FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (58)治療本番

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (58)治療本番

「よく見なさい、コレが、アナタがチンチンをブチ込んでた、アナよ」
もう、破れかぶれだわ…。
怯えた子犬のような少年に唐突にどSな興奮を昂ぶらせた元来マゾ体質女医は、キレイに組んだ脚をはしたなく広げるとあふれ出たザーメンが糸を引く淫靡な花びらを見せつけた。

「ひっ、許してっ、ゴメンなさい」
自分が放出した粘液でグチャグチャの女性の神秘を見せつけられた脱童貞少年は、美人ドクターの得体の知れない迫力に押されて怯えきっていた。

「あら、どうしたの、さっきは『お母さんっ』って叫んで…、あんなに気持ちよく、してくれたのに…」
はあっ、なんか、すごい、興奮する…、ああっ、とまらない…。
佐伯少年の怯えた表情に加虐色情の倒錯した興奮にまだ満足してない女体を熱くした変態女医は、露出狂気味な淫らな興奮を昂ぶらせてゆらりとイスから立ち上げると、床で腰を抜かした少年に迫る。

「うっ、ゆ、許して…、お母さあんっ」
エロオーラを漂わせて迫ってくる淫乱女医に今にも泣き出しそうな少年は、白衣を羽織った艶めかしいナイスバディから逃げるように尻もちをついたまま後ずさる。

「だめよ、アンタが出したんだから、はあっ、キレイに、ああっ、しなさい」
はあっ、だめ、もうガマン出来ない…。
倒錯した欲情で常識や道徳心を無くした冴子は、ムッチリした太ももの中心でザーメンを垂らす股間を半ベソの顔に押しつけると、鼻先に濡れた秘肉をすりつけてネチョネチョといやらしい音を響かせていた。

「うっ、うあっ、あっ、やめて…、あああ、助けて」
鼻から口にかけてネチョネチョにされた少年は、栗花クサイ匂さの混じった濃厚なメスの香りにむせそうに、泣きそうな声で苦しそうにもだえていた

「ああっ、ちゃんと、はあっ、ペロペロなさい…」
ああ、だめ、止まらない…、ああっ、よくするのよ、私を…。
意識の片隅に残った良心が少年を慰み者にする行為を咎めるが、欲情した女体を支配する淫乱なメスの本能が、ただれた快楽を求めて肉感的な女体を妖しくよがらせていた。

「ふわうっ…、うっ、んっ、べろっ、じゅるっ、うっ、ああっ、じゅるうっ」
発情したメスの仕打ちに観念して冴子の腰に手を回し、汗がにじんで妖しい輝きを放つ太ももに指を食い込ませた少年は、泣きながら開き気味の秘肉から溢れる愛液混じりのザーメンを懸命に嚥下していた。

「あっ、ああっ、い、いいっ、はあっ、もっと、舐めて…」
あん、はあっ、食べられてる、この子に…、ああっ、私の恥ずかしいトコロに、食らいついてる…。
強制クンニにご満悦のエロ女医は頼りなげに開いた少年の口にあそこの肉を押しつけて、強姦まがいの偏執的興奮で火照った女体をいやらしくくねらせていた。

「うっ、うげっ…、ううっ、ああっ…」
あふれ出たザーメンをあらかた飲み込んだ少年はやっと開放されて、嘔吐感に襲われながら嗚咽を漏らしていた。

「ああっ…、イイ子ね…、今度はおネエさんが、よくしてあげる…、座りなさい」
はあっ、いいっ、よかった…、イイ子、こんどは、おちんちんで、楽しませて…。
強制したお口の愛撫に満足した淫乱女医は、嗚咽で肩を揺らす少年を診察台に座らせるとダランとした息子を嬲りはじめた。

「あ、ああ…、ひっ、あ、ああっ…」
艶めかしい唇でダランとした皮カムリチンポを愛撫された少年は、とろけそうな気持ち良さにのけぞって嗚咽混じりに情けない声を漏らす。

「はあっ、大きくなったわね、じゃあ、入れて」
あんっ、臭い…、はあっ、やっぱり、若いから、元気ね…、いいわ、ブチ込んで…、あんっ、私を、よくして…。
勃起した半ムケチンポに舌を差し込んでカリ根までキレイに舐め取った冴子は、ビンビンにそそり立つソレに満足そうな妖しい笑みを浮かべると、佐伯少年と体を入れ替えて診察台でM字開脚してガーターストッキングの美脚を広げた。

「え…、は、はい…」
淫乱女医のエロオーラに怯える少年だったが、ムズムズする下半身の欲求には抗しきれず、はしたなくヨダレを垂らす下の口に夢遊病者のように吸い寄せられていた。

「ああんっ、いっ、いいわっ、もっと、ズコズコしてえっ」
あんっ、いっ、いいっ、入って、きたあっ…、あっ、気持ち、いいっ…、おちんちん、好きっ…。
フラフラと近寄ってくる少年に抱きついた冴子は腰を抱き寄せ、しなやかな指先でサオを握って導いた。淫乱なメスの本能に支配されたどエロ女医は、濡れた亀裂にソレを差し込むと緊張する腰を思いっきり引き寄せた。

「あっ…、あ、はあっ、ああっ…」
美人ドクターとのナマ本番に若い肉体がとろけそうで腰砕けになりそうな半ムケ少年は、温かいヌメリ気にチンチンを締めつけられる未体験の快感に思いっきりバカ面をさらし、欲情した女医の肩に手を置いてなんとか己のカラダを支えていた。

「よく見て、はあっ、私は、お母さん、あんっ、じゃ、はあっ、ないのよっ…」
いいでしょ、はあっ、コレがセックスよ…、お母さんから、ああっ、いいっ…、卒業しなさい…。
半皮カムリでまだ包装が完全に解かれていない新品のチンポを、ヒダヒダ濡れ濡れの膣全体で味わうエロ女医はキレイな顔にスケベそうな笑みを浮かべ、いきり立つソレを根元まで飲み込もうとするかのように腰を妖しく波立たせる。ケモノじみた欲情にまみれていても精神科医根性が染みついた冴子は、快感を貪りながら少年の治療をしていた。

女医冴子 (59) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:25:48 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old