FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (24)ニセ産婦人科(3)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (24)ニセ産婦人科(3)

「は、はいっ」
やせ気味で頼りなさそうに見えるが、案外中身はスポ根らしい。オレのムチャぶりにあっさりうなずいた玲奈は、ラジオ体操でカリムチなカラダを躍動させた。

ラジオ体操は単なるどSなイジメじゃない。体を動かせば、それだけ媚薬の効きが早くなる。一生懸命ラジオ体操をダンスする半裸姿の玲奈は、パンティを汗とそのほかの汁で湿らせ、悩ましげな吐息にロリなエロを漂わせていた。

「はあ、はあ…、おわり、ました…」
最後まで全力でラジオ体操を踊りきった玲奈は、息切れしながらオレに色っぽい視線を向けてくる。
「じゃあ、ちょっと休みましょう、そこにうつぶせに寝てください」
下着姿のラジオ体操ダンスに股間をモッコリさせたオレは、いやらしい魂胆を込めて玲奈に診察台を目配せした。

「は、はい…」
まだ息が苦しそうな玲奈は、ひんやりした診察台に寝そべって、背中からお尻に続くなだらかで淫靡な曲線を見せる。
「マッサージします」
扇情的な半裸体に興奮したオレは、音がしないようにゴクンとツバを飲み込んで、半裸の女体にまたがって肩胛骨から押していく。

「あ、あん…」
スケベな魂胆がこもった手で汗が滲んだ柔肌をマッサージされた玲奈は、切なげな吐息を漏らす。
「じゃあ、胸にさわりますよ、体を反らしてください」
エッチな吐息に鼓膜をくすぐられて股間はキンキンと音を立ててた。オレは玲奈に手をついた上体そらしの体勢を要求して胸に手を伸ばす。
「あっ…、ん…」
控えめな胸を直接愛撫された玲奈は、キレイな背筋をビクッと震わせ、官能的な息を漏らす。

「痛かったら、言ってくださいね」
微乳はそれなりに揉み心地がよかった。オレはキンキンにふくれあがった股間を、お尻のワレメに押しつけながら、手の平で乳房全体を包み込んで、突き出した乳首を指のマタでクリクリしていた。
「あ、あんっ、だ、大丈夫です…」
辛そうで悩ましげな声は全然大丈夫じゃなさそうだ。体育会系のスレンダー美女は反らせた体から汗を吹き出していたが、このくらいガマンしてしまうようだ。

「そうですか」
やせ我慢する玲子にニンマリしたオレは、脇や腹の肉を寄せて上げてして、胸の肉をムリヤリ増量してモミモミした。ついでに膨らんだ股間をお尻のワレメにすりつけるのも忘れない。
「んっ、くう…、あ、ああ…」
医学的な裏付けなど全くない似非サイズアップ施術を受ける玲奈は、やせたカラダに脂汗を滲ませながら、微乳を大きくできると信じて懸命に痛みに耐えていた。

短編 (25)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:41:38 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (23)ニセ産婦人科(2)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (23)ニセ産婦人科(2)

「きれいなお乳じゃないですか」
オレは素直な感想を口にした。微乳好きなオタ野郎がヨダレを垂らしそうな、ピンクの乳首や乳輪が微妙なバランスを保つ、美しいペチャパイだった。

「…、でも、前の、彼が…」
オレの心からのほめ言葉は逆に彼女を傷つけたようだ。ミニスカのオマタにコブシをギュッと押しつけた玲奈は、うつむいて目を潤ませていた。
「わかりました、治療しましょう」
泣き出しそうな彼女にオレはわざと重々しい口調で声をかける。治療といってもエッチなコトをして、オレが楽しむだけだが。

どうやら玲奈は胸のことで男から捨てられたらしい。こんな極上の微乳を捨てるなんて、なんてもったいないことを…。これだから価値の判らん男は…、まあそのおかげでオレがイイ想い出来るんだが(笑)。

「お願いします」
もったいぶったオレのセリフに、玲奈は思いっきり食いついてきた。大きな目が期待で輝いている。
「わかりました、でも治療は中途半端では効果がありません、私の指示にすべて従うと約束できますか?」
オジサン、そんな目に弱いのよ(淫笑)。オレは下半身がゾクゾクするのを感じながら、精一杯の医者らしい口調で、彼女を説得した。

「はい…、これが大きくなるなら、なんでもします」
手ブラで隠した胸をチラ見した玲奈は、大きな目に決意を込めてオレを見つめる。
「じゃあ、コレを飲んでください」
すっかりオレを信用した玲奈にさっそく最終兵器を出した。中国四千年の神秘という謳い文句の媚薬、要するにエッチな気持ちになる薬だ。

「はい…」
玲奈はなんの疑いもなく媚薬を飲んだ。もうこっちのもんだ。すぐに玲奈はオレのオチンチンを欲しがるはずだ。
「じゃあ、スカートを脱いで、ラジオ体操第一をヤッテください」
オレはゆるみそうな顔を締めて、ストリップダンスを要求した。クスリが効くまでの余興だ。

「え…、はい」
脱衣体操に疑問を持ったようだが、何でもすると誓ったばかりの玲奈はミニスカを脱いだ。ガータベルトでストッキングを吊っているセクシーな立ち姿には、オレもちょっと驚いた。
「いっちにっさんっ…」
彼女はまじめな顔で手足を精一杯伸ばしてラジオ体操した。
くう…、たまらん…。
指先まできちんと伸ばす下着姿の玲奈に、オレは倒錯変態性癖を痛く刺激され、白衣の下で息子をムズムズさせていた。

「終わりました」
ラジオ体操第一を全力で行った玲奈は軽く息を弾ませていた。スリムな胸を上下させてハアハアと響く吐息がムッチャ色っぽい。
「じゃあ、もう一度」
下着姿の素肌にうっすら汗を浮かべて苦しそうな玲奈に、加虐変態色情を熱くするオレは、休む間も与えずに再度ラジオ体操を命令した。

短編 (24)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:03:19 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (22)ニセ産婦人科(1)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (22)ニセ産婦人科(1)

オレは松本清聴。偽名だ。なぜ偽名を使っているとかというと、医師免許無しで産婦人科医を開業しているからだ。

だからホントに病気の患者は大きな病院に回す。オレが診るのは、健康だが体の一部にコンプレックスを持っている女性だ。

女性はとかく見た目を気にする。美容整形で外科手術を受ける勇気は無いが、体の気になる一部分をなんとかしたいと思っている女性は、産婦人科を訪れる。

健康体なのに心に陰を持つ女性は、オレのような変態ナンチャッテ医師の格好の獲物だ。オレはこれまでそんな女たちを、さんざん食ってきた(笑)。

今日も気弱そうな女性が尋ねてきた。松○玲奈似のなかなかの和風美人だ。

「先生、私、胸が小さいんです…」
丸イスに腰掛けた彼女(仮に玲奈と呼ぶことにしよう)は、恥ずかしそうにうつむいて、胸のコンプレックスを訴えた。

「…、そういう女性は多いんです、でも大丈夫ですよ」
貧乳や微乳が好きなロリオタ系男子はいくらでもいるのに、なぜか女性は胸が小さいことを気にする。まあそのおかげで、オレのような変態がオイシイ想いを出来るのだが(笑)。

「そうですか、どうしたら」
うそぶくオレにかすかに笑顔を見せた玲奈は、すがるような上目遣いでオレを見つめる。
「そうですね、何回か通院してもらえば、効果はあると思いますよ」
こんな視線にオレは弱い。白衣で隠しているが股間はもうテントを張っている。

「お願いします、先生」
ヤケに大きな目でオレを見つめる微乳美女は、オレがニセ医者だなんて思いもせずに、すっかり信用しているようだ。
「じゃあ、ちょっと上を脱いでください」
まずストリップで楽しませてもらおう。オレはゆるみそうな顔を真面目に保ってもったいつけた口調で言う。

「あの…、これもですか?…」
純白ブラウスを肩から抜く仕草が妙に色っぽい。恥ずかしそうに胸に手を当てた玲奈は、ブラも取るのかと聞いてくる。
「はい」
オレはスケベな気持ちが出ないように、短く応える。

「脱ぎました…」
潤沢なレースで涙ぐましいボリュームアップをしているAカップブラを取った玲奈は、裸の胸を手ブラで押さえてうつむく。手首の曲げ方や楚々とした佇まいが、妙に男心をそそってくる。
「見せてください」
微乳美女ストリップの始まりだ。オレは心の中でほくそ笑んでいた。

「は、はい…」
恥ずかしそうに小さく応えた玲奈は胸から手を離すと、内マタに合わせたヒザにギュッと力を入れた。
露出狂…、見られて感じる、女だ…。
ロリな内マタのやせた女体が発散する色気に、白衣の下のチンポを固くするオレは、玲奈が男の視線に素直に反応して欲情する体質だと、早くも見抜いていた。

短編 (23)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:51:42 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (21)ボクの彼女(7)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (21)ボクの彼女(7)

「あ、んっ、ああ…」
尻アナにオチンチンの先を押しつけて力を入れると、吸い込まれるようにオチンチンは入りました。ムチムチエロボディをビクビク震わせる先生のあえぎ声は、すごいエッチです。

「先生、動くよ」
保健室のベッドで四つん這いになった先生にのしかかったボクは、括約筋の締めつけがキツかったですが、挿入を開始しました。
「んっ、あっ、ああっ、いいっ」
おしりを犯された先生は、軽くウェーブのかかった髪をいやらしく波立ててよがります。

「せ、先生っ」
先生のカラダがビクビク震えるたびに、お尻のアナがオチンチンをキツく締めつけてきます。ケツ穴でサオをしごかれる気持ち良さで、ボクは我を忘れて腰を振りまくりました。
「あ、いいっ、お尻が、いいのっ」
オチンチンを出し入れするたびに、汗を垂らすムチムチエロボディが悩ましげに波打ちます。

「オッパイ…」
アナルセックスしながら、タプタプと揺れるオッパイに手を伸ばして、オマタの切れ目に指を入れると、
「んっ、あ、ああっ…」
先生はケダモノのようなあえぎ声を上げて、思いっきり伸び上がりました。ピュッと潮吹きして、指がヌルヌルになりました。
「先生、気持ちいい?…、チューしていい?」
オッパイとアソコをイジりながら、お尻を犯し続けるボクは、どうしても先生の唇を吸いたくなりました。

「うん…」
先生は前に倒れ込んでオチンチンをお尻のアナから抜くと、仰向けになってパックリオマタを広げて両手を広げました。
「うん…」
ボクはまたお尻のアナにオチンチンをあてがうと、先生に抱きつきました。
「チューして…」
半開きの唇からハアハアと忙しく湿った吐息を漏らす先生は、ボクをギュッと抱きしめて目を閉じます。

「んっ」
腰を押しつけて尻アナにオチンチンを挿入して、同時にプルルン唇に吸い付きます。
「ふわっ、んっ、ぬちゅっ…」
汗で湿った女体がいやらしく波打ち、ハアハアともだえる先生は舌を入れてきて、ボクの舌に絡めてきます。

「ん、ぬっ、は、はあっ」
すごい興奮した美人先生のエロ顔がすぐ目の前にあります。ベロチューと尻アナの締めつけが気持ち良すぎて、ボクは狂ったように腰を振りまくりました。
「ふっ、んっ」
オチンチンが尻アナをコスり、根元のちぢれ毛がネチョネチョのオマンチョをくすぐります。
「んっ、ふっ、にゅっ、るっ…」
ズンズンと尻アナを突きあげられる先生はボクの舌を吸い続け、汗でシットリ湿ったカラダの柔らかくて気持ちいい弾力でボクを包み込んできます。

「先生っ…」
突然頭をブン殴られたような快感に襲われた僕は、先生のお尻に大量のザーメンを放出しました。ドクドクとチンポが震えて、死んじゃうくらい気持ち良かったです。
「んっ、わっ、ああっ」
先生はそれ以上に気持ち良かったみたいです。お尻にザーメンを注入されてスッゴイ大きい声でうなった先生は、手と脚を背中と腰に絡めてきて、ボクを思いっきり抱きしめてきました。
「くっ…、あ、や、ああっ」
そして息をつまらせと思ったら、シャーとオシッコしてボクの股間をビショビショにして、シットリ柔肌をビクビク震わせてました。

「すごかったね…」
しばらくお互いにハアハアしてましたが、ちょっと落ち着くと先生の顔がまたカワイイ系くるくるヘアの彼女とダブって、カワイイ笑顔を見せます。
「また、先生と、しようね」
先生に乗り移った彼女はよほど良かったのか、コレまでみたことのないエッチでカワイイ極上の笑顔でした。


意識の戻った先生は、ボクとふしだらな関係になったことを絶対に口止めしましたが、この後もボクと彼女と先生の3Pはずっと続いています。

ボクの彼女 おわり

短編 (22)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:00:28 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (20)ボクの彼女(6)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (20)ボクの彼女(6)

「うふっ、おっきくなったね、もう一回する?」
先生の色っぽい唇と舌で、ボクのオチンチンはまた大きくなりました。先生と彼女の顔が交互に現れて、ボクをエッチに誘っています。

「…、オッパイ、触っていい?」
すぐに2回目するのもなんだかがっついてるようで、ボクは前技をお願いしてみました。
「オッパイ?…」
ベッドにお尻をつけてロリな女の子座りした先生のムチムチバディは、ミスマッチな色気ムンムンでした。
「ケンちゃん、マザコンだもんね」
カワイイ系くるくるヘアの彼女の顔が小悪魔な笑顔でボクを見ています。

「ちがうよ、オッパイ吸わせろっ」
バカにされたボクはちょっと怒って大きな乳房に抱きつきました。固くなった先端をクリクリしながら、反対のオッパイをチューチュー吸いました。
「あ、あんっ、ケンちゃん、オッパイ、おいしい?…」
柔らかい女体がビクッビクッと震えて、頭の上で先生の色っぽい声がします。先生はオッパイが性感帯のようです。

あとで聞いたのですが、彼女は乗り移ったカラダの感覚がダイレクトに伝わるので、オッパイを吸われてすごい気持ちよかったそうです。

「こ、ここも、舐めて…」
すごいエッチな顔を見せる先生は、広げたオマタの奥を指差します。
「ここ?」
ボクはおマンチョをイジって欲しいのかと思って、濡れたスジをクチュクチュしました。
「あ、ああ…、ちがうの…、もっと、下…」
先生は切なげな上目遣いで、別の場所をイジって欲しいとおねだりします。

「?…、ここ?…」
よくわからないまま下に指を進ませると、お尻のアナに当たりました。
「あうっ…、そ、そこに、してえ…」
ボクがお尻のアナをグリグリすると、汗で湿ったムチムチエロボディがのけ反って、ハアハアと息が荒くなって、すごく気持ち良さそうです。
「うん…」
お尻をイジるのはちょっと抵抗がありましたが、先生のエロ顔は妙に興奮しました。
「いいよ」
ボクはリクエストに応えて、アソコから垂れてくるネチョネチョの汁を指に絡めて、お尻のアナをグリグリしました。

「も、もう、入れて、お願い」
指でグリグリして尻アナを拡張して、エッチな汁とでネチョネチョにしてあげると、目を潤ませた先生はアナルセックスを求めてきました。
「う、うん…」
ボクは変な気分でしたが、すごく興奮してました。先生は四つん這いになって、汗に濡れたシットリスベスベのお尻を突き出してきました。
「入れるよ」
ボクはドッグスタイルで火照ったフカフカのカラダに抱きつき、ヒクヒクと震える尻アナにコチンコチンに固くなったチンチンをあてがいました。

短編 (21)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:18:45 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (19)ボクの彼女(5)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (19)ボクの彼女(5)

「あ、あっ、ああっ、せんせいっ」
佐藤先生のエロエロ豊満バディに抱きついたボクは、とにかく興奮してワケがわからないまま、柔らかい下半身の弾力に腰をバウンドさせていました。

「ああ、だめえ、はっ、あっ、ああっ」
切なげな吐息を甘く響かせる淫乱教師は、網タイツガーターストッキングの太ももをボクの腰に絡めて、グイグイ締めつけてきます。

「あ、あっ…、先生…」
先生のカラダが気持ちよすぎて、ボクはあっという間に発射しました。オチンチンがビクビク震えて、ドピュッドピュッといっぱい出ました。先生のナカにいっぱいザーメンを注入して、スゴイ気持ちよかった。
「や、ああ…、は、ああ…」
ボクにナマ出しされた先生は、湿った太ももでボクの腰をギュウッと締めつけてきます。眉をしかめた難しそうな顔をしてましたが、すごいエッチに見えます。

「…、どう責任、とるつもり…」
しばらくハアハアと荒い息をしていた先生は、急にキリッとした顔になるとボクを睨んできます。
「責任…、ですか?」
美人の先生が真面目な顔をするととてもコワイです。ボクは縮んだチンチンからオシッコが漏れそうになりましたが、なんとかガマンしました。

「赤ちゃん出来たら、結婚してくれるの?」
迫力満点の美人顔が迫ってきて、ボクは腰が引けてフニャチンが抜け出しました。先生はソレに濡れ濡れのアソコの柔らかい肉を押しつけて、さらに迫ってきます。
「そ、それは…」
まだ高校生になったばかりのボクが、結婚できるわけ無いし、半ベソでうつむいていると
「なんちゃって」
急に笑顔になった先生の顔が、カワイイ系くるくるヘアの彼女の顔とダブっていました。

「気持ちよかったあっ…」
ボクの首に抱きついた先生は、ボクをギュッと抱き寄せて楽しそうな声を耳元にささやきます。
「あ、あの…」
まだ状況が飲み込めないボクは、情けない声で応えます。
「だから、私だってば、ちょっと先生のカラダ、借りちゃった」
先生の顔と彼女の顔が交互に現れて、ボクに説明します。

ちょっと落ち着くと、声は先生なのですが話し方が彼女だとわかりました。

彼女はいろんなエッチをしてくれましたが、本番はまだ未体験でした。彼女の説明によると本番のセックスだけは、生きている女性のカラダを借りないと出来ないのだそうです。

ボクは彼女が乗り移った先生とセックスをしていた、ということらしいです。

「わかった?…、キレイにしてあげる」
先生の豊満ムチムチバディがしなだれかかってきて、彼女の顔がニッコリ笑ってます。
「あっ…、ああ…」
彼女に支配された先生が、ボクのフニャチンを色っぽい唇で咥えて、ペロペロ舐めはじめました。

短編 (20)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:39:45 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old