔を押しつけていた玲奈は、苦しそうにうなって膣をキュウウと締めつける

「ん、おっ、で、でる…」
きつい締め付けに裏スジの熱さを感じたオレは、ムッチリした尻を押し潰して股間を押しつけ、根元まで押し込んだ。
「あ、せ、せんせいっ、お薬がっ、いっぱい」
子宮口をコンコンした先端から、ドビュドビュとザーメンが膣にあふれる。ナマ出しを喰らった玲奈の頭がオレの鼻にぶつかりそうなほどのけ反って、いやらしいあえぎ声を診察室に響かせた。


この後もデタラメな本番ナマ出し治療は続けられた。妊娠したことで玲奈はなし崩しにオレの嫁になった。そして母乳が出るようになった乳房もDカップまで大きくなり、微乳治療も見事に完了した(笑)。

ニセ産婦人科 終わり

短編 (29)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:56:44 ━ Page top ━…‥・

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (13)由紀のトラウマ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (13)由紀のトラウマ

帰りが遅いのを心配して懸命に通学路付近を探した両親に、由紀は強姦された時の姿のまま見つかった。

母の淑子は草むらに横たわる娘の変わり果てた姿を茫然として見つめたが、慌てて駆け寄って乱れたセーラー服を直すと、大声で泣きながら意識のない娘を抱きしめた。

悔しさの混じった悲痛な泣き声が、しばらく夜の森の静けさをかき消していた。父の安弘は淑子がこのまま泣き狂ってしまうのではないかと心配したぐらいだ。

とりあえず生存が確認された由紀は、安弘の運転で病院に担ぎ込まれた。

ERで膣洗浄などの処置を受けた。処置が済んだのちに命に別状無いと医師は説明したが、それから1週間、由紀の意識が戻ることはなかった。

意識が戻らない原因は体が受けた傷より、心が受けた傷がはるかに大きいかったためだと思われた。心因性の場合、すぐに目を覚ますこともあれば、最悪の場合は1年経っても目を覚まさないこともあると、医師は沈鬱に告げた。

愛娘の目覚めを願って淑子は由紀のベッドから片時も離れなかった。淑子の願いが届いたのか、あの事件があってから8日目に由紀は目を覚ました。

無表情に病室の白い天井を見つめた由紀が、ゆっくりと頭を傾けると目に涙を溜めながら笑う淑子の顔があった。

母に抱きしめられた由紀は柔らかくて温かい胸で、嗚咽に震えて荒いが優しい息づかいを聞いていた。

意識の戻った由紀は、しかししばらく口がきけなかった。何かしゃべろうとすると、強姦魔グループにされたことがフラッシュバックし、涙があふれてきて何も言えなくなった。

意識の戻った由紀に学校の友達が見舞いに来てくれた。陽気に振る舞う女の子たちに、話せない由紀は静かな笑顔で応えた。そのさみしそうな笑顔に、淑子は病室の外で泣いていた。

そんな入院生活がしばらく続いていたが、友だちが不用意に口走った噂話を聞いた由紀は、急に切羽詰まった表情を見せて、ギュッと握った拳をブルブル震わせた。

淑子は強姦事件をまた思い出したのかと思ったが、その日はちょっと違った。思いつめた表情で虚空を見つめていた由紀は、唇を噛み締めるとちいさな背中を震わせ、そして悲鳴のような泣き声をあげた。

慌てた友だちがなだめても由紀の涙は止まらなかった。悲しい嗚咽に泣き暮れる娘に、自分も泣きそうなのをなんとかこらえた淑子が抱きしめても、由紀はボロボロ涙を流して慟哭した。

噂の内容はあの少年が自殺したという話だった。少年は由紀を強姦したあのあと、首を吊って死んでいた。

アベンジャー由紀 (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:12:32 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old