FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (57)逆上する少年

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (57)逆上する少年

「よく聞いて下さい、佐伯さんのような思春期の年頃には女性への興味が高まります、それは自然なことです、お母さんに性的欲求を感じることも、さほど珍しいコトじゃありません」
私がアナタを、変態妄想から連れ戻してあげる…。
変態妄想少年をジッと見つめた冴子は、生気のない目の奥をのぞき込むように語りかけていた。

「オシッコしてる母さんに、後ろから抱きついて…、ビンビンに立ったチンポを、突っ込みました…」
冴子の説明を聞いているのかよくわからない感情のない顔で冴子を見つめる佐伯少年は、また妄想話を語りはじめる。

「聞きなさいっ、性欲は自然なことでも、殺してしまうなんて、間違いよ」
こっちの世界に、戻ってきなさい…、だめよ、そんなコト…。
ブツブツとつぶやく少年に、キレイな顔に怒りをあらわにした冴子は恫喝するような声で怒鳴りつけた。

「母さん?…、母さんだね…、すきなんだっ、オレ、母さんが好きなんだっ」
美人ドクターの怒声にビクッと震えた少年は、目の奥に妖しい輝きを見せた瞬間、冴子に抱きついて太ももの間に手をツッコンできた。

「やっ、痛っ…、お、落ち着きなさい、アナタは妄想してるだけよ、私は、医者です」
く、苦しい…、見くびってた…、こんなに、力が…、強いなんて…。
襲いかかった佐伯少年は冴子の体を床に押し倒すと、バタバタとズボンを脱いで勃起した肉棒を湿った股間に押しつけてきた。妄想少年が強引に迫ってきてもたいしたことは出来ないと高を括っていた冴子は、思わぬ強力(ごうりき)に押さえつけられて身動きできなかった。

「母さん、気持ちいいだろ、ねっ、オレの、チンチン、気持ちいいだろっ」
ガーターストッキングの太ももを抱えた少年は、湿った秘肉に皮カムリのカリを押しつけると腰を押しつけて一気に挿入した。柔らかい女体に抱きついた変態妄想少年は、ナマ本番の気持ち良さに惚けた顔を見せて腰を振り、シュッチチュッと肉が擦れる音を診察室に響かせる。

「ち、ちがう…、母さんじゃ、ないのよ…、や、やめて、ああっ」
やっ、やだっ、犯された…、あっ、やっ、やなのに…、どうして、ああっ、だめえっ…。
激高した少年のソク本番に抗う冴子だったが、どMなメスの性根は乱暴に蹂躙される屈辱に悦びを感じて、まだ剥けきってない肉棒を挿入される気持ち良さに愛液をあふれさせ、艶めかしい女体を苦しげによがらせていた。

「あっ、はあっ、どうして、わかってくれないんだ、オレは、母さんが、ただ、スキなだけなのにっ」
暴れる冴子を押さえつけてがむしゃらに腰を振り肉棒の挿入を続ける変態少年は、突然ボロボロ泣き出すとほっそりした首に手をかけて思いっきり力を込めた。

「んっ、くっ、げほっ、あ…、あひっ、ああっ…」
ひっ、やっ…、こ、殺されるっ…、だ、だれか、助けてっ…。
床に押しつけられた冴子は首を絞める手をなんとか振り払おうとしたが、ひ弱な妄想少年とは思えない腕力はびくともしなかった。
だ、だめ…、もう、死ん、じゃう…。
ボロボロ涙をこぼす少年の顔が迫ってくるが、それが徐々ににじんではっきり見えなくなると同時に視界が暗くなってきた。

「あっ…、うっ…、あ、ああ…」
冴子が死を覚悟して観念し、抵抗をやめた時、偶然にも少年は絶頂に達した。リアルな女体とのセックスを初めて経験した少年は、妄想では何時間でも女体をもだえさせる絶倫だったが、実際はどこにでもいる早漏の童貞ボーイだった。

「うっ、こほっ、こほっ、げっ、はっ、はあっはあっ」
はっ…、ああっ…、ああ…。
射精にカラダをビクビク震わせる少年の首を絞める腕の力が突然抜けた。窒息寸前でその手を払った冴子は苦しそうに咳き込んで酸素補給しながら、ドクドクと脈動する半ムケチンポを締めつけてザーメンを搾り取っていた。
あ、熱い…、た、助かった…。
童貞少年の筆下ろしの相手となった冴子は、膣にばらまかれたザーメンの熱さに自分が生きていることを実感していた。

「は、はあっ、よく見なさいっ、はあっ、私は、アナタのお母さんじゃ、はっ、ないのよっ」
死ぬかと思った…、こうなったら、絶対に正気に戻ってもらうからねっ…。
精を絞り出して不抜けた少年の顔を両手で掴んだ冴子は、荒い息のまま呆然とする少年の目をにらみつける。

「あ…、あの…、その…」
射精と同時に正気に戻った変態妄想少年は、押さえつけた女体の柔らかい感触にオドオドしながら、にらみつけてくるキツイ視線から避けるように目を泳がせていた。

「はあ…、どいて…」
押してもダメなら、引いてみろ、ってこと?…。
小さく溜息を漏らした冴子は動揺する少年を押しのけると、イスに座ってガーターストッキングの脚線美を見せつける様に足を組んだ。借りてきたネコのようにおとなしくなった少年を見下ろす美人女医は、どう治療するか考えて思案を巡らせていた。

女医冴子 (58) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:42:03 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (56)猟奇殺人狼少年

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (56)猟奇殺人狼少年

「お薬を2週間分出しておきます、2週間後のこの日に予約を入れておくのでまた来て下さい、でもガマン出来なくなったら、いつでも来てくれていいですよ」
乱れた白衣を直してイスに座った冴子はPCの電子カルテに入力しながら処方箋を印刷した。普通の女性にSMまがいな行為を迫って性犯罪になるのを心配した冴子は、いつでもウェルカムの意味で色っぽい笑みを元インポ患者に向けた。

「はい…、ホントにありがとうございました」
色っぽい笑みにまた息子がふくれるのを感じた榎木は恥ずかしそうに股間を押さえ、治療のために我が身を差し出した献身的な名医に感謝して診察室を出て行った。

はあっ、すごい、感じちゃった…。
ドアが閉まると榎木のデカマラを思い出した冴子は、机に突っ伏して丸太のような肉棒で貫かれた快感を反芻して色っぽい溜息を漏らす。

「せんせい、次の患者さん、入ってもらっていいですか」
「ひっ、はいっ」
そこへまたベテランナースが顔を出して次の診察を促し、気を抜いていた冴子は机から飛び上がっていた。

ちょっとくらい休ませてよ…。
母に近い歳の人使いの荒い師長に心の中で悪態をついた冴子は、中ダシされたザーメンをキレイに始末するとマイクで次の患者の名前を告げた。

「…」
待合室で患者の名前が告げられてしばらく経ってからドアが開き、高校生の男子が黙って入ってきた。

「佐伯さんですね、どうぞ、座って下さい」
なんだか暗い子だわ…、まあこんな所に来るくらいだから、珍しいコトじゃ無いけど…。
沈鬱な面持ちで座った少年はうつむいて冴子の顔を見ようとしなかった。年齢から高校生だとわかるが、身長は平均よりも低いように見えた。

「どうしましたか?」
こんなキレイな先生が、声をかけてあげてるんだから、ちゃんとこっちをみなさい…。
数え切れない男とのセックスでの疲労で若干ハイになっていた冴子は、黙りこくる少年に心の中で上目線にふざけていた。

「え~と、榎木さんは高校生ですね」
何か言ってくれないと…、ムリに聞き出すことは出来ないし…。
未成年の場合は親が同行することが多いが、一人で落ち込む少年に冴子はちょっと困っていた。

「オレ…、母親を殺しました…」
冴子がハイテンションな心理状態でキレそうになった頃合いを見計らうように、少年がポツリポツリつぶやいた。

「それ、ホント?…」
なにそれ…、だったら警察行ってよ…、殺人犯なの?…。
思いがけないセリフについ素になってしまった冴子は怯えた表情でつぶやいていた。

「風呂上がりの母さんのバスタオルをはぎ取って…、ムリヤリ押し倒して、強姦したんです…、射精する瞬間、ナイフを胸に突き立てて…、ドバッて真っ赤な血が溢れるのを見ながら、ドビュドビュッって、精液を発射しました…」
下を向いたままの少年は、一人言でも言うように母親を殺した顛末を説明した。

「…」
変態の…、猟奇殺人鬼?…。
声変わり時期の平板なつぶやきは冴子の耳で不愉快に響いていた。血まみれの凶行を疲れ気味な意識の中で再生して戦慄した美人ドクターは、いつでも警備員を呼べるように隠しボタンに指を当てた。

「寝ている母さんのベッドに潜り込んで、パンティをめくって…、勃起したチンポを差し込みました…、嫌がる母さんの首を絞めたんです…、白目を剥いて口から泡を吹いて、ヨダレを垂らす醜い顔を…、見ながら、母さんのナカに射精しました…」
少年は警戒する冴子など目に入らないように、今度は絞殺殺人について語り出した。

「?…、!…」
首を?…、さっき、ナイフって?…、なんだ、そういうこと…。
訥々と語る猟奇殺人が妄想だと気付いた冴子は小さく安堵のため息をついて緊張を解くと、うつむいてよく見えない少年の顔を見つめていた。

「母さんがトイレに入っているときに…」
「佐伯さん」
「…」
妄想を語り続ける少年に美人ドクターが強い口調で問いかけると、惚けたような顔がやっと冴子の顔を見た。いびつな妄想癖のある少年を正しい道に連れ戻す職業意識を燃え上がらせた女医は、生気のないぼんやりした顔を強い意志のこもった視線で見つめていた。

女医冴子 (57) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:49:59 ━ Page top ━…‥・

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (385)交番からの逃避行

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (385)交番からの逃避行

「うっ…、うへっ、はあっ、ぺろっ、ちゅぶるっ、じゅるるっ」
マイクロミニをズリ上げた両手を腰に当ててお尻を突き出すエリを見つめたエロ警官は、ケダモノになりきってキレイな双臀の前にしゃがみ込むと、尻タブを広げてシワの寄ったアナにしゃぶり付いた。

「ひっ、あっ、ああっ、い、やっ、ああっ、やあっ」
あふっ…、ああっ、お尻、あんっ、舐めて、るっ…、ああ、だめ、ああっ…。
恥ずかしい排泄器官をいきなり舌で嬲られたエリは、羞恥心でどMな奴隷性根を熱くしてゴツイ指でひしゃげられた尻タブを緊張させた。始末しきれずに残滓が残っているかも知れない菊門を、イヤらしい舌で愛撫されて恐怖さえ感じていたエロ教師は、膀胱にわずかに残ったオシッコであそこをかすかに湿らせていた。

「んぐっ、あっ、なにっ、本官を愚弄する気かっ」
尻アナの愛撫にヒクヒクするあそこの亀裂から浩太朗に注ぎ込まれたザーメンを漏れてきて、その特有の匂いに種付けされたメスを本能的に感じたエロ警官は生殖本能に支配された。デタラメなセリフを口走ると装備品がぶら下がったベルトを外して下半身ハダカになった。

「えっ?…、やっ、やめて、あ、いやあっ」
なに?…、やっ、おちんちんが、やだっ、だめえっ…。
カチャカチャとベルトを外す音がして振り返ったエリは、白ブリーフから先端をコンニチワするナニを見て、メスの本能がソレに貫かれる準備にあそこからザーメン混じりの愛液を垂れ流したが、さすがに見ず知らずの警官に強姦される精神的抵抗が勝って、拒絶の悲鳴が自然に口を出ていた。

「エリ、こっち来い」
そこになぜかアキオが現れて怯えるエリの手を引っ張った。交番から強引に連れ出されたエリはマイクロミニをかろうじて空いた手でズリ下げると、強く掴まれた手に引っ張られるまま走っていた。

突然のことに呆然とするエロ警官は、足首に白ブリーフを絡ませたままで追うことも出来ず、股間に息子をムダに勃起させて逃げ去る二人を見送っていた。

「なにやってんだ」
交番が見えなくなるまで走ったアキオは、突然振り返ると荒い息のまま怒鳴りつけた。
「ご、ゴメンなさいっ」
怒ってる、こわいっ…。
本気で怒るその声が欲情したカラダにビリビリと響いて、またオシッコのアナをかすかに潤ませたエリは半ベソになって大げさに頭を下げた。

「こっちこい」
涙で潤んだ目を見たアキオは黙って前を向くと歩き出して裏路地にエリを連れ込み、ビル壁に艶めかしい女体を押しつけると
「オマエは誰とでもヤル淫売かっ」
今にも泣き出しそうなエリの顔をのぞき込んで怒鳴りつけた。

「ご、ゴメンなさい、でも、ちがう、うっ、ちがうの、ひっ、ううっ」
やだ、怒らないで、ああ、コワイ…、いやっ、ああっ…。
怒りをあらわにして迫ってくるアキオにギュッと目をつぶったエリは、かろうじて言い返したがそれ以上言い訳できずにポロポロ涙をこぼして泣き出した。しかしどMな奴隷性根は本気の怒声に反応し、ギュッと合わせた太ももの根本でヤラシイ汁を漏らして、あふれ出たザーメンと混じってネチョネチョになっていた。

「くっ…、はあ…、だったら、なんであんなことになってんだよ、泣いてないで、ちゃんと説明しろ」
泣く女をいたぶる趣味などないアキオは、肩を震わせて嗚咽するエリになんとか怒気を押さえてため息をつくと、声が荒くならないようにして説明を求めた。

「ひっ、あっ、うっ、ううっ、トイレ、ひっ、あ、あううっ」
あ、ああっ、うっ、トイレ、借りた、ひっ、ああっ、だけなの…。
怒気を押さえたアキオの声に少し救われた気がしてなんとか弁解しようとしたが、涙が止まらずに断片的なセリフしか言えなかった

「…、トイレを借りたら、襲われたワケか…」
エリを信じたい気持ちのあったアキオはその一言ですべてを理解した。もちろんその前に浩太朗に変態浣腸プレイでナマ本番されたことなど全くの想定外だが。

「うっ、ううっ、ひっ、ああっ、わあっ」
その声に涙まみれの顔を上げたエリはウンウンとうなずくと、アキオに抱きついて大声で泣き出した。
「…、もう泣くなよ…、悪かったよ、疑って…」
疑いが晴れていつまでも泣き止まないエリに悲しい気持ちになったアキオは、嗚咽に震える背中を優しくなでてエリが泣き疲れるまで待っていた。

「…、でも、どうして」
泣いちゃった…、でも、なんで、あそこに、いたの?…。
やっと泣き止んで涙を拭いたエリが、駅で別れたはずのアキオに不思議そうに尋ねる。涙でメイクが流れていたが、もともと化粧は濃くないのでそれほどみっともないことにはなってなかった。

「え…、あ、それは…」
潤んだ眼で見つめるエリにアキオは言いよどんだ。

駅で見送ったあとやっぱりエリと一緒にいたくて次の急行に乗ったアキオは途中で追いついたが、合流した浩太朗やタダシや由貴を家族と勘違いして、声をかけられずにストーキングしていた。父親らしい男とどこかに行ってしまったエリを見失ったアキオは駅前であてもなく歩いていると、交番から聞こえたエリの悲鳴に思わず飛び込んでいた。

「助けてくれて、ありがとう」
よくわからないけど…、助けてくれて、うれしかった…。
言葉につまったアキオにエリはカワイイ笑顔を見せると、引き締まった体にギュッと抱きついて感謝の気持ちを伝えた。事情はよくわからないがエロ警官から助けてくれたのは事実であり、エリはこの歳もたいして違わないガテン系学生に恋心を感じていた。

女子校生由貴 (386) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:11:49 ━ Page top ━…‥・

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (384)変態警官

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (384)変態警官

「うおっ、おっ、あっ、で、でるっ…」
浣腸プレイで美人教師の肉体を責め苛み異常に興奮した由貴の父は、尻アナにバイブを挿入した変態ナマ本番で早くも絶頂に達していた。

「あっ、いっ、熱いっ、ああっ、焼けるっ」
くあっ、奥にっ、あっ、熱いっ、いいっ、ああっ、いっ、いっちゃうっ…。
カラダの芯に食い込むふくれあがった肉棒に一時便意を忘れた美人教師は、子宮を焼く灼熱のザーメンに思いっきりのけぞり、放出の快感にマヌケ面をさらす中年に抱きついていた。

「はっ、ああっ、はあっ、よかったぞ…」
変態プレイにのめり込んで尻アナで蠢くバイブに刺激されたとはいえ、年甲斐もなく早漏気味に暴発させた浩太朗は、それでも満足そうに抱きついてくる発情した女体をなで回していた。

「あっ、だめっ、漏れちゃうっ」
あっ、ああ、はあっ…、やっ、漏れるっ…。
ナマナカ出しに成熟した女体を快感でよがらせたエリだったがすぐに便意が蘇ってきた。下腹を責めるキツい痛みにはしたないお漏らしを予感した淫乱教師は、体中をまさぐるいやらしい手をふりほどくと、あそこから垂れるザーメンの始末をする余裕もなく、せわしくなくマイクロミニをズリ下ろしてジャケットの前を合わせながら駆け出した。

「あ、せんせい…」
冷たく突き放された浩太朗は走り去る艶めかしい後ろ姿に声をかけたが、恥ずかしいフルチン姿では追うわけにもいかず、脱ぎ散らかしたズボンを穿いた頃にはエリの姿はとっくにどこかに消えていた。

「ああ…」
や、ああっ、漏れるっ、くっ、苦しい、もう、だめ…、あっ…。
トイレを探してブラックエナメルのハイサイブーツの足を懸命に広げて走るエリは、限界に近い便意に身もだえして狂乱寸前だった。
「スイマセン、トイレ、貸してくださいっ」
助かった、早く、お願いっ…。
往来で恥ずかしいお漏らしをする絶望感に襲われたのと同時に交番を見たエリは、迷わず駆け込んで暇そうにしていた警官に恥も外聞もなく直截的な言葉で懇願し、トイレに駆け込んでいた。

くっ…、や…、んっ…、あっ、はあっ…、ああ…。
トイレの鍵を掛けるのももどかしくマイクロミニをズリ上げたエリは、バイブを強引に抜き去るのと同時にお尻を便座に下げ、恥ずかしい破裂音を発して半液状の排泄物を放出した。

すげっ、ハデに、してんな…。
危機一髪の状況からなんとか抜け出したエリだったが、ギリギリまで追い詰められた精神状態に音消しに水を流す余裕などなく、排泄時の恥ずかしい音がそのまま外に漏れていた。
キレイな顔して…、やっぱ出すモノは、出すんだな…。
切羽詰まった表情の美人のトイレにスケベ心を煽られた若い警官は、ドア一枚隔てただけの至近距離で耳をそばだてていた。やりたい盛りのエロ警官は破廉恥な破裂音を聞きながら、美人がお尻をむき出しにしてその中心からウンチをひり出す姿を妄想し、変態じみた興奮にのめり込んでいた。

「あっ…、すいません、でした」
はあ…、え、なんでココに…・
美しい女体を苦痛にさいなんだ元凶をすっかり吐き出してスッキリしたエリは、バイブもキレイに拭き取ってバッグにしまうとトイレから出た。危機から脱した開放感で油断していたエリはそこでエロ警官と鉢合わせした。

「あ…、いやあ…」
やだっ、聞かれてた?!…、いやあ、恥ずかしい…。
エロ警官の緩んだ表情で瞬時にトイレノゾキの変態行為を直感した美人教師は、恥ずかしい音を聞かれただけでなく排泄する姿を見られたという妄想に襲われた。排便露出の羞恥でマゾ気質を熱くした淫乱教師はハイサイブーツの太ももをモジモジさせて、ノーパンのあそこにいやらしい汁を滲ませていた

「ウンチはちゃんと、出ましたか?」
被虐色情の艶めかしい雰囲気を漂わせるエリを間近に見た警官は、濃厚なフェロモンをたっぷり吸いこんで劣情に狂っていた。恥じらってうつむくナイスバディ美女の体の線をいやらしい視線でたどったエロ警官は、加虐色情魔のようなセリフを口走っていた。

「えっ…、あ、はい…」
や、やだあ…、恥ずかしい…、ああっ…。
そのものズバリのセリフを浴びせられたエリは、見ず知らずの若い男性に排便姿を見られたと勘違いして、死にたいくらいの恥ずかしさにどMな変態性根を熱く昂ぶらせ、いやらしい空気をまとった女体を切なげにうずかせる。

「ちゃ、ちゃんと、出たか…、確認して、あげますよ」
被虐的な嬲って欲しいというおねだり光線を照射する女体に理性を無くした若い警官は、良識や社会通念をどこかに追いやって、さらに変態じみた嗜虐的なセリフを口走っていた。

「えっ…、あ、はい、お願いします」
ひいっ、やああっ…、でも、逆らったら、撃たれちゃう…。
制服のふくらんだ股間をチラ見したエリは、その横にぶら下がった黒くヌメッた皮製のホルスターを見た。あそこの濡れたスジにピストルを突っ込まれて嬲り殺される変態猟奇妄想をエロボケな脳髄に浮かべたどM美人教師は、震えながらスケベ警官の命令したがってマイクロミニをズリ上げると、スベスベした丸いお尻をいやらしい視線にさらした。

女子校生由貴 (385) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:26:27 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old