FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (61)変態SM嬢冴子

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (61)変態SM嬢冴子

「お高く、とまってんじゃねえよ、オレのチンポにヒーヒー、言ってたくせによ」
口では抵抗しても指を差し込んだ亀裂からいやらしい汁を垂れ流す淫乱女医に、スケベ顔をゆがめてニンマリする強姦男は、乱暴に肩から白衣を抜き取ると汗を浮かべた肉感的な女体をさらした。

「やっ、やめて、ください…」
ああ、脱がされた…、きっとこのまま、待合室に連れ出されて、辱められるんだわ…。
肩から抜かれた白衣が両手に絡まって後ろ手に緊縛された形になった冴子は、待合室の患者たちにあらわな姿をさらされる羞恥調教のどMな妄想に取り憑かれて、透き通るような白いナマ肌をさらした女体を切なげに震わせ、ガーターストッキングの太ももをせわしげにすりあわせていた。

「いいモノ、持ってきてやったぞ」
セルフ緊縛プレイに欲情するどM変態女医に攻撃的な加虐色情を煽られた田村は、通勤時の冴子を陵辱してからこっそりつけて病院を突き止めたあと、わざわざ買いに行ったラバー素材のSM衣装をカバンから取りだしてニンマリ笑う。

「や、やだ、やめて…」
ああっ、こんなモノを着せられて…、患者さんたちの前を、連れ回されるんだわ…。
禍々しく黒光りするSM衣装に露出調教の妄想をいっそうふくらませた淫乱女医は、両手が白衣に絡まって自由が効かない頼りなげな裸体をさらし、ラバー素材が秘肉に食い込むひわいな想像をして、ヒクヒク震える柔らかい肉の切れ目からいやらしい汁を垂れ流していた。

「嫌がるフリしても、ココは大喜びだな…」
オマタの前にしゃがんでローアングルからあられもない裸体を見上げ、いやらしい笑いで顔をゆがめた田村はオマタの亀裂を指先でクチュクチュしながら、ラバー製のSM衣装をガーターストッキングの美脚に通す。

「あ、ああっ…、いや、ああっ…」
やだ、あ、ああっ、入ってくるう…。
サディステックな笑いを浮かべる強姦魔に逆らえない奴隷体質の変態女医が、持ちあげられるまま素直に足先を上げて脚を通したソレはペニパンだった。シリコン製の透明な張り形が亀裂からネットリと汁を溢れさせて食い込み、根元まで挿入された。

「似合うぞ、せんせい…」
ソレの形に合わせて丸く広がった亀裂からあふれ出る愛液にまみれたバイブにご満悦のどS男は、腰の部分の鍵をかけて欲情した女体にペニパンを完全装着すると、羞恥調教するつもりなのかいやらしい声でささやくと、Tバックタイプでムキ出しになったナマ尻をペシペシと叩く。

「ああっ、はいってる…、やだ…、ああっ」
はあっ、いっぱいだわ…、あそこが、おちんちんの形をした、アレで…。
セルフ緊縛プレイにガックリとうなだれてサラサラした髪を揺らし、汗のにじんだ柔肌を波立ててもだえる艶めかしい女体は、ペニパンのマタ部分が食い込んだ太ももの根本から、いやらしいネットリした汁をにじみ出していた。

「ちゃんと、揃いのブラも用意したからな…」
すっかり観念して着せ替え人形状態でおとなしい冴子の後ろにまわった田村は、絡まった白衣を解くと、ラバー製のブラを装着した。カップ部分が無いブラはしっとり濡れた白い肌に食い込んで、先端が固くなった乳房を突き出させていびつに強調していた。

「ああっ、こんなの…、はあっ、恥ずかしい…」
こんな姿で…、患者さんたちから、ああっ、いやらしい目で、見られて…、はあっ、蔑まれるんだわ…。
発情した女体を黒ラバーで醜く引き絞られて変態どM女にふさわしい姿に変貌した淫乱女医は、この姿で患者たちの前に引きずり出される妄想による恥辱で露出狂の血を熱くしながら、どMな倒錯した興奮で女体の芯で被虐色情の炎を熱く燃え上がらせていた。

「じゃあ、しっかり仕事しろよ、鍵はオレが持ってるから、病院が終わったら、ココに連絡しろ」
冴子の期待に反して田村はSM衣装を装着したどエロな冴子に満足して診察室を出て行った。肩すかしを食って放置プレイと患者に対する羞恥プレイの状態に置かれた冴子は、田村が置いていったケー番のメモを見ながら、ボンレスハムのようにムッチリと引き絞られた女体を淫らな変態興奮でうずかせていた。

はあ…、このまま、診察時間が終わるまで、ガマンしろ…、ってこと…、ああ、狂っちゃう…。
湿った柔肌に食い込むラバーのどMな倒錯した快感にゾクゾクするエロ女体は、オマタをヌルヌルに濡らしていた。淫らな仕打ちの期待を裏切られた奴隷体質女医は、発散されない欲情でカラダが張り裂けそうな錯覚を覚えながら、放置プレイを甘んじて受けていた。

「次の方、お呼びしますよ」
冴子が黒ラバーで引き絞られた女体に白衣をまとうのを見計るように、ベテランナースが顔を出してカルテをおいていく。

「はい…、…さん、どうぞ…」
やだ…、ああんっ、おかしくなる…。
白衣の襟元をピッタリと合わせるとけばだった裏地が突きだした乳首を擦って、欲情した女体を刺激する。愛液でネチョネチョの膣にピッタリはまり込んだバイブの存在を意識して、ケダモノじみたメスの欲情を煽られた冴子は、その存在を確認するかのようにオマタをピッタリ合わせ、ツヤっぽい声で次の患者の名前をマイクにささやいていた。

女医冴子 (62) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:00:23 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (60)再びあの男が

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (60)再びあの男が

今日、何回したかしら?…、これじゃ、私、患者さんの性処理係だわ…。
少年を見送った冴子はガーターストッキングの太ももをあらわに広げて、溢れてくるザーメンを拭き取りながら、今日何度セックスしたのか思い出そうとしたが、思い出せないほどの回数に我ながら呆れていた。

「せんせい、次の患者さん、いいですよね」
そこへベテランナースが顔を出して次の診察をせっついてくる。
「はいっ、いいですよ」
やっ、見られた?…、どうして、こんなタイミングばかりなの…。
どことなく機嫌の悪そうな師長の声に慌ててオマタを閉じた冴子は、目を合わせないようにカルテを受け取り、乱れた襟元に気付いて慌てて白衣を合わせた。

「こんにちは…」
冴子がマイクで次の患者を呼ぶと30代ぐらいの男性が入ってきた。冴子をチラ見した男はいやらしい笑いを浮かべると、白衣の下の裸体を透視するようなまとわりつくような視線を投げかけていた。

「えっと…、田村さん、初めてですね、どうしましたか?…」
やだ…、いやらしい目で、見てる…、私を、辱めて、犯して、弄ぼうとする、目だわ…。
欲情した裸体に張り付いた白衣を隅から隅までたどるいやらしい視線に、男の心の裡にある淫らなたくらみを直感した冴子はどMな倒錯した興奮に火をつけられて、落ち着きなくガーターストッキングの太ももをすり合わせていた。

「…、エッチな匂いが、しますね」
丸イスに座った田村はイスを引きずってフェロモン垂れ流しの女体に近寄ると、フンフンと鼻を鳴らし、バカにしたような目で端正な横顔をねめつけ、粘つくようないやらしい声で耳元にささやいた。

「え…、ナニを?…」
やっぱり…、私を…、はあっ、嬲られて、弄ばれるんだわ…。
耳たぶをくすぐる低い声にどMな倒錯した興奮を熱くした冴子は、力を入れた手で湿った太ももの間に白衣を押し込んで、うずき出す女体を押さえつけていた。

「ザーメンの匂いがしますよ、先生…」
動揺する冴子にニンマリ笑った田村は、プックリした唇に鼻を近づけるとわざと音を立てて匂いを嗅いでいた。

「ナニが?…」
やだ、さっきフェラしたから?…、恥ずかしい?…。
男のヤニ臭い息に嫌悪感を覚えた冴子だったが、馴れ馴れしい態度に奴隷体質のマゾ性根を熱くして、太ももに押し込んだコブシをギュッと押し込んでいた。

「おい、もう忘れたのか…、あんなに気持ちよくして、やったのに…」
被虐的な倒錯した興奮でサカリのついたメスのフェロモンを発散する冴子に、相変わらずいやらしい笑いを浮かべる男はアゴに指を引っかけてムリヤリ顔を向かせる。

「え?…、あ、あなた?!…」
忘れた?…、どこかで?…、あ、あのときの…。
強引に顔を横に向けられた冴子はマゾ気で発情した女体をもだえさせながら、駅から自分を連れだしてビルの谷間で強姦した男だと思い出した。

「思い出したようだな、探すの苦労したぜ、あのときの続き、しようぜ」
顔色を変えて怯えの表情を見せる冴子に、加虐色情をむき出しにした笑いを浮かべた田村は白衣の上から美巨乳をまさぐっていた。

「あ…、だめ…、ココは病院です、患者さんじゃないなら、帰って下さい」
ああっ、胸に…、やめて、ああっ…、だめ、感じちゃ…、患者さんが待ってる…。
白衣に入り込んだ手に直接乳肌をまさぐられた冴子は切なげにカラダを震わせたが、なんとか医者としての対面を保ってぶしつけな手を押し戻した。

「なに、すましてんだ…、あんなによがり狂った、淫乱メスブタの、くせしやがって」
拒絶された男は一瞬意外そうな顔を見せたが、逆上したのか手を差し込んでピッタリ閉じた太ももにムリやり手をねじ込んで、濡れた秘所をイジった。

「やっ、やめて、ください…」
あっ、やだっ、ああっ、クチュクチュしてる、ああっ、だめえ、感じちゃう…。
濡れた股間を弄って体を押しつけてくる男の強引な態度に、奴隷体質の美人ドクターは抵抗できずに欲情した体を許していた。強姦男の体をたよりなく押し返す淫乱女医は自らの局部が発するいやらしい湿った音を聞きながら、被虐色情の倒錯した悦びを感じていた。

「ノーパンかよ…、キ○ガイ相手に、露出して悦んでやがったな」
ネットリした汁があふれる亀裂に指を行き来させる田村は反応のいい女体にご機嫌で、ご主人様気取りで言葉責めしてサド気を昂ぶらせていた。

「ち、ちがい、ます…、人を、よ、呼びますよ」
やっ、ああっ、だめえ、おかしくなる…、ああっ、きもち、いい…、ああっ、だめ…、負けちゃ…。
白衣をはだけられた淫乱女医は汗がにじんだまばゆいばかりの成熟した女体を、強姦男にさらしていた。先端が固くなった乳房を乱暴に揉み砕かれ、洪水状態のあそこを嬲られる冴子は、かろうじて理性を保っていたが、どMなメスの性根はケダモノのような田村に襲われて、いきり立ったチンポを突き刺されるのを待っていた。

女医冴子 (61) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:20:44 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (59)更正した?少年

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (59)更正した?少年

「ああ…、どう?…、はあっ、いいでしょ…、これが、あんっ…、リアルな、うっ、女よ…」
あんっ、はあっ、いいっ、もっと、ついてえっ…。
発情したナイスバディにのめり込んだエロボケ少年の半ムケチンポを、いやらしくヨダレを垂らした下の口で咥え込んだ冴子は、柔肌を悩ましげにうねらせて快楽を貪っていた。

「あっ、はあっ、あっ、きもちいいっ、ですっ」
診察台に腰を下ろして惜しげもなくさらした女体に抱きついた変態妄想少年は、生まれて初めて味わうリアルな官能にうわずった声を漏らし、ぎこちなく腰を振って半ムケチンポの出し入れに熱中していた。

「はんっ、ああっ、いいっ、もっと、ああっ」
はあっ、皮カムリの、ああっ…、おちんちんも…、あんっ、いいわっ…。
しがみついて懸命に腰を振る少年の背中を優しく抱いた冴子は、はしたなく広げたオマタの中心に忙しく出入りする肉棒にもだえ、白い天井を仰いだ美しい顔にエロかわいい表情を浮かべていた。

「あ、ああっ、くうっ…」
「あっ、まだ、まだよっ」
「うっ、あ、ああっ…」
経験したばかりの若いカラダは美人ドクターの官能的な女体にガマン出来ず、早くも絶頂に達していた。顔をしかめて唸る少年にナマ出しを予感した冴子は、まだまだお淫らな楽しみを続けたくて肉付きの薄い腰を押さえたが、勢いの止まらない半ムケチンポはあっさり射精していた。

「あんっ…、どう、よかったでしょ…」
もう、早過ぎよ…、若いからって…、モテ無いわよ…。
早すぎた放出に不満気味の淫乱女医だったが、それを顔に出さずに荒い息にまみれた少年に優しい笑みを向けていた。

「は、はあ…」
2回目の本番を経験した少年は柔らかい女体に抱きついたまま、とろけそうな官能と射精の気持ち良さを反芻し、湿った吐息を漏らしてだらしないバカ面をさらしていた。

「そろそろどいて…、そこに座って、キレイにしてあげる…」
まだ、出来るよね…、若いし、大丈夫よね…。
まだ満足出来ない淫乱女医は寄りかかってくる少年を優しく押しのけると、丸イスに座らせて濡れた唇を差し出してダランとした息子を口に含んだ。

「あ、そんな、ああっ…」
欲情にまみれた妖しいオーラを発散する冴子の艶めかしい舌使いにのけぞった少年は、こもったうめき声を上げて苦しげにもだえていた。

「ふふっ…、?…」
どう、気持ちいいでしょ…、あれ、元気にならない…。
少年のもだえる声をうれしそうに聞いてますます舌技に精を出した冴子だったが、2度の放出でありったけのザーメンを放出した皮カムリチンポはピクリとも反応しなかった。

「キレイになったわ…、はいていいわよ」
もう、ダメなの…、若いのに…、まあ…、しょうがないか…。
ヘニャチンにしばらくお口の奉仕を捧げた冴子だったが、反応がないのにあきらめて乱れた白衣を直すとイスに座り、欲情した女体を押さえ込むようにたわわな胸の下で腕を組み、美脚を見せつける様に足を組んだ。

「はい…」
ニンフォマニアな冴子の不満を無意識に感じているのか、極上のフェラを捧げられても反応しないフニャチンを申し訳なさそうにしまった少年は、またうつむいて下を見ていた。

「どうでした?…、ホンモノの女は?…」
見てる…、私の脚…、見てるわ…、あんっ、漏れてくる…。
うつむいた視線をガーターストッキングの太ももに感じてどMなメスの昂ぶりを熱くする冴子は、ドロッとしたザーメンがあそこから沁み出てくるのを感じて組んだ脚をキュッと締めつける。

「はあ…」
「これでもう、変な妄想しなくてもいいでしょ」
「あ、あの…」
「なあに…」
ズゴイ見てる…、また犯されちゃう、のかしら…。
相変わらずはっきりしない少年だったが、意を決したように顔を上げると思いつめたような目で冴子を見つめた。少年の熱い視線にメスの本能をざわつかせた淫乱女医は、淫らな期待であそこからザーメン混じりの愛液を漏らしていた。

「また…、いいですか?…」
佐伯少年の細いカラダはかすかに震えて見えた。遠慮がちなしかし強い意志のこもった声に
「いいですよ、これも治療ですから、でも、絶対にヒミツにして下さい、バラしたら…、わかってますね…」
またしたいんだ?…、あ…、次の診察ってこと?…、なんだ…、でも、ちゃんとクギを刺しておかないとね…。
どMなメスの欲情を燃え上がらせた冴子は次の機会だと気付いてガッカリしたが、キレイな顔に優しい笑みさえ浮かべ、しかし切れ長の目で鋭い視線を浴びせて淫乱治療を秘密にするように念を押していた。

「え、あ、はい…、わかってます…」
美人ドクターのキツイ視線にビクッと震えて姿勢を正した少年は、真面目な顔でうなずいていた。

「早くホンモノの恋人が出来るといいですね…、気持ちが落ち着くクスリを1週間分出しておきます、来週また来て下さい」
もう、お母さんに、変な妄想しないでしょ…、来週待ってるわ…。
ニッコリ笑った淫乱女医の笑顔にエッチな雰囲気を感じた少年は、ちょっと恥ずかしそうに顔を伏せたが、カワイイ笑顔でうなずくと診察室を出て行った。

女医冴子 (60) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:44:53 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old