FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (27)ニセ産婦人科(6)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (27)ニセ産婦人科(6)

「あ、う…」
淫乱美人の強烈バキュームフェラに、オレはあっけなく発射した。

「んっ、ううんっ…」
いきなり暴発したもんだから、玲奈が苦しそうにむせる。粘っこい白濁液は口腔内の粘膜にへばりついたが、
「んっ…、こくっ、んんっ、こっ…」
玲奈はチンポを咥えたまま、舌でこそげ取って全部キレイに嚥下したようだ。
「んっ、ちゅっ、るらっ、ちゅっるっ」
それだけでは飽きたらず、チンポ大好き美女は縮み始めたソレをチューチュー吸って、尿道に残った残滓まで吸い取ろうとする。

「おおっ、んっ…」
チンポに執着するいやらしいお口の刺激に息子はすぐに元気になった。媚薬で発情して満足出来ない玲奈はおかわりを求め、強烈なバキュームフェラで吸引していた。
「ちょ、ちょっと、まって」
チンポから生気をすべて吸い取られそうで恐くなったオレは、慌てて腰を引いた。

「あんっ…、あ、すいません…」
逃げるチンポに不満そうにうなった玲奈だったが、冷たく見つめるオレに気付くと、はしたなさを恥じてうつむいた。
「いえ、こんどは注射しましょう、寝てください」
こんどはオレが、悦ばせてやるからな…。
恥じらいを滲ませた女座りの艶めかしい曲線に、メスの淫靡な空気を漂わせる玲奈に、オレは発射したばかりの息子をビンビンにしていた。

「はい…」
上目遣いの艶めかしい視線に艶めいた雰囲気を漂わせる玲奈は、伏せた顔で元気な息子をチラ見すると、診察台にゆっくり横たわる。
「じゃあ、注射しますね」
力が抜けた腕で控えめな胸を隠す玲奈は、ガーターストッキングのムッチリ太ももの間に体を入れると
「あん…、おちんちんが…」
恥ずかしそうなつぶやきを漏らしたが、抵抗することなく脚を開き、トロトロネチョネチョの糸を引く媚肉の合わせ目をさらした。

「おっ…、おお…」
淫汁でヒタヒタのスジにビンビンチンチンの先をすりつけてやると
「あ、んっ、ああ…」
スレンダーな女体が淫らにもだえる。いやらしいあえぎ声が鼓膜をくすぐって、早く入れてと聞こえた。
「じゃあ、入れますね」
おねだりするようなうつろな目を向ける玲奈に、ハアハアと息を荒くするオレはニセ医者の立場などとっくに忘れ、ヌルッとした肉の合わせ目にズルムケチンポを押し込んだ。

短編 (28)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:19:30 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (26)ニセ産婦人科(5)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (26)ニセ産婦人科(5)

「はい…」
ニセ医者のオレの指示で、女座りにムッチリ太ももを重ねていた玲奈が、診察台でケダモノのような四つん這いになる。

「ちょっと、診ますね」
媚薬がすっかり効いて、トロトロのアソコからは湯気が上がっているようにも見える。あふれたエッチな汁が前側に垂れて、ほとんどない痴毛が濡れてペッタリ張り付いてる。
「あ、ああ…」
ピッタリ閉じたスジに指を食い込ませてクチュクチュすると、玲奈はためらいなく妖しいあえぎ声をあげる。感じすぎてるのか尻アナまでヒクヒクして、ヤケにいやらしい。

「大丈夫ですか?」
痩せたカラダに不似合いな、くびれから張り出したお尻が切なげに左右に踊る。オレは濡れた媚肉に息を吹きかけるようにして、わざと聞いてやった。
「あっ…、だ、ああ…、大丈夫、です…」
エッチに没頭していた玲奈はオレに呼び覚まされてハッとなったが、ノドの奥から絞り出したようなこもった声で応えた。アブラ汗が滲んだ女体の妖しいテカリに性欲をそそられる。

「じゃあ、続けますよ」
もっと、して欲しい、ってか…。
生まれたての子馬のように四つん這いの四肢を震わせる玲奈に、ニンマリするオレは淫汁を垂らす亀裂に指を差し込んで、グリグリした。
「んっ、あっ、ああっ…、はっ、ああ…」
指先の動きに合わせてカラダももだえる。二本指で攻撃すると、開かされた合わせ目からトロッと汁があふれてくる。

「…、わかりました…」
指マンだけで玲奈はイキそうだった。イク寸前を見計らって指を抜いてワザとジラしてやる。
「あっ、はあはあ…、あっ、やあん…」
イク気マンマンだった玲奈は、指マンを中断されて恨めしそうに振り返ったが、はしたないおねだりを自覚して恥ずかしそうにうつむいた。
「男性ホルモンが足りませんね、お薬を出します」
完全に媚薬が回ってメスの欲望に支配された玲奈に、オレは裸になるとビンビンの息子を自慢気にさらす。

「お薬?…」
顔を上げた玲奈は聞き返しながら、大きな目でオレの自慢の息子を凝視していた。
「ちょっと失礼します」
少女のような大きめに見つめられるゾクゾクでカウパー汁を粗相するオレは、四つん這いする女体の下に体を滑り込ませた。
「あ、あの?…」
すぐ下にそそり立つ肉棒を咥えたい欲望を、かろうじて抑えてゴクンとツバを飲んだ玲奈が聞き返す。

「クスリが出ますから、吸ってください」
我ながら絶妙な応えだと思った。オレは待ちきれずに腰を振ってサオを左右に揺らす。
「は、はい…、んっ、ちゅじゅるっ、じゅっじゅびっ」
お許しが出てすぐに玲奈はうれしそうにチンポをしゃぶる。小さな口をめいっぱい開いてカリを咥えた和風美人は、ペロペロ舐めながら鈴口を懸命に吸ってくる。

「お、おおっ…、う…、くう…」
中国四千年の媚薬は清純そうな美人を淫乱女に変貌させていた。強烈な吸引力にチンポを吸い取られそうな恐怖さえ感じながら、オレは強烈なフェラに身を任せてうなりもだえていた。

短編 (27)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:42:16 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old