FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (63)久美とマリ

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (63)久美とマリ

「あっ、これは、ちがうの…、これは、ムリヤリ、つけられて…」
しまった、見られた…、きっと、こんなのを、つけられたことが、あるんだわ…。
診察台にすがって泣きじゃくる少女に、冴子は乱れた襟元を直してカップ無しSMブラの言い訳をしていた。久美のかたくなな拒絶に似たようなSM衣装を着せられて父親に弄ばれたコトがあるのだと、冴子は直感した。

「いやっ、近寄らないで、変態っ、うっ…、ああ…」
診察台に顔を伏せて泣きじゃくる久美はとりつく島もなかったが、急に気の抜けたような声を漏らすと静かになった。

「久美さん、大丈夫?…、落ち着いた?…」
大丈夫かしら…、また死にたいとか、言い出さなきゃいいけど…。
嗚咽が収まった少女が泣き疲れたと勘違いした冴子が優しく肩に手を置くと、
「せんせい、見た目もエッチだけど、中身も相当エッチだね…」
顔を上げた少女はカワイイ顔にふてぶてしい笑いをはり付けて、白衣のスソをめくってたるんだガータベルトに食い込んだペニパンをのぞき込んだ。

「やっ、だから、違うの…、コレは変な男に、ムリヤリつけられて…」
どうしたの?…、さっきまでと、雰囲気が全然違う…。
さっきまでの怯えた様子が全く見られなくなって態度のでかくなった少女に、冴子は戸惑いを隠せずに腰を引いてめくられた白衣を押さえながら言い訳を続けていた。

「いいの、せんせい…、セックス、気持ちいいもんね」
診察台に座って艶めかしく生足を組んだ少女はまだ成長途中の胸に手を当ててシナを作り、クスクス笑っていた。

「あなた…、久美さん?…」
おかしい…、もしかして…。
真逆の性格にキャラ変換した少女に冴子はある病名を思い浮かべた。

「ふふっ、久美ね…、あんなネンネと一緒にしないでよ、マリって呼んで」
ニヤリと擬音がしそうな生意気な笑みを浮かべた少女は、まだ幼さの残る脚線美を見せつける様にゆったり脚を組み替えると、自分をマリだといった。

「マリさんね…、よろしく」
解離性同一性障害だわ…、二重人格…、あるいはもっと別人格が、いるのかしら…。
別名を名乗る少女に冴子はDID(解離性同一性障害)を確信した。耐えきれないような現実に直面したとき、気を失ったりするのを解離といって正常な反応と見なされるが、別人格を作り出してきびしい現実を押しつけることで心を守ろうとする場合は、精神疾患とされる。他者の暴力に無力な少年少女期に発現するケースが多くみられる。

「まったく久美にも困ったものよね、私がパパの相手してやってるのに…、気がついたら手首切っちゃってるんだもの」
手首の包帯を見つめたマリは苦笑いしながら小さくため息をつくと、純真な久美の暴走に呆れていた。

「…、そうね、自殺は良くないわね」
ひょっとして、自殺しようとした久美を、マリが止めたのかしら…。
奔放な性格のマリだが、あるいは久美が自殺未遂で済んだのは彼女のおかげかも知れないと思った。

「ねえ、先生…、そんなのしてるぐらいだから、マゾなんでしょ…、私がかわいがってあげようか」
妖しい上目遣いでネットリした笑みで冴子を見上げたマリは、白衣の女体に抱きつくとTバックのお尻をまさぐって首筋に吐息を吹きかけていた。

「や、だから、違うから、あ、やめて、ああっ」
あ、そこ…、ああっ、だめえ…、あん、感じちゃう…。
背伸びしているようにも見える少女の妖しい手つきに翻弄された冴子は、乳首を指先で転がされる乳房の熱さにのけぞって切なげに体をくねらせ、ガーターストッキングの太ももを悩ましげにすりつけていた。

女医冴子 (64) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:02:48 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (62)自殺志願少女久美

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (62)自殺志願少女久美

「せんせい、ちょっといいですか…」
冴子が腰肉に食い込むペニパンの締め付けを意識しながら綺麗な姿勢で座り直すと、ドアが開いて救急のナース付き添いで10代の少女が入ってきた。やせ気味のカラダをかばうように背中に腕を回していた若いナースが、神妙な顔で冴子に耳打ちする。

「そうですか、わかりました…」
父親の日常的な乱暴で…、リスカ…。
ナースから簡単な説明を聞いた冴子は、少女の手首に巻かれた痛々しいほど真っ白な包帯をチラ見すると、ペニパン着用であそこにシリコンバイブを咥え込んでいることなどすっかり忘れて、心配そうなナースに優しい笑顔でうなずいた。

「じゃあ、よろしくお願いします」
冴子の優しい顔に少し表情を明るくしたナースは大げさに頭を下げると、少女の背中に手を当てて
「座って、この先生に相談してね」
丸イスに座らせるとうつろな目をした少女にかすかに笑顔を見せて診察室を出て行った。

「木下久美さんですね…」
乱暴って、性的虐待よね…。
特に緊張した様子もなくひざの上で両手を揃えて自然体で座る少女を直接見ないようにして、冴子は電子カルテの名前を見て呼びかけた。

「はい…」
無表情な少女の平板な声が清潔な診察室に静かに響いた。深い絶望がにじんだ少女の声が重苦しく鼓膜を震わせ、冴子の気持ちを落ち込ませる。

「木下さんは昨日、救急車でこの病院に運ばれてきました、どうしてですか?」
カルテを見ればわかるけど…、彼女の口から、聞かないと…。
PCを見つめる冴子はそれが少女の心の傷をえぐる残酷な質問だとわかっていたが、診断のためそして彼女のためだと心を鬼にし、努めて平静を装って聞いた。

メンタルの治療は問診して病根を突き止めることからはじまる。リスカに至る経緯を思い出すことは少女にとってつらいことだが、それを避けて心の傷を根治することは出来ない。

「…、手首を切ったんです…、そしたら、お父さんが慌てて救急車を呼んで…」
一瞬の沈黙があったが久美は無表情に応えた。事情を知らなければただの無愛想な少女に見えたことだろう。

「そう…、なんで、手首を切ったの…」
落ち着いてるし、大丈夫…、逃げてはダメ…。
冴子は少女に向き直った。あそこに入り込んだバイブがナカを刺激したが、気づかないフリをした冴子は優しい笑みを浮かべて少女に問いかけた。

「…、死にたかったから…」
感情のない声がまた鼓膜に重々しく響いて、冴子の脳裏にその時の状況が嫌でも浮かんでくる。近親相姦という言葉とともに信頼する父親に陵辱された少女の驚きや悲しみや絶望が、冴子の心に重くのしかかってくる。

「そう…」
…、お父さんに、乱暴されて…、現実から、逃げたくて…、切ったのね…。
うつろな視線を投げかけてくる少女を優しい微笑みで見つめたまま相づちをうった冴子だったが、何か言ったら涙がこぼれそうで口をつぐんだ。

「まだ死にたいと、思う?」
泣いちゃダメ…、これだけは、聞かないと…。
聞くべきではないと思う反面、今の心理状態を確認するためにあえて冴子は聞いた。

「…、死にたい…、私なんて、いないほうが、いいのっ、お母さんだって、ううっ、私が死んだ方がいいって、うっ、思ってるっ」
ポツリとつぶやいた少女のうつろな目が潤んで細めた目尻から涙が落ちた。急に声を荒げた久美は堰を切ったように思いの丈をぶちまけて泣きだした。

「わかったわ…」
お母さんも、知ってる…、娘ではなく、女として、この子を…。
少女の母親に対する叫びは、夫の異常な欲望が娘に向けられた妻としての屈辱と、女としての娘に対する憎悪を伝えていた。
「でも、誰もアナタに死んで欲しいなんて、思ってない」
なんてこと…、父親に弄ばれて、母親から、憎まれて…、居場所を無くした…。
ヒザに置いた手をギュッと握りしめて嗚咽に肩を震わせる久美を優しく抱きしめた冴子は、涙がこぼれそうになるのをガマンして、可憐な少女に対する正直な気持ちをつぶやいていた。

「うっ、ひっ…、ううっ…、え…、やっ、やだっ…」
美人女医の柔らかい胸に抱かれてしばらく泣きじゃくっていた久美だったが、乱れた襟元からラバー製のSM衣装を見ると急に怯え出して冴子を突き放した。診察台にすがりついた久美はおぞましい変態衣装を異常に怖がって、床に女の子座りしたナマ足をガタガタ震わせていた。

女医冴子 (63) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:55:15 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old