FC2ブログ

== 大学教授美穂 ==

大学教授美穂 (75)病室のバカップル

ろま中男3 作品リスト
大学教授美穂 目次

大学教授美穂 (75)病室のバカップル

「美穂さんっ、大丈夫ですか?」
美穂が目を覚ますと
真田の心配そうな顔がのぞき込んでいた。
充血した目と頬には涙の跡がある。

「ここは?…」
手を握る強いグリップに目線を向けると、
腕に点滴の針が刺さっているのが見える。

「美穂さん、倒れたんです」
その目線を追った真田はあわてて力を緩め、
大事そうに美穂の手を握る。
うれしそうな笑顔の目尻から涙がひと筋こぼれた。

「ここ、病院?…」
真田のうれし泣きの顔を無表情に見つめる美穂は
もう一度聞いた。
「はい、救急車で…」
笑顔で応えた真田だったが、
そこまで言うとボロボロ泣き出した。

「ちょっと、落ち着いて、大げさよ」
手にすがって嗚咽で肩を揺らす真田を
美穂はあわててなだめる。
「あっ、はっ、うっ、すいませんっ」
美穂の声に顔を上げた真田は涙をぬぐうと、
また泣き笑いの顔で美穂を見つめた。

「…、それとも、私、悪いの?」
感極まった真田と対照的に
美穂の冷めた声が病室に静かに響く。
「えっ…、いや、大丈夫ですっ」
「美穂さんは、カワイイおばあちゃんになるまで、長生きします」
美穂を不安にさせてしまったと思った真田は、
あわてて説明していた。

「…、ねえ、ホントのこと言ってよ」
何度目かのセリフにチョット笑った美穂だったが、
真顔に戻って問い詰めるように真田の顔をのぞき込む。

「いやっ、スイマセンっ、違うんです…、ホントに、大丈夫なんです」
美穂の強い視線に後ずさった真田は、
二度と美穂が目を覚まさないのでは、と不安な妄想に駆られて、
泣いてしまったことを必死に弁解していた。

「じゃあ、これはなんなの?…」
要領を得ない真田に
美穂は講義でダメ学生に質問するときの
厳格な大学教授の顔で、
腕に刺さった点滴の針を目配せした。

「それはタダの点滴…、栄養剤…です」
文学部の院生で医学の知識のない真田は、
美穂から目をそらして応えた。

「…、ホントのこと、言って、お願い」
自信なさげな真田の態度にますます自分が重篤な状態なのか
と不安になった美穂は、
すがるような目で問いただした。

「スイマセン…、ホントにたいしたことないんです…」
「美穂さんは、過労です…、あと…」
美穂を不安にさせたのが申し訳なくて、
まともに顔を見られない真田は顔を伏せたまま応えた。

…、確かに、最近疲れ気味だったわ、…。
論文にかかり切りでまともに休みを取ってなかったので、疲れがたまっていたのは自覚していた。今朝あんなに気分が良かったのは真田とうまくいったせいで、逆に昨日からいろんなコトがありすぎて、疲れは最高潮にたまっていたのだと納得した。

そのせいで、気分が高揚していたのかも、…。
あるいは疲れがたまりすぎて脳内麻薬が分泌されたためにハイになっていたかもしれないと、真田よりよほど医学的な知識がある美穂は考えていた。

「でも、あと、ってナニ?…」
そこまで考えた美穂は言いよどむ真田を見つめた。
「あの…、落ち着いてくださいね…」
真っ直ぐ見つめる美穂に、真田はモジモジしていた。

「男でしょ、はっきりしなさいっ」
少し癇癪気味に美穂が声を荒げると
「はいっ、教授は更年期障害…、の疑いがあるそうです」
ビクッとして姿勢を正した真田は
講義で詰問される学生のように応えた。

「更年期障害…、って中年女性がなる、アレ?」
美穂はこれまでまったく意識しなかったその病名に、
呆然として聞き直していた。
「…、そのようです…」
申し訳なさそうな真田が、
美穂の様子をうかがうように不安そうに見ていた。

「もう、やだっ、やっぱり私、ババアなのねっ…」
真田にワガママな態度を見せて来た美穂は
急に恥ずかしくなって、
シーツをかぶると駄々をこねた。

「…、でも最近は若い女性でもなるそうですから…」
「だから…、教授はババアなんかじゃ、ありません」
真田は美穂の機嫌が良くなるようにと、
必死に医者の説明を思いだしながらしゃべっていた。

「ウソよっ、教授なんて他人行儀な言い方してっ…」
「ババアだと思ってるからでしょっ」
恥ずかしくてどうしようもない美穂は、
相変わらずシーツをかぶって駄々をこねていた。

「あっ、すいませんっ、違うんです、美穂さん…」
「美穂さんは、若くて、キレイです」
機嫌を直してもらいたい一心で、真田は必死に言い訳していた。

「ホント?…、じゃあ…、チューして…」
真田の一生懸命な声に少し気分の良くなった美穂は、
半分だけシーツから顔を出すと甘えた目でチラ見した。

「へ…、あ、はい…、それでは、失礼します」
ワガママを言う美穂が
どうしようもなくカワイク感じた真田は
ドキドキしながらシーツを下げると、
わずかに開いたプックリした唇に近づいていった。

「おっ、ほんっ」
そこで病室のドアが開いて、
若い女医が呆れたように二人を見ていた。

咳払いにあわてて体を起こした真田は、
照れ笑いを浮かべて女医に会釈した。

赤っ恥をかいていたたまれない美穂は
またシーツをかぶってぎゅっと目を閉じていた。

大学教授美穂 (76) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:14:19 ━ Page top ━…‥・

== 大学教授美穂 ==

大学教授美穂 (74)異変

ろま中男3 作品リスト
大学教授美穂 目次

大学教授美穂 (74)異変

「いい?…、私の言うことをちゃんと聞きなさい」
イスに腰掛けた美穂は足を組むと、
三白眼で心細げに立つ万年助手を見上げる。

「はいっ」
冷たい視線にゾクゾクした後藤は、
さっきまでこみ上げていた吐き気を忘れて
美穂の綺麗な脚線美の前にひざまずいて
女王様の次の言葉を待った。

「能なしのおまえにもわかりやすいように」
「言って上げるから、ちゃんと聞きなさい」
「はい…」
「私に触れることは二度と許さない」
「はい…」
「ココであったことは、絶対にしゃべらない」
「はい…」
「破ったら、その時点でクビにする」
「は、はい…」

女王様の矢継ぎ早の命令に打ちのめされ、
精力も抜けて抵抗する気力のない後藤は、
美穂に従う以外に選択肢はなかった。

惨めな下僕は女王様のご宣託にいちいちうなずいていた。

「わかったわね」
「あなたがアレをする姿や」
「ナニを飲む姿は写真に撮ったから」
「裏切ったら、バラまくわ」
完全に屈服する後藤に反抗の心配はないが、
美穂は恥ずかしい写真が手の内にあることを
強調して念押しする。

「はい、教授には二度と触れません…」
「教授とのことは絶対にしゃべりません…」
冷たい切れ長の目で見つめられた後藤は
マゾ気を煽られてゾクゾクしながら
恐縮して命令を復唱した。

「ちゃんと言いつけを守っていれば」
「たまにはあなたの好きな」
「おパンティを見せて上げるわ」

絶対的な恭順の意を表す後藤に、
美穂はネットリした笑みを浮かべて見おろした。

「はいっ、ありがとうございますっ」
女王様が差し出したアメに
万年助手から暗い表情が消し飛んだ。
後藤はスケベ面をうれしそうに輝かせて
美穂の提案に飛びついてきた。

「わかったら、戻りなさい」
下着を見るのが、そんなにうれしいの?…。
後藤のうれしそうなバカ面に呆れながら、
そんなバカ男からでも求められる自分の女の価値を
再確認して美穂は気分が良い。

美穂は自然に笑みを浮かべて女の艶を漂わせる。

「はい、失礼しますっ」
美人教授の美しい笑顔に見とれた後藤は
クビ寸前の窮地をすっかり忘れていた。
セクシーなおパンティを妄想しながら
後藤はうれしそうに教授室から出て行った。

ちゃんと、わかったのかしら、…。
嬉嬉として出て行った後藤の背中を見送った美穂は
若干の不安を感じて、
やっぱり、もう一度クギを刺した方がいいわね、…。
今一度念押しの必要を感じていた。

「私よ…、真田君、来てるかしら?…、うん、来るように言って」
万年助手を屈服させて一仕事終えた気になった美穂は
真田の顔が見たくなった。
研究室に電話した美穂は真田を教授室に呼んだ。

変じゃないかしら、…。
恋人の来訪を待つウキウキした気分で
鏡を手にした美穂はウェーブのかかった髪の生え際を確認していた。

…、あれ?…。
急にカラダから力が抜けて、美穂は突然机に突っ伏した。
息が、できない?…。
胸がドキドキしてうるさいくらいに鼓膜に響く。
息が出来なくて、美穂は懸命に口をパクパクさせる。

…、助けて…、誰か、…。
意識が薄れていく美穂は助けを求めて
ドアに向かって手を伸ばしていた。

しなやかな指の向こうでドアが開いて真田が入ってくる。
ぼんやりした真田の姿を見た美穂の手が力尽きて落ちた。

異変に気付いた真田が血相を変えて声を荒げたが
美穂には聞こえてなかった。

大学教授美穂 (75) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:13:11 ━ Page top ━…‥・

== 大学教授美穂 ==

大学教授美穂 (73)無条件の屈服

ろま中男3 作品リスト
大学教授美穂 目次

大学教授美穂 (73)無条件の屈服

「ナニをしているの?」
後藤に広げられた足を閉じようともせず、
もう一度美穂は冷たく言い放つ。

半ば閉じた目を長いボリュームのあるまつげがセクシーに飾っていた。

独りよがりの妄想が生み出した甘い官能のひとときの夢はあっさり破れた。

美穂のとりつく島もない半眼の冷たい視線を受けて
自らの過ちに気付いた後藤は、一も二もなくひれ伏していた。

負け犬根性が性根にしみついた後藤は
半ベソをかきながらほとんど本能的に土下座していた。
人生において失敗ばかりしてきた後藤にとって
他人に謝るのは日常であり、習慣と言っても良かった。

「申し訳ありません教授、お許し下さい」
美人教授の逆鱗に触れて、
床のタイルに額をすりつける後藤は、
許してもらえるまで頭を下げ続けるつもりだった。

「後藤、今一体ナニをしていたの?」
後藤の哀願が聞こえないふりをして、
美穂はもう一度厳しい口調で聞く。

「…教授のおパンティを、拝見しておりました…」
自分が開脚させた美人教授の足下で土下座したまま、
後藤は情けない声を漏らす。

おパンティ、って、…。
耳慣れないその言葉に吹き出しそうになったが、
美穂はそれを顔に出さずに
「そんなに私の下着が観たいの?」
冷たい平板な口調で聞く。

「はい…」
もう後藤の返事は涙混じりになっている。

「おまえ、股間をふくらませているわね」
ビビッた後藤の息子はすっかり元気を無くしているが、ここは
「はい」
と答えるしかなかった。

「後藤、顔を上げなさい」
「はいっ」
美人教授の強い口調に、後藤は飛び上がるように顔を上げた。

「それでは執務もできないわね」
「ここで抜いていきなさい」
後藤は美穂の言葉の真意を測りかねて、
しばらく阿呆のような顔で美穂を見ていた。

「聞こえなかった?」
「そんなに私の下着が観たいのなら見せてあげる」
「ここでたまったものを抜いていきなさい」
やっと足を閉じた美穂は足を組んで窓に顔を向けると
切れ長の目のハシで後藤を見つめて、冷たく命令した。

まだ阿呆のような顔をした後藤は
「はい」
放心したように答えた。

追い詰められて選択の余地のない
後藤はもぞもぞと息子を取り出すとオナニーをはじめた。

「元気がないわね」
そう言って立ち上がった美穂はスカートをまくり上げて、
おしりを突き出すポーズを取った。

モデル並みに美しいプロポーションの美穂のみだらなポーズに
後藤の息子はたちまち元気になった。

後藤の視線は美穂のおしりに注がれていた。
そしてムッチリした太ももの挟まれて
窮屈そうに盛り上がる大事な部分に注目した。
後藤は元気を取り戻した息子を激しくしごきはじめた。

美穂は自分の中心部に注がれる熱い視線に
また濡れてくるのを感じていたが、
あくまでも平静を保っていた。

机からケータイを取り上げるとカメラモードにして
後藤がオナニーするだらしない姿を何枚か撮した。

「床を汚す事は許しません」
「はひ…」
絶頂に近い後藤は荒い息に紛れて答えた。

「うっ」
うめき声を上げた後藤の息子はその先端から液体をほとばしらせた。
しかし後藤は器用に左手で受けて床を汚さないようにした。

「それを綺麗にしなさい」
自分で放出したモノを大事そうに手の平で受ける後藤を
まるでサルの曲芸でも見るような美穂だった。

「はひ?…」
いったばかりで放心していた後藤は
まさに阿呆そのものだった。

「それを飲んで綺麗にしなさい」
どS女王様になりきった美人教授は冷たくたたみかけた。

今出したばかりのこの生暖かいものを飲む、
その意味を理解して嫌悪感で全身が総毛立つ。
しかし教授にとうてい逆らえる状況ではない。

後藤は意を決して左手にたまった粘り気のある液体を、
吐き出しそうなるのをガマンして飲み干した。
美穂はそんな情けない姿もケータイカメラに収めた。

「今度不埒をしたら、あなたをクビにします」
「もちろんクビになったあなたを受け入れる大学は」
「日本にはないと肝に銘じなさい」

こみ上げてくる吐き気をこらえながら、
後藤は女王様のご宣託をうやうやしく聞いていた。

大学教授美穂 (74) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:11:39 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old