FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (43)冴子の絶望

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (43)冴子の絶望

「くうっ、いっ、あっ、いいっ、ああっ」
デカマラにまたがった美咲は全身から汗を垂れ流しながら、ゆっくりと腰を上下させていた。

ドクターの目を盗んでアンドリューを何度も逆レイプしていた美咲は、ギリギリと秘肉を引き裂こうとするキツイ肉棒に冴子よりは慣れているようで、苦しそうにしかめたカワイイ顔にも淫乱なうれしそうな表情を見せていた。

「うぐっ、があっ、あっ、ううっ…」
5点拘束された癲狂患者は自らを組み敷く若々しいカラダに手出し出来ないことが悔しそうだが、デカマラを締めつけて絡みついてくる膣粘膜の気持ち良さをそれ以上に味わっていた。

「はあっ、く…、うっ、ううっ…」
あんっ、おちんちん…、
イスの縛り付けられて見てるしかない冴子は前と後ろのアナで蠢く双頭バイブでは、もう満足出来なくなっていた。
ぶっといの…、はんっ、ああっ…、欲しいのに…。
デカマラを下の口で咥え込んで官能の悦びにまみれた新米ナースを見つめる美人ドクターは、図らずも放置プレイされてどMなメスの性根を熱くたぎらせて、我知らず切れ長の目尻から涙をこぼしていた。

「んっ、あっ、はあっ、いっ、いいっ、アンドリュー」
肉門にブチ込まれた心棒に支えられて直立させられた新鮮な女体をビクビクと振るわせた美咲は、オマタからビシュッと音を立てて潮を吹き、自閉症患者の股間をビショビショに濡らす。

「うっ…、があ…、あっ、はあっ」
快感の頂点に達した美咲の膣でデカマラをきつく締め付けられたアンドリューも、丸太のような肉棒をビクビクと脈動させてナマナカ出しで射精していた。

「あくっ、う…、いっ、いいっ…、ああっ、あつい…、いっ、いっぱい…」
子宮口に食い込んだバカでかいカリから噴出する大量のザーメンで子宮を焼かれた新人ナースは、若い肉体をのけぞらしてビクビクと振るわせるとかすかなのど仏を忙しく上下させる首をさらして、白い天井を仰ぎ見て胎内で爆発する快感にもだえた。

「あんっ、はあっ、ああっ…」
やあっ、ずるい…、私も、ああっ、ドピュドピュされたい…。
快感の絶頂を味わう二人を涙目で見つめる美人ドクターは、隠すモノもないまばゆいばかりの極上な女体をひわいに晒していたが、前と後ろで蠢く双頭バイブの物足りなさに、どMなメスの本能を熱くたぎらせて欲求不満を募らせていた。

「…、はあ…、よかった、アンドリュー…、ステキ、だったわ…」
ありったけのザーメンを吐き出したデカマラが縮み始め、固い心棒を無くした女体がぐったりして癲狂患者のたくましい体に倒れ込む。

「ううっ…、あぐう…、うう…」
それが終わったあとのいつもの儀式らしく、柔らかそうな乳房を押しつけて抱きついた美咲がゴツゴツしたハーフっぽい顔にキスをすると、それまでケダモノのようだったうなり声が優しい響きに変わっていた。

「ああ…、はあ…、ああん…」
ずるい…、次は、私を、ズコズコして…。
自分が泣いていることに気付かない淫乱女医は次の順番は自分だと期待して、淫乱な欲情を熱くして汗をまとったナイスバディをソワソワさせていた。

「あんっ、いっぱい出たね…、満足した?…」
しばらくアンドリューとイチャイチャしていた美咲は、はしたなく広げたオマタから脱力した息子がするりと抜けると、栓の無くなったあそこからダラダラとザーメンが溢れるのを後ろ手で押さえて、たくましい体が縛り付けられた拘束台の上から降りた。

「キレイにしてあげる」
あそこの亀裂から止めどなく溢れるザーメンを始末した美咲は、ダランとした息子にしがみつくと、カワイイ舌でペロペロと舐めはじめる。

「うう…、はあ…、ああっ…」
ロリ新米ナースのお口の奉仕に自閉症患者がうれしそうな声を上げる。ただし今日は打ち止めのようで、さっきのようなたくましい姿を見せることはなかった。

「あ…、ああんっ…、いやあ…」
え…、もう、終わり?…、やだ、そんなの、いやあ…。
グッタリした息子がピクリともしないのを涙目で見ていた冴子は、収まらない欲求で女体が破裂しそうな錯覚を覚えながら、自分の番が回ってこないことに絶望して本泣きし、切れ長の目尻からポロポロと涙をこぼしていた。

女医冴子 (44) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:37:54 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (42)見せつける美咲

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (42)見せつける美咲

「ああんっ…、せんせい…、大丈夫ですか」
冴子のカラダの上で甘い吐息にまみれて快感の余韻を味わっていた美咲が起き上がり、美人ドクターの尻アナに食い込んだ双頭バイブの反対側をオマタからゆっくり抜くと、拘束ベッドの上から降りた。

「あっ…、あ、あん…」
ひあっ…、あんっ、うごいて、るう…、あ、ひっ、ああっ、うう…。
相変わらず鈍い電動音を立ててケツ穴を荒らす騒動バイブは反対側の押さえが無くなって、無軌道に暴れ回る。それは排便したぶっといウンコがフン切りされるのを拒否してケツ穴にしがみつき、まるで醜悪な生き物が往生際悪くのたうち回っているように見えた。

「せんせい、今度は美咲の番だから、ちょっとこっちで待っててね」
グニグニと動き回るシッポのような双頭バイブを尻アナから突きだした冴子は、艶めかしい吐息を漏らしながら汗まみれの女体を軽く痙攣させていたが、美咲はその体を抱え上げてイスに座らせrた。

「これで、よしと…」
快感にもだえる女体をイスに浅く腰掛けさえた新米ナースは、動き回る双頭バイブのスイッチをいったん切ると、先端をさっきまでアンドリューのデカマラが収まっていたとは思えない控えめな、しかし粘液でネチョネチョに濡れて充血した肉の切れ目に突き刺した。

「あ…、ああっ…、だ、ああっ、く…、あ、いっ、ううっ…」
あんっ、あっ、うっ、ああっ、ナカで、ああっ、動いて、るうっ…。
グッタリした冴子ははしたなく脚を広げられていたが、アンドリューのザーメンで満たされた膣ナカでグニグニと双頭バイブが動き出すと背もたれにのけぞって頭を振り、サラサラした髪を淫らに踊らせる。

「コレで落ちないから、感じまくってね」
もだえ狂う冴子の両手を背もたれの後ろで縛って拘束した美咲は、双頭バイブの刺激にもだえる肉感的な女体を見下ろして妖しい笑いを浮かべると、アンドリューのグンニャリした肉棒にしなだれかかる。

「んっ、あっ、ああっ、はあっ、ああっ」
あん、お尻と、あそこで、はあっ、いいっ…、
前と後ろのアナで律儀に動き回る双頭バイブに翻弄される美人ドクターは、新米ナースのお口の奉仕でたちまち巨大化する肉棒を半目に開けた切れ長の目で見て、
あん…、あんなに…、アレが、はあっ、入ってたのね…。
今更ながらその大きさに驚愕したが、どMな性根はそれにギリギリと膣粘膜を拡張される妄想をして、双頭バイブ咥え込んだいやらしい肉のスキマからネットリした汁を垂らす。

「んっ、くっ、あっ、あっ、あっ、」
限界サイズまで怒張した癲狂患者の息子に妖しい笑みを浮かべた新米ナースは、汗を滲ませた新鮮な女体をその上にまたがらせると、先端をネットリ濡れた亀裂で咥え込み、ゆっくりと腰を沈めていく。
「くっ…、あ、ああっ…、は、入った…」
汗を垂らすキレイな背筋をのけぞらせる美咲は特大の肉棒で、尻タブの奥のあそこをギリギリまで広げられていた。自家製の潤滑油を溢れさせるオマ○コは根本まで咥え込んで、柔らかそうな尻タブをアンドリューのたくましい太ももに密着させる。

「んっ…、あっ…、はあっ…、ああ…」
ああ、あんなに…、おちんちんで、いっぱい…、はあっ、ほしい、おちんちん、欲しい…。
丸太のような肉棒を咥え込む若い女体をぼんやり見つめる淫乱女医は、膣ナカと直腸で暴れ回る双頭バイブの刺激にさえ不満を感じ、特大の肉棒に貫かれたいと貪欲な肉欲を昂ぶらせていた。

「ぐっ、あっ、あうっ、ぐお…、おおっ…」
5点拘束されて若い女体に逆レイプされるアンドリューは、自由を奪われた逞しい四肢を緊張させてうめき声に近い嬌声を上げて快感に溺れていた。

「んっ、あっ、ああっ、いっ、いいわ、アンドリュー」
双頭バイブに犯される冴子にキュッとしまったくびれから汗まみれの豊かなお尻を見せる美咲は、巨大な肉棒の出し入れに体全体を上下させて、ギリギリまで広げられた秘肉を出入りする棍棒に愛液を塗り付けながら、頃合いの乳房を上下に揺らして突きだした乳首をプルプル揺らし、体中から汗を垂れ流す。

「あ…、ああっ、はあっ、ああ…」
はあっ、欲しい、おちんちん…、ああ、どうにかして…、はあっ、狂っちゃう…。
ハアハアと興奮した吐息で頬を熱くし、目の前で愛おしいおちんちんの出し入れをして甘えたあえぎ声を漏らす美咲に嫉妬する冴子は、後ろ手に拘束された両手をいまいましそうにバタバタさせていた。

「ぐ、うっ、ううっ、あぐ…」
あまりの太さにゆっくりと上下する若々しい女体を、ゴツゴツしたハーフっぽい顔で見上げるアンドリューは、口角からヨダレを垂らしてケダモノのようなうめき声を上げる。

「ああっ、アンドリュー、いいわっ、もっとしてえっ」
自ら腰を振る美咲だったがアンドリューにデカマラで犯される妄想を浮かべているらしく、騎乗位で
背筋を伸ばして汗を垂らす女体を緊張させて、メスの色気を漂わせるナマ太ももをピクピクと震わせていた。

「あ…、ん…、く…、ああっ、はあっ…」
やだ、わたしも、おちんちん、欲しい…、はあっ、いや、ああっ、はあっ…。
イスに拘束されて美咲の淫らな姿を指をくわえてみているしかない美人ドクターは、双頭バイブに前後のアナを犯されているコトをすっかり忘れて、若い女体に出入りするぶっとい肉棒を悔しそうに見つめていた。

女医冴子 (43) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:13:07 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old