FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (386)由貴の涙

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (386)由貴の涙

「ララララ、ラアラララ…」
酔っぱらってタダシに絡む優を尻目に、美少女戦士パンチラリンコスの胸を突っ張らせた由里子は、舌足らずな甘ったれた声で某人気韓国グループの曲を歌い踊り、腰をくねらせて生パンを見せまくっていた。

「しょうがねえ…」
セーラー服姿でじゃれつく優に顔をしかめたタダシは、酔っぱらってだらしなく笑う優の顔を両手でつかむと、ディープキスした。
「んっ…、んわあ…」
いきなり唇を押しつけられて舌を突っ込まれた優は、ビックリしたように大きな目を見開いてフリーズし、口の中をクチュクチュされる快感にドキドキしていた。
「あっ…」
やあっ…、ちゅー、してるっ…。
優の手から力が抜けて抜け出した由貴は、目の前でキスする二人に無意識下にヤキモチを感じ、タダシの腕に抱きついていた。

「こうして、やるっ」
セーラー服美少女とのキスに興奮したエロ高校生は、すがりつく由貴を無視して短いヒダスカートに手を入れてパンティを脱がせると、肉付きの薄い太モモを広げ、いきり立った息子を押し当てる。
「あ、や…、やだあ…」
タダシとの生セックスが初めてじゃない優はポーズだけの抵抗をして、熱いソレが侵入してくるのを感じていた。酔いが回って悪ノリする微乳セーラー服美少女は、由貴の泣きそうな表情に優越感さえ感じていた。

「ご主人様…」
やだあっ…、優ちゃんと、エッチしちゃ…、やめてっ…。
タダシがその気になって生挿入しようとしたその瞬間、由貴はスケベ笑いするだらしない顔に抱きついて、ウルウルした目でジッと見つめた。
「…、なんだよ…、シラけた…」
下まぶたに涙をいっぱい溜めた由貴の悲しそうな顔に、節操のない性欲はあっという間にしぼんで、息子も脱力した。

「…、由貴ちゃん、ごめん…、ふざけすぎた」
大きな目からあふれた涙が頬を伝って優の額に落ちた。泣くのを懸命にこらえてタダシにすがる由貴の顔を見上げて、すっかり酔いがさめてしまった優は
「はやく、そのみっともないモノ、しまいなさいよ」
紺ミニスカをまくり上げられた腰を引いて、濡れた媚肉に食い込んだ半立ちの先っちょを抜くと、ツッコミを入れてソレを軽くはたいた。

「ひっ…、なっ、なにすんだっ」
大事なひとり息子へのツッコミに大げさにわめいたタダシは、涙まみれの目でジッと見つめる由貴に背を向けて息子をしまった。
「悪かったよ…、泣くなよ」
平常時に戻った息子を社会の窓に押し込んだタダシはバツが悪そうに下を向くと、震える肩を抱いて由貴にささやいた。
「んんっ…、うわあんっ」
だめえっ…、泣いちゃ、だめえ…。
負担になりたくないという健気な気持ちでせき止めていた涙があふれて、どうにもこらえきれない由貴は、タダシに抱きついて大声を上げて泣いた。
「なっ、悪かった…、もう、泣くなよ」
泣き声のあまりの大きさに、感情をむき出しにしたときの由貴の怖さを思い出したヘタレ高校生は、怯えた表情を見せて懸命に慰めていた。

「ラララララ」
カラオケに夢中になっていた由里子は、三人の修羅場など全く眼中になく、あいかわらずのロリ声で歌いまくり、ヒップダンスでお尻をプリプリ振っていた。

女子校生由貴 (387) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:54:31 ━ Page top ━…‥・

== その他(ブログ) ==

応援お願いします

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗の最新話はこちらから

昨日(今日の深夜)の記事で500万文字を超えた事を書きました。手前味噌ですが、個人(そして非営利)でこれだけボリュームある小説ブログ(エロですが)は、日本でも有数ではないかと思います。

FC2アクセス解析2012年3月

今月は多い時に1日で5話も更新してきたので、1月2月の更新頻度が落ちた時よりアクセス数が回復して1万PV/1日を超えるようになりましたが、5000PV/1日程度に低迷した月でも1000ユニークアクセス/1日程度は維持していました。このブログは1日約1000人が見ているということです。

これにはケータイからのアクセスを含んでおり、PCからのアクセスは半分程度だと思います。ケータイからの読者の方にクリックをお願いするリンクを張っていますが、ケータイからの投票は計算されないことも多いので、ここではひとまず置いておきます。


PCからのユニークアクセス数を500として、ブログランキングやブログ村の応援は多くても10件/1日程度(ブログランキングで1日20件が最高記録です)です。

読んでいる人の100人に1人か2人しかクリックしてしてないことになります。100人のうち98~99人が読み逃げ状態です。

だましリンクを警戒する人もいるかも知れませんが、毎日このブログにアクセスしていれば、そんな怪しいリンクなど全くない事がわかるはずです。

この数字はあまりに冷たい仕打ちだと思います。各コンテンツに応援をお願いするリンクを張ってますが、ほぼ全員の人がそのリンクを無視している冷たい目線を想像すると、大げさですが死にたくなります。

まったく読まれていないならあきらめもつきます。でも1000人が毎日コンスタントにアクセスし、そして大多数がリピータです。


自分でもデキがいいと思う時には、クリック数が増えるのでそれでヤル気が出たりするのですが、それにしてもベースが少なすぎるのは、ヤル気が失せる方向に強く働きます。

ネットの世界はボランティアで成立している部分が大きいです。私もその恩恵に浴しています。

エロ小説ごときと思われるかもしれません。しかし、口幅ったいですがその恩恵に報いる程度の貢献はしているつもりです。

500万字のコンテンツを書くために多くのことを犠牲にしてきました。ブログを始めてから給料は半分以下になりました。リストラの筆頭で、人事からはやめたらどうかと、何度も言われています。

私のしていることなど自己満足かも知れません。しかしネットの存続には利用者の互恵精神が不可欠だと思います。読者の良心に訴えたいと思います。


ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:04:01 ━ Page top ━…‥・

== その他(ブログ) ==

500万字

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。

PCから見てる人だけしか見えないかもしれませんが、このブログのヘッダーの部分には

SINCE 2008.2 自作長編官能恋愛小説 アメブロで通算1350万PV記録、470万字(原稿用紙1.2万枚、単行本23から46冊分)

と書いてあります。

アメブロの通算アクセス数は、再度アメブロに戻らない限り変わらないのでいいのですが、文字数は日々更新して増えているので、なんどか変更しています。最初は400万字だったと思います(アメブロから完全移行した2010/12月頃の数字?)。

で、今日通算文字数を計算したら(というか、EXCELに作品一覧の文字数を記録しているので自動計算されるのですが)、500万字を越えていました。

500万字…

一文字打つのにキー2ストローク弱で、打ち間違いを計算に入れれば、楽に1000万キーストローク超え…。ちなみに『ろま中男(SINCE 2008.2)』を始めてから、キーボードは3回交換しました(どんだけ力入れて打ってんだ…、会社でもうるさいとよく言われます、汗笑*)。

* というかPC本体を交換したいのですが…、21世紀になるまではCPU性能向上で毎年のようにPCを換えてましたが、今のPen4 2.6Ghz/メモリ1GBにしてから、もう7年ほど換えてません(悲笑)

上のキャッチコピーなら「単行本25~50冊分」です。ちなみに10~20万文字の根拠はネットで調べた単行本/文庫本の一般的な統計のようです(倍の違いがあるんじゃ、統計として成立しないような気もしますが…)。

未発表のボツ原稿もあるので、エロ小説でキー入力した数字は550万字をゆうに超えると思いますが、ともかく500万は十分一区切り(一里塚?、メルクマーク?)の数字ですし、一応自慢しておきます(笑)。

つーか「ヘッダーのキャッチコピー、早く書き換えろ!!」ってことですが(恥笑)。


ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:08:21 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old