FC2ブログ

== その他(ブログ) ==

胸水と秋篠宮

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
本日更新の『隣の奥さん 奈津実』はこちら

あいかわらずちょっと動いただけで呼吸不全に陥る超メタボろま中男です(恥笑)。今日は胸水穿刺の結果を聞きに行きました。

以前書いたように、胸膜炎で胸水が溜まる原因としては、
(1)細菌性
(2)悪性腫瘍(ガン)
(3)結核性
があげられますが、

(1)細菌性なら激しい痛みとともに、高熱が発生するのですが高熱が発生したことはなく、
(2)悪性腫瘍なら穿刺した液体の調査で判明するのですが、それも陰性でした。
(3)なら消去法で結核性ということになるのですが、結核性の場合痛みは見られない。
ということで、今のところどれが原因なのかはっきりしてません。

今のS中央病院ではこれ以上呼吸器内科の専門的な調査が出来ないので、大きな病院で調べることを勧められました。それでK里大学病院に紹介状を書いてもらいました。明日初診にかかる予定です。

ちゃんとした原因調査のために、横隔膜あたりに器具を差し込んで検体をこそげ取って病理検査する、という想像するだに恐ろしい施術も教えてもらいましたが(悲笑)、K里大学病院でソレを実際にするかどうかはわかりません。


前回(この記事)は正岡子規を持ち出して、自分を慰めているということを書きましたが、最近ニュースになっている天皇のご病状で、「肺に水が溜まっている」という話も慰めになっています。天皇陛下と一緒だからだなんて、不遜そのものです(というか昔なら不敬罪ですが、汗笑)。

ご高齢の今上天皇とはだいぶ年が離れています。私は秋篠宮(90年に宮家を創設する前の「礼宮(あやのみや)」の呼び方のほうが、いまだにしっくり来ます)より1年年長です。

秋篠宮の宮号は奈良の秋篠(西大寺のやや北の地名)に由来しています。

大学2年から3年(86~88年)まで西大寺駅前(というか西大寺の塀のすぐ横)の新聞屋に下宿していた私は、日本史専攻の友だちに誘われて秋篠寺に行ったことがあります。

とっても饒舌なご老人(女性)が、懇切丁寧に秋篠寺の由来などを、立て板に水のように説明してくれた記憶があります。

友人とは大学在学中に京都や奈良のあちこちの古寺神社仏閣に出掛けたのですが、あれほど親切に説明してもらった経験がなかったので、そのご老人のことは記憶に残っています。

しかし早口すぎて、秋篠寺自体の説明は一切覚えていません(恥笑)。

その3年後に秋篠宮家創設があり、秋篠寺が全国的に注目されたので、当時そのご老人は毎日饒舌に過ごして忙しかったのではないかと想像しています。

もう20年以上前のことなのでご健在かどうかわかりませんが、秋篠寺に行く機会があったらぜひそのご老人を訪ねてみてください。

ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:54:29 ━ Page top ━…‥・

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (71)ムチムチモミモミ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (71)ムチムチモミモミ

「お部屋に戻りましょう」
慎次にじゃれつくこずえを微笑ましく見ていた奈津実だったが、慎次のカラダや周りから注目されていることを気にして、ホテルの部屋の戻ることを勧めた。

「あ、そうですね」
心配そうな顔も、かわいいぜえっ…、
奈津実に心配されるだけでうれしいエロボケ慎次は、
「う…、ああ…」
肩、借りてやれ…。
人妻の女体に密着することをたくらんで、チャラ男の攻撃で受けた痛み以上に大儀そうに体を起こした。
「大丈夫?、伍代くんっ」
ワンピースが食い込んだ若いカラダをすりつけていたこずえがすぐに反応し、よろける慎次に肩を貸して支えた。

「あ、ああ…、あんまり、大丈夫、じゃないかも…」
オマエじゃ、ねえよ…、
甲斐甲斐しい奴隷美少女に怪訝な目を向けたエロ浪人は、
奈津実さん、助けて…。
同情を引くようないじましい視線を奈津実に向けた。
「慎次さん、しっかり」
捨てられた子犬のような慎次に、憐れみを帯びた妖艶な視線を向けた奈津実は心配そうに寄り添うと、ビキニ姿の半裸体をムッチリと密着させた。

「…、ありがとう、ございます…」
うひっ、たまらん、きもち、ええっ…、
吸い付くようなムチムチした女体の気持ち良さに、顔がゆるみそうになりそうなエロ浪人は
まずい…、弱ったフリ、しないとっ…。
顔を伏せて口元を引き締めると、奈津実の肩に回した手をワキの下に忍ばせ、ヨコ乳の弾力を指先で楽しんでいた。

「うっ、あっ…」
ついでだ、だきついてやれっ…、
匂い立つような女体の気持ちいい感触にのぼせ上がったエロボケは、つまずいたフリをして奈津実にのしかかった。
「すいませんっ」
うひっ…、ここか、ここが、ええのんかあっ…。
人妻を押し倒した変態は、ここぞとばかりに胸や股間をまさぐってエロ妄想を楽しんでいた。
「あ、ああんっ、慎次さん、そこは、ああ…」
調子に乗ったエロ浪人に感じる部分を触られまくる奈津実が、切なげなうわずった声を漏らし、うっすら汗を滲ませた女体を艶めかしくくねらせる。

「伍代くん、大丈夫?」
奈津実に抱きつく慎次を不機嫌そうに見たこずえは、想定外の剛力で腕を引っ張り上げるとワンピ水着の体を押しつけて支え、エロボケのたくらみを無自覚に阻止した。
「あ、ああ…」
ひっ?…、このおっ、ジャマすんなよ…、
熟れた女体から引きはがされたエロ浪人は、若い女体を押しつけてくるどMメガネッ娘にあからさまに不機嫌そうだったが
「さあ立って、いきましょう」
奈津実にカラダを押しつけられて横から支えられるとすぐに機嫌を直して、ニヤけたバカ面を見せた。

「はいい…、すいませえん…」
えへへ…、もう、立ってまあす…、
奈津実の言葉におバカな反応をして、恥知らずに膨らんだ股間をチラ見した慎次は、キレイな球面を描くお尻を手の平でモミモミしながら、
うひいっ…、やっぱ、ええ匂い…。
柔らかくて温かい女体に全身を包み込まれて埋没するような錯覚を覚え、夢心地で鼻の下を伸ばしてニヤニヤしていた。

隣の奥さん 奈津実 (72)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:35:01 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old