FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (10)あこがれの先生と1発

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (10)あこがれの先生と1発

「こっちも、取ってあげますよ」
お待ちかねっ、正真正銘の本番だっ…
担任教師の美乳をツバまみれにしてしゃぶり尽くした変態高校生は、生まれて初めてのナマ本番に淫らな期待をめいっぱいふくらませていた。エロ妄想にまみれたモリオはだらしなく笑うとウエストに食い込むタイトスカートに手を回してホックを外し、内マタにすり合わせる脚線美から一気に抜き去った。

「ああ、や…、だめえ、もう、許してえ…」
ハイレグパンティ一枚に剥かれてまばゆいばかりの裸体をさらす美代は、恥じらって両手でオマタを隠していたが官能の悦びにまみれたエロボケ状態はまさにまな板の上の鯉で、肉欲に狂った高校生の餌食になるのただ待つだけだった。

「これも、いらない」
とうとう…、うひっ、先生のスッパ…。
あこがれの担任教師の艶めかしい女体に覆い被さった変態高校生は、遠隔チンポの気持ち良さにバカ笑いしながら、キレイな顔をベロベロ舐め回した。ギュッと目を閉じたカワイイ顔に見つめて下半身をゾクゾクさせたモリオは、ハイレグパンティに手をかけると一気にズリ下げた。

「これが、先生のマ○コかっ」
すげっ、濡れ濡れだっ…、広がってるけど…、見えないな…。
パンティをズリ下げる勢いで美人教師の下半身にしがみついたモリオは、内マタに合わせる太ももの弾力に指を食い込ませて強引に広げ、ネットリと糸を引くあそこをのぞき込む。ネチョネチョの秘肉はアレを咥え込んだ形に広がっているが、入っているはずのリムーバブルチンポ自体は見えなかった。

「や…、やだあ…、みないでえ…」
女性器を指す恥ずかしい単語にどM性向を刺激されてゾクゾクした美代は、全身をさざ波のように繰り返し襲う快感でしびれてろくに抵抗できずに、劣情にまみれた変態高校生に汗でヌメッとした妖しいテカリを放つ裸体を無防備にさらしていた。

「あひっ…、まっ、いいか、じゃあ、」
M字開脚の中心部で濡れた秘肉が広がったソコに指で触れると裏スジをなぞられる感じがして、変態高校生はマヌケな声を漏らしたがたいして拘泥せずに下半身裸になると、何もないのっぺりした股間をはしたなく広げたオマタに押しつけた。

「うっ…、ああっ…」
あ、戻った…、はうっ…、き、気持ち、いい…。
M字開脚させた愛しの担任教師に腰を押しつけた瞬間、見えてなかったリムーバブルチンポが股間に戻ってきた。ともすれば現実感のない快感に妄想かもと半信半疑だったが、実体化した半ムケチンポをヒダヒダ膣粘膜にこすり付ける気持ち良さは、頭をガンと殴られた様な強烈な快感でリアルとしか言いようがなかった。

「あっ…、くっ…、だ、ああっ、い、いいっ」
美代も同じ感覚を味わったようで、実体化したチンポがシュッチクチュクッと湿った音を立てて出入りすると、劣情まみれの高校生にのしかかられた女体をビクビクと震わせ、左右に振った頭にサラサラした髪が乱れ踊っていた。

「せ、先生…、気持ち、いい…」
ああっ、こんなに…、はあっ、いい…。
股間にそそり立つ息子を確認するように裏スジをなでたモリオは、狂ったように腰を振リまくって潤沢なおつゆをかき出しながら肉棒の挿入を続けたが、グイッと腰を押しつけて勃起した肉棒を根元までたたき込んだ。切なげにもだえる美代の女体に抱きついた超妄想変態高校生は、柔らかい肉布団の温かさにしみじみした声を漏らしてつらそうにゆがめた唇に吸い付いた。

「んっ…、ふあっ、ああっ」
根元まで挿入された生チンポで子宮口をこじ開けられた美代は、乱暴に唇をふさがれてノドの奥から湧き出るあえぎ声を荒い鼻息にして漏らしていた。肉欲に狂った変態高校生にきつく抱きしめられて女体をきしませた現国教師は、しかしどMな倒錯した悦びで肉棒を咥え込んだ亀裂のスキマからダラダラと愛液を垂らしていた。

「うっ…、でっ、出るっ、うっ…」
でっ、出るっ…、あっ、ああっ…。
リムーバブルチンポは実体化したばかりだったが、1時間目の途中からずっとナマ挿入していたワケで、強烈なリアル感覚に襲われたモリオは、ギュッと抱きしめた柔らかい女体のナカにザーメンを放出していた。

「あっ、ああっ…、あ、はあっ、ああっ…」
突然の暴発で膣ナカに白濁液をばらまかれた美代は、抱きしめられた女体を弓ゾリさせて白いノドを突き出していた。膣ナカを熱く焦がす快感の大波に襲われたナイスバディは、切なげにビクビク震えてエクスタシーの昂ぶりを示していた。

魔法のスティック (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:43:23 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (9)保健室でいただき

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (9)保健室でいただき

「ひっ…、あ、ああっ…」
あそこに咥え込んだ生チンポの遠隔挿入を再開された美人教師の女体は、大げさにのけぞるとモリオに抱きついた。

「先生、大丈夫ですか?」
ああっ…、気持ちいい…。
廊下で質問するフリをして満島ひかり似のあこがれの担任教師に声をかけた変態高校生は、効き過ぎるほどのリムーバブルチンポの威力に恐れ入りながら、同級生の目を気にして寄りかかってくる美人教師の女体を遠慮がちになで回し、リムーバブルチンポがヒダヒダの膣粘膜をこする気持ち良さにスケベ面を緩ませていた。

「あっ、あんっ、ご、ごめんなさい…、あっ、ああっ…」
変態少年のカラダに抱きついて膣ナカで暴れる肉棒の快感になんとか耐えるどM美人教師は、中途半端に欲情した女体を襲う官能の荒波に翻弄されて甘えた吐息を漏らし、か細く震える背中を忙しく上下させていた。

「保健室に行きましょう」
ベッドもあるしな…、かわいがってやるよ…。
官能的な吐息に鼓膜をくすぐられて艶めかしい女体の感触と濡れた膣粘膜に擦られる快感に、バカ笑いしそうになるのをこらえた超妄想変態高校生は、遠隔挿入の勢いを緩めるとよがりもだえる女体を立たせた。

「あ…、はい…」
官能の刺激に支配された美人教師は、イヤらしい笑いを浮かべるモリオのたくらみをうすうす感じながら、抵抗することなく少年の肩を借りていた。

「先生、がんばってください、もうすぐですよ」
そうだ、もうすぐナマ本番で、ヒーヒー言わせてやる…。
背中に回した手でわきの下を押さえながら指先で下乳を嬲る変態高校生は、苦しそうな吐息の音色に淫靡な雰囲気を漂わせる美代に、息子がギンギンにいきり立つのを感じたが股間はのっぺりしたままだった。

「はあっ…、あっ、ああんっ…」
ペースを落として間断的に膣ナカをこするリムーバブルチンポの動きに合わせて、二三歩歩く毎にのけぞるエロボケ現国教師は、見た目以上に大きな乳房を少年にカラダにすりつけていた。

「やっとついた…、ココに寝てください」
しめしめ…、養護の先生、いないな…。
保健室のお姉さんがいたらどうするか考えてなかったモリオは、好都合な無人の保健室にニンマリすると、白いシーツのベッドに快感にもだえる淫乱教師を寝かせて、窓とベッドのまわりをきっちりカーテンで閉めた。

「楽にしましょうね」
くううっ、いい匂い…、せんせい、よろしくお願いします…。
しどけなく横たわるナイスバディにスケベ根性を駆り立てられた変態少年は、ジャケットを脱がせるとブラウスのボタンを外しはじめる。

「だ、だめえ…、あ、ああっ…」
ケダモノじみた欲望に支配された少年にボタンをハズされる現国教師は弱々しく抵抗したが、間髪入れずに膣ナカで暴れるリムーバブルチンポにのけぞって、白いシーツを握りしめていた。

「ブラも取りますね」
うへへっ、いい気持ち…、邪魔なブラも取ってやる…。
遠隔チンポの挿入感に顔を緩めた変態少年は、カップから溢れそうな乳房に顔を寄せると背中側に手を入れてホックを器用に外していた。

「じゃあ、頂きますっ」
特大プリンだなっ、くうっ、うまそうっ…。
汗がにじんだ白い肌に食い込んでいたブラひもが緩んでプルンと現れた形のいい乳房に、ヨダレを垂らさんばかりに顔を緩めたモリオは、濃いピンクの乳首にパクッと食らいついた。

「あっ、ああっ、だめえ…、あっ、ああっ…」
リムーバブルチンポで膣ナカをこすられる刺激に加えて勃起した乳首を舌で転がされた美代は、太ももを内マタにすり合わせて切なげにあえぎ声を漏らす。遠くに2時間目のチャイムが聞こえていたが、あこがれの先生を手込めにする興奮にまみれた超妄想変態高校生は、汗がにじんだスベスベした女体をなで回し、硬くなった乳首をチューチュー吸いながらうっすら血管の浮き出た乳房の弾力を楽しんでいた。

魔法のスティック (10)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:48:50 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (8)『先生』のこころ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (8)『先生』のこころ

美代ちゃん、おどおどしてんな…。
教壇に戻って生徒たちから奇異な視線を浴びる美代は、オマタに生チンポを咥え込んだ理解不能な感覚にそわそわしていた。中途半端な刺激で生殺し状態の現国教師はいつまたそれが暴れ出すか気が気じゃなくて、着痩せする女体からどMなイジられオーラを発散していた。

「ええっと…、じゃあ、このときの『先生』の気持ちは?…、足立君…」
落ち着かない様子で教科書に視線を落とす美代はさっき触られた胸の感覚にドキドキして、最後列でイヤらしい笑いを浮かべるモリオに羞恥心をチリチリと刺激されていたが、どMなメスの本能がもっとイジメられるのを期待してつい指名していた。

「あ…、はい…、『先生』は、その…、友情よりも恋愛を選んで…、友人を陥れてしまった罪悪感にさいなまれて…」
リムーバブルチンポの挿入を妄想して油断していたモリオは、ニヤケ顔を引き締めて途中までまじめに答えたが、
「耐えきれない露悪的で、どMな倒錯興奮に、悶々として…、『こころ』の奥に秘めた、恥ずかしい告白をしたい欲求に、責め苛まれて身もだえしていた、のだと思います」
先生は、どMなんだよ…、ケモノのような、はしたない声を上げて、淫らによがりたいけど…、うへへ…、ガマンしてるんだよな…。
スケベ妄想が頭をよぎるとワザと官能小説に出てくるような単語を使って答えをまとめた。

中の中の成績のモリオだが、好きな美代ちゃんの現国は予習復習してそれなりの点を取っていた。モリオは明治の文豪の代表作とされるある小説の主人公の気持ちを借りて、どSな露出調教気分で美代の今の心情を語っていた。

シレッとした顔で破廉恥な単語を連発するモリオに、教室のあちこちから淫靡な笑い声が聞こえてくる。美代が漂わせる被虐色情にスケベ心を煽られていたエロ男子は、SM小説用語をどM美人『先生』に絡ませてエロ妄想をたくましくしていた。

「どM?…、身もだえ?…、えっと…、単語が一部不穏当ですが…、だいたい…、そうですね…、いいですよ」
モリオの答えはある意味美代の期待通りだった。生殺しの心理状態を当てこすりするような答えにどMな性根をチクチクされた美代は、教卓に隠れたタイトスカートのオマタに押しつけた拳にギュッと力を入れた。

スケベで不敵な笑いを浮かべるモリオに、生徒たちの前で恥ずかしい心情を暴露された気がしたどM教師は、露出調教で嬲られる羞恥に耐えて火照った女体はゾワゾワさせていた。

「じゃあ『先生』が女だったら、親友を裏切って、好きな人をカラダで誘惑して奪った、って感じですか?」
オドオドしてイジメられオーラを発散する美代に、どSな妄想にとらわれた男子がニヤケながら言葉責めまがいの質問を口走ってはやし立てる。

「えっ、カラダ?…、先生は、そんなこと、しません…」
生徒の前で性的興奮にもだえる自分のことを指摘されたと勘違いしたエロボケ美人教師は、顔を真っ赤にしてオマタに押しつけた手を慌てて上げると、大げさに振って否定していた。

「佐倉先生のコトじゃないですよ、この『先生』のことでしょ」
少女のように恥じらう美代にエロ笑いした男子は教科書を指差して勘違いを指摘していた。教室が淫靡な笑いが混じった爆笑で揺れた。

「あ、そうねっ…、ははっ、あ、もう時間…、じゃあ次は○○ページからね」
恥ずかしい勘違いを指摘されてますます追い詰められた美代だったが、チャイムに救われた気がしてホッと息を漏らすとぎこちない笑顔を残して教室を出て行った。

やだ…、見てる…。
廊下側のモリオのイヤらしい視線を感じた美代は、オマタにアレが食い込んだままで生殺し状態の欲情したカラダを意識した。
「先生、質問していいですか?」
横を通り過ぎるタイミングを計っていたかのように立ち上がったモリオに声をかけられて、美代はビクッと震えた。

「何?…、足立君」
さっき…、さわったよね…。
両手で抱えた教科書で胸を圧迫する美代はよろけたときに触られた感触が蘇ってきて、落ち着き無くタイトスカートの太ももをすりつけていた。

「あの、さっきの質問なんですが…」
再開だ…、おらっ、イッちまえ…。
質問なんてハナからどうでも良くて、リムーバブルチンポによる陵辱再開に浮ついた笑いを浮かべるモリオは、教材を押しつけられてひしゃげた胸をのぞき込んで遠隔挿入を開始した。

魔法のスティック (9)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:48:11 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old