FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (15)若妻の水着姿

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (15)若妻の水着姿

「あ、ここです、ここ…」
水着ショップ「ぴんくあんっとおっぱいん」に、こずえがはしゃいだ声で慎次を引っ張っていた。

結局こずえもついてくることになって、三人はハチ公を睥睨するようにそそり立つ十九の丸いタワーにやってきた。

「奈津実さん、それにするんですか?」
すげっ…、こんなの、いいのか…、
はしゃぐこずえを冷たく突き放した慎次は、奈津実が手にするニット地の編み上げビキニを見て、
スケスケっていうより、素通しだよ…。
網タイツのような粗い編み目から大事な部分のナマ肌をモロ見せする人妻を妄想し、萌えまくって鼻息を荒くしていた。

「ええ、エスニック調と合わせるのが、はやってるんです、試着しますから、見てくれます?」
おバカな妄想でのぼせ上がるエロ浪人に、涼やかな笑顔を向ける奈津実が見てくれと言う。

「えっ、もちろんですっ」
見ろっ、てかあっ…、うわああっ、たまらんっ…、
ヨダレを垂らした狼のまえに無防備な羊を差し出すような暴挙を慎次は大歓迎した。
お、奥さん…、オレにどうしろって、言うんだよおっ…。
変態浪人はエロ水着姿で誘惑する若妻のあらわな姿を妄想して、ニヤけたバカ面をさらしていた。

「伍代くん、これ、どうかな?」
鼻の下、伸ばしちゃって…、イヤらしい…。
試着室に向かう奈津実の艶めかしい後ろ姿にヤニさがる慎次に、
こんなエッチな水着…、慎次くんだから、見せてあげるんだよ…。
嫉妬心ムキ出しのこずえは上目遣いの甘えた声を漏らし、極限まで布地を節約したTバックビキニを差し出した。

「ああ、いいんじゃね…、着てみろよ」
ちっ、いいトコで、ジャマしやがって…。
妄想でモロチラ水着姿の奈津実を辱めていた慎次は、目のハシで鬱陶しそうにこずえを見ると、試着室に行けと目配せした。

「うん、ちょっと、まっててね」
人妻よりも、半年前まで女子高生だった、現役予備校生よ…。
いまいちよくわからないブランド意識でお隣の人妻を見下したこずえは、嬉嬉として試着室にこもった。

「奈津実さん、もう、いいですか」
はあはあっ、奈津実さんのナマ着替え…、
こずえを追い払った慎次は人妻の着替えシーンの妄想で荒い吐息にまみれた。
ええいっ、のぞいてやれ…。
エロい期待で鼓動を高鳴らせて試着室の前にしゃがみ込んだエロ浪人は、震える指で静かにカーテンをめくってローアングルから見上げた。
「ちょっと待ってください…、いいですよ」
カーテンのスキマから見あげるむちむちナマ太ももにだらしなく顔を緩めた慎次が、その声に慌てて立ち上がるのと同時にカーテンが開いた。

「どうですか?」
おへそのあたりで手を合わせた奈津実が、照れたように笑って慎次の目を見つめていた。

「…、あ、ああっ、い、いいですっ」
へ?…、なんだ?…、
新妻のまぶしい水着姿は慎次の予想とはちょっと違って、編み目の粗いニットビキニはエスニック柄のビキニに重ね着されていた。期待はずれか、と落胆した慎次だったが、
でも、はああ…、やっぱ、いい…。
大事な部分だけ隠した艶めかしい女体が発散するフェロモンに股間を熱くし、ツルツルプルルン素肌の曲線に食い込むビキニに鼻息を荒くすると、
「うしろ…、いいですか」
おしりは、どうなってんだろ…。
うわずった声でお尻が見たいとリクエストしていた。

「こんな、かんじ」
エロ浪人のスケベなリクエストに、照れながらうれしそうに笑った奈津実はクルッと後ろを向くと、お尻の前で手をくんで振り返り、伏し目がちな笑みを浮かべた横顔を見せる。
「う…」
ちー、ばっく…、ですか…、
ローライズの編み上げビキニの上にはみ出すエスニック柄ビキニはTバックだった。
でも、パンティ?…。
エロ妄想にまみれてドキドキしながら若妻のナマ尻を見つめる慎次は、Tバック水着の下にTバックパンティのナマ下着を穿いたままなのに気付いた。

「あ…、試着は、下着の上からなんです」
至近距離からお尻のナマ肌に突き刺さるエロ浪人の視線を意識した奈津実は、恥ずかしそうな笑顔で匂い立つような半裸の女体を艶めかしく揺らし、水着の試着でブラは直接していいが、ボトムは下着の上からするのが常識だと、パンティを3枚履いている理由を説明した。

隣の奥さん 奈津実 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:56:41 ━ Page top ━…‥・

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (14)こずえの一人相撲

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (14)こずえの一人相撲

「あっ…、ああ、わかったよ…、離れろっ」
おわっ、こ、こいつっ…、なんか、クセエし…、
抱きついて来たこずえに抱き起こされ、奈津実の膝枕から引きはがされた慎次は、学生相撲取りの鼻を突く移り香にイラつくと
オッパイ、押しつけるんじゃねえっ…。
極楽気分を台無しにされた怒りをあらわにし、泣きべそ少女をイジワルにヤブにらみしていた。

「やあんっ、ご、ごめんなさい…」
怒られた…、やんっ、また…、恥ずかしい…。
ぞんざいに押しのけられてまたどM奴隷のスイッチが入ったこずえは、ヒモパンが食い込む秘肉をヒクヒクさせて、ネットリした汁をにじませる。

「…、伍代くん、その女性(ひと)、だれ?…」
伍代くん…、いじわるなんだから…、え、誰?…。
変態チックな倒錯した悦びにモジモジしていたこずえは、隣に座る美女に気付いた。
キレイな人…、もしかして、伍代くんの、恋人!?…。
どM美少女は妖麗な色気を漂わせて笑顔を絶やさない美女をいきなりにらみつけると、メラメラと嫉妬の炎を燃やした瞳を向けていた。

「あ?…、ああ、この女性(ひと)は…」
「瀬戸奈津実です、昨日、慎次さんのお隣に引っ越して来ました」
慎次が奈津実をどう紹介しようか躊躇した寸隙をついて、奈津実が人なつっこい笑顔で自己紹介した。

「…、八尾こずえです、伍代くんのガールフレンドです」
なによ、伍代くんは…、
その笑顔を挑戦と受け取ったこずえは、慎次の腕に抱きついて柔らかい胸を押しつけながら、
こずえのなんだから…。
奈津実に挑戦的な視線を向けていた。

「じゃれてくんなっ、奈津実さんは新婚さんだ」
いつ、ガールフレンドになったんだっ、うっとうしいっ…、
腕にまわり突いてくる美少女の女体を邪険に振り払った慎次は、
サカリのメスネコかっ、ての…。
毛を逆立てて威嚇するメスネコのようにキツイ視線を奈津実に向けるこずえをたしなめた。

「え?…、そうなの…、あ…、ご結婚、おめでとうございます」
新婚?…、てことは、もう売約済み?…、
奈津実が既婚者と知ったこずえはあっさり警戒心を解いて、
なんだ、じゃあ、伍代くんの出番、ないよね…。
奈津実に負けないカワイイ笑顔でニコニコしていた。

「私、引っ越してきたばかりで地理に不案内で…、それで慎次さんに…、ごめんなさい」
こずえの機嫌が直ったのを見計らったように、新妻女子大生は申し訳なさそうに頭を下げ、慎次と一緒にいることの言い訳をした。

「え…、いいんです、お隣さんなんですから…、近所づきあいは、大切ですもん」
あ、やられた…、だめ、ココで癇癪起こしちゃ…、
如才ない人妻の抜け目なさにカチンときたこずえだったが、怒ったブス顔をまた慎次に見せちゃだめだと自らに言い聞かせ、
こずえは慎次くんと、結ばれた仲なのよ…。
ニッコリ笑ってガールフレンドの余裕を見せつけた。

「これから、どこ、行くんですか?」
こずえも、いっしょに、いっちゃお…、やあん…、デートみたい?…。
慎次と一緒にいたいこずえがニコニコしながら聞く。

「お買い物に…、水着を」
涼しげな笑顔の奈津実は、あいだにはさまれて手持ちぶさたな慎次をチラ見すると、恥ずかしそうに顔を伏せた。
「水着?…、え…、こずえも水着欲しかったの、一緒に行っていいでしょ?」
なんで水着を、伍代くんと?…、やっぱり怪しい…、
艶めかしい女体から男好きする雰囲気を漂わせる新婚妻に、また警戒心を襲われたこずえは、
負けないんだから…。
競争心ムキだしのコビコビなブリッ子笑顔で、上目遣いのおねだり光線を照射していた。

隣の奥さん 奈津実 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:51:16 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old