FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (5)新しい朝

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (5)新しい朝

「はあ…」
いやらしい顔…、してる…。
メイクした下着姿の璃紗は、鏡の中にいるメスの欲望を滲ませた女に嫌悪を感じた。赤いシャインリップが下品に感じるほどセクシーだった。


大学に入学してから身だしなみ程度にメイクをするようになった璃紗だが、水泳で落ちてしまうのでノーメイクの日のほうが多い。

しかし今日はメイクの手をとめられず、フルメイクしていた。

変わってしまった自分を自覚してない璃紗は、起きてからずっとモヤモヤした気分だった。そんな気分のまま念入りにメイクしてしまった自分に嫌気を感じながら、しかしそれをわざわさ落とそうとは思わなかった。

これに、しよう…。
普段は活動的なパンツ姿が多いが、今日はミニスカを選んでいた。友だちに勧められて買ったが、今日まで履いたことのない、パンティが見えそうなマイクロミニだった。

ミニスカを履き慣れない璃紗は、オーバーパンツを履くという発想などハナから無く生パンのままだった。ローアングルからのぞき込むと、見事な脚線美の根元にアソコに食い込む淫靡なシワが簡単にのぞける。

娼婦、みたい…。
ミニスカと一緒に購入した下着のようなキャミを装着した璃紗は、繁華街の立ちん坊を連想したが、その姿のまま部屋を後にした。


はあ…。
朝のひんやりした空気が肩や太ももの素肌をなでて気持ちよかった。娼婦と感じた衣装を身につけた璃紗は、昨日まで感じたことのない開放感を感じていた。

大学の敷地内にある寮から教室まで、学生以外の男の目に触れる機会はほとんどない。それにまだ早い時間で学生自体も少ない。

おっ…。
2階の教室に続く階段で後ろから声がして振り返ると、男子学生が慌てて目をそらした。

ミニスカを履き慣れない璃紗はお尻を押さえる習慣も無く、男子学生に生パン公開する大サービスをしていた。

「あ…」
昨日までの璃紗だったら、男の無遠慮なスケベ根性に顔をしかめたかも知れないが今日は違った。階段でセクシーにカラダをよじった璃紗は、ニッコリ笑っていた。

無意識に笑ってしまったことに璃紗自身が驚いたが、それは男を引き寄せるメスの本能がさせたことだとは、もちろん理解できてなかった。

璃紗にとって幸運だったのは、彼がごく普通のまじめな学生だったことで、パンチラ写真を撮られるなどの変態行為に巻き込まれることはなかった。

女学生璃紗 (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:23:52 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (4)カラダの目覚め

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (4)カラダの目覚め

「…、あ…」
まだ意識がはっきりしない璃紗は、プール付属のシャワー室にいた。アソコに指を入れてかき出すと、白いドロッとした液が、シャワーに流されて太ももを伝っていく。


「はあ…、ああ…」
目を閉じた璃紗の女体の美しい曲線をなぞるように、水流がまとわりついて流れていく。切なげな吐息ともに、感覚が鋭敏になったカラダが悩ましげに揺れる。

溺れて意識の無かった璃紗に、男に犯された記憶は全くないが、その刻印は確実にカラダに刻まれていた。

女友達から美貌の持ち腐れと言われ、10代の青春時代に男を寄せ付けなかった璃紗は、犯罪まがいな陵辱によってメスの本能に目覚めた。

「あん、ああ…」
水泳で性欲を発散してきたので、璃紗はオナニー経験がほとんどなかった。シャワーをあびながら無自覚にカラダをまさぐりはじめた璃紗は、ぎこちない手つきで秘部をまさぐっていた。
「ん…、あ、ああ…」
小振りだが形のいい乳房を下から支えるようにした左手が、指先で硬くなった乳首を愛撫する。
「や、ああ…、んっ、い、いい…」
緩めたオマタに入り込んだ指先が、ヌメリ気を帯びた亀裂を行き来する。

「はっ…、い、いく、う…」
秘裂のヌメリ気をかき回していた指先が膣口に入り込むと、背中を丸めた女体がビクッと震えて、軽くエクスタシーに達した。
「あ…、や…」
メスの本能にめざめた女体に残留する快感の余韻にけだるそうにため息をついた璃紗は、無意識に手淫にふけってしまった自分を嫌悪するようにシャワーをとめた。

カラダにまとわりつく水滴をろくに拭かないで、素肌にトレーニングウェアを着た璃紗は、大学寮の自室に逃げるように駆けていった。


「…、はあ…」
目が覚めた璃紗はしばらく天井を眺めていた。カラダにまとまりつくけだるさに、自然と溜息が漏れた。

璃紗自身はまだ自覚してないが、女体の奥で感じる体質だった。有り体に言えば膣に男性器を挿入されて悦びを得る、淫乱なカラダだった。

男の陵辱によって性的に目覚めさせられた女体は、シャワーを浴びながら指先でなぞるだけのおざなりなオナニーでは、挿入の数分の一も満足できなかった。

そんな体の変化が理解できない璃紗は、けだるい倦怠感に負けて休もうかと思った。しかし健康が取り柄で小学校からほぼ皆勤の彼女は、1限目の授業に出席するため、出掛ける支度をはじめた。

女学生璃紗 (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:33:36 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (3)男の刻印

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (3)男の刻印

「はっ、おっ、くっ、おおっ」
倒錯した快感にのめり込んだ男は、欲望のまま意識のない璃紗を陵辱し続けた。

「ふぐっ、はっ、はあっ」
腰を激しく振り続けてグッタリした女体に抱きついた男は、湿った荒い吐息で体を揺らしながら、
「んっ、ほわっ、おおっ…」
かすかに呼吸を続ける唇に吸い付くと、舌を差し込んでベロベロ舐め回す。

「んっ、おっ、あっ…」
ネットリと絡みついてくる舌ベラの気持ち良さに体を緊張させた男は、
「おっ、おお…」
裏スジがしびれる感じに腰を思いっきり押しつけると、限界まで勃起した陰茎をビクビク震わせ、璃紗のナカに白濁した粘っこい汁を放出した。

「う…、は、はあっ、ああっ…」
たっぷりとザーメンを注入して種付けを済ませ、ハアハアと激しく肩を揺らす男は、身じろぎしない美しい女体をいやらしくなで回し、大量放出の満足感に浸っていた。
「ん…、は、はあ…」
やがてけだるげに体を起こした男は、なんの未練もないように璃紗から離れると、脱ぎ散らかした服を拾い上げて着衣し、室内プールから出て行った。


…、やっ、やだあっ…、
璃紗は夢を見ていた。ムリヤリ裸に剥かれた璃紗は、ケダモノのような欲望をさらけ出したおぞましい暴漢魔に陵辱を受けていた。
や、やめて、あ、ああっ、はあっ…
何も抵抗できない悔しさに歯がみしながら、しかし同時に成熟した体はメスの本能に支配され、暴力的な仕打ちに悦びさえ感じていた。

あ、だ、や、やめ、て…。
胎内に侵入する勃起した熱い肉棒に何度も子宮まで突きあげられる璃紗は、抵抗できないもどかしさと裏腹に、被虐色情な倒錯した悦びで熟れた女体を艶めかしくよがらせる。
は、あ、ああっ、熱いっ…、
永遠に続くような陵辱で、息も出来ないようなまどろっこしさにもだえる璃紗は、突然の暴発に柔らかい女体を緊張させ、
や、ああっ、だ、だめえっ…。
生理的本能で白濁液を最後の一滴まで搾り取ろうと、肉棒を咥え込んだ愛液まみれの膣を何度も収縮させていた。


「あ…」
意識を取り戻した璃紗は、はっとなって目を大きく見開いた。
「どうして…」
夢の記憶はすでになく、溺れたことを思い出した璃紗は、プールの底ではなくプールサイドにいることが理解出来なかった。

酸素不足気味で頭がはっきりしない璃紗は、寝たままゆっくりとあたりを見回した。静かな室内プールに璃紗以外の人の気配はなかった。

「…、!」
無意識にアソコに手を伸ばした璃紗は、指先に触れたドロッとした感触に気付くと、
「やっ…」
状況を理解できないまま、いいしれぬ恐怖に襲われ、しばらくそのままの姿勢で固まっていた。

女学生璃紗 (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:21:07 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (2)屍姦

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (2)屍姦

室内プールに忍び込む前から、璃紗を見つめる二つの目があった。

璃紗をストーキングした男は、飛び込み台に立つ全裸の美しさに目を見張り、股間に大きくテントを張っていた。

…、1、2、3、4…、
ベストタイムを見届けた男は、璃紗が溺れても黙って見つめ続けた。璃紗の姿が水面から見えなくなってから、
20、21、22、…。
ゆっくりと口の中で数字を数えはじめた男は、30に達すると衣服を脱ぎ捨ててプールに飛び込んだ。

脱力した裸体を抱えて水面に顔を出した男は、水面から丁寧に璃紗を抱え上げる。

プールサイドに璃紗を横たえた男は、かすかにスキマを見せる淫靡な唇に耳をよせて、息が止まっていることを確認すると、仰向きでもつぶれずにキレイな形を保った乳房に手を当てた。

「…、ふうううっ」
心臓も止まっているコトを確認した男は、首の裏に手を当ててのどを上げさせて気道確保すると、人工呼吸して大きく息を吹き込んだ。
「ふんっ、ふんっ…」
湿り気を帯びて妖しくテカる唇をつかのま見つめた男は、両手を合わせて何度か胸を押した。

「ごほっ、うっ、ご、ふっ…」
それを何セットか繰り返すと、璃紗は身もだえしながら咳き込んで息を吹き返した。

馬乗りになった男は股間の勃起したソレが、柔らかいお腹の肉に食い込むのを意識しながら、リサが目を覚ますのを待っていた。

「んっ…、んんっ…」
目を覚ます様子はまったくないが、確実な呼吸と心音を確認した男は、体を下にずらすとムッチリした下半身を抱え上げた。
「んっ、ぶばっ、ちゅっ、じゅるうっ、じゅちゅるじゅじゅうっ」
脱力した女体をまんぐり返しに抱えた男は、大開帳させた中心部に吸い付くと、無茶苦茶に舐めまくった。

「…」
口に溜まったありったけのツバで恥部をベトベトにし、ナカも舌で舐めまくってツバを注ぎ込んだ男は、いったんお尻を床におろし、
「んっ、おお…」
ビンビンの息子にツバを塗りたってから、揚羽本手に太ももを抱えて突入した。

「うっ、おっ、おおっ」
男はグッタリして動かない女体を陵辱した。表情を変えない璃紗の顔を見つめながら、ネクロフィリアな変態性衝動に突きあげられる男は、
「んっ、はっ、はあっ、お、おおっ」
何度も腰をたたきつけて、あふれ出る粘液を肉棒でかき回す湿った音と、興奮した吐息を静かな室内プールに響かせていた。

「んっ、はっ、ああっ、おおうっ」
勃起した息子に絡んでくる粘膜のヒダヒダ感や、キツク締めつけてくる目眩がしそうな圧迫の快感に溺れた男は、
「は、はあっ、おっ、くっ、うおっ」
スベスベした柔肌に指先を食い込ませてゆがめながら、全身から汗を吹き出して意識のない璃紗を陵辱し続けた。

女学生璃紗 (3)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:38:46 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (1)人生の最高記録

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (1)人生の最高記録

かすかに揺れるプールの水面(みなも)を窓から差し込む月光が、油を垂らしたようにネットリと黄金色に照らしていた。

同時に黄金(こがね)色の輝きは、飛び込み台に立つ一糸まとわぬ女体の美しい曲線を、艶めかしく照らしていた。

「はあ…、よしっ」
飛び込み台に立った璃紗は胸を張って大きく息を吸った。気合いを入れる声がするのと同時に、ピシャッと頬を叩く音が静かな屋内プールに響いた。

ザブン…。
ピッと電子音が響くのと同時に、流線型の女体が宙を舞い、最小限の水しぶきを上げて水面に吸い込まれていった。

美しい曲線を見せる女体はしばらく水中を進んだが、水面に横顔を見せるのと同時に真っ直ぐ伸びた指先がクロールで水面を切り裂いていく。

美しい横顔が月明かりに照らされて、1ストローク毎に水の膜をともなった厚めの唇が息継ぎする。

力強いストロークは対岸まで続き、艶めかしい流線型のカラダはマックススピードを保っていた。

手の先がタッチ板を叩き、ピッと電子音が鳴った。

「…」
璃紗はプールから上がらず、ハアハアと息継ぎしながら背泳ぎでゆっくりと元来た水路をたどり、電子掲示板に目をやった。
「ふふっ…、あはははっ」
黄色に表示されたデジタル数字は、予想通りベストタイムを示していた。

全裸で泳げばきっと最高記録が出せるだろうと前から思っていた璃紗は、今日とうとう深夜のプールに忍び込んで、それを実行に移した。

目論見通りベストタイムを一気に数秒も縮めた結果に、璃紗は本当に満足だった。水面から顔と胸の先端を出した璃紗の楽しそうな笑い声が、室内プールにしばらく響いていた。

「!…」
しかしその笑い声はすぐに中断された。こむらがえりを起こした璃紗はカラダを丸めて水面から消えた。

懸命に手足をバタバタさせてもがくが、水面は遠かった。50メートルプールは2メートルを超える深さがある。なんとか水面(みなも)から顔を出してもすぐに水没し、息継ぎもままならない。

生への悪戦苦闘はしばらく続いたが、無情にも力尽きたカラダは暗い水底に静かに沈んでいった。

女学生璃紗 (2)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:52:33 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old