FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (65)いきり立つ大学生

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (65)いきり立つ大学生

「困るんだけど…、そうだな、ここでいいか」
かあっ、エロいっ…、やりてえ、がまんできねえ、ここでいいやっ…。
白メイド姿の淫乱人妻に誘惑された大学生はあっさり籠絡された。駅前のデパートに熟れた女体を連れ込んだ拓巳は、男子トイレにシケ込むと個室に入るなり抱きついた。

「あ、あんっ、はあっ、ああっ」
リムバールチンポに陵辱された女体はにじんだ汗でしっとり湿っていた。劣情にまみれた大学生の手がフリルのたっぷりした超ミニスカをまくり上げて、尻タブをムチャクチャに揉みまくる。

そろそろいいか…。
一応絵里子がおかしな場所に連れて行かれないように後をつけていたモリオは、二人が入った個室の横に入ると、淫乱人妻のイヤらしい嬌声を聞きながらリムーバルチンポを停止させ、元に戻った股間をなでていた。

「アンタ、名前は?…、エッチが、大好きなんだな」
いいのか、いいよなっ、そっちが誘ってきたんだから…。
発情した女体に抱きついてシットリした尻肌をなでまくるエロ大学生は、切なげな表情を浮かべる美人妻に股間をめいっぱい盛り上げていた。

「はああ…、絵里子です、ああんっ、はあっ」
魔法のチンポから解放された絵里子だったが、お尻を揉みくちゃにされてあそこの肉も引っ張られて、ダラダラといやらしい汁を垂らしていた。

「えりこ…、あんた、エロ子って名前なのか、そうか、エロ子かっ」
えりこ?…、エロ子で、いいじゃんっ、淫乱女にお似合いだ…
何のひねりもないバカっぽい愛称が気に入ったようで、イケ面大学生は口角から滴を飛ばして連呼していた。

たっぷりした胸に顔をうずめた拓巳は、ハアハアと荒い息にまみれながら乳房を強引にひりだして、突きだした先端をチュウチュウ吸いまくる。

「ああっ、あんっ、はい、ああっ、私、はあっ、エロ子です…」
乳房をねじり上げられて苦しそうにカラダをよじる淫乱人妻は、侮蔑的な呼ばれ方をされてかえってどMな興奮を昂ぶらせていた。

乳房を乱暴に愛撫されるマゾ奴隷はちゃっかり拓巳の股間に手を伸ばし、膨張したソレを取りだして優しく愛撫していた。

「あうっ、いっ、いいっ、エロ子、しゃぶって、くれっ」
あくっ…、ああ、いい、たまらんっ…。
経験豊富な人妻のテクにたまらずにのけぞったエロ大学生は、白メイドの熟れた女体をしゃがませると、プックリ唇にソレを差し込んで腰を振り始める。

「ふっ、ひふぁっ、ふじゅっ、ちゅっ、ちゅるっ、じゅぶっ」
ふくれあがった肉棒を強引にねじ込まれて咳き込みそうになったのを、かろうじてこらえた絵里子は、口に溜まったおツユを絡めるようにして舌と唇でご奉仕を捧げる。

「うっ、あっ、だっ…、やって、やるっ」
でっ、やばっ、このっ、やって、やるっ…。
極上のフェラにあっさり昇天させられそうになった拓巳は、股間にすがりつく淫乱妻を突き放すと、バックから抱きついてナマ挿入を開始した。

フリルたっぷりにミニスカをまくり上げ、ガーターストラップだけがまとわりつくナマ尻を両手で抱えた拓巳は、パンパンと大きな音を立てて濡れ濡れの蜜壺にいきり立った肉棒を挿入する。

「あっ、いっ、いいのっ、ああっ、いっ、いくっ、いっちゃううっ」
荒々しい挿入を続ける大学生にのしかかられ、個室の壁に手をついてなんとかカラダを支える絵里子は、ノーパンのお尻を突き出して一本調子な挿入を受け止めていた。

忙しく出入りする肉棒の形に合わせて丸く広がったあそこから、ダラダラと愛液がたれてピンクのハイサイソックスを汚していた。

「んぐっ、おっ、あっ、エロ子、で、でるっ…」
やっ、やべ、でるっ、んっ、くっ、いいやっ、ナカでっ…。
フェラだけでイキそうになっていた早漏大学生は、淫乱人妻のナカであっさり果てた。

裏スジを突き上げられる感じにのけ反った拓巳は、汗がにじんだ尻肉を握りしめて指を食い込ませて醜くゆがめると、めいっぱいふくれあがった肉棒を根元までねじ込み、ドクドクとザーメンを放出した。

「あっ、ああっ、はああっ…」
前触れもなくナカ出しされた女体は、熱いザーメンに膣ナカを焼かれて切なげにもだえていた。見知らぬ青年に種付けされたどM奴隷は、性のはけ口として陵辱された倒錯した悦びにまみれ、色っぽい垂れ目に怪しい輝きを宿していた。

魔法のスティック (66)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:57:26 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (64)白メイドの逆ナンパ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (64)白メイドの逆ナンパ

「…、じゃあ、イクぞ、金払っとけ」
おおおっ、かわいいぞ、エロ淫乱妻の、白メイド(そしてノーパン)…。
またも絵里子が着替え終わるのを待っていたかのように試着室をのぞいた変態高校生は、上品さに萌えをトッピングした見事なセクシー白メイド姿にご満悦だったが、とっとと店を出るように促す。

「はい…、あれ?…」
ご主人様に急かされたどM奴隷は試着室を出ようとして、用意してあったピンク色のエナメル靴にちょっと驚いたが、それがピッタリだったことにも驚いていた。

モリオが買った大人のオモチャの精算もさせられた絵里子だったが、何か買ったのかわからないままカード支払いした。

「じゃあ、お仕置きの続きだ、あのオッサンに声掛けて、一発やってもらって来い」
怪しげなランジェリーショップを後にしたモリオは駅前の通りに出ると、ニヤニヤしながら暇そうなオッサンに目配せした。

「え…、あ、あの…、で、できません…」
モリオの視線の先には不潔そうな太って脂ぎったオッサンがいた。見ず知らずの男とセックスしてこいという、ご主人様のご無体な命令を理解したどM奴隷は生理的嫌悪感に襲われていた。
「ゆるして、下さい…」
いくらエロボケな精神状態でも脂ぎったオヤジに弄ばれる自分を妄想して怖じ気づく絵里子は、妙に色っぽい垂れ目ですがるようなおねだり光線を照射して翻意を促す。

「…、しねえと、また銃殺だぞ」
うおおっ、くわああっ、いいっ…、コイツ、どうして、期待通りというか、期待以上なんだ…。
潤んだ目ですがりつく白メイド人妻に萌え萌えなモリオだったが、冷たく突き放すとさっさと行くようにフリルがたっぷりした超マイクロミニのお尻を押した。

「は、はい…」
結婚前に変態ご主人様の命令には逆らえない忠実な奴隷に調教されて、エアガンの空砲発射がトラウマになっていた絵里子は、重い足取りでヒマそうなオッサンに近寄っていった。

「あ、あの…、お時間、ありますか?…、ちょっと、わたしと…」
オッサンの前で立ち止まった絵里子は、超マイクロミニで見えそうなオマタを隠す白エプロンを握ってモジモジしていたが、はにかみながら逆ナンパのセリフを口走っていた。


大学生の木村拓巳は午後の授業が休講になり、友だちと会うこともなかったので何をするでもなく、強いて言えばガールウォッチングしながら駅前の木陰にひとりで突っ立っていた。

午後まだ日の高いむせるような真夏日の駅前は、露出度の高い若い女性が頻繁に行き来していて退屈しなかったが、拓巳は上品そうな仕草に妙な色気を漂わせる白メイドに注目した。

「へ…」
なんだ、メイド喫茶の呼び込み?…、それとも、美人局?…。
そのセクシーメイドに声をかけられてスケベ心を膨らませるのと同時に、警戒心で心に壁を作った大学生は、探るような目をむけたが大きく空いた胸元のクッキリした谷間に釘付けになっていた。

「あの…、お願いします…」
見るからに生理的嫌悪感をもよおす汚らしいオッサンに、どうしても声をかけることの出来なかった絵里子は、しかたなくその横にいた大学生風イケ面に声をかけた。

「お願いします、って言われても…」
開いた胸元の生地で表面張力のようにプックリしてあふれそうな胸から目を離せないイケ面大学生は、スケベなオスの本能に支配されるのと同時に警戒心を徐々に緩めていた。

なにやってんだ、しっかりしろ、エロ奴隷…。
命令に逆らってイケ面大学生に声をかけた絵里子にイラついたモリオは、リムーバルチンポを発動させた。

「…、あ、あんっ…、お、お願い…、もう、ああ…、ガマン、出来ないの…」
躊躇する大学生にどうしようかと振り返った絵里子は、突然あそこに現れた魔法のチンポにもだえる。艶めかしいあえぎ声を上げて絵里子は拓巳に寄りかかっていた。

「え、は、はあ…、で、どこに…」
えっ、はあっ、ええ匂い…、えっ、ノーパンだよっ…。
白メイド姿のエロ人妻のよろめきにあっさりもっていかれたイケ面大学生は、しなだれかかる女体を支えるフリをしてフリルマイクロミニのお尻に手を伸ばすと、指先にシットリしたナマ尻の感触が触れて、下がりきった警戒心を吹き飛ばして本能ムキ出しのケダモノになっていた。

魔法のスティック (65)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:48:54 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (63)お着替えの時間

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (63)お着替えの時間

しまった…、やっちまったっ…。
トロトロの蜜壺にエアガンの空砲発射を喰らわせた猟奇変態高校生は、トイガンのマナーとして人に発射してはならないという決まりを破った事に、若干決まり悪そうだった。

「あ~あ、また、お漏らししやがった…、おら、さっさと立て」
でも、それほど、苦しそうじゃないしな…、コレ、けっこういいかも…。
しかし思った以上の効き目にニンマリすると、お漏らしした黄金水の上に女の子座りしてグッタリする絵里子の二の腕を掴んで立たせる。

「だってえ、ひっ…、死んじゃう、くっ…、かと、うっ、ううっ…、思った、ひっ…、んだもん」
オマタを愛液とオシッコでビショビショにした絵里子は、残忍なご主人様に熟れた女体を押しつけてすがりつつくとカワイイ声ですすり泣いていた。

「…、お仕置きだから、しょうがねえだろ…」
うひいっ、たまらんっ、萌え萌え人妻…、どうして、こんなに、かわいいんだ…。
小刻みにプルプル震える柔らかい女体から発散する発情したメスのフェロモンを思いっきり吸い込んだ変態は、人通りの多い往来でスカートの上からお尻をなでながら、だらしないバカ面をさらして萌えまくっていた。

「お、ひんっ、おねがい、うっ、です、もう、んくっ…、許して…」
膣内フロンガス爆発の恐怖は淫乱人妻のトラウマになったが、同時にボルチオ性感帯にキツイガス噴射を受け、膣粘膜を爆発的に突っ張らせる被虐色情の悦びをどM奴隷のカラダは覚えてしまった。

猟奇プレイをやめるようにお願いして潤んだ目ですがりつくメス奴隷は、変態高校生の股間に下半身をすりつけて無意識に種付けをおねだりしていた。

「…、服が汚れたな…、買いに行くか」
このおっ、エロ萌え人妻め、イヤらしい顔で、誘ってやがる…。
膨らんだ股間にまとわりついてくる淫乱人妻の艶めかしい下半身に、ケダモノじみた劣情を昂ぶらせる変態だったが、みっともない打ち止めヘナチンをさらすのを警戒してなんとか自制すると、357マグナムをカバンにしまって歩き出す。

「あ、まって、下さい」
またもスカされて軽く放置プレイされた絵里子は、慌てて身繕いするとモリオの背中を追った。

カワイイ服が、いいな…。
追いついた絵里子は、年下のモリオと釣り合うようなカワイイ服を想像していたが
「ついたぞ」
うひひっ、今日は、ホントにいい日だな…。
モリオがやってきたのは、原色の派手派手しい看板が掲げられたいかにも怪しそうな店だった。

絵里子という食べ頃に熟れた女体ばかりか、今まで欲しかったトイガンをあっさり買ってくれる金ヅルも同時に手を入れたモリオは、ご機嫌でその店に入っていった。

こんなところで、服が?…。
得体の知れない店に連れ込まれた絵里子は不安げにネチョネチョのオマタをすり合わせていた。

「とりあえず、下着だな、これでいいだろ、試着室はそこだ」
エロ奴隷にお似合いの、ランジェリーだぜ…。
そこはセクシーランジェリーショップで大人のオモチャも併売している店だった。一目見て全身タイツが気に入ったモリオは、それを絵里子に押しつけた。

「あ、はい…」
ご主人様に言われるままの従順な奴隷はそれを持って試着室に入ると、とりあえず服を脱いで濡れた股間をキレイにした。
え…、こんなの…。
渡された下着は、ピンク色のタイツ生地でビスチェタイプのアッパーとハイサイストッキングを、ガーターベルトで連結したものだった。
でも、着ないと…。
結婚前に変態男に飼われて時にもこんな恥ずかしい下着を着けたことのない絵里子は、しばし逡巡したが、ご主人様の命令に逆らえないどM奴隷のサガで身につけていた。

「おっ、いいな、じゃあ、コレ着ろ」
ぐふふっ、似合うじゃねえか、エロエロだぞ…。
まるでタイミングを計っていたかのようにモリオが試着室に顔をツッコンでアウターを渡す。ハダカよりエロチックな人妻の女体に鼻の下を伸ばした変態高校生は、ご機嫌で店内に戻っていった。

…、これって…、やんっ、恥ずかしい…。
フリルの付いた白い生地にカワイイ衣装を期待した絵里子だったが、広げると超マイクロミニのメイド服だった。
でも、ハダカのままじゃ、いられないし…。
前屈みになっただけでお尻が丸見えになりそうなミニ丈に躊躇した淫乱人妻は、しかしセクシーランジェリー姿よりマシだと自分に言い聞かせて白メイド服を装着した。

あれ、カワイイかも…。
鏡に映る超マイクロミニ白メイド姿はピンクハイサイソックスの足の根元まで見えそうだったが、正面からは小さい白フリルエプロンが隠していた。陵辱調教でまともな神経が麻痺したエロボケした絵里子はエロメイド姿をカワイイと感じていた。

魔法のスティック (64)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:48:06 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old