FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (15)楽しい通学電車

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (15)楽しい通学電車

「何見てんのよ、早くして」
駅の駐輪場までネエちゃんの自転車の後ろに乗っていたボクは、チェーンをかけようとしゃがむネエちゃんのパンチラしそうなお尻を眺めていたら、さっそくツッコまれた。

「いたいな、わかってるよ」
ボクはネエちゃんに叩かれたお尻をもったいぶってさすりながら、さっさと歩いていくネエちゃんのチラチラ揺れてパンチラしそうなミニスカを追いかけた。

「なんとか間に合ったわね、感謝しなさいよ」
ホームに着くとちょうど電車が来ていて、走り込んだネエちゃんの背中にボクも飛びついた。いつもの電車に間に合ったネエちゃんは、横に向けた顔の切れ長な目のハシでエラそうにボクを見ていた。

「わかってるよ、感謝の印だよ」
ネエちゃんの背中に抱きついたボクは、ニンマリ笑うとセーラー服のミニスカをまくり上げて、おしりをナデナデしてやった。

「(バカ…、変態…)」
ボクの痴漢行為に頬を染めたネエちゃんは、恥ずかしそうにボクをチラ見した。こういう顔のネエちゃんはカワイイ。

「うれしいクセに…」
うつむいたネエちゃんの顔に萌えたボクは足の間に手をツッコンであそこをイジってやった。

「(だめだったら)」
お尻のアナをあんなに嫌がったネエちゃんは、電車の中でお尻を触られるのはガマン出来ないのか、体の向きを変えてボクと正対した。

「こっちだったら、いいんだ」
しかしおちんちんを膨らませてエロボケを暴走させたボクの手は止まらなかった。今度は前から手をツッコンでパンティに出来たシワをイジってやった。

「(あんっ…、やめてよ、バカ)」
感じる部分をイジられたネエちゃんはボクに抱きついて首筋に甘い吐息を吹きかけながら、自慢のオッパイを押しつけてくる。胸に当たる柔らかい弾力にニンマリしたボクはますます調子に乗って奥に手を進ませると、湿ったパンティのスジをグリグリとコスってやった。

「(あ、もう、や、だめえ…、はあ…)」
マタの間に入り込んだ手にモジモジする太もものしっとりした肌が当たる。ネエちゃんはボクにギュッと抱きついて、ハアハアとエッチな吐息を耳ダブに吹きかけてくる。

「(ネエちゃん、ボク、入れたくなっちゃった…)」
サラサラした髪に顔をくすぐられるボクは、ネエちゃんのピンクに染まった耳タブに唇を当ててささやいた。ボクのおちんちんはもうめいっぱいに膨らんでいた。

「(…、アサミ、はあ、でしょ…、もう、はあんっ…、しょうがない…)」
ボクのフィンガーテクニックでメロメロのネエちゃんは、甘えた声でボクの耳にささやくとズボンのファスナーを降ろして、ビンビンのそれに手をそえてくる。

「(アサミ、もっと、腰、つきだして…)」
積極的なネエちゃんに上機嫌のボクは湿ったパンティをズラすと、あそこを丸出しにした。ヒタヒタに濡れた秘肉をイジるとネエちゃんは切なそうにのけぞる。

「(もう、ダメだったら…、あ、そこ、ん…、は、ああ…)」
甘い吐息を吹きかけてボクの肩に顔を埋めるネエちゃんは、あそこに指を入れて引き寄せると、ボクにだけ聞こえるようにあえぎ声を上げて腰を突きだしてくる。ボクはおちんちんを握ってあそこに先端を突き刺すと股間を押しつけてやった。

「(アサミ、入ったよ、気持ちいい?)」
誰に見つかるかわからない満員電車で本番行為をする興奮で、ボクの気分はアゲアゲだった。ネエちゃんはおちんちんが抜けないように、太ももをボクの足に絡めてくる。

「(ああん、はやく、して…)」
早く終わらせてが、早くズコズコしてか、どっちの意味かわからなかったけど、とにかく僕は腰を振った。ネエちゃんの吐息が激しくなって、学生服の肩が湿ってくる。

「(はあ、ああんっ…)」
何回かズコズコしていると電車が駅に到着した。ドアが開いてほとんど降りる人がいないかわりに、また多くの人が乗り込んできて後ろから押される。また乗車率があがった車内はギュウギュウ詰めでボクはネエちゃんと密着して、ネエちゃんは苦しそうにもだえていた。

「あ、アサミ、おはよう」
ドアが閉まるとボクの後ろで声がした。振り返るとネエちゃんと同級生のリーサちゃんがいた。リーサちゃんはスウェーデン人のクオーターで、ネエちゃんよりもグラマーな体つきでなによりオッパイがデカイ。背中に特盛りオッパイがギュッと押しつけられて気持ちいい。

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (16)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:49:14 ━ Page top ━…‥・

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (14)慌ただしい朝

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (14)慌ただしい朝

「ミキオ、起きて、遅刻しちゃうっ」
次の朝、ボクはネエちゃんの声で目が覚めた。

「ネエちゃん…、おはよ…」
寝ぼけて柔らかくて気持ちいいカラダに抱きついたボクは、いい匂いのするカラダにまたまた夢心地になって、目の前で焦るネエちゃんの顔をぼんやり笑って見ていた。

「早く、もうこんな時間よ」
ボクに抱きしめられて押しつぶされた自慢のオッパイがプックリ膨らんで谷間が強調されていた。ネエちゃんはボクの腕を振り払おうとバタバタ暴れる。

「ネエちゃん、好き…」
まだ寝ぼけるボクは朝恒例のピンコ立ちしたおちんちんを、柔らかい下腹部にすりつけていい気分になっていた。

「もうっ、起きてよっ、遅刻よっ」
硬いおちんちんに頬を染めたネエちゃんはメスの本性を刺激されたみたいだったが、なんとかボクを振り払おうともがいていた。

「アサミ、やらせて…」
エロボケなボクはネエちゃんのマタの間におちんちんを押し込むと、オッパイの先をチューチュー吸っていた。ピンクのカワイイ乳首はもう硬くなっていた。

「だめだったら…、あんっ…、もう、遅刻、あんっ…、しちゃう…」
オッパイをモミモミしながらもう一方を口に含んでベロベロ舐め回すボクに、ネエちゃんは色っぽい声を漏らしてのけぞっていた。

「ネエちゃん…」
ボクはお尻に手を回すとおちんちんを秘所の柔らかい肉に食い込ませていた。そこはもうヌメリ気を帯びておちんちんをネットリ湿らせてくる。

「もう、起きろっ、バカアキオッ」
エッチな気分になりかけていたネエちゃんだったが、なんとかボクの手をふりほどくとバッチーンと平手打ちを喰わせてきた。

「いっ、いたいよっ」
それでボクはすっかり目が覚めた。ネエちゃんはベッドから飛び出るとブラをしてからパンティを太ももにズリ上げた。

「見ないでよっ」
股間のヌルつきを意識したネエちゃんはパンティを中途パンパにしたまま、あそこをティッシュで拭いていた。

「え…、こんな時間」
ネエちゃんにいつものイジワルそうな目で見られて、丸出しのお尻とその奥をのぞくのをやめたボクは、時計を見てやっとネエちゃんの焦りを理解した。

「でしょ、早く準備してっ」
やっと遅刻寸前なのを理解したボクに、ネエちゃんは早く着替えるように促して、セーラー服に頭を通していた。

「あうっ」
まぬけな声で応えてしまったボクは、急いで部屋に戻ると1分間で着替えを完了した。

「ネエちゃん、早くっ」
ネエちゃんの部屋をのぞくともういなかったので、階下におりるとネエちゃんは玄関で靴を履いていた。ボクは先に靴を履くとネエちゃんの自転車の後ろに乗った。

「ちょっと、何よっ…、あんたが漕げばいいでしょ」
不満そうにボクを見たネエちゃんは、イジワルさ全開の目つきでボクを睨む。

「いいから、早くしないと遅刻だよ」
シゴクまっとうな抗議を受け流したボクは、サドルをポンポンと叩いてネエちゃんを誘った。

「もう、バカアキオ」
言い争いをしているヒマがないと思ったのか、ネエちゃんはサドルにまたがると自転車をこぎ始めた。ヒダスカートがふわっとしてパンチラしたのを見たボクは、またエッチの虫が騒ぎはじめた。

「やだ、変なコト、触らないで」
最初はフラフラしていたが風を切って走り出したネエちゃんは、ボクの手が腰を握りしめると、切れ長の目のハシでにらんでくる。

「パンチラしないように、押さえてあげてるんだよ」
柔らかい腰肉の感触にニンマリしていたボクは、ネエちゃんの文句を軽く受け流して、もっともらしい理由を説明してやった。

「だったら、アンタが漕ぎなさいよ」
パンチラしていたこと指摘されたネエちゃんは前を向いてしまった。きっといまは恥ずかしそうにしてカワイイ顔をしているに違いないが、残念ながら後ろからは見えない。

「早く、遅刻だよ」
ネエちゃんに漕がせてご機嫌のボクは、上下するナマ太ももを後ろからノゾキ込みながら、それに合わせて動くお尻をまさぐっていた。

「だからっ、やめてよおっ」
お尻を触る手つきにネエちゃんはエッチな気分になったらしい。声色がさっきとは違って甘えた響きが混じっていた。それがうれしくてボクは調子に乗ってミニスカに手を入れていた。

「やだっ、変態っ」
パンティ越しに臀部をまさぐられたネエちゃんは、より色っぽい声を上げていた。

「わかったよ、ほら、頑張って」
もっとエッチなコトをしたかったが、駅に近づいて通行人が増えてきたのでオイタをやめて、励ますようにお尻をパンと叩いてやる。

「覚えてなさいよ」
調子に乗りすぎのボクに怒っているのか、中途半端でやめたことを怒っているのかわからないけど、ネエちゃんの声からエッチな響きは消えていた。そうしているウチにボクたちは駅に着いた。

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (15)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:47:21 ━ Page top ━…‥・

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (13)一緒に寝よう

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (13)一緒に寝よう

「あんまり、見ないでよ、エッチ…」
ボクのペロペロ攻撃で潮を吹いたネエちゃんは荒い吐息が落ち着くと、自慢げなボクにはにかんだように笑って顔を伏せた。

「エッチは、アサミだろ…、ピュッて、出たぞ」
ネエちゃんをイカせたことが愉快でしょうがないボクは、ニヤニヤしながら言ってやった。

「…、ふうんっ、じゃあ、私ももう一度カミカミして、ドピュッていわせてあげようか」
調子に乗りすぎたボクにネエちゃんはいつもの性格の悪そうな目つきになって、足の先でボクのおちんちんをイジりだした。

「もう、いいよ、湯冷めしちゃうよ」
さすがにもうボクのおちんちんタンクは空っぽで、ネエちゃんのイジワルな視線に後ずさりしていた。

「じゃあ、ちゃんとカラダ洗いなさいよ」
エッチはもう無いと知ると、ネエちゃんはさっさとお風呂を出て行った。

「ちぇっ」
ネエちゃんのキレイなお尻と痩せた背中を見送ったボクは一人で体を洗い始めた。

「ちょっと、なんか用?」
お風呂を出たボクがネエちゃんの部屋をのぞくと、ネエちゃんはあのイジワルそうな目つきで迷惑そうににらんでくる。

「なんだよ、いいだろ」
ネエちゃんはカマキリ女の本性を現してボクを冷たくあしらうが、ボクは気にせずにベッドの腰掛けた。

「だから、なに?…、またしたいの?」
ただウダウダするだけのボクに、ネエちゃんはイジワルな目にエッチな雰囲気を漂わせて迫ってきた。

「一緒に寝ようよ、前はよく一緒に寝てたじゃん」
ニッコリ笑ってボクはネエちゃんに言ってやった。ボクは単にネエちゃんに甘えたいだけだった。それに今はイジワルな目つきだが、あのカワイイ顔を見たかった。

「何言ってるのよ、出てって」
小学校低学年の頃の話を持ち出すボクに、ネエちゃんはちょっと照れたように目を伏せる。こういうときの顔がカワイイ。

「いいだろ、お父さんたち、帰ってこないんだし…、早く脱いで」
ネエちゃんのカワイイ顔に萌えたボクは、パジャマを脱がそうとボタンを外していた。

「なんで、脱ぐのよ、エッチ…」
口ではツッコミを入れるネエちゃんだったが、ボクにパジャマを脱がされてブラとパンティだけにされる。

「ブラしないほうが、発育にいいらしいね」
ボクは照れて顔を伏せるネエちゃんに抱きついて、ホックを外していた。

「ミキオのエッチ…」
パンティだけにされたネエちゃんは顔を伏せてはにかんでいた。なんだかスッゴイ萌えたボクはムラムラしてきたが、さすがにおちんちんはもう元気にはならない。

「じゃあ、寝よ」
おちんちんはションボリしたままだったが、ぼくはパンツを脱いで素っ裸でネエちゃんのベッドに入った。

「もう、ミキオの甘ったれ…」
カワイイ苦笑をしてみせたネエちゃんは部屋を暗くすると、ベッドに潜り込んできた。ボクはその前にネエちゃんが自分でパンティを脱いでいたのがわかった。

「きもちいいね」
ベッドに潜り込んできたネエちゃんに抱きついてボクは甘えていた。やっぱりネエちゃんはやっぱりノーパンだった。ぼくはナマ尻に手を回してなで回していた。

「いやんっ…、恥ずかしいじゃない…」
ボクに抱きつかれたネエちゃんは照れてカワイイ声を上げる。暗闇で唇を突き出してチューをねだっているのがわかった。ボクは姉ちゃんの期待通りにチューしてやった。

「ねえちゃん、好き…」
ベロチューしたかったけど、そうしたら寝られなくなる気がして唇を味わうだけにして、ボクは正直な気持ちをそのまま口に出していた。

「わたしも…、だけど、アサミ、って呼んで…」
抱き合ってしっとりした太ももをボクに絡めてくるネエちゃんが、甘えた声を漏らす。

「ああ、アサミ、すきだよ」
ボクはネエちゃんの気持ちいいからだに抱きついてウットリしていた。

「…、うれしい、ミキオ…」
ネエちゃんの甘えた声を遠くに聞いていたボクは、いつのまにか寝てしまったらしい。

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (14)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:45:43 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old