FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (16)ケガの功名?

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (16)ケガの功名?

「ほら、もうすこしだ、がんばれ」
うひひっ、この感触、たまらん…。
本棚に手を伸ばすロリ下級生のナマ尻に両手をあてて持ちあげる変態上級生は、ゆでタマゴのようにツルツルしたお尻の弾力に鼻の下を伸ばし、ワレメの奥に差し込んだ息子の先端で亀裂の入り口を探っていた。

「あんっ、はあっ、えいっ、やったあっ、はいったっ」
ワキ腹のナマ肌をさらしてブルブル震えながら懸命に手を伸ばしたこのみは本棚に本を戻すと、任務完遂にうれしそうに声を上げてつま先立ちをやめた。
「げっ」
「きゃんっ、えっ」
悲鳴を上げて床に転がったモリオを大きな目をパチクリさせた天然ロリ美少女が、紺ミニスカのオマタを押さえて脚立の上から見下ろしていた。

懸命に伸び上がっていた女体がかかとをつけるのと同時に下がってきたオマタの圧力に、スケベな魂胆を込めた半ムケチンポはあえなく屈していた。

エロモリオのお馬鹿な計画では下がってきた女体に息子がすんなり挿入するはずだったが、妄想通りにうまくいくはずもなく、少女のたいして重くない全体重がかかった圧迫に屈曲した息子の激痛に、エロバカ少年は苦しそうに呻いて床で悶絶していた。

「先輩、だいじょうぶですかあ?」
ムキ出しの股間を押さえながら背中を丸めて苦しむモリオに、理解不能と言いたげな視線を投げかけるこのみが、ノーパンの紺ミニスカを押さえながらしゃがんでのぞき込む。

「ほっとけっ」
ぐう…、こんなはずじゃ…、ちくしょうっ…。
キチンと揃えてムッチリしたニーハイ太ももの奥に、あそこの切れ目をしっかりチラ見した変態上級生だったが、海綿体折損したかも知れない息子の激痛が治まらず逆ギレして怒鳴った。

「ひいんっ、ごめんなさあい…、どこが痛いんですかあ?…、先輩、イッてくださあい」
八つ当たりで怒鳴られたロリ下級生はまたも飛び上がった。天然ロリ美少女は紺ミニスカを花びらのようにふわっと広げてスベスベナマ尻をモロチラしたのも気付かず、苦しそうにゆがんだ顔をのぞき込んでプルプルした唇をエロかわいく震わせていた。

「ぐううっ…、オマエ、が…、手当て、してくれるのか?…」
うぐぐっ…、こうなったら、舐めさせてやるっ…。
茂みがほとんどなくツルツルした幼女のようなあそこの亀裂をチラ見して、性懲りもなくスケベ根性をたくましくしたエロ上級生は、ロリな唇に折れたかもしれない息子をしゃぶらせようとたくらんだ。

「はいい…、先輩、かわいそうだから…、このみ、なんでもしてあげたいですう」
怒鳴られたためか苦悶する姿に同情してかはよくわからないが、大きな目を潤ませて迫ってくる天然ロリ美少女は、オマタの恥ずかしい場所を覗かれていることにやっぱり気付かず、モリオの頭を優しくなでていた。

「よし…、ケガしたら、ツバつけて直すよな」
「あ、はい、このみ、きいたことありますう」
「オマエのツバで直せ」
「え…、このみのツバなんかで、いいんですかあ?」
「いいんだよ、つべこべ言うなっ」
「ひいんっ、わかりましたあ、で、どこですかあ?」
「ここだっ」
デタラメな理屈で天然美少女を言いくるめた?変態上級生は両手で隠していた股間を、カワイイ顔の前にさらした。

「え…、あ、はい、わかりましたあ…」
痛みでジンジンする息子をモリオがさらすとつかのま真顔で凝視したこのみは、ミルクのみ人形のようにすぼめた唇に人差し指を差し込んでツバで濡らしていた。

「ばかっ、直接つけるんだよっ」
くうっ、カワイイ顔して、エロい表情、見せやがる…、ちゃんと舐めろよ…。
指をくわえるロリ美少女のエロかわいい仕草に、どエロなペド性向のど真ん中をえぐられた変態上級生は、怒鳴り声でナマ尺を命令していた。

「ひえっ、ふわいっ、わかりましたあ」
その声にピョンと跳び上がってお約束のモロチラをしたロリ美少女は、床に肘を突いて怒張するソレの先端にカワイイ唇を接近させる。

「それじゃ、位置が悪い、オレにまたがれっ」
ロリ美少女の、シックスナインだぜっ…、ぐひひっ…。
天然なエロポーズにだらしなく顔を緩めていつしか股間の痛みを忘れた変態上級生は、ニーソの足を引っ張ってはしたなく足を広げるように命令した。

「きゃうん、恥ずかしいけど…、先輩のためですからあ、このみ、がんばりますう…」
天然なのかわざとなのかよくわからないロリ下級生は、女の子座りしたニーソの太ももの間にヒダ紺ミニスカを押し込んで恥じらったが、決意したように大きな目をキリッとさせると仰向けのモリオの上で四つん這いになった。

「いいぞ、先っちょから、ペロペロしてくれ…」
うへへっ、丸見えだよっ…、ピッタリ閉じてるな…、やっぱ、まだか…。
開脚するロリ美少女の秘所を目の前で見たモリオは、周辺にムダな毛もなく何もはみ出してないキレイなスジに下半身がゾクゾクさせ、有頂天にのぼせ上がったニヤケ声で多分初フェラのご奉仕を命令していた。

魔法のスティック (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:56:25 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (15)エロ上級生のたくらみ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (15)エロ上級生のたくらみ

「ひええっ、そんなことしたら、お母さんに怒られますうっ」
パンツを脱げと命令された天然ロリ下級生は尻込みして本棚まで後ずさりして背中を押しつけると、ミニスカのオマタにギュッと握った拳を押しつけ、怯えた上目遣いで極悪エロ上級生が翻意するのを待っていた。

「知るかっ、さっさと脱げっ、ミッ○ーが殴られてもいいのかっ」
モタモタすんなっ、さっさとパンティ脱いで、ケツ見せろよっ…。
オドオドして目を潤ませるロリ美少女にますますどSな加虐色情を煽られた変態上級生は、またも怒鳴り声を張り上げて憐れな下級生を脅していた。

「ふええ…、ふあい…、わかりましたあ…」
とりつく島もなく許してくれそうにない厳しい先輩に観念したこのみは、ミニスカに手を入れると一気にパンティを足首まで下ろした。

「貸せっ…、しかしオマエ、ミッ○ーをケツの下に引いてたんだから、たいしたもんだな」
美少女のパンティ、ゲット…、うへへっ…。
内マタに足を交互に上げて○ッキーパンティを抜いたこのみから、脱ぎ立てホカホカのナマパンをひったくったモリオは、憎まれ口を叩くとフンフンと音を立てて匂いを嗅いでいた。

「いやあんっ、せんぱあいっ、変態さん、みたいですうっ」
まるで恥ずかしい場所の匂いを嗅がれたかのように、紺ミニスカをナマ太ももの間に押し込んで両手であそこを押さえたロリ美少女は、変態行為を見せつけるエロ上級生を恥ずかしそうに見上げていた。

「素直にパンツ脱いだから、お仕置きは勘弁してやる…、早く続きをしろっ」
はああっ、いい匂い…、じゃあ、次のステージ、いってみようかっ…。
ベビーオイルの香りにかすかに酸っぱい匂いの混じった生パンを堪能したエロ上級生は、どSな陵辱計画の次の段階をたくらんでほくそ笑む。

「え、ありがとうございますうっ、このみ、がんばりますうっ」
お仕置きを許してもらったロリ下級生は、カワイイ顔を嬉しそうな笑顔でもっとカワイクして床に落ちた本を拾い上げて脚立に乗った。

「…、押さえててやる」
うひひっ、見えそう…、見えるか?…、まあいい、こんどはコイツだ…。
ヒザ裏を伸ばしたままロリなカラダを折り曲げて本を拾い上げるこのみの紺ミニスカがずり上がって、ナマ尻が見えそうになるのをこっそり見ていたモリオは、脚立に上がったお尻をのぞき込んだがやっぱり見えなかった。股間に当てた手をモゾモゾさせた変態上級生は、一緒に脚立に乗ってロリ美少女の背後にピッタリ張り付いた。

「ありがとう、ございますう…、あれ?…、なんか当たってますう…」
制服がずり上がって脇のナマ肌があらわになったウエストを、いやらしい魂胆のこもった両手で押さえられたこのみは恥ずかしそうに笑って振り向いたが、あそこの亀裂に当たる何かに気付いて平板な声を漏らした。

「気にすんな、いいから早く本を戻せ」
うひひっ、これで、やっちまう、ってか…。
それはもちろん3時間目からの休養でバリバリ元気を取り戻した愚息だった。ビンビンに反り上がろうとする息子を紺ミニスカに差し込んだモリオは、お尻のワレメの奥に先端を差し込んでいやらしい笑いを浮かべていた。

「はあい…、ああん、届かない」
素直な下級生はオマタに差し込まれたソレのことはそれ以上追求せず、先輩の指示に従ってつま先立ちして最上段の本棚に本を持った手を懸命に伸ばしていた。

「ほら、もうすこしだ、がんばれ」
うひひっ…、これで本を戻してつま先立ちをやめたら、自動的に挿入、ってワケだ…。
ビンクの頭脳で思いついたエロ計画は、つま先立ちするこのみの亀裂に先端を押し当てておけば元に戻ったときにカラダの位置も下がって、ロリ美少女自らがいきり立つ息子を咥え込むという短絡的なモノだった。

「手伝ってやるっ」
うはあっ、たまらん、この感触っ…。
柔らかいワキ腹の感触に変態スケベ根性を熱くしたモリオだったが、ふくれあがるケダモノじみた劣情に支配されて紺ミニスカに手を入れると、ナマ尻に直接手をあてて幼いカラダを持ちあげていた。

「あ、やっ、ああんっ…、もう、ちょっとで、えいっ…」
スベスベした丸いお尻に食い込む指先に切なげな吐息を漏らしたツインテール美少女は、まとめた髪で変態上級生の顔をなでながら、あと少しで届くところまで手を伸ばしていた。

「もうちょっとだな」
いいぞっ、おらおらっ…。
尻タブを開き気味に女体を持ちあげた変態上級生は、自らの腰を突きだして反り上がろうとする息子の先端を、湿り気を帯びた亀裂にすりつけていた。

「ああっ、はあっ、あんっ、もうっ、ちょっと、ですうっ、あん、ああっ…」
尻タブに食い込んだ親指に引っ張られて紺ミニスカの下で尻アナをさらされて、感じる部分の柔らかい肉まで引っ張られたロリ美少女は艶めかしい吐息を漏らし、幼い顔と対照的な肉感的な女体をめいっぱい伸ばして切なげにブルブル震わせていた。

魔法のスティック (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:33:42 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old