FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (20)痴漢少女留美

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (20)痴漢少女留美

「璃紗の部屋を用意しておくから、いつでも、好きなときに来なさい」
駅前で超高級リムジンを停めた豪徳寺は、そう言って璃紗を解放した。

3回目を求めなかった豪徳寺は、璃紗の行きたいところを聞いてリムジンを発車させた。当座のお小遣いとして日本銀行発行の諭吉ブロマイドを数十枚、ポンと渡した大金持ちは、璃紗が大学4年だと知ると、就職しないで我が家にくるように勧めた。

降って湧いたシンデレラストーリーに半信半疑の璃紗は、とりあえず諭吉ブロマイドと名刺を受け取って、しばらく考えさせて欲しいと応えた。

はあ…、この名刺、ホンモノだったら、スッゴイお金持ちだよね…。
ヌメるような輝きを残して去っていくリムジンを見送った璃紗は、日本人なら誰でも知っている某大企業と社長の肩書きが印刷された名刺を見ながら、お金持ちの生活がどんなモノか、庶民の乏しい知識で想像していた。

あれ?…、この娘?…、
しかしステレオタイプなセレブ生活の妄想は、メガネッ娘美少女が前を横切った瞬間かき消された。
私と、同じ?…。
紺ニーハイ、チェックミニのセーラー服美少女に自分を同じ匂いを感じた璃紗は、つられるように彼女の後ろについて歩き出した。

彼女は矢内留美。都立高校2年で学業やスポーツはいたって普通の目立たない存在。しかし彼女には人に決して言えない性癖があった。

留美は璃紗と同じように挿入で感じる体質だった。中学時代にその性癖を自覚した留美は、親の目を盗んで入手したバイブを愛用するようになったが、高校に入学して電車通学で痴漢体験すると、見知らぬ他人に痴漢されて強姦される陵辱プレイの悦びを覚えた。


午前中で授業が終わった留美はいそいそと駅に向かった。璃紗が目撃したのは、痴漢強姦プレイにウキウキして早足に駅へ急ぐ彼女だった。

駅のホームにつくとすぐに大学生風の男か留美に近寄ってきた。男はメールで留美に呼び出されていた。

高校1年から満員電車痴漢強姦プレイを覚えた留美には、ヘビーな痴漢常習者の顔なじみが10人以上いて、昼間でもそんな彼女の相手をしてくれる男が何人かいた。

男は留美の後ろに立つと、チェックミニのお尻を眺め、こみ上げてくる笑いをこらえていた。

なんだろう…。
思わずついてきてしまった留美は、二人の妖しげな雰囲気を感じながら、さりげなく近寄って様子をうかがっていた。

…、あ、ノーパンだった…。
すぐに電車が来て二人が乗り込むと、璃紗も近くの座席に座った。留美に注意を奪われていた璃紗は、お尻がチクチクする感じにノーパンだったことを思い出し、ムッチリした太ももをピッタリ合わせた。

あ、触ってる…。
ドアに寄りかかった留美のお尻を、密着した男がまさぐりはじめる。ミニスカをまくり上げた手は、純白パンティのお尻を無遠慮にゆがめて、ワレメの奥に指を伸ばす。
堂々と…、痴漢してる…。
最初は留美を痴漢被害者と見て、助けようか迷った璃紗だったが、窓の外を眺めるメガネッ娘の横顔に嫌悪感など無く、かすかに笑っているのを見てすぐに二人のプレイだと理解した。

やん…、直接、触って…、
パンティにいやらしいシワを作ってコネ回していた男の手は、ネットリした感触を感じるとパンティをめくり、濡れ濡れの肉をコネ回しはじめた。
気持ち、よさそう…。
公衆の面前でいかがわしいプレイに耽る二人を、すぐ近くからローアングルで盗み見する璃紗は、ノーパンのアソコが潤んでくるのを感じ、ブルッと震えると太ももをピッタリ合わせた。

女学生璃紗 (21)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:57:32 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (19)発狂寸前

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (19)発狂寸前

「んぐっ、あっ、しぬっ、しぬうっ…」
んっ、いっ、いいっ…、
超高級リムジンンの中で璃紗は、2回目で持続力を保った絶倫紳士に陵辱され続けた。
もう、壊れるうっ、し、死ぬうっ…。
10回以上も快感の絶頂にイカされて、精神崩壊一歩手前だった。

「そろそろ、いこうか」
璃紗の洪水状態オマタで高級スーツをビショ濡れにした豪徳寺は、2度目の膣内発射を宣言すると、ヌルヌルの腰肉を抱えると腰の回転を速めた。
「ひっ、またっ、いくっ、いっちゃうっ、いっ、いびいっ…」
ひいっ、またっ、イクうっ…、ああっ、死ぬ、死んじゃう…。
極太チンポで勢いよく子宮まで貫かれた璃紗は後ろに倒れるほどのけ反り、絶倫紳士に白い喉をさらし、ピクピク震わせる。

「うっ、くっ…、で、うっ…」
低い声を呻いて裏スジをかけあげる熱い奔流を感じた豪徳寺は、子宮に食い込んだカリをいったん引くと、めいっぱい腰を突き上げて子宮をカリの形に広げた。
「うっ、あ、ああああっ、う…」
ひゃらあっ、あひゃあっ…、
ムリヤリ子宮口を広げられて、子宮に直接ザーメンをドクドクと注ぎ込まれた璃紗は、断末魔の悲鳴を上げて中年紳士に両手両足で抱きつくと、ヒクヒクと痙攣した。

「んっ、ああっ…」
ああ、いっぱい、ザーメンが…、
子宮に収まりきらない白濁液が膣に逆流した。
ひひゃっ、あひいっ…、キてるっ、ひいいっ…。
カリがはまってキツキツの子宮口からあふれるザーメンに膣粘膜を焦がされる美人大学生は、たくましいガタイに回した太ももをビクビク震わせ、背中に回した手を爪立てていた。
「あ…、や、ああ…」
やらあっ、出る、出ちゃうっ…。
ヒッと音と立てて大きく息を吐くと、発情した女体がダランと弛緩して、ブジョワッと二人の股間にオシッコをまき散らした。

「璃紗、気持ちよかったか…」
快感の頂点で気を失った璃紗に、オシッコシャワーを浴びた豪徳寺は苦笑いしながら、脱力して寄りかかる女体を優しくなでていた。
「あ、はあはあ…、ごめん、なさい…」
やだ、オシッコなんて…、ああ、恥ずかしい…。
体中で快感の火花がパチパチとはじけ続けていたが、璃紗は盛大にオシッコを漏らした恥ずかしさで、豪徳寺の顔を見られなかった。

「かわいいよ、璃紗…」
恥じらう璃紗のいとおしさに萌えた絶倫中年だったが、どSなイジワルな気持ちも湧き上がってきて、汗でヌルヌルするお尻を抱えてまさぐりながら
「今度は、こっちだな」
尻アナに指を突き刺して、グリグリした。

「やっ…、お、ねがいっ、もうゆるしてっ」
ひっ、お尻っ?!…、もう、絶対、狂っちゃう、死んじゃうっ…。
節くれ立った指先で直腸を犯された璃紗は、慌てて豪徳寺から飛び退くと、反対側のソファで自分を抱きしめて小さくなっていた。

「ぷっ…、冗談だ、もう、おしまいだ」
怯える璃紗にどSな加虐色情を満足させた絶倫紳士は愉快そうに笑うと
「璃紗、こっちに来なさい」
手をヒラヒラさせて璃紗を呼び寄せた。

女学生璃紗 (20)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:09:46 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (18)絶倫巨根

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (18)絶倫巨根


「んぐっ、くっ、うっ…、ひいいっ」
く、苦しい…、しっ、しんじゃうっ…、
極太チンポが貫通した若い女体は快感より苦痛に煩悶し、ヒクヒク痙攣して四肢を震わせていたが、
ああっ、でも、もっとっ、シテええっ…。
破滅的などM変態被虐色情に萌え、ただれた快感の頂点を目指していた。

「うう…、すばらしい…」
気絶寸前で白目を剥く璃紗を前から抱えて、マイペースな挿入リズムで陵辱する豪徳寺は、愛棒に絡みついてくるきつい締め付けに満足げにつぶやき、
「まろやかな口当たり…、鮮烈な喉ごし…、絡みつくような味わい…」
ワインのテイスティングっぽいセリフをうそぶいていた。

「んっ、ひゅごっ、ひゅごいっ、んっ、ひゃらあっ」
あ、あたる…、ひっ、壊れ、ちゃうっ…、
高級ソファにゆったり座る高徳寺にM字開脚でまたがる璃紗はヨダレ垂らしまくりのアヘ顔で、汗まみれのお尻を上下に振って巨根を出し入れする。
や、らあっ…、おっ、きすぎて…、狂う、くるっちゃうっ…。
濡れ濡れ秘裂が裂けるほど広げるデカマラに、いやらしい汁をまぶす淫乱な女体は、膣粘膜を引っ張られて押し込まれて、ピンクの膜を出し入れしていた。

「んおっ、そうだ、キミ、名前は?」
快感のあまり気絶しそうなアヘ顔を見せる璃紗に、挿入を緩めない豪徳寺はいまごろ名前を知らないコトに気付いた。

「はあっ、璃紗、あひっ、遠藤、ひいっ…、璃紗、です、ああっ、いくうっ…」
んあっ、ああっ…、ま、また、いくっ、いくううっ…、
何度も絶頂を味わってまともな判断力を無くした璃紗は、極太チンポを咥え込んで懸命に腰を上下させながら、ほとんど白目のうつろな視線を宙に漂わせ、素で本名を応えた。

「璃紗、いいよ、もっと、よくしてあげるよ」
美人女子大生をオナホール扱いして抱えた大富豪は、お尻に手を回すと節くれ立った指でアナルを犯した。
「ひっ、ら、らめえ…、ひいっ、そこは、んっ…、らめ、らのお…」
いくっ、うっ…、ひっ、おしり、あうっ、だめえ、やめてえ…。
第二関節まで埋没した指で括約筋をほぐされる璃紗は、遠くなりそうな意識で変態プレイを拒否しようと、なんとかたくましい体を押し返していた。
「ん、まあ、ここは、あとでも、いいんだかな…」
アナル陵辱を拒否する璃紗にどSな制服欲求を刺激された豪徳寺だったが、そこは紳士の顔を保ち、尻肉を淫靡にゆがめた指先は軽いマッサージにとどまっていた。

「ひっ、ら、めっえっ、だ、おかしく、なるうっ…」
ひあっ、らめえっ…、
お尻の愛撫がライトに済んだ分、巨根の挿入は激しくなった。
あたる、死ぬっ…、ひゃらあっ、死んじゃうっ…。
絶倫中年のたくましい体でズンズンと突きあげられる淫乱美人女子大生は、
ひいっ、いぐう…、ひゃらあっ…、んくうっ、じぬう…。
丸太で串刺しになった錯覚に恐怖してジョワッとお漏らし、天井を仰いで大きく口を開けてリムジンの天井を仰いでいた。

女学生璃紗 (19)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:27:16 ━ Page top ━…‥・

== はじめに ==

女学生璃紗 目次

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次(12/03/21更新)
痴漢や強姦は刑法犯罪です。これはフィクションです。実在の人物団体と一切関わりありません。

内容
水泳に青春を捧げてきた璃紗は、ベストタイムを記録したその夜生まれ変わり、お淫ら三昧な生活をはじめる。
登場人物
遠藤璃紗:大学4年、水泳部。スレンダー美女だが、部活漬けの生活で色恋からは遠ざかっていた。
謎の男:璃紗のストーカー、異常性欲者。
都筑祐一:高校2年、偶然璃紗と親密な関係に…。
豪徳寺正忠:某財閥の総帥だが、実体は40過ぎの絶倫巨根独身男。
矢内留美:高校2年。璃紗と同じ性癖を持つが、早熟で変態プレイを常習する。

(1)人生の最高記録 / (2)屍姦 / (3)男の刻印 / (4)カラダの目覚め / (5)新しい朝 / (6)モンローウォーク / (7)トイレの強姦魔 / (8)2度目の陵辱 / (9)本能的欲求 / (10)痴漢少年 / (11)祐一の暴走 / (12)後部座席の痴態 / (13)祐一ナカ出し / (14)変態紳士登場 / (15)発狂しそうな絶頂 / (16)豪徳寺 / (17)2回戦開始 / (18)絶倫巨根 / (19)発狂寸前 / (20)痴漢少女留美 / (21)電車痴漢プレイ / (22)璃紗参戦 / (23)電車4P強姦プレイ / (24)ホームでナカ出し / (25)快感の後始末 / (26)初の銭湯体験 / (27)銭湯乱交プレイ / (28)前後から陵辱 / (29)前後穴精液注入 / (30)スケベジジイ / (31)男湯体験の終わり / (32)通りすがりの変質者 / (33)変質者顔射 / (34)どっかのオッサン / (35)オッサンの満足 / (36)妄想浪人生 / (37)強制車内フェラ / (38)浪人の抑圧された性欲 / (39)しきり直し /

ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
以下続く

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:52:25 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old