FC2ブログ

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (22)美羽の告白

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (22)美羽の告白

「…、え?…」
何度目か忘れた射精快感に恍惚として、その余韻でぼんやりしていた崇雄は、美羽のささやいた言葉が理解出来なかった。

「美羽、崇雄くんのことを知ったのは、入学式の日です」
美羽は冷えたペットボトルを首に当てて火照った女体を冷ましながら、しゃべり続ける。崇雄は乳首が突き出したEカップ巨乳が、呼吸に合わせて小さく上下に揺れるのを横から見てきれいだと思った。頬が勝手に緩んでしまう。
「入学式の終わりに、部活紹介がありましたよね」
美羽は巨乳に突き刺さる視線を意識したのか恥ずかしそうに顔を伏せたが、胸を隠す素振りはない。興奮した崇雄は背中から手を回して脇の下からオッパイを触った。指に乳首を挟んでクリクリした。

「美羽が部長として美術部を紹介していると、崇雄くん、美羽を見つめてました」
美乳を愛撫される気持ちよさに恥ずかしそうにはにかむワンレン黒髪美少女は、汗が浮いた透明感のある太ももにキュッと力を入れた。
「美羽…、ドキドキしました…、それで、恥ずかしいんですけど…、濡れちゃったんです」
はあっ、と色っぽいため息をついた美羽は、裸の女体を寄りかからせてくる。湿り気を帯びた腰肉が密着して横乳の丸みが押し付けられる。

(美羽って、淫乱女子高生?…、見られて感じる、露出狂?…)
崇雄は全新入学生を前にしてパンティの中をいやらしい汁で濡らすワンレン美少女を想像した。愛棒はビンビンに反り上がり、先端からカウパー汁を垂らした。

「演壇から降りるときも、崇雄くん、見てました…、アソコが、ヌルヌルして…、階段踏み外しちゃうんじゃないかって、ヒヤヒヤしてました」
目を伏せたままの美羽は力を込めたお股に手を置き、わずかにはみ出した陰毛を隠す。二の腕に挟まれた美乳が両側から圧迫されて、ロケットのように突き出す。

「いつまでも崇雄くんの視線を感じて…、イキそうで…、エッチな声が出そうで…」
恥ずかしい場所を隠したと思った手はわずかに動いていた。よく見ると指先がお股に入り込んで、クチュクチュと小さな音を立てていた。
「美羽…、ああ…、すごくかんじちゃった、んっ、です…」
うつむいた横顔にエッチな空気が漂う。お股に差し込んだ指先がもっと大きな音を上げ、静かな美術部に卑猥なBGMが響いた。そしてツバを飲み込む音がして、小さな喉仏が上下した。

「ああ…、目でイカすって、はあ…、言いますよね…」
美羽はハアハアとエッチな吐息を漏らしてオナニーショウを続ける。頬をピンク色に染めたエロカワな顔は下を向いたまま横を向いた。切れ長の目の端が見つめてきた。
「あの時、美羽、ああん…、崇雄くんの目で犯されたって、はあんっ…、思い、ました…」
淫靡な桃色視線にゾクッとした。オッパイを揉んでいた手に思わず力が入った。

「あんっ、だから、あの時から、初めてのお相手は…」
美巨乳を握りつぶすキツイ愛撫に、美羽は軽くのけぞってはっきりした喘ぎ声をあげた。しかし嫌がる素振りは全く感じられない。
「崇雄くんだって…、美羽、心に決めたんです」
それどころか屹立する愛棒にそっと手を添えると、淫靡な笑顔で見つめてきた。

つづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:24:48 ━ Page top ━…‥・

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (21)素股から口内発射

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (21)素股から口内発射

「んっ…、は、くううっ」
切なげな表情で目と閉じる美羽の丸顔に触れそうな位置で見て崇雄はますます興奮した。首に抱きつく発情した女体の股間が緩んだので、元気に屹立する愛棒を縮れ毛の奥のスジに押し込もうとした。

「ああ、はあ、崇雄、くん…、い、いいよ、いれて…」
愛液でグッショリ濡れた股間に侵入しようとする愛棒を、美羽はつま先立ちのまま股の力を抜いて誘い込む。首筋に抱きついて上半身を預け、Fカップ巨乳が破裂寸前まで潰れる。乳房にめり込んだ先端は固い弾力で崇雄の胸板を刺激する。
「んっ、はっ、はっ」
美羽の協力的態度で立位対面素股の体勢になった。
「くっ、うっ、くうっ」
ヌルヌル汁にまみれたスジに愛棒を抜き差しする崇雄は、汗で湿った尻肉に指を食い込ませて腰を振る。汗で湿った下半身がぶつかりあって湿った衝突音がする。汗をにじませて上気した顔はケダモノじみた荒い吐息を吐き続けた。

「ふぁ、たかほ、くうんっ、ふぁあんっ、もっろ、ひてえっ」
つま先立ちで崇雄の首にぶら下がるワンレン丸顔美少女からロリな喘ぎ声が漏れて、二人きりの部室に妖しく流れる。恥毛が薄いお股のスキマに忙しく出入りする愛棒は、ヌルヌルした愛液をかき出して崇雄のモジャモジャをネトっと濡らす。
「うっ、くっ、くうっ、出るっ」
何発も放出済みなのに若い欲望は天井知らずだ。お股のスジを下からこする愛棒は早くも発射の予兆を示し、ビクンビクンと痙攣した。

「ふぁあっ、ふみっ、たかほくうんっ、おふひにい、らひてえっ」
愛液にまみれた敏感な突起と女体の入り口で発射の予兆を感じた美羽は、首にしがみついた手を離し、崇雄の腕の中からスルリと抜けた。
「えっ、あっ、くううっ」
乱れたワンレン黒髪が腕の中から消えていくのを見て逃げられたと思った。が、次の瞬間発射寸前に脈動する愛棒がツバで濡れたプックリ唇に吸い込まれた。
「うっ…、くうっ、ああっ…」
それを待っていたかのように愛棒は口内発射した。熱い奔流が尿道を駆け上がり、脊椎が感電したようにしびれる。唾液とカウパー汁で濡れた鈴口から白濁液が放出される。電撃を受けたような射精快感にのけぞって天井を仰ぐ。発射後もチューチュー吸われる快感にうっとりして立ち尽くす。

「…、ん、ごくん…、いっぱい、出ましたね…」
気合が抜けて柔らかくなった愛棒から口を離した美羽は立ち上がり、小さな口を広げて舌に貯めたザーメンを見せてから飲み込むと、妖しい色気を漂わせる笑顔を見せた。
「あ…、はい…」
突然の射精快感のあとに恍惚として力が抜けた崇雄は、眩しい笑顔から視線を外してうなずいた。

「少し、休みませんか?」
先端が突き出したFカップ巨乳を押し付けるように寄り添う美羽は、返事を待たずに部屋の奥に連れて行った。
「座ってください、なにか飲みますか?」
部屋の奥に見たシーツをかぶった大きな美術品だと思ったのは、本当のベッドだった。うつろにベッドに腰をかける。嬉しそうにナマ尻を揺らす美羽が黒髪ワンレンをなびかせて冷蔵庫を開け、ペットボトルを取り出した。
「はい、どうぞ」
冷たいペットボトルを渡して美羽は隣りに座った。汗で湿った腰の柔らかい素肌が密着してドキドキした。

「美羽ね、崇雄くんのこと…、知ってたんです」
コクコクと喉を鳴らしてペットボトルの水を飲んだ美羽は、恥ずかしそうにうつむいて告白した。

(22)美羽の告白につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:11:55 ━ Page top ━…‥・

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (20)抱き合う崇雄と美羽

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (20)抱き合う崇雄と美羽

「うっ…」
スリムなのに肉付きがふっくらして柔らかい女体と密着する。成熟した女体の気持ちよさが下半身にじわじわ沁みた。

「はあっ、ああっ」
とびきりの女体の快感で熱く滾ったカラダがガクガク震える。耳たぶに沁みる甘えた嬌声に敏感な部分を撫でられた気がして、目の前が真っ白になる。
「はうっ、くうう」
意識が飛ぶ寸前に昂ぶった崇雄は、背中に回した手を無意識に下げた。湿った肌の感触を確かめるようまさぐる手は、腰のくびれを両側から掴んで力を込めた。

「あ、崇雄くうんっ、はあっ」
ウエストのくびれから広がる腰の膨らみを圧迫されて美羽は息苦しさを訴えて呻く。
「んっ…、美羽、ハグしてもらって…、幸せですう」
しかし切れ長の目にはマゾ女特有の苦しくされるのが嬉しい妖しい輝きが宿る。自分からも抱きつく美羽はシズル感でテカるEカップ巨乳を崇雄に押し付け、鳥肌が立つ乳輪に固くなった先端を陥没させた。

「く…、はううっ、いいっ、美羽、先輩…」
腕の中で悶える女体に変態倒錯を熱くする崇雄は、さらに手を下げてお尻の丸みを両手で抱えた。手の平に吸い付く下尻のしっとり肌が気持ちよくて理性が消し飛ぶ。丸みをおさめた手の平に力を込めてグニグニ揉みまくる。
「あんっ、あ、崇雄、くん」
キレイな丸みを見せていたお尻がめちゃくちゃに揉まれて卑猥に歪む。
「美羽って、呼んで…」
崇雄の腕の中で悶える女体が甘えた声を漏らす。押しつぶされたFカップ巨乳の固い先端を、肉付きがまだ薄い胸板にこすりつけ、湿った内太ももの肉を崇雄の足に擦りつける。

「は、はあっ、美羽、はあっ」
いい匂いが漂う女体と溶け合うように密着する快感が脳髄を痺れさせる。西日が差し込む薄暗い部室がラブホテルの一室に見える。
「ああ、いいか、気持ちいいかっ」
のぼせた崇雄は両手でお尻を揉みまくり、カウパー汁で濡れた愛棒を柔らかい下腹にグイグイ押し付けた。

「はあ、崇雄、くん…、は、ああっ、美羽、いいっ…」
下腹の皮膚を突き通して子宮を突き上げるような愛棒の勢いに、美羽は汗で湿った柔肌を波立て、腰を艶かしく振って悶える。首に抱きつき直すと頬のとなりで欲情した喘ぎ声を漏らす。

「してえ、もっとエッチなこと…、美羽にしてえ…」
美羽はいままでで一番いやらしい声を上げた。低身長の女体をつま先立ちさせて伸び上がると、股間の位置を上げた。下腹の柔らかさに食い込んでヘソを陵辱する愛棒を、ヌメリ気の糸を引く潤んだ股間の奥に誘った。

(21)素股から口内発射につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:46:55 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old