FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (11)百姓オヤジ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (11)百姓オヤジ

…。
静かな湖畔の森の陰で、由紀は草むらに横たわっていた。
…。
白い雲がゆっくり流れていく真っ青な空が目に沁みて、時折目尻から涙がこぼれて耳タブから首筋に伝っていく。

強姦グループは由紀の処女マンにそれぞれ2回ずつナマ出しし、変態性欲を満足させると由紀を置き去りにしてどこかに消えていった。

…。
体のあちこちが痛くて、まくり上げられて乱れたセーラ服で陵辱された女体をかろうじて隠す由紀は、何も考えられずにただ草むらに横たわって空を見ていた。


「あ、あんた、何してんだっ?」
そこへ野良仕事帰りでクワを担いだオッサンが通りかかり、女子高生のただならぬ姿を目撃して大声を上げた。

「…」
その声にゆっくりまばたきしてから顔を傾けた由紀が見たモノは、作業ズボンを脱いだオッサンのズルムケチンポとキタナイ尻だった。
「こ、こんな、若い女は、ひさしぶりだっ」
慢性女日照りの独身中年は憐れな少女を助けるどころか、セーラー服がはだけた若い女体に瞬間欲情して襲いかかった。

「や…、やだあ…」
性欲に狂った獣たちに輪姦されて、2巡目にはもう抵抗する気力もなかった由紀は、山芋のようなズルムケチンポを、処女の血が混じった淫液でグチャグチャの、充血した秘肉の裂け目に挿入されても、小さく呻いただけだった。

「ふがっ、んがあっ、た、たまらんっ、若返るようやっ、ええのおっ」
由紀のつぶやきなど聞いちゃいない変態オヤジは、興奮してのぼせ上がったわめき声を上げ、淫汁まみれの山芋を出し入れし、イボだらけのキタナイケツを振っていた。

「…」
オッサンに見つかったときと同じ体勢で草むらに横たわる由紀は、ほとんど感覚のなくなった膣にオッサンの山芋がズコズコと挿入されるのを感じながら、生臭い鼻息で鼻毛ビロロンが忙しくそよぐデッカイ鼻の穴を、ぼんやり見ていた。

「んっ、お、おおっ…」
久しぶりに女の柔肌に触れたオッサンは、ひとしきりワケのわからない言葉をわめいていたが、突然停止して、ふくれあがった山芋をドクドクと脈動させ、由紀の膣ナカに大量のザーメンを放出した。

「はあ、えがった…、んじゃ、お嬢ちゃん、暗くなる前に、帰れ、なっ」
満足そうに鼻歌とともに作業ズボンを装着したオッサンは、カッコ付けているつもりなのか、大げさな仕草でクワを肩にかけると、のしのしとガニ股で去っていった。

アベンジャー由紀 (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:31:55 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (14) 図書館痴漢(10)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (14) 図書館痴漢(10)

「あ、あい…」
二度目…、される…。
踊り場に仰向けになって床のひんやりした感触にゾクゾクする舞子は、広げられた太ももの中心に、ズルムケチンポが押しつけられるのを見ながら、ドキドキしていた。

「お、おおっ」
前からも…、ええなあっ…、
セーラー服が着乱れた女体に抱きついた遠藤は、あふれたザーメンでグチャグチャのアソコに、先端を押しつけると
んっ、ああ…、締まる…。
腰を密着させて、根元まで挿入した。
「あ…」
ひっ…、あ、ああ…。
いきなり子宮口まで陵辱された舞子は、みだらなアヘ顔に大きく口を開け、酸欠の鯉のようにパクパクさせる。

「ちゅー、してやる」
コイツ…、エロいぞ…。
メガネッ娘JKのアヘ顔に興奮した痴漢男は、パクパクを繰り返す口に吸い付いた。
「あふっ、ふへっ、へにゃあ…」
あ、チュー、された…、ああ、きもち、いい…。
子宮口をこじ開けて侵入する肉棒に下半身がジンジンする。白目を剥いたアヘ顔JKは、ベロチューにウットリした表情を見せ、痴漢男の重さに圧迫されたカラダを苦しそうにくねらせる。

「うおっ」
またナカに出してやるっ…。
セーラー服JKのロリエロに頭に血があがった遠藤は、猛烈に腰を振って挿入を開始した。
「あ、ひっ、ああっ、いあっ、あっ、ああっ…」
あ、いっ、いいっ、あっ、壊れるっ…
めいっぱい広げられた太ももの中心に、いきり立った肉棒が激しく出入りする。掘削機で掘られるような震動で頭を上下する舞子は、
変にっ、なるっ…、ああ、もっと、もっとおっ…。
今日初めて男を知ったのに、さらなる快感を求めていつの間にか自分から腰を振っていた。

「んっ、おっ…、ん、んん…」
くっ、おっ、あ、ああ…。
全身から汗を吹き出して全力で挿入を続けて、淫乱JKを官能の嵐にたたき込んだ遠藤は、裏スジに熱い込みあげを感じるのと同時に暴発した。
「ひぴゃあっ…、ああ…」
ひっ、あっ、あああっ…、
強烈な突きあげて子宮口をこじ開けたカリがビクビクと痙攣し、熱い白濁液をまき散らす。
や、ああっ…。
熱いザーメンで子宮を満たされた舞子は、快感の頂点に突きあげられ、汗まみれの遠藤に抱きついて背中に爪の跡を刻んでいた。

「マイコ、オマエは、オレ様のモノだ、わかったか」
オレのモンだ、はなさんぞ…。
放出の満足感でハアハアと荒い息にまみれて不気味な笑みを見せる遠藤は、半眼のうつろな視線を宙に泳がせる舞子に奴隷宣告した。
「はひ…、わかひ…まひら…」
舞子…、この人の…モノに…、なったんだ…。
目尻や口角から体液を垂れ流すみっともない顔をさらす舞子は、ザーメンに焼かれる子宮の熱さを意識しながら、いわれるままに奴隷契約を心に刻んでいた。


このあと舞子は図書館のみならず、街の至る所で露出恥辱調教をたっぷり受けて、どこに出しても恥ずかしい立派などM奴隷女に仕込まれ、痴漢男の倒錯性欲に弄ばれ続ける幸せな高校生活を過ごした。

図書館痴漢 終わり

短編 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:19:48 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (13) 図書館痴漢(9)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (13) 図書館痴漢(9)

「ん、あ、ああっ、ああっ、やっ、あっ、いいっ、のっ…」
あ、ああっ、おちんちんっ、がっ、舞子の、あそこ、こすって、ああっ…。
本格的な挿入を開始した肉棒に、舞子は快感に突きあげられ、ガマンすることなど忘れてはしたなくロリなあえぎ声をわめいていた。

「お、おおっ、おらっ、ど、どうだっ、くっ、このっ」
くっ、ううっ、いいぞっ、絡んで、おおっ、しまるっ…。
潤沢な汁気をあふれさせる処女マンの、しまりの良さにうわずった声を漏らす遠藤は、顔に汗を垂らして腰を振りまくっていた。
「あ、ああっ、んっ、い、いいですっ」
いっ、あっ、きゃうっ…、ああ、いいっ、いいですっ…。
淫らに乱れたセーラー服にまぶしい素肌をさらす淫乱JKは、ズコズコ挿入される肉棒に、快感の頂点に突きあげられていた。

激しく出入りする肉棒に広げられた媚肉のスキマから潤沢な愛液がかき出され、踊り場の床にネットリした滴がポタポタ落ちて小さくな池を作っていた。

「んっ、お、おおっ、でるっ」
こ、このっ、おっ、くっ、でるっ…。
ほとんど人が来ないとはいえ、図書館内の階段でやりまくりの変態は、若くまだ幼さを残した肉体に昂ぶる性欲をぶつけ、早くも発射準備に入っていた。
「おっ、あっ…」
くっ、でた…。
遠藤がマヌケな声を上げると、処女マンに深く突き刺された肉棒がドクドクと脈動し、熱いザーメンをしまりのいい膣にバラまかれた。
「あ、あんっ、いっ、いいっ」
膣内射精された淫乱メガネッ娘は、汗で湿った女体をビクンと緊張させると、快感の頂点に突きあげられ、力んだナマ太ももの間からピュッと潮を吹く。

「はあ…、舐めろ…」
で、出た…。
ザーメンのネットリした滴りを引いた肉棒を、スベスベマン肉の裂け目から抜き出した遠藤は、舞子の口にそれを押しつけた。
「は、はい…」
はああ…、まいこ…、まんこ、しちゃった…。
従順奴隷のエロメガネッ娘は、いいなりに半立ちのソレを舐めはじめる。

「く…、おっ、いいぞっ」
こ、コイツ、フェラ、うまいな…。
フェラもナマ本番も初めてのはずなのに、痴漢変態男をのけ反らせる舞子だった。
「もっ、もう一回、して欲しいかっ」
もう、ビンビン、だせっ…。
甘美なフェラで早くも元気を取り戻した遠藤は、淫らに着乱れたセーラー服美少女に、またもよおしていた。

「ふぁ?…、ふぁあいっ」
もう、一回?…、絶倫おじさん?…。
一生懸命お口の奉仕を捧げていた舞子は、二度目もあるのかと妙な感心をしていた。舞子のロリエロな魅力が二回戦に誘ったのだが、舞子は遠藤を絶倫だと思っていた。

「ほら、寝ろ」
こんどは、前から、シテやる…。
ご自慢の息子を見せつけるように腰を突き出す変態痴漢は、舞子を踊り場に仰向けにさせて、紺ソックスの脚を破廉恥に広げていた。

短編 (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:19:32 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old