FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (33)変質者顔射

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (33)変質者顔射

「ぐひっ、ひいいっ…、や、やっ、やってっ、やるっ」
電柱にしがみついて裸の下半身を向ける女体に、うわずった興奮した声を上げた変質者はビンビンの息子を、汁気を垂らす亀裂に押しつける。

「ひっ、やっ、やめへえっ…」
お、犯はれふうっ…、たれ、はあっ、たふけれえっ…。
尻アナからマ○コの切れ目まで執拗に舐め上げられた女体は受け入れ体勢万全で、璃紗の意志とは反対にいやらしい汁を垂れ流していた。
「ぐっ、うっ…、あ…」
汗が滲んだ腰肉にしがみついた変質者は、反り上がった息子をトロトロの亀裂に押しつけると、
「あっ、あふうっ、あったっ、けえっ」
一気に腰を押しつけると幸せそうなこもった声を上げ、だらしないバカ面をさらす。

「んひょおっ、ふげえっ…、ぐひっ、ぬへえっ、ぶふぬっ、うごおっ」
美人大学生を強姦した変質者はうれしそうにわめいて腰を振り、愛液まみれの肉棒を盛んに出し入れする。
「やっ、やらっ、いっ、やっ、れへっ」
や、やだっ、ああっ、いっ、いいっ…。
どうしようもなくてただ電柱にしがみつく璃紗は、ズンズンと突きあげる肉棒に子宮口や膣粘膜を刺激され、とめどなくネットリした汁を垂れ流していた。

「うっ、おっ、え、ええどっ、おおっ」
若い女体をナマ挿入で陵辱する気持ち良さに、ヨダレをまき散らしてわめきまくるバカ面性犯罪者は、
「うへっ、で、でるうっ、うっ…」
早くも発射を予感してさらに腰の回転を上げると
「の、のめえっ」
ビクビク震える肉棒を抜き取り、璃紗をしゃがませると顔射した。

「う、や、やあっ」
ひっ、い、あっ…、
ムリヤリしゃがまされて顔をザーメンまみれにされた璃紗は、
で、でちゃうっ、ううっ…。
ビクッと震えるとはしたなく広げたガーターストッキングの太ももの根本から潮吹きし、地面にジョワッとオシッコシャワーをまき散らす。

「し、しおっ、潮吹きっ、やっ、やがっ、たっ」
放出の快感にまみれた真性変質者は、ハデにオシッコをまき散らす美人大学生に、うれしそうなドモったセリフを浴びせかけると
「な、舐めろっ、淫乱っ」
縮み始めた肉棒を、ハアハアと息を切らす艶めかしい唇に押し込んだ。

「んっ、ふわぶっ、にゅちゅっじゅるるうっ」
く、くるしっ…、し、しぬっ、しんじゃうっ…。
強引にネジ込まれた肉棒に息が止まって失神しそうな璃紗だったが、淫乱なメスの本能で半立ちチンポをキッチリ舐め上げていた。

女学生璃紗 (34)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:34:30 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (32)通りすがりの変質者

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (32)通りすがりの変質者

銭湯を出るともう日が傾いていた。

はあ…、気持ちいい…。
朱色の夕陽がシースルーキャミドレスの璃紗のカラダを、艶美に照らしていた。湯上がりで火照った女体にまとわりつく、夕方の冷めた空気が気持ちよかった。

「お、おっ、おい…」
駅に向かうひとけのない裏路地を歩いているとこもった陰鬱な声がして、振り返るとハアハアと息を荒くした猫背の不潔な長髪男が、
「や、やら、やらせろよ…」
めくったキャミドレスのスソに顔を突っ込んで、ナマ尻のスベスベした素肌に生臭い息を吹きかけていた。

「あ、あの…」
だ、だれ?…、きょわい…。
お尻にしがみつく不気味な猫背男に璃紗はフリーズしていた。赤い夕陽が丸出しのスベスベお尻を照らしていた。
「いっ、いいっ、だろっ、な、なっ…」
シースルーキャミをくびれまでまくり上げ、柔らかい腰肉を両手でわしづかみにした変態は、ゆでタマゴのようなお尻をベロンと舐め上げた。
「ひいいっ」
やっ…、やだあっ…。
おぞましいお尻への愛撫に背筋に冷たいモノが走り、ビクンと伸び上がった璃紗は控えめな胸の前で両手を握り、お尻を突き出すマヌケなポーズを取っていた。

「ぐひっ、けっ、ケツのっ、あっ、穴だ…」
恐怖で凍りついた璃紗の尻タブを広げた陰湿変態男は、シワの寄った菊門に舌を伸ばし、尖らせた先端でほじくり回す。
「ひっ、ひいいっ、や、やらあ…」
おし、おしり、舐めて、るうっ…。
排泄器官を舐められるおぞましさに緊張してブルブル震える女子大生は、変態にお尻を弄ばれていた。

「おひっ…、濡れて、やがる…、ぐひひっ」
ケツ穴をツバだらけにした変質者は、せめぎ合う柔らかい肉を押し分けてその奥をのぞき込み、ネットリした汁に舌先を伸ばす。
「や、やら…、やめへえ…」
何も出来ずに震える美人大学生は丸出しのお尻に顔を突っ込まれ、太ももを押し広げられていた。
「ぐふっ、う、うめえ…、マン汁、うめええっ」
変質者はヌメリ気を帯びた柔らかい肉の合わせ目を舌で広げて、あふれる蜜を舐めまくって吸い取ろうとする。

「や、やら…、ひっ…、いやらあ…」
や、そ、そこ…、や、らあ…。
感じる部分をメチャクチャに舐められた璃紗はカラダから力が抜けて、近くの電柱にしがみついたが、腰から手を離さない変態にお尻を高々と突き出す、セクシーポーズを取っていた。

女学生璃紗 (33)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:06:22 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old