FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (12) 図書館痴漢(8)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (12) 図書館痴漢(8)

「オチンチン、入れてください、ってお願いしろ」
自分から、やりたいって、言わせてやる…。
淫らにセーラー服をはだけて、若い肉体を無防備にさらす舞子を、舌なめずりしながら眺める遠藤は、チンコビンビンの状態でまだ言葉責めしていた。

「え…、あ、はい、舞子に、おちんちん、入れてください」
んあん…、そうか…、舞子から、お願いしなきゃ、失礼、なんだよね…。
エロボケメガネッ娘は何度も潮吹きして、頭の中はエッチな妄想にまみれていた。変態痴漢男にまんまとハメられたとは思っても見ない純真な処女は、自分からハメてくださいとお願いした。

「そうか、じゃあ、入れてやる」
バカだ、こいつ…、ぐひひっ、処女マン、頂きだっ…。
素直にお願いする舞子に、バカ笑いを顔にはり付けた遠藤は、ムッチリした腰肉が手に吸い付くような感触にニンマリすると、濡れたスジに先端をあてがった。
「くっ、お、んんっ…」
入ったか、おっ、さすが、処女マン、キツイ、な…。
開き気味の媚肉の合わせ目に先端を挿入した遠藤は、スキマからあふれ出る大量の愛液を見ながら、ゆっくり挿入した。

「んっ…」
あ…、あああっ…、声、で、でちゃう…。
愛液で満たされた膣の粘膜をかき分けて侵入してくる肉棒を感じる舞子は、本棚の間にいた時みたいにあえぎ声がでそうになって、懸命に口を結んでいた。

「どうだ、どんな感じだ」
んんっ、いいぞ、きもち、ええっ…。
半分以上挿入した遠藤は、かすかに震える背中に抱きつくとセーラー服の上衣をまくり上げ、大きめの乳を揉みながら、いやらしい声で聞いた。

「あ、あの…、気持ち、いい、です…」
ああん…、感じって?…、気持ち、いいって、言わなきゃ、失礼よね…。
初めて男性器を挿入されたカラダは、破瓜の血を見せることは無かったが、その感覚に戸惑うメガネッ娘は、大人の遠藤に遠慮してお追従な返事をした。

「そうか、気持ちいいか、マイコ」
バカ女、初めてで、気持ちいいってか…、淫乱かっ…。
痴漢にとって絶好の獲物の名前を知った痴漢男はご機嫌で、懸命にお尻を突き出して肉棒を受け入れる処女マンに、カクカクと腰を振り始めた。

短編 (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:50:32 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (11) 図書館痴漢(7)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (11) 図書館痴漢(7)

いっ、イクっ…
遠藤に命令されてハゲオヤジの前に座り、机に隠れた下半身をイジってオナニーしていた舞子は一瞬破廉恥なアヘ顔を見せると、またピュッと潮を吹いて机に突っ伏した。

「(気持ちよかっただろ、こっちおいで)」
今度はオレを、よくしろよ…。
まさか目の前のセーラー服少女がひとりエッチでイッたとは思いもしないだろうが、怪訝そうに視線を向けるハゲオヤジを無視して、遠藤は潮吹きメロメロメガネッ娘の手を引き、階段の踊り場に連れて行った。
やってやる…。
痴漢常習者は新入生JKの処女穴を空ける妄想を浮かべ、股間のテントをめいっぱい張っていた。

「ほら、しゃぶって」
噛むなよ…。
人気のない階段でビンビンの息子をだした遠藤は、興奮した吐息混じりに舞子の顔を押しつけた。
「あ…、はい…」
しゃぶる…、コレを…。
若い女体を翻弄する快感の嵐で朦朧としたセーラー服メガネッ娘は、初めて見る勃起した男性器をしばし見つめたが、
うっ、苦い…。
どMな従順属性で、いわれるままに邪悪な熱気をはらんだカリをカワイイ口で咥えた。

「おおっ…、いいぞ、ペロペロ舐めろ」
くう、たまらん、処女の初フェラ…。
ぎこちない舌使いで懸命に奉仕するブルセラメガネッ娘にムラムラする痴漢男は、
「ほら、オッパイ、イジってやる」
こっちも、あったな…。
セーラ服の上衣をまくり上げて背中のホックを外すと、成長途中でも十分な容量の乳房をもてあそんだ。

「んんっ…、ふっ、んうっ」
あ、ああんっ、さわっちゃ…。
放置されていた胸を突然イジられた舞子は、性感帯を愛撫される気持ち良さに思わずうなって、カワイイお口で咥えていたチンポを吐き出しそうになったが、
「あふっ、ちゅるっ」
ああ、かんじちゃう…。
どM奴隷らしくいそいそとパックリ咥え、丁寧に舌を絡めてあふれ出るツバをサオにまぶしていた。

「そろそろ、いいか」
いよいよ…、処女マン、いただきだっ…。
懸命にお口の奉仕を捧げるエロメガネッ娘JKを引きはがした遠藤は、壁に手をつかせておしりを突き出させた。エロボケ舞子の紺ミニスカをまくり上げて、スベスベしたお尻を丸出しにした。

「は、はい…」
あ…、おちんちん、おっきくなってる…。
壁に両手を当ててお尻突き出しウエルカムな体位のメガネッ娘は、下半身裸の遠藤をチラ見して、生まれて初めて勃起した男性器をナマで見た。

舞子、セックス、するんだ…。
突き出したあそこの濡れまくりのスジを開き気味にして受け入れ体勢にある処女は、これからセックスするのだろうとぼんやり考えていた。

短編 (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:47:47 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (10) 図書館痴漢(6)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (10) 図書館痴漢(6)

「(あらら、お漏らししたね…、高校生にもなって、それも図書館の真ん中でするなんて、恥ずかしくないの?)」
このどエロ、潮吹きJKが…。
床に飛び散ったヌメリ気にニンマリ笑った遠藤は、快感で朦朧としてうつむく舞子の顔をのぞき込んだ。

「(いやあ…、ごめんなさい…)」
ああ、やだあ…、恥ずかしい…、幼稚園の子みたいに…
変態痴漢男の言葉責めに、どMな被虐色情を激しく刺激されたメガネッ娘は思わずしゃがみ込むと顔を伏せ、
図書館…、舞子、お漏らし…、見られた…。
紺ミニスカを両手で太ももの間に押し込んで、潤沢なお汁でヌルヌルのマン○を押さえていた。
「(だめだ、ゆるさん)」
ぐへへっ、イジめてやるっ…。
スベスベしたお尻をなでながらスケベ笑いを浮かべる遠藤は、真っ赤になった耳に冷たくささやいた。

「ああ…、ゆるして、ください…」
やああ…、ごめんなさい…、
鼓膜に響く冷たい響きにゾクゾクしたどM変態娘は、快感の余韻の残る若い女体を熱く火照らせ、
高校生にもなって、オシッコ…、お漏らするなんて…。
かすかに口を開けた淫肉のスキマから、床にネットリ糸を引いていた。

「(罰だ、あのオッサンの前でオナニーしてこい)」
露出オナニー調教、だ…。
恥じらってますます縮こまる舞子に、どSな倒錯色情を抑えきれない変態は、ハゲオヤジの前でのオナニーを命令した。

「え…」
そ、そんなこと…、できない…。
ハゲでスケベそうな中年の前でオナニーするなんて、と考えただけでアソコから舞子はピュッと潮を吹いた。
「や…」
やだ、また…。
床に飛び散った湿り気にハッとなって、両手で顔を隠す舞子に
「(またしたのか、このションベン垂れが、さっさとオナニーしてこい)」
言葉責めだけで、イキやがった…、コイツ、ホンモノの奴隷体質だ…。
舞子の反応にもう有頂天の痴漢男は、だらしなくゆるみそうな顔を引き締めて、裸のお尻をパチンとスパンキングした。

「ひっ、…、きゃん…、(わ、わかり、ました…)」
公然ライトSMにのけ反ってセーラー服の胸を反らせた舞子は、にらみつける遠藤の顔をチラ見すると、厳しい目線から逃げるように顔をそらしたが、あきらめてオッサンのところに向かった。

どうしよう…、でも、ああ…、
ハゲ親父の前でモジモジしていた舞子だったが、本棚の陰からにらみつける遠藤を見ると
するしかないのね…。
とうとうあきらめて、オッサンの前の席に裸のお尻をペタンとつけて座り、
あ、や、ああ…、感じちゃう、なんて…、舞子、変態…。
紺ソックスのナマ脚を広げて、濡れ濡れの秘肉をイジりはじめた。

ああ…、見てる?…、舞子、いやらしい目で…、見られてるの?…。
机があるのでオッサンから下半身は見えないが、舞子ははしたなく広げた脚の間を見られている妄想に支配されていた。

や、ああ…、声、でちゃう…、ああ…、変になっちゃうっ…。
マゾヒスティックな被虐妄想にまみれて、静かな図書館で媚肉をクチュクチュするメガネッ娘は、一人エッチの時より格段に欲情し、上気したカワイイ顔に高校生らしくないエロを漂わせていた。

短編 (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:30:06 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old