FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (11)ネエちゃんとお風呂

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (11)ネエちゃんとお風呂

「あ…、ネエちゃん、冷たくないの?」
ボクはネエちゃんのスリムなカラダに抱きついて上機嫌だったが、床に当たる手が冷たくておマヌケな声を漏らしていた。

「うん、ちょっとね…」
最初は冷たかったがもう慣れたネエちゃんはどうでもよさそうに応えると、出し入れを中断して入れたままにしたボクのおちんちんをキュンキュンと締めつけていた。

「あ、ふわっ…、そうだ、お風呂、入ろうよ」
膨らんだおちんちんを締められる気持ち良さにのけぞったボクだったが、男らしい優しさを示すつもりでネエちゃんとお風呂に入ることを提案した。

「そうね…、湯冷めしちゃうモンね…、はあっ、温かい…、アンタも、入りなさいよ」
ボクのおちんちんをキュッキュッと締めつけて遊んでいたネエちゃんは、さっきお風呂に入っていたので湯冷めして風邪を引くのを心配してか、のしかかるボクを押しのけると湯船に浸かった。

「どうやって?…、入るスキマないじゃん」
湯船でリラックスして足を伸ばしてキレイな脚線美を自慢気に見せびらかすネエちゃんに、ボクが不満そうに聞くと
「ほら、ここに」
体育座りするように足を曲げたネエちゃんは背中にスペースを作ってボクを誘う。

「せまいな…、あ、あったかい」
窮屈なスペースに不満だったボクだが、ネエちゃんの背中に浮き出た背骨に硬くなったおちんちんがこすれるのが気持ちよかった。それに後ろからネエちゃんに抱きつくような体勢は、お湯に浮かんだオッパイがちょうど揉みやすい位置にあった。

「うん…、あったかいね…」
後ろから抱きつかれてオッパイを揉まれるネエちゃんは、ボクの手に手の平を当ててなんだかカワイイ声を漏らす。

「一緒にお風呂入るなんて、幼稚園以来かな」
ボクは温かいお風呂でネエちゃんに抱きついて、すっかりいい気分になっていた。

「そうだね…、アンタも大きくなったよね」
オッパイを揉まれるネエちゃんもいい気分のようで、カワイイ声で応える。

「それってコレのこと…、へへへっ」
柔らかい張りのあるオッパイをタプタプと揉むボクは、ネエちゃんの柔らかいカラダに抱きついて、おちんちんをお尻のワレメに差し込んでこすっていた。

「ばか…、でも、ホントね…」
ボクの好きなようにさせるネエちゃんがウットリしたような声を漏らし、ボクの耳に甘ったるい響きが絡みついてくる。アップにまとめたロングヘアからいい匂いがしてきて、ボクはまたおちんちんが硬くなっていた。

「ネエちゃん、さっきの続き、していい?」
ボクは硬くなった乳首を指の間でコロコロ転がしながら、ネエちゃんの火照った耳タブにささやいた。

「もう…、アサミって、呼んでよ」
ボクに抱かれて気持ちよくなっていたネエちゃんは甘えた声を漏らしてすねると、お尻をプリプリ振ってワレメに挟まったおちんちんを刺激していた。

「じゃあ、アサミ、オ○ンコさせてくれっ」
ネエちゃんのお尻プリプリ攻撃でおちんちんが破裂しそうなボクは、わざとエッチな言葉を火照って赤くなった耳にささやくと、ネエちゃんのカラダをギュッと抱きしめていた。

「…、お尻はダメよ」
ボクの下品な言葉に怒り出すかと思ったが、湯船のヘリにつかまったネエちゃんはお尻を上げると、挿入を待つ体勢になって背骨が浮き出た痩せた背中を向けていた。

「あ…、ああ…」
ボクはお湯であったまったネエちゃんに抱きつくとおちんちんをあそこのスジにすりつけていた。

「あ、あんっ…」
ネエちゃんは自分からおちんちんをあそこに入れると、ゆっくりと腰を沈めていった。

「はあっ、ネエちゃん…、気持ちいいよ」
あそこに咥え込まれたおちんちんのネットリした温かい気持ち良さにウットリしたボクは、ネエちゃんのいい匂いのする髪に顔を埋めてフンフンと息を吹きかけながら、乳首の硬くなったオッパイを揉んでピチャピチャとお湯を波立てていた。

「はあんっ…、アサミだって…、言ってるでしょ」
ボクにバックからツッコまれたネエちゃんは、うしろからのダッコに気持ちよさそうによがっていたが、ボクにネエちゃんと呼ばれたことにツッコミを入れていた。

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (12)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:47:51 ━ Page top ━…‥・

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (10)お似合い姉弟

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (10)お似合い姉弟

「すてきって…、ネエちゃん、変態か…」
ネエちゃんのお尻のアナにドロドロした毒気を吐き出したボクは、今度は口から毒を吐いてしまった。

「え…、しねっ、バカアキオ」
ボクに抱かれて色っぽく発情していたネエちゃんは、いつものやぶにらみの悪い目つきに戻ると、ボクをぶん殴った。

「いったあっ…、この、カマキリ女っ」
よけいなことを言ったボクが悪いのはわかっていても、言い返さずにはいられない。ボクははたかれた頭をさすりながら悪態をついていた。

「なにが、カマキリよ」
カマキリの意味が理解出来ないネエちゃんが、意地の悪そうな目つきでボクを睨んでくる。

「カマキリのメスって、交尾が終わるとオスを食べちゃうんだよね、終わったら急に態度が変わるネエちゃんは、カマキリだよ」
ボクは博学をひけらかすようにまくし立てる。

「バカじゃないの…、アンタこそ、お尻でしたがる変態じゃない」
ボクの自慢げな態度を冷たい目でスルーしたネエちゃんが反撃してくる。

「言ったなっ、あついっ、ああんっ、ステキよ、ミキオおんっ、って言ってたクセに」
ムカついたボクはネエちゃんの声色をまねてシナを作ると、フフンと鼻で笑ってやった。

「変態のクセに、ムカツク男ね、私が優しい心で、お尻まで許してやったのにっ」
ボクの声マネに少し頬を赤らめたネエちゃんは、ちょっと女っぽい声で言い返してくる。

「あ、もう一回いい?…、また大きくなって来ちゃった、おっぱい、しゃぶっちゃおっ」
ネエちゃんのツンデレな態度に萌えたボクはお尻に入れたままのおちんちんを膨らませていた。柔らかいオッパイに手を当てるとグニグニと揉んでいた。

「やっ、あんっ、へたくそっ…、アンタなんてね、あんっ…、モテ、無いわよ」
ボクの乱暴な手つきに顔をしかめたネエちゃんは、ボクがオッパイの先に尖った部分に口を当てると、うっとなってのけぞっていた。

「モテなくていいよ…、ネエちゃん、ボクが好きなんでしょ」
ボクはかたくなったサクランボを舌で転がしながら、上目線の笑いを浮かべていた。

「あ、あんっ、アンタなんて、はあっ、嫌いよおっ」
オッパイをしゃぶられたネエちゃんは、カラダをくねらせてお尻に力を入れてくる。さっきまで強い目ヂカラで睨んでいたのに、切なげな表情で目を伏せてボクをチラ見する。

「ネエちゃん、ボクもネエちゃんが、うっ、好き、なんだよ」
ボクはネエちゃんをギュット抱くと、お尻のアナに入れたおちんちんを奥までねじ込んでいた。

「あ、あんっ、は、はあっ、私も、好き…」
お尻のアナをおちんちんで圧迫されたネエちゃんは苦しそうにのけぞると、ボクに抱きついてきて耳元で甘えた声をささやいてきた。

「だから、これから毎日、うっ、やらせてね」
ネエちゃんのささやきのくすぐったさに思わず笑い出したボクが言うと

「あんっ、もう、好きにしてえ」
ネエちゃんはボクの耳タブを甘噛みしながら、甘い吐息を吐きかけてくる。

「いいんだね、じゃあ、今度は前でするよ」
すっかりボクの魅力にメロメロのネエちゃんに、すっかり優位に立った気になって、ボクはお尻からおちんちんを抜いた。

「あれっ、ウンチ、ついてるよおっ」
お尻のアナから抜けたおちんちんを握ったボクは、デタラメを言って大げさに騒いでいた。

「え、やだっ、はずかしいっ」
ボクのウソを真に受けたネエちゃんは、真っ赤になるとお風呂場の床に這いつくばって顔を隠していた。

「うそだよ?ん、この体勢でいいや」
お尻を突き出したエッチな体勢にニンマリしたボクは、やせ気味なカラダに覆い被さって、膨らんだおちんちんをエッチなお汁を垂らす亀裂に突き刺していた。

「あ、やっ、あんっ、うそ、つき、あんっ、ついて、あんっ、もっとおっ」
バックスタイルで犯されたネエちゃんは、桃色吐息にあえぎながら訳のわからないセリフをつぶやいていた。

「うんっ、ついてやるよ、アサミ」
なんだかそんなネエちゃんがカワイク感じた。ボクはお尻を抱えてカクカクと腰を振って、おちんちんを出し入れしていた。

「アサミ、気持ちいいよ」
ボクはお尻を突きあげるネエちゃんの背中に抱きついて、胸にぶら下がったオッパイを両手で揉みながら、腰を振っておちんちんの出し入れを続けた。

「あ、あっ、あんっ、あ、ああ、あんっ、ミキオ、あんっ、わたしも、あんっ」
ネエちゃんはナマ太ももをプルプル震わせながらお尻を懸命に突きだして、ボクのおちんちん攻撃を受け止めていた。そんなネエちゃんがいとおしくなって、ボクはいったんおちんちんを抜くと、ネエちゃんを仰向けにさせた。

「ミキオ、好き…、もっとして」
冷たいお風呂場の床に背中をベッタリつけたネエちゃんは、かすかに震えながら潤んだ目で見つめて、両手を広げてボクが抱きつくのを待っていた。

「うん、アサミ、好きだ」
カワイイネエちゃんの表情にボクはすっかり有頂天になって、しっとりした足の間に腰をねじ込んで濡れ濡れのナカにおちんちん入れると、スリムなカラダに抱きついてエッチな唇に吸い付いつくとチューしていた。

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (11)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:46:14 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old