FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (17)2回戦開始

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (17)2回戦開始

「え…、はい…」
するって?…、あ、セックス、するのね…。
特大肉棒から目を離せない璃紗は、淫乱なメスの本能に背中を押され、豪徳寺の前にひざまずいていた。

「おっ、くうう…、いいよ…」
広げた脚の間にカラダを入れた璃紗に、そそり立つ男性自身をペロペロ愛撫された豪徳寺は、うれしそうな吐息を漏らし、キャミのナマ肌を優しくなでていた。
「は、はい…」
んっ…、ほめられた…、うれしい…。
口に溜まったツバを飲み込んで顔を上げた淫乱女子大生は、変態紳士の優しい言葉にうれしそうにうなずくと、ツバに濡れたシャインリップでカリにパクついた。
「おっ…、うまいよ…、く、うう…」
妖しくテカる唇をめいっぱい広げてカリを咥え込んだ璃紗が、鈴口をペロペロと舐める気持ち良さに、節くれ立ったたくましい指先が白い肩に食い込む。

「んふっ、ふっ、じゅっ、じゅびるっじゅぶるうっ」
気持ち、いいんだ…、もっと、してあげる…。
淫乱なメスの本性に支配されて、アソコを濡れ濡れにヒクつかせる璃紗は、丸太のような幹を懸命に咥え込んで、ディープスロートな愛撫を捧げた。
「おっ、おおっ、も、もう、いいよ…」
トロけるような極上フェラに発射を予感した豪徳寺は、璃紗を抱え上げると巨根にまたがらせた。

「あ、くっ…、くるしい…、んっ、うっ…、はいった…」
ひっ、さ、裂けちゃう…、く、んんっ…、お、おっきい…、
たくましい両手で腰を押し下げられた璃紗は、秘裂を引き裂かんばかりに侵入してくる特大チンポに苦しそうにのけ反りながら、
ああっ、すごっ、いっ…、く、狂っちゃ、ううっ…。
膣粘膜を引き裂きそうな巨大な圧迫感にどMな被虐色情を熱くし、アソコのスキマからネットリした汁をプチプチと飛び散らせていた。

「は、ああ…、いいよ、すばらしい…」
目眩しそうな快感に発情する女体を対面座位に抱えた大富豪は、肉棒を締めつけられる快感に、満足そうな笑みを浮かべる。
「んっ、くっ、あ、ああ…」
ひいっ、すごっ、いっ…、
苦痛混じりの激しい快感に気を失いそうな璃紗は、発情した女体を切なげに震わせながら、懸命に奥まで受け入れた。
あひっ、あ、ああっ…、あたるっ…。
鈴口をぱっくり開けたカリでボルチオ性感帯を刺激された璃紗は、だらしなく開いた口のハシからヨダレを垂らすアヘ顔を見せて、ムッチリ太ももをプルプル震わせていた。

ボルチオ性感帯で感じない女性も多いようだが、膣へのペニス挿入で感じる璃紗には、クリやGスポットと同じくらいにオーガズムを得られる場所だった。

「じゃあ、動くよ」
挿入しただけで軽くエクスタシーに達する璃紗の、感度の良さにご機嫌の大金持ちは、汗の浮いたラブハンドルを抱えて、ゆっくりと挿入を開始した。
「ひいっ、ああっ、うくうっ、ああっ」
あ、ひっ、く、くるっ、ああっ…、
カリにヒダヒダ粘膜がすり切れそうで、膣を引き裂かれそうな巨大チンポに、ビクンとのけ反ってリムジンの天井を見上げた璃紗は
そこっ、あっ、食い込んで…、ああっ、壊れちゃうっ…。
早くもGスポットからプシッと潮を吹き、女体を破壊しそうな凶悪な肉棒に、いやらしい潤滑油をまぶしていた。

女学生璃紗 (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:30:40 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (16)豪徳寺

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (16)豪徳寺

「たまには乗り合いバスも、いいですね」
超高級リムジンのヌメるような光沢を見せるレザーシートにゆったりと体を沈めた紳士は、目を覚ました璃紗に一人言のようにつぶやいた。

紳士の名前は豪徳寺正忠。親から譲られた某大財閥総帥の座にあり、地位や名声は望みのままだが、40を過ぎた今でも独身のままだった。

「…、あ…」
んん…、誰?…、
けだるげに起き上がって目をこする璃紗は、優しく笑う豪徳寺を黙って見つめたが
あ…。
駅前行きのバス内で巨根にさんざん貫かれ、あまりの快感で気絶したことを思い出した。

「どうです、私と暮らしませんか?」
冷たいレザーの感触に火照った女体をゾクゾクさせながらゆっくりと起き上がった璃紗に、あいかわらず優しそうな笑みを浮かべる豪徳寺は
「不自由は、させませんよ」
断られるはずはないと言いたげな自信のこもった口調で、プロポーズのようなセリフをささやいた。

「え?…」
くらす?…、なに?…、あっ…、
まだ頭のはっきりしない璃紗は豪徳寺の意図が理解出来なかったが、バス内の陵辱を思い出して、慌ててオマタを確認した。
はああ…、
ムッチリした太ももの合わせ目に差し込んだ指先には、激しいセックスの痕跡が全く感じられず、夢かと思ってほっとした璃紗は、
やだっ、恥ずかしい…。
はしたない振る舞いを自覚してギュッと目を閉じてうつむいた。

「どうかと思ったけど、寝てる間にキレイにしたから…、妊娠はしないから、安心して」
ミニスカを引っ張って身繕いする璃紗の狼狽を微笑ましく眺めていた豪徳寺は、陵辱の痕跡はすでに処理したことを告げる。

「え…」
あれは、夢じゃ、なかったの?…。
優しそうなこの紳士にあんなに激しく犯されたことが、にわかに信じられない璃紗だったが、
あ…、おっきい…。
つい股間に目をやって尋常でないふくらみを見ると、キュンと子宮を熱くした。

「ああ…、キミを見てたら、また大きくなってしまって…」
璃紗の視線に気付いた豪徳寺は照れたように苦笑いしたが、あえて隠そうとせず、こんもり膨らんだ股間を璃紗にさらしていた。
「あ、はい…」
精力的な男性自身が作るふくらみから目を離せずいる璃紗は、ドキドキしながらミニスカを太ももの間に押し込んでいた。

「はははっ」
美人大学生の発情を敏感に察知した精力絶倫大富豪は、優しい笑顔に淫靡な雰囲気を漂わせ、
「もう一回、する?」
ストレートな誘い文句をささやくと、ファスナーを下ろしてギンギンにふくれあがったソレを解放し、熱気をはらんでかすかに震えるデラックスな巨根を股間に屹立させていた。

女学生璃紗 (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:41:08 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (15)発狂しそうな絶頂

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (15)発狂しそうな絶頂

「フルーティな口当たりが…、まったりと絡みついて…、濃厚な味で…」
マイペースに腰の回転を続ける変態紳士は、まるでワインをテイスティングするような文句をつぶやきながら、
「すばらしい…、とてもよい…、最高級品だ…」
じゅぬちゅぬぷちゅぬじゅぷっ、といやらしい音を立て、愛液にまみれた肉棒の抜き差しを続けた。

「ん、あ、うっ、ふっ、うっ…」
だ、あ、く、るっちゃ、狂っちゃう…、
途中のバス停に乗客はなく10分以上もエロ紳士は陵辱を続けていた。デカマラで子宮まで貫かれる挿入が、璃紗を発狂寸前にもだえさせていた。
ひいっ…、ああっ、い、やあ…、
永遠に続くような官能の悦びにヨダレを垂らし、背もたれに懸命にしがみつく璃紗は、
くう…、あんっ、こ、壊れちゃう…、いっ、やああっ…。
プルプル震えるお尻をなんとか突き上げて、めいっぱい広げられた膣粘膜を引き裂きさんばかりの、巨根陵辱を受けとめていた。

「はあ、はあ…、おっぱいの、感触もいいですね…」
疲れたのか、根元まで突き刺した変態紳士は快感にもだえる女体に抱きつき、頃合いの乳房を揉みはじめる。
「ひいっ…、あ、は、はあああ…」
くひっ…、あ、あんっ、食い込んで、ああ…、
子宮口をこじ開けられて膨らみきったカリで子宮を圧迫された璃紗は、ビクッと背筋を反らし
や…、ああ…、出ちゃっ、たあ…。
プシュッと潮を吹いた。

バス内でバックから強姦される美人大学生は、オシッコとザーメンと愛液が混じった汁で、オマタをビショビショに濡らしていた。

「おや、潮ですか…、そろそろ、おわりましょうね」
手の平に納まる乳房をモミモミしてニッコリ笑っていた変態紳士は、璃紗が限界に近いと気付くと、フィニッシュを宣言した。
「あ、んっ、ぐ…、んっ、くうう…」
ひっ、く、あ、ああっ、えぐら、れるっ…、
再開された巨根陵辱はさっきよりスピードアップし、璃紗は狂いそうな快感の嵐にたたき込まれた。

「んっ、おっ…、くっ、いいですよ、くうっ、締まるっ…」
休憩してスタミナ回復したエロ紳士は、肉棒に絡みつく膣粘膜のキツイ締めつけにニッコリすると、また回転速度を上げた。
「ひいいっ、だ、め…、くる、っちゃ、うう…」
あひっ、い、いいっ、すごっ、やっ、だめっ…、
ズコズコと突入を繰り返すビッグガンの攻撃に、璃紗の精神は崩壊寸前だった。崩れ落ちそうな女体は、
や、くるっ、ひっ、やあっ、いいっ…。
全身から汗を垂らしてかろうじて背もたれに寄りかかり、次々に襲い来るエクスタシーの荒波に翻弄されていた。

「んっ…、くっ…」
発射の予感に急に停止したエロ中年は、汗でヌルヌルの柔らかいラブハンドルを握りしめると、思いっきり腰を突き上げた。
「ひっ…、あ…、あ…」
ひっ…、くっ…、う、んっ…、
突入の勢いでカリが口から飛び出しそうな錯覚を覚えた璃紗は、口をぱっくり開けて背骨が折れそうなほどのけ反り、
ひっ…、あああ…、熱い、いい…。
嵐のようなエクスタシーに翻弄されて消えそうな意識で、熱い白濁液をドクドクと子宮に注入されるのを感じていた。

女学生璃紗 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:29:48 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old