FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (36)妄想浪人生

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (36)妄想浪人生

はあ…、ああ…。
何人もの男に何度も犯されて、フラフラの璃紗はなんとか駅にたどり着いた。割と空いた車両に乗った璃紗は電車の揺れに翻弄されながら、快感の余韻で微熱っぽいカラダをかろうじて支えていた。


ふあっ?…、ええっ?…、エロ、美人っ…、
一番ハシの席に座ってうつらうつらしていた健斗は、前に立ったけだるそうなシースルーキャミドレスの美人に、すっかり目が覚めた。
み、見えそう…。
ガーターベルトを見せるスソの短いキャミドレスはパンティがのぞけそうで、健斗は無意識に腰を前にズラし、ローアングルからスソの奥を見つめていた。

永山健斗は浪人で予備校からの帰りだった。正確には予備校を途中で抜け出し、ゲーセンで遊んでいたため、いつもより遅い時間に電車に乗っていた。

いやらしいカラダ、しやがって…、
シースルーキャミに透ける素肌を凝視する健斗は、膨らんだ股間を膝に置いたカバンで隠し、淫らな妄想で頭をいっぱいにしていた。
きっと、ズコバコやりまくってる…、ドスケベの、ヤリマンだ…。
健斗はイケ面の部類に入るのだが彼女はいない。浪人で受験勉強しなければならないというプレッシャーで、鬱屈した性欲を溜め込んでいた。


男たちに蹂躙され疲れ切った璃紗は、目の前の少年がいやらしい妄想に取り憑かれ、自分のカラダに淫らな視線を絡めているとは、全く思ってもいなかった。

「やっ、あんっ」
少年の淫らな欲望にさらされた無防備な璃紗は、突然電車が急停車すると、こらえきれずに健斗に倒れかかった。
「あ…」
ガーターストッキングのナマ太ももが健斗のマタの間に入り込み、胸のふくらみが健斗の頭に押しつけられた。
「ごめんなさい」
つかのま健斗に抱きついて柔らかい女体を押しつけた璃紗は、慌てて立ち上がって頭を下げた。

「…、いえ…」
触った…、太もも…、
頭の上でする声に低い声で応えた健斗は、手の甲に当たったスベスベした太ももの柔らかい弾力と、
パンティ…、見えた…。
その手でめくれ上がったキャミのスソにパンチラした光景が目に焼き付き、膨らんだ股間をカバンで押さえてドキドキしていた。

誘ってる?…、この淫乱、オレを…、
リアルなナマ肌の感触とパンチラで、健斗の妄想は爆発的に膨らんだ。
そんなに、欲しいか…、このどスケベ女…。
エロ妄想で性奴隷に堕とされた璃紗は、SMボンテージ姿で健斗のカラダを隅々まで舐め回し、淫らなおねだりをしていた。


あ…、空いた…。
次の駅に到着すると健斗の隣りの男が立ち上がり、疲れ切っていた璃紗は座った。
うう…、いい、匂い…、
妄想まみれの浪人生は、横に座った美人大学生の柔らかい肉体と漂う香りにのぼせ上がり、
やっぱり、誘ってやがる…。
痛いほど股間を膨らませ、わずかに残った理性を吹き飛ばしていた。

女学生璃紗 (37)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:05:36 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (35)オッサンの満足

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (35)オッサンの満足

「いっ、イクっ…、イグうっ…」
あ、ああっ…、イクうっ…。
デカチンポ串刺し陵辱で璃紗は快感の絶頂に突きあげられ、汗まみれの柔肌をビクビクと淫靡に波立たせた。

「おっ、おいっ…、ションベンかよっ」
エクスタシーにのけ反った璃紗を抱きかかえたオッサンは、潮吹きのオシッコを引っかけられて不機嫌そうな声を漏らしたが、
「まだ、イッてないぞっ」
官能の悦びにもだえて腰砕けに座り込む女体を水飲み場に寄りかからせると、汁気でネチャネチャの亀裂に先端をあてがってバックから挿入した。

「ふぐっ、やっ、あっ…」
や、やらっ…、
イッたばかりで過敏なオマ○コにデカチンを再挿入された璃紗は、快感地獄にもだえ苦しんでこもったうめき声を上げる。
いっ…、じぬうっ…。
官能の嵐に翻弄される女体は、ガーターストッキングの太ももをプルプル震わせ、水飲み場のチンコのような蛇口にすがっていた。

「うらっ、あっ、ああっ」
汗まみれでヌルヌルの腰肉を両手で握ったオッサンは、パンパンと音と立てて肉棒をたたきつける。
「ひゃっ、ひゃらっ、じぬうっ、じんじゃうっ」
あひっ…、くっ、ぐるうっ…、おがじぐ、なるうっ…。
ネチョ濡れのビラビラがすり切れそうな勢いで挿入され、璃紗は底なしの快感にまみれて苦しみもだえた。

「おっ、いっ…、いくぞっ」
肉と肉がぶつかり合う淫靡な音を、暗がりの公園にしばし響かせたオッサンは、裏スジの込み上げにをみっともない声を漏らすと、トロトロの蜜壺に思いっきり肉棒をネジ込んだ。
「ん…、お、おお…」
尿道を駆け上がる熱い白濁液に唸ったオッサンは、子宮口までネジ込んだデカマラをビクビクと脈動させ、ドクドクとナマ毒液を注入した。
「ひっ…、あ、ああっ…」
くっ、うっ…、ひっ、あっ…、うっ、くるうっ…。
デカチンに子宮口をこじ開けられて熱いザーメンを浴びせられた璃紗は、だらしなく開けた口のハシからヨダレを垂らし、快感まみれの肉体美をビクッビクッと震わせた。

「ふう…、優しくなかったな…、まあ、許せよ…」
美人大学生の膣ナカをザーメンまみれにした満足感で薄笑いを浮かべるオッサンは、しぼみはじめた息子を仕舞うと、さっさとその場を立ち去った。

「あ…、また…」
また、犯され、た…、
水飲み場にしがみついて崩れ落ちた璃紗は、ヤリ逃げしてゆったりと去っていくオッサンの後ろ姿を目のハシでぼんやりと見つめていた。
「は、ああ…」
や…、垂れた…。
こもった溜息が漏れてカラダから力が抜けた。しゃがんでガーターストッキングがムッチリしたオマタから、ザーメンがドロリと地面に垂れる。

「んっ…、こくっこくっ」
あん…、はあ…、
欲望のはけ口にされた淫乱女子大生は、けだるい空気をまとった体を起こし、チロチロとあふれる水に唇を寄せた。
あ…、おいし…。
男性器を連想させる蛇口に口を当てた璃紗は、冷たい水にノドを鳴らし、火照りの収まらないカラダを冷ましていた。

女学生璃紗 (36)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:15:10 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (34)どっかのオッサン

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (34)どっかのオッサン

「よっ、よかった、かああっ、い、淫売っ、どっ、どエロ女っ」
フニャチンをキレイに舐め上げられた変質者は、半立ちチンポにすがりつく璃紗を突き放すと、捨てゼリフをわめいてどこかへ行ってしまった。

「は、はあ…」
ああん…、なんだったの…。
顔射でザーメンパックをされた璃紗は、発情したカラダを物憂げに立ち上がらせると、ムキ出しのお尻を直して水飲み場によろよろと向かった。
「あ、ああん…」
やだあ…、取れない…。
男性器に似た銀色の蛇口をひねった璃紗は、チョロチョロ出る水で顔を洗っていたが、前屈みになってナマ尻がまくれ上がっていることに気付いてなかった。

「大変だったね…」
後ろから優しそうな声がして振り返ると、お尻の奥をのぞき込んだ中年のオッサンが、デカチンをムキ出しにして立っていた。
「えっ…」
おちんちん?…、おっきい…。
休む間もなく現れる変質者に呆れ気味の璃紗が黙って屹立する肉棒を見つめていると
「ボクは優しくするから」
スケベな笑いを浮かべた中年はシールスルーキャミのカラダに抱きつくと、ガーターストッキングの太ももを抱え上げて突入してきた。

「えっ、んっ…、やっ、らあっ」
あっ、ううっ…、
ハアハアと興奮した吐息を響かせたオッサンがカクカクと腰を振る。
んっ、あっ…、入って…、あん、引っ張られ、るうっ…。
愛液まみれの媚肉のスキマをムリヤリ広げて挿入されたデカチンポが、膣にキツキツにネジ込まれては、粘膜が引っ張り出される。
「お、おおっ…、絡んでくるぞおっ」
男性器のような蛇口がチョロチョロと水をあふれさせる前で、美人大学生を強姦するオッサンはうれしそうに腰を振って、愛棒の出し入れを続けていた。

「や、やめへ…、あ、ああっ…」
い、いや、なのに…、ああ、感じるうっ…。
日が沈んで人気のない公園の真ん中で陵辱される璃紗は、片脚立ちの不安定なカラダを強姦中年に寄りかからせ、欲情した吐息にまみれていた。
「んっ…、い、いいぞっ」
太ももといっしょにお尻を抱え、ツヤツヤの肌に指を食い込ませたオッサンは、興奮したうめき声をわめきながら、
「くうっ、おおっ…」
発情した女体をタプタプ上下に揺さぶり、愛液でネチョネチョに濡れた肉棒を出し入れしていた。

「あ、ああ…、だ、だめ…、い、イグうっ」
や、ああっ、や、い、いいっ…、いっちゃううっ…。
変質者に中途半端に興奮させられた女体は、オッサンのデカチンポで快感の頂点に突きあげられ、ヨダレまみれのアヘ顔をさらす。
「おおっ、いいぞおっ、キツマンだあっ」
ご機嫌のオッサンは激しい挿入を続け、丸太のようなデカチンがムリヤリ広げた大陰唇や小陰心が、あふれた愛液でネチョネチョに濡れ、ぬめった滴を地面に飛び散らせていた。

女学生璃紗 (35)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:06:45 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old