FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (5)復讐者由紀

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (5)復讐者由紀

「××…」
ノーパンのガーターストッキング下着姿にOL風衣装を身につけた彼女は、ケータイに英語で何かを話しかけていた。

彼女がケータイを切ると、外で待っていたのか屈強な外人男性数人が強姦部屋に入ってきて、床に倒れてた強姦魔たちを縛り上げた。
「安心して、警察には突き出さないから…」
ボスらしい黒人男性に目配せした彼女は、連れて行かれる強姦魔グループリーダーに、冷ややかな笑みで声をかけた。

しかし強姦魔たちにとっては日本の警察に逮捕された方がよほどマシだったはずだ。黒人らは人身売買組織のメンバーであり、三人には貨物船で東南アジアの男娼窟に売られ、一晩に何人もの倒錯性欲異常者たちに弄ばれる、地獄のような毎日が待っているのだから。


残りの二人からちぎり取った血まみれの陰茎とリーダーのとあわせた3本を、床に並べて写メを撮った美女は、「復讐完了しました」というタイトルでメールを送った。

メールの送り先は、強姦魔たちに陵辱された被害者の女性たちだ。

3本の主をなくした息子たちを強姦部屋に置き去りにしてリーダーの家を出た美女は、人身売買組織の男たちが運んできた赤いスポーツカーに乗って夜の闇に消えていった。


彼女の名前は柏由紀。住所や年齢は不詳だが、その美しい容貌は20代半ばに見える。

性犯罪の犠牲になるのはいうまでもなく女性が圧倒的に多い。アメリカや韓国で女性が悲惨な性犯罪の犠牲になったという報道をよく目にするが、多くの日本人女性も同じように性的なおぞましい暴力を受けている。

それが表だってニュースにならないのは、強姦罪などの性犯罪が親告罪であり、性的なトラブルは秘事にしようとする日本的習慣から、泣き寝入りするケースがほとんどだからだ。

司直の裁きも受けずにのうのうと暮らす強姦魔たちに、おぞましい陵辱を受けて心に深い傷を負った女性の多くが、まともな社会生活が送れずに辛い毎日を過ごしている。

そんな女性たちが彼女のクライアントだ。血が滲むような恨みのこもった依頼が、あるネットサイトにかき込まれる。

表だって警察に訴えることは出来ないが、性欲に任せて消えない傷を負わせた卑劣な強姦魔をどうしても許せない女性からの依頼で、彼女は性犯罪者たちに復讐する。

報酬はもちろん依頼者から受け取るが、今回のように日本国法律下で凶悪犯罪となるケースでは報酬も高額になるため、人身売買組織などのアンダーグラウンドな組織からもあわせて受け取る。


由紀がこの仕事に手を染めた事情を説明するには、高校生の彼女が遭遇した悲惨な事件から語る必要がある。

アベンジャー由紀 (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:09:10 ━ Page top ━…‥・

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (4)冷たい笑み

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (4)冷たい笑み

「しょうがねえなあ、じゃあ、今度はオレな」
強姦魔今中が男を廃業させられたことに気付かない古川は、手コキする手を振り払うと、くびれに吊ったガーターをたるませた下着美女のバックにしがみついた。

「ああ、ヒイヒイ言わせてやれ、オレは、こっちで楽しませてもらう」
腰がとろけるようなフェラにだらしない笑いを浮かべるリーダー坂井は、ナマ本番の体勢に入った古川をはやし立てていた。
「…」
しゃがんだ腰肉をつかまれて引き上げられた美女は、アゴを突き出してフェラを続けながら、濡れた秘肉に食い込んでくる肉棒を、今中と同じように手でつかんだ。

「おいっ、まあ、いいかっ」
即挿入をジャマされて不機嫌そうに唸ったが、焼酎がいい感じで回った古川はさっきと違う濃厚な手コキに表情を緩め、スマタで腰を振っていた。
「おらっ、こっちもちゃんとしろよ」
腰が抜けそうなフェラに満足そうな坂井だったが、勢い込んで腰を振る古川に張り合うかのようにノドの奥までカリをツッコンでイラマチオし、強引に腰を振っていた。

「うふっ…」
二人の男の強引な攻めに遭いながら、彼女は涼しげな半眼で二本の肉茎の様子をうかがっていた。傍らでは口から泡を吹いた今中が床で失神していた。
「お、でるっ、ぞっ…」
スマタで調子に乗って腰を振る古川はこみ上げる欲望にのけ反ると、生挿入は二発目にするつもりで唸り声をあげ、一発目を宣言した。
「(二本目…)」
いきり立つ肉棒の脈動を手の平に感じた美女は、素早く握りを変えると、瞬時にひねりあげて海綿体を切断した。

「ひっ…」
早漏チビと同じ末路をたどった二人目の強姦魔は、白目を剥いてビクンとのけ反ると、股間を押さえてうずくまり、
「…」
ドピュドピュと血が混じった精液をばらまいて、今中と並ぶようにして倒れ込んだ。

「ああ…、しょうがねえなあ」
酒が入った上に極上フェラでご機嫌の坂井は、古川の異変にも気付かず、一発で沈没したでくのぼうを見下ろすと、ディープスロートなイラマチオを続けた。

「(コイツで、終わり…)」
最後に残った強姦魔に、これ以上サービスして情けをかける必要はないと判断した美女は、頭をつかむ両手からすり抜けて立ち上がり
「…(三本目)」
背筋が凍るような美しい笑みを見せると、合気道のような手つきで股間をつかんで坂井の体を一回転させた。

「ひっ」
ワケがわからずに床に倒された坂井は、シャワーのように血しぶきが飛ぶ股間を見ると
「ひいいっ…、わあっ、おあっ、うわあっ」
みっともない悲鳴を上げ、両手で股間を押さえて半狂乱でわめきまくった。

「…」
血まみれになってのたうち回る強姦グループリーダーに冷たい視線を向ける美女は、パンティを履いてないガーターストッキングの脚線美を見せつけるようにすっくと立ち、ダランと下げた手にちぎり取った陰茎を握っていた。

仕事をやり終えた彼女は、美しい横顔にかすかな笑みを浮かべていた。

アベンジャー由紀 (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:01:33 ━ Page top ━…‥・

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (3)一人目

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (3)一人目

「入れてやる、ケツ出せっ」
連続強姦魔たちの劣情を煽り立てる下着美人に、目を血走らせて前のめりになった今中はゴクンとツバを飲み込むと、唾液に濡れたズルムケチンポを自慢気に突き出した。

「一緒に、しましょうよ」
いきり立つ今中を軽くいなした彼女は、唇の片方だけ上げてニヤリと艶やかな笑みを見せると、焼酎を煽る二人に声をかけた。
「チビひとりじゃ、満足できねえってよ」
「しょうがねえなあ、楽しませてやるよ」
セクシー美女の誘いにまんまと乗った坂井と古川が、下品なバカ笑いを浮かべながら、服を脱ぎ始めた。

「おいっ…、ちっ、オレが最初だからな」
二人の参戦に不満そうに舌を鳴らした今中だったが、とりあえず一発目の権利だけは譲らなかった。
「ああ、オレは口でしてもらおうか」
「じゃあ、コレ、シゴけ」
にらみつける今中にウンウンとうなずいた二人は下着美女をしゃがませると、坂井は半立ちの息子を咥えさせ、古川は手コキをさせた。
「なんで先にすんだよ、入れるぞ」
フェラと手コキでだらしないバカ面をさらす二人に、威嚇するようにわめいた今中は、ムッチリした腰肉を引き寄せると、そそり立つ息子を秘肉の濡れた亀裂にあてがった。

「うふっ」
お口の奉仕と手コキを同時にこなす美女は、バランスを取ってオマタに手を伸ばすと、膣口に食い込んでくる肉棒をコスリはじめた。
「ああっ、おっ、おおっ…」
生挿入をジャマされた今中だったが、絡みついてくる指先の脳髄がしびれるような刺激に腰を突きだし、しばらく手マンを楽しむことにした。

「んあっ、あ、ああっ…」
濃厚なフェラですでに発射寸前だった今中は、生挿入に劣らない快感にのめり込み、吸い付くような臀部の素肌に抱きついていた。
「んっ、お、い、イクッ」
尿道を駆け上がる熱いこみ上げに唸ったチビは、濃いフェロモンが匂い立つ美女の背中に抱きつくと、発射態勢に入った。
「(1本目…)」
前の二人に口と手で奉仕し続ける美女は、しがみついてくる後ろの今中に昇天の刺激を与える代わりに、脈動する陰茎をしっかり握って手首をひねった。

「ひっ…、…」
血液が充満した海綿体を根元からキレイに切断された憐れなチビは、声にならない悲鳴を上げると、
「うう…」
かろうじてつながった陰茎から赤色の混じった精液をばらまき、崩れ落ちるようにしてうずくまった。

「おいおいっ、早すぎるぞ、もう終わりかよ」
今中が血祭りに上げられた事に気付かない坂井が、極上のフェラにだらしない笑いを浮かべ、冷やかしていた。
「一番だって張り切ってたわりにゃ、なさけねえ」
ツボを心得た手コキにウットリして腰を突き出す古川も、今中の異変に気付かず、早漏な暴発をバカにしていた。

アベンジャー由紀 (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:10:59 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old