FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (54)どS男の目覚め

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (54)どS男の目覚め

「…、インポを直したくて、ここに来たんでしょ、はっきりなさいっ」
いざとなると腰が引けて…、意気地無しっ、どうして男って、こうなのかしら…。
献身的に尽くしているつもりの冴子は、押さえきれないほどふくれあがったどMな変態性癖の昂ぶりに苛立ち、躊躇するインポ患者を若干キレ気味に叱りつけた。

「わ、わかりました…、この、淫乱っ…、キレイな顔してるからって、男を見下してんじゃねえぞっ」
美人ドクターの一喝につかの間気弱な顔を見せた榎木だったが、すぐにフラれた時のひどいセリフと冴子の言葉が重なって怒りがこみ上がってきた。攻撃的な衝動で下半身裸のカラダを震わせたインポ患者は、振られたときの抑圧された気持ちを思いつくまま吐き出していた。

「ああ…、いいですよ…」
やっぱり、大きくなってる…、すてき…。
仁王立ちするその股間に徐々に頭をもたげる肉棒にウットリした視線を送る冴子は、頼もしいソレに愛おしそうに手を差し出す。

「触るなっ、ズベタッ」
フェロモン垂れ流しですり寄ってくる淫乱女医に加虐色情を煽られた榎木は、肉棒を求めて伸びてくるしなやかな指先を乱暴に払いのけると、唾棄するように怒鳴りつけた。

「あっ、ああ…、ゴメンなさい…、許して…」
やっ、痛い…、ああっ、漏れた、恥ずかしい…、すごい、立ってる…、ああ、ドキドキして、カラダが熱い…。
肉棒を90度の角度で屹立させた暴君にウットリした目線を送る淫乱女医は床に女座りして、はだけた白衣に欲情した艶めかしい女体をさらしていた。

「なんだ、その目はっ、バカにすんなっ」
妖艶な肢体をさらす美人ドクターを罵倒する榎木の息子は天井に向かってそそり立っていた。怒りと性的衝動をゴッチャにした元インポ患者は、勃起して常人の倍以上もあるソレを見せつける様にエロチックな秋波を送る冴子を見下ろしていた。

「いいわ、榎木さん、ステキよ」
すごいっ、立派だわ…、あれで、貫かれるのね、わたし、狂っちゃうかも…。
罵倒されて虐げられる悦びにまみれたどM女医は、そそり立つ肉棒の先端から透明な液が垂れるのをみて、濡れ濡れの秘肉からいやらしい汁を垂らしていた。

「榎木さんじゃねえっ、榎木様と呼べ、このズベタッ、お仕置きしてやるっ」
淫乱女医が発散するフェロモンに酔った榎木は、心の奥底に秘めてきて加虐色情を昂ぶらせてすっかりご主人様気取りだった。たっぷりした乳房に食らいついたサド男は、固く突き出た乳首をカリカリと甘噛みした。

「あっ、あんっ、いっ、ああっ、ごめんなさいっ、榎木様」
ああっ、いたい…、けど、きもち、いいのっ…、もっと、お願い、イジめて、私を…、メチャクチャにしてえっ…。
乳首のキツイ愛撫に興奮したいやらしい女体が官能の荒波に襲われて淫靡にくねる。獣欲に狂ったサド男にシットリした柔肌をまさぐれて弄ばれる冴子は、倒錯した変態プレイにのめり込んでだらしなく広げたオマタの中心をビショビショに濡らしていた。

「おらっ、ケツ向けろ、入れてやるっ」
サディステックな欲情にまみれた榎木は久しぶりの勃起にナマ本番するコトしか考えてなかった。常人離れしたサオを握った暴君は、欲情した女体を裏返しにするとキレイな球形を見せるお尻を思いっきりスパンキングした。

「ひいっ、あ、はあっ、あ、はあっ、いれて、くださいっ」
いっ…、あ、ああっ…、い、いたい…、や、また、漏れた…、はあっ、いいっ、もっと、イジめて…。
床に四つん這いになった冴子は、お尻が焼けるような痛みに背骨を限界まで湾曲させてのけぞったが、目尻に涙を溜めた切れ長の目はウットリと虚空を見つめ、ゆるんだ唇のハシからだらしなくヨダレを垂らしていた。

「このメスブタが、こんなに濡らしやがって、コレが欲しくてたまらねえのかっ」
ドッグスタイルでネチョネチョの秘部をさらす冴子にのしかかるように、勃起したデカマラを濡れた亀裂に食い込ませたサドご主人様は、腰を振って血管の浮き出たゴツゴツしたサオをすりつける。

「ああっ、ほしいっ、ほしい、ああっ、ですっ、あっ、ああっ、お願い、はっ、します、榎木様…」
ああっ、こすってる、はあっ、ああっ、入れてっ…、その、とびきり、あ、くっ…、おっきい、おちんちんを…、ああっ、私の、いやらしい、おま○こに…。
グリグリと押しつけられる太い幹にメスの欲情を燃え上がらせたどM女医は、ご主人様に紅葉模様をくっきりつけられて汗が浮かんだお尻をメス犬のように振って、カサが開いた大きな先端を膣口に誘っていた。

「この、淫乱なメスブタがっ、よおしっ、くれてやるっ、うっ…」
四つん這いにお尻を突き出す女体から立ち上るフェロモンをたっぷり吸ったどS男は、いやらしいヨダレを垂らす舌の口に挿入して大量のザーメンを注ぎ込む本能に取り憑かれていた。冴子の唾液が渇き気味のサオを握った榎木は、鈴口で膣口を探り当てると一気に腰を押しつけた。

女医冴子 (55) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:13:33 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (53)治療の糸口

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (53)治療の糸口

「口でしてみましょうか」
手でダメなら、お口よ…、レロレロしてあげるから、おっきくなってね…。
平常値でも日本人の勃起した平均はありそうなヘニャチンに、淫猥な執念を燃やした変態女医は、手淫をあきらめてお口の奉仕を申し出た。

「えっ…、そんな…」
風俗じみた触診でさえ抵抗を感じていたインポ患者は、風俗そのもののサービスに腰が引けていたが、淫らな欲望に取り憑かれた冴子はイスから降りてガーターストッキングの太ももをムッチリさせてしゃがむと、ダランとしたソレを口に含んだ。

「ううっ、んっ、むうっ、ちゅっ、じゅっ、ちゅっ、ちゅじゅるっ」
ああっ、はあんっ、おっきく、なって…、ああっ、どうして…。
緊張して尻エクボの出来た腰に手を回して、インポ患者のハダカの下半身にすがりついた淫乱女医は、柔らかそうな唇で元気が無くても充分な大きさを誇示する息子を咥え込むと、大きく広げた唇でサオをシゴキながらカリに舌をネットリと絡める極上の口淫を捧げた。

「あのっ、あっ、その…」
唇を思いっきり広げてお口の奉仕を捧げる美人ドクターのイヤらしい舌使いに、インポ患者は吐息混じりのうめき声を上げたが、やっぱり息子はダランとしたままだった。

「はあ、ああん…、ダメですね…、こうしてみましょう」
いやん、どうして…、イジワルしないでえ…。
つれない息子の態度にマゾ気質の倒錯した興奮を熱くして甘い吐息にまみれた淫乱女医は、白衣をはだけると先端が固く突き出た美豊乳を惜しげもなくさらし、自らの唾液で濡れたソレを柔らかい弾力で挟んでパイズリをはじめた。

「ああっ…、くっ…、もうっ、いいっ」
股間にすがりついて恥部を惜しげなくさらす発情した生々しい女体が、両手で抱えてひしゃげた乳房でフニャチンをシゴくいやらしい光景を、湿った吐息混じりに見下ろしていたインポ患者だったが、ソコまでしても立たない男性自身に男としての存在価値まで否定されたような絶望感に襲われて、おもわず冴子を突き飛ばしていた。

「やっ…、はあ…、ああんっ…、あれ?…」
あん、やあん、いたい…。
淫らな本能に支配されてパイズリに夢中になっていたエロ女医は、思わぬ仕打ちにだらしなく床に寝転ぶと、パックリとM字開脚して何もはいてない股間を榎木にさらしていた。
はあんっ、虐めないでえ…、あ…、あれ?…。
強く掴まれた白衣がはだけた肩のナマ肌がジンジンと熱くうずく。どMな被虐体質の変態女医はマゾヒスティックな悦びで女体を熱くしていたが、デカマラに変化が起こっていることをめざとく認識していた。

「あの…、ちょっと、大きくなりましたね」
どうして?…、あんなにしてあげても、変化なかったのに…、あっ、私を突き飛ばしたから…、そうよ、フラれたショックの女性不信で、インポになったから、その反動で、女性を蔑む行為に…、女を虐げる行為に、興奮するんだわ…。

いやらしい汁でヒタヒタに濡れた亀裂を隠そうともせずに、インポ患者のちょっと元気になった股間を見つめる淫乱女医は、それはサディステックな興奮が作用していると直感した。

エロエロな妄想に支配された冴子だったが、だからと言うべきか榎木の変態性癖を敏感に察知して、インポ治療に光明を見いだしていた。

「すいませんっ、へっ、あ、そういえば…」
また感情的になって乱暴を働いたことを後悔して謝ったインポ患者は、エロ女医に指摘されて半立ち状態の息子に気付いた。

「私を罵ってください」
きっとそうよ、この人サディステックな行為に興奮する、変態なんだわ…。
どMな変態性癖を開花させた淫乱女医は、インポ患者にとってまさに名医だった。治療方針を確信した美人ドクターは、女体をうずかせる被虐色情にそそのかされて、SMプレイをおねだりしていた。

「は?…、それは?…」
ピクリともしなかった息子がわずかでも反応したことに希望を見いだした榎木だったが、唐突な提案が理解出来ずに、唖然とした表情で聞き返していた。

「よく聞いて下さい、榎木さんは女性にフラれて男性としての自信を無くしました、それが男性機能まで喪失させました、だから、男としての自信を取り戻せばいいんです、私を突き飛ばした乱暴な行為に男性器が反応したと言うことは、同じコトをすればいいんです」
いいのよ、私をイジめて…、ひどく乱暴な行為で、私のカラダを、ムチャクチャにして…、私を、悦ばせて…。

やっと立ち上がって白衣の乱れを直したエロ女医は、火照った女体をなすりつけるようにして榎木の耳元に淫乱治療の方針を告げる。

「そんなこと…、いいんですか…」
けだるい空気をまとった美人ドクターの妖艶な上目遣いにゾクゾクしたインポ患者は、常識外れな治療を理解したが、いたって真面目な人生を歩んできた良識ある理性は容易に変態行為を受け入れなかった。

女医冴子 (54) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:39:02 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (52)淫乱女医の触診

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (52)淫乱女医の触診

「彼女は、親しげに近寄ってきました…」
冴子に促されて梶谷は失恋したいきさつを話し始めた。冴子ほどの美人ではないがそれなりの見た目で、梶谷に気のあるようなそぶりを見せるその女性に、あまり女性に免疫の無かった梶谷はすぐに夢中になってしまったようだ。

「そうですか…」
誰にでも気のあるような態度の女性って、いるから…。
冴子は梶谷の話を聞きながら、自分の周囲にもいた恋愛体質の女性のことを思い浮かべていた。とびきりの美人というほどではないが、明るくフレンドリーな雰囲気で誰彼かまわず魅了し、不特定多数の男たちからチヤホヤされるのが生き甲斐のような魔性系の女だ。

「彼女は、結婚してくれると、思ってました」
へたな相づちも入れず聞き手に徹する冴子に、梶谷は彼女に対する気持ちが本気だったことまで吐露した。
「しかし、その気持ちを伝えると、彼女はそんなつもりはないと…、断られました…」
その声には悔しそうな気持ちがありありと見て取れた。顔を伏せた梶谷はかすかに肩を震わせて泣いているようだった。

「…、それが、機能不全の原因だと…」
女性不信で、立たなくなった、ってこと…、でもそのくらいのことなら、よくありそうな話だけど…、よほどショックだったのかしら…。
うつむいたインポ患者が黙ってしまったので、冴子が助け船を出すつもりで話しかけると
「アイツは『アンタみたいな甲斐性無し、結婚する女なんていない』って言ったんですよっ」
突然顔を上げた梶谷は、また冴子に食ってかかると半ベソの目でにらみつけた。

「ひっ…、おちついて…」
きゃっ…、きょ、きょわい…、や、あん…、また…、恥ずかしい、やだ、ああ…。
怨念のこもった憎々しげな視線に射すくめられた美人ドクターは、マゾ性根を熱くしてまたチョロお漏らしで股間を湿らせた。さっきと同じようにつかみかかった手が白衣の襟を引っ張って、さっきから固く隆起したままの乳首を乱暴に刺激していた。

「お願いですから、落ち着いてください」
見えちゃう…、ああ、お願いだから、離して…、あんっ、だめえ…。
にらみつける視線から逃げるように目線を下に向けると、乱れた襟元にひしゃげた乳房が溢れそうになっていた。それがまたどMな露出狂的な倒錯した興奮を煽る。被虐色情に支配された女体は、乱雑に扱われる悦びにあそこのスジからいやらしい汁を垂らした。

「あ…、すいません…」
どM奴隷の雰囲気を漂わせた弱々しい声で哀願する冴子にハッとなって我に返ったインポ患者は、襟首をつかんだ手を離すと丸イスに座り直して頭を下げる。

「はあ…、いいんですよ…、梶谷さんは感情を溜め込むタイプですか?」
やだ、濡れてる…、乱暴にされて、濡れるなんて、私、ホンモノの、変態だわ…。
乱れた襟元を直した冴子はあそこがクチュクチュするのを意識して、ガーターストッキングの組んだ脚を落ち着き無くすり合わせ、変態じみた被虐色情体質を改めて自覚していた。

「…、そうかもしれません」
顔を上げて半ベソの目をぬぐおうともせずに冴子を見る榎木は、ちょっと考えてからうなずいた。

「そういう人は、怒りたいときには怒った方がいいんです、何事も溜め込むのは良くないですし…」
あんっ、またにらんでる…、はあんっ…、泣いて逆ギレするタイプかしら…。
潤んだ目のキツイ視線を受けた冴子は、どMな昂ぶりで火照った女体をブルッと震わせる。白衣の下のほとんどハダカの成熟した女体は乱暴に扱われて陵辱されるのを期待して、あそこの亀裂から恥ずかしい汁を垂れ流す。

「そうですね…」
被虐的なぎこちない笑顔を見せる冴子から逃げるように顔を伏せた榎木が力なく応える。

「それじゃ、見せてくれますか?」
そうよ、まずインポの状態を、確認しないと…。
それはどMな倒錯した色欲が言わせたことだったが、かろうじて保たれた理性はあくまでも医療行為だと言い聞かせていた。

「え?…」
「下を脱いで、ハダカになってください」
「あ…、はい…」
そのセリフを唐突に感じた榎木が聞き返すと、淫乱な雰囲気がかすかに混じった優しい笑顔の冴子はインポの状態を確認するのだと伝えた。

「触っても、いいですか?」
やだ、おっきい…、これが本気なったら…、ああ、私、壊れちゃうかも…。
女性の前で役立たずの息子をさらす屈辱に耐えてかすかに震える榎木だったが、そんなことにお構いなしの淫乱女医はダランとしてても大容量を誇示するソレに、淫らな妄想にたくましくして使用状態にすることしか考えてなかった。

「あ…、はい…」
「…、どうですか?」
「くっ…」
榎木の返事と同時に淫らな妄想に取り憑かれた冴子は素の表情でシゴキはじめる。美人医師の艶めかしい手淫にもウンともスンとも言わない息子に、感情の起伏の激しいインポ患者は死んでしまいたいような恥辱と屈辱にまみれていた。

「やはり精神的なモノのようですね」
こんなに優しくしてあげてるのに、立たないなんて…、重傷だわ…、ちゃんと元気になって、入れてもらわないと…。
フニャチンをイジられる辱めに耐えるインポ患者の気持ちそっちのけの冴子は、どんな手を使ってもコレをケダモノ状態にしようとたくらんでいた。いきり立ったデカマラで激しく陵辱される妄想で頭をいっぱいにした淫乱女医は、淫らな治療方針を思い巡らせていた。

女医冴子 (53) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:05:42 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old