FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (7)絶体絶命

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (7)絶体絶命

「おい、ふともも、スベスベだよ、きもちええっ」
下半身を押さえた男はスケベ笑いを浮かべてニーハイの絶対領域をなで回し、興奮したうわずった声を上げる。

「どんなパンティはいてんだ、オジサンにみせてよ」
由紀を後ろから抱えてセーラー服の胸を揉んでいた男は、髪から出た耳を甘噛みしながら、紺ミニスカをまくり上げる。
「おおっ、レースのパンティだよ、ガキのクセに色気づきやがってっ」
太ももをなでていた中年男は、ムキ出しになった股間に張り付くレース付きパンティを、バカ笑いしてわめいてツバを飛ばしていた。

「やめて…、お願いします」
大の男二人につかまって身動きできない由紀は、何をされるかわからずに怯えるだけで、ただ泣きそうな声で、普通の人間なら持っているはずの善意に訴えるしかなかった。

しかし女子高生を集団で拉致するような犯罪者に、良心のたぐいを期待するのがそもそも間違いだった。

「なにをやめるんだ、これか、それともこれか」
カリカリの脚を広げさせて当て布部分を丸出しにした男は、スジの部分に指を食い込ませてクリや膣口の部分をグリグリし、パンティに淫靡なシワを作る。

「いや、やだ、やめてえ」
暴力的な性欲にさらされて、生まれて初めて女の子の大事な部分を男の手でイジられた由紀は、ハレンチな仕打ちに泣きわめくしかなかった。
「うへへっ、泣き顔もかわいいぞ、オジサン、興奮しちゃう」
後ろから抱きつく男は、膨らんだ股間をまだ固さの残るお尻に押しつけながら、涙に濡れた横顔をベロベロ舐め回していた。

車は山中深く進んで湖の近くに止まった。
「いいだろ、人里から離れた湖で、初体験だぞ」
由紀を抱えながら降りた男は、乱れたセーラー服の下の素肌をまさぐりながら、うそぶいてニヤニヤしていた。
「お、お願いです、帰してください」
泣くことしかできない由紀は、今日まで守ってきた純潔が穢される運命を覚悟しながら、男たちが正気に返ってくれることに一縷の望みを託していた。
「そうか、帰りたいか」
しかし憐れなセーラー服美少女は草むらに放り出され、不気味な笑いを浮かべた男がのしかかってくる。
「は、い、助けて…」
淫らな欲望にまみれた絶対な悪意にコレまでの人生で出会ったことのない由紀は、男の翻意を期待して聞き返す。

「ばーか、帰すわけねえだろっ、グッチュグチュのネチョネチョにしてやるっ」
紺ヒダスカートをまくり上げてパンティを奪い取った男は、いきり立つ息子をぴったり閉じたピンクのスジにコスりつけ、頬に伝う涙をベロリと舐め上げた。
「や、やだ、やめてえっ」
セーラー服姿のままノーパンにされた由紀は、恥ずかしい場所に押しつけられる欲棒に大声を上げて暴れたが、陰惨な笑いを浮かべた3人の強姦魔がバタバタ暴れる手足を押さえ込んだ。
「このまま、入れちまうか」
やせたカラダにのしかかって興奮した臭い息を吹きかけてくる男は、まだ男を知らない女体の切れ目に握ったサオをすりつけて入口を捜していた。

「おいおい、手加減しろよ、オレたちが待ってんだからな」
頭の上で両手を押さえる男は、ヨダレを垂らした分厚い唇をベロリと舐め、ハツモノ美少女暴行の妄想に股間をギンギンに膨らませていた。

アベンジャー由紀 (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:46:44 ━ Page top ━…‥・

== その他(ブログ) ==

前田敦子 AKB48卒業

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。

ついさっき知りました。驚きました。

今書いているアベンジャー由紀(目次)は、柏木由紀をモデルにしていますが、今後のストーリーで前田敦子が卒業したAKB48(もちろんフィクションなのでグループ名はぼかすつもりですが)の、次のセンターになったXXとのカラミを考えていたので、数年のうちに卒業するだろうと思っていましたが、昨日の今日なので驚きました。
前田敦子「私なりに頑張ってきた6年半でした」 スポニチ


前田敦子は全くの素人でAKB48に入り、秋元にみそめられてセンターを務めてきたワケですが、そのプレッシャーは並大抵のモノでは無かったと思います。

大島優子はAKB48に入る前の芸能活動が長いので、スタッフに対する挨拶など芸能人としての振る舞いがちゃんとしていますが、前田はそういう点が全く出来てないとか、普段の素顔は仏頂面でファンサービスもできないなど、ヒドイ事を言われていました。

AKB人気で主役に抜擢された『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』は、視聴率1桁で戦犯扱いされました。日テレ系『Q10』もロボットとして無表情な役だったから、なんとか演じられたとも揶揄されました。

前田に関するこれらの評価はあまりに過酷だと思います。アイドルグループのセンターとして誰にも負けないほど努力しなければならない上に、ドラマやテレビで引っ張りだこでは、十分な力が発揮できなくてもしかたないと思います。

日刊サイゾーをはじめとするマスコミや、アンチによる罵詈雑言を並び立てたバッシング記事は暴力的でした。

これらの心ない報道やネットの書き込みは、今回の卒業に大きく影響しているはずです。逆に言えばこれだけクソミソにけなされても、健気にがんばってきたあっちゃんは偉いと思います。


常にファンやマスコミの目にさらされ、四六時中ニコニコしているほうが異常です。疲れているときはお愛想など出来なくて当たり前です。楽屋で仏頂面しててもしょうがないでしょう。人間なんですから。

以前のブログにも書きましたが、私が前田敦子を知ったのは『栞と紙魚子の怪奇事件簿』(2008年1月5日~)でした。このドラマで南沢奈央にイジられるメガネッ娘の役は、コミカルでかわいい演技だったと思います。
前田敦子(と南沢奈央)のパン○ラシーン(笑):表ブログでこのドラマに触れた記事。

素人でこの世界に入り、数百曲と言われるAKB楽曲の歌とダンスを習得する傍ら、ドラマやバラエティなどでAKBの顔として活躍してきた前田の超人的な努力がもっと評価されるべきだと思います。

ちょうど卒業のシーズンで、成人式もしたことですし、アイドルから脱皮して、大人の歌手・女優として新しい道を歩いてもらいたいです。

ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:03:41 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old