FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (72)可児太郎再び

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (72)可児太郎再び

「…」
部屋に戻ったら、こんどこそ…。
奈津実の柔らかい女体に支えられる慎次はスケベな妄想で頭の中をいっぱいにして、股間を破廉恥に膨らませたままエレベータの前に立った。

「えっ?…、おおっ?…」
なんだ?、どうしたんだっ?…、
チーンと到着した音がしてドアが開き、乗り込もうと一歩踏み出した瞬間、慎次は大きな肉の固まりに潰されそうに押し込まれた。
ぐええっ…、ま、またか…。
それは昨日の電車でも遭遇した体育会系アマチュア相撲取り集団だった。学生力士たちは今日たまたま稽古が休みで、みんなでプールに遊びに来ていた。

「大丈夫、ですか?」
独特の体臭を発散する巨躯肉弾集団に圧迫されて慎次と密着する奈津実が、身じろぎもできずに苦しそうに聞いてくる。
「い、いや、奈津実さんこそ…」
く、臭いけど…、
腰に巻いたパレオを通り越して、太ももの間に差し込んだ片脚をムッチリ締めつけられた慎次は、
ナイス、力士集団…。
盛り上がった股間をビキニパンティのアソコに押しつける気持ち良さに、まんざらでもなさそうにニヤニヤしていた。


「ああんっ…、伍代くうん…」
こずえは力士集団に押しやられ、エレベータの前で置き去りにされていた。
「ふぁっ、あのっ、そのっ、はふっ…」
その傍らには北海道出身の純情青年長万部可児太郎が、こずえのワンピース水着姿を盗み見してパッツンホッペを赤らめながら、巨体を縮ませて控えていた。
「あ…」
こずえのカラダが5人分は楽に入りそうな海パンを着用した可児太郎の荒い息に振り返ったこずえは、
「昨日はありがとうございました」
酔っぱらいオヤジから救ってくれたお相撲さんだとすぐに気づいて、昨日ちゃんとお礼が言えなかったことを思い出し、ニッコリ笑っておじぎした。

「はわあっ、ご、ごっちゃん、ですっ」
前傾するワンピース水着からはみ出しそうな、胸の肉とクッキリした谷間や、ハイレグな食い込みを見た可児太郎は、巨大海パンのごく一部を盛り上げてうわずった声を漏らす。
「あの、お礼にナニか…」
純情力士が自分のカラダに欲情しているなど思いもしないメガネッ娘は、タニマチ気分で親の財力をあてにした援助を何かしたいと思った。
「はうあっ、そ、そ、うふわっ、あふっ、ふわあっ」
カワイイ顔で見上げるこずえにテンパる純情学生力士は、過呼吸気味に息を荒くして至上の悦びにふるえていた。

「でも、お相撲さんって、ホントに、おっきいんですね…」
無邪気な天然メガネッ娘は、可児太郎のある意味追い詰められた心情など一顧だにせず、巨体に手を伸ばしてナデナデした。
「ひっ、そっ、あっ、あぶっ、あぶはあっ」
そこは大方の予想通り、こずえのセリフとは裏腹に巨大海パンの一部がごく控えめに膨らんだ場所だった。
「ご、ごっちゃんっ、で、でっ、でふうっ」
純情可児太郎にとってカワイイ小悪魔になったこずえは、胴体か脚かの区別も判らないまま、うれしそうにそのふくらみをさすり続けた。

「あのとき、ホント、こわかったから」
布地一枚隔てて男性器を愛撫しているとは全く思ってない天然奴隷美少女は、
「感謝してるんです」
昇天しそうな幸福感を感じながら苦しそうな息にまみれ、懸命に笑顔を作ろうと顔から汗をダラダラ流す可児太郎が
「なにか、して欲しいことがあったら、言ってくださいね」
単に緊張してるのだと思って、この寡黙で男気のある青年になにかお礼をしたいと純粋に思っていた。

「ふわあっ、ご、ごっちゃん、あふっ」
天使の笑みを向けるメガネッ娘にやられまくりの純情可児太郎は、優しい手慰みにあっさり絶頂に達して果てた。
「んはあっ…、はわああ…」
ドピュッと海パンの中で暴発させた可児太郎は、その場にへたり込んでマタ割りの体勢で大きく脚を広げていた。

「わあっ、スゴイ、こんなに広がるんですねっ」
可児太郎の願いがある意味叶えられ、お礼が済んだコトなど全く関知しない天然奴隷美少女は、可児太郎が相撲修業の一端を見せてくれたと勘違いし、少女のようにキャアキャアと無邪気に喜んでいた。。

作者注:かつて可児太郎を登場させた回((37)夜這い)で「今後こずえとの絡みで登場する予定はないので、…」と書きましたが、つい登場させてしまいました。いい加減な作者でスイマセン(汗笑)。

隣の奥さん 奈津実 (73)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:43:22 ━ Page top ━…‥・

== その他(ブログ) ==

K里大学病院に行って来ました。

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。

今日も咳をすると腹部がナイフで切られたように痛いです。昨日書いた通り、K里大学病院で検査してもらって来ました。

S中央病院では一泊入院して仰々しく行った胸水穿刺ですが、K里大学病院は行ったその日にすぐにやってくれました。地域の中核病院であるK里大学病院では、胸水穿刺程度の施術はさほど高度な医療レベルではないということでしょう。

感心したのは胸水穿刺が単に胸水の検査だけでなく、肺に溜まった水を極力減らすことで呼吸困難を少しでも改善するため、と担当医が言っていた事です。S中央病院ではそんな視点をほとんど感じることがなく、患者本位の姿勢が見られなかったのと非常に対照的でした

ただ若干針を刺した位置が高かったせいで、採取できたのは100cc程度でしたが…(担当医談、苦笑)。

採取した胸水がしばらく目の前に置いてあったので眺めていたのですが、ニチレイアセ○ラドリンクと全く同じ色で、かすかに滲んだ感じの透明感のある赤色でした

肺に針を刺した後、2、30分安静にするように言われ、総合内科外来の処置室のベッドでおとなしく寝ていました。カーテン越しに隣のベッドで別の先生が「心筋拡張症…」などと話しているのが聞こえて来ました。

「心筋拡張症」は例のドラマ(映画)で有名になったバチスタ手術適用の心臓病ですが、そんな単語が当たり前のように出てくるK里大学病院は、さすが医療の最前線という印象でした。

他にも「70代女性…、肺にほぼいっぱい水が溜まって呼吸困難…、ベッドから起きることが出来ない…、酸素×リットル…」と聞こえて来て、自分なんかまだまだたいしたことないと感じたとともに、一昔前ならきっと存命出来ないそんな老人も延命させる現代医療に畏怖さえ感じました(その老人にとって、延命することが幸せなのかも考えさせられました)。

K里大学には、他にも東病院というところもあって、そこに通院した時期もあったのですが、本院?のK里大学病院はレントゲン検査など順路もスムーズで「さすが…」という印象でした(といっても外来患者はかなり多いので、それなりに待たされるのですが…)。

ただしS中央病院でそれなりの検査をし、紹介状にかなり詳細な病状が報告されていたからスムーズだった、というのもあると思います。

それにK里大学病院のような中核病院は、まずかかりつけ病院の紹介が前提であり、いきなり行って初診を受けることはしたくないようです(その場合は3150円程度の初診料?が必要になると説明にありました)。

200床以上のベッドがある大病院はそういう決まりになっているようで、1月に診てもらった大井町のT芝病院も紹介状が前提でした。

最後の会計も一泊したS中央病院の入院費用と大して変わらず、ここでも「さすが…」と感じました(苦笑、初診でそれなりの検査や施術を受けたからですが…)。

ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:04:06 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old