FC2ブログ

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (19)美術部の伝統

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (19)美術部の伝統

「大事なこと、忘れてました」
上目遣いに見上げた美羽は、崇雄に抱きついて恥ずかしそうにはにかんでいた。すっきりしたアゴの下に崇雄の胸で潰れて脇にはみ出したEカップ巨乳のくっきりした谷間がある。

「新入部員をバグして歓迎するのが、美術部の伝統なんです」
密着する女体の柔らかさが気持ちよくて何も言えない崇雄を、セクシーなデコ出し丸顔が見つめる。
「…、そ、そうですか…」
絞り出すような声だ。3年生のフルヌード女体に抱きしめられて、これまでの人生で感じたことのない気持ちよさに息が止まりそうだ。気絶しそうで頭がクラクラするが、男子部員も女子部員と同じようにハグしていいのかという、単純な疑問も頭に浮かんだ。

「ハグして…、美羽を、抱っこして、ください…」
棒立ちの崇雄を抱きしめる美羽は、照れた声で抱きしめて欲しいとおねだりした。首筋に頬を寄せる女体の鼓動が、豊かな乳房越しに伝わる。
「え、あ、はい」
耳が蕩けそうな甘い囁きにドキッとした。胸で潰れるEカップ巨乳の弾力に押し返されそうだ。初めて裸の女の子を抱きしめる経験を意識して武者震いしたが、体は勝手に反応した。

「あんっ…」
背中に回した手がスリムな女体を抱きしめる。汗が滲んで湿った背中の肌に指が食い込む。美羽の唇から上ずった声が漏れて崇雄の首筋を刺激した。
「あひっ、すいませんっ」
スリムな女体は思ったより華奢で折れてしまうかと思った。首筋の刺激に間抜けな声を漏らした崇雄は、焦って手を離した。

「えっ…、あ、違うんです、もっと強く…、ハグして…」
潰れたEカップの弾力で弾かれたように上体を離した崇雄に、一瞬どんぐり眼の変顔を見せた美羽は、遠慮せずに抱いてほしいと照れ笑いしてお願いした。
「はへ…、は、はい…」
時々見せる変顔にまだ慣れない崇雄は面食らったが、すぐに気を取り直してもう一度背中に手を回した。

「あっ、ああ…、崇雄、くん、気持ち、いい…」
背中の肌に触れた手の力はさっきより強かった。抱きしめられて再びEカップ巨乳を押しつぶされた美羽は、上ずった声を漏らした。

(20)抱き合う崇雄と美羽につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:45:25 ━ Page top ━…‥・

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (17)変態リクエスト

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (17)変態リクエスト

「…、それから、足を広げてください」
要求以上にサービスをしてくれる美羽に崇雄はのぼせた。美羽のアソコは渡り廊下や階段で至近距離から窒息するまで見たが、面と向かって観察要求するのは思った以上にドキドキする。

「え?…、恥ずかしい、です…」
純白ミニスカが太ももの根本までまくれあがっているので、足を広げたら確実に股間が丸出しになる。しかもノーパンだ。さすがにそれはできないようで恥ずかしそうだ。
「でも、言われたとおりにしますって、言っちゃったし…、はい、これでいいですか?」
しかし案外あっさり受け入れて御開帳した。薄い縮れ毛の茂みからスジがくっきり見える。恥ずかしそうな笑顔の美羽は、それでもまくれ上がったミニスカを戻さなかった。

「んっ…、ち、近くで、見ても、いいですか?」
(マジ、か…、可愛い顔して、露出狂?…)
学業優秀で美人揃いと誉れ高い秀香蘭の3年生が、破廉恥ポーズを見せつける現実が夢のようだ。目の前に見る女性器はリアルだ。若い劣情がますます高ぶる。
「はい…、美羽はいま崇雄くんのモデルですから、好きなようにしてください…」
興奮して目を血走らせる新入部員の異様な雰囲気に気付いているはずなのに、美羽は穏やかな表情のまま素直に受け入れた。

「ん…、は、はああっ」
(すっ、すっげっ、丸見え…、濡れ濡れ…)
お許しが出たので、広がった太ももの間に顔を突っ込んで覗き込む。何も隠すものがない女性器を凝視するありえない状況にムラムラして息が荒くなる。
「あ、あん、息が…、くっ、くすぐったい、です」
興奮した鼻息が股間の媚肉をくすぐる。肘置きを強く握って心持ち体を反らして天井を見上げる美羽は笑い混じりのエッチな声を漏らし、柔らかそうな太ももの肌をプルプル揺らしていた。

「ぽ、ポーズを記録したいん、で…、しゃ、写真、いいですよね」
恥じらいに震える若い女体にのぼせて興奮の極致にあるエロ1年生は、返事を待たずにスマホを取り出した。
「ん、あ、ああ…、い、いいですけど…、ネットに上げるのは、だめです…、崇雄くんだけで、楽しんで、くださいね…」
またも美羽は恥ずかしい要求を受け入れた。エッチな吐息にまみれた恥ずかしそうな声は、写真の使用目的を理解している。崇雄のエロ要求に従って恥ずかしいポーズを続ける美羽は、広げた太ももが閉じられない恥ずかしさに頬を染めていた。

「もっ、もちろん、誰にも、見せませんっ」
(や、やった、今晩のオカズ、ゲットだっ…)
若い劣情に狂った1年生は、美人ぞろいの秀香蘭でもトップクラスの美少女が見せるいやらしいいポーズを撮りまくった。濡れた性器は接写モードにして何度もシャッターを押した。本番生挿入が目的だったはずが、今はナマの女性器をスマホのメモリに納めることに熱中した。

(18)裸婦デッサンにつづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:27:28 ━ Page top ━…‥・

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (16)エッチなポーズ要求

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (16)エッチなポーズ要求

「1年J組の下平崇雄くんですね」
肩口から美羽に覗き込まれて、崇雄の手は興奮で震えた。純白セーラーの胸をつっぱらせる柔らかくて大きな膨らみが背中から肩に押し付けられる。いい匂いのする黒髪が顔を撫でる。下手な筆跡はさらに乱れた。

「崇雄くんは美術部員になりました、歓迎します」
乱れた字で書かれた入部届を満足そうに受け取ってファイルした美羽は、人懐っこい笑顔を見せる。
「あ、はい…、よろしくお願いします」
何度も裸体接触した美少女に可愛い笑顔を見せられて、ついニヤけてしまう。伏し目がちにミニスカの生足を見つめる崇雄は、これからのエッチな展開をのんきに妄想した。

「経験はありますか?」
初めて男子部員をゲットした美羽は嬉しそうに聞いた。
「え?…、あ、ああっ、美術部は、初めてです」
人懐っこい丸顔が見つめる質問がセックス体験の有無だと勘違いして一瞬焦ったが、すぐに美術部経験を聞かれたと理解して正直に答えた。

「そうですか…、何事も経験です、さっそく描いてみましょう」
若干落胆の表情を見せたが、すぐに笑顔に戻るとスケッチブックと鉛筆を差し出す。
「え、あ、あの、何を?…」
中学3年間を受験勉強に費やして美術の授業は内職していた崇雄は、いきなり描けと言われても何をどうしたらいいか全く見当がつかない。

「そうですね…、崇雄くん、女子のカラダ…、裸婦のことですけど…、興味あるでしょ」
スリムなカラダにEカップ巨乳を備えた美少女部長は小悪魔チックな笑顔で聞いた。実際は普通の笑顔だったかもしれないが、そう見えた。
「えっ…、あ、はい…」
(やばい…)
裸の下半身をなんども味わったことを指摘されたと思って焦る。そして目を閉じた美羽に痴漢行為をしたことを問い詰められるかもしれないと怯えた。

「崇雄くんの年頃なら、当たり前です、興味のあるモノのほうが、うまく描けるでしょ、美羽を描いてみてください」
しかし心配したことは微塵も考えてなさそうだ。一般論で男子を語ったつもりらしく、名案だと自慢しているようなカワイイ笑顔だった。
「どんなポーズがいいですか?、何でもいいです、しますよ」
持ってきた肘掛け椅子にきちんと足を揃えたきれいな姿勢で座った美羽は、ポーズを指示されるのを待った。

「え…、なんでも、いいんですか?…」
(「何でも」って…、裸婦って、ラフデッサンじゃないよな、ほんとに何言っても、いいの?…)
美人部長がデッサンモデルを買って出てくれだだけでもうれしいが、どんなポーズでもするという提案はにわかに信じられなかった。それに裸婦画とは裸のモデルを描くことだ。裸でいやらしいポーズもしてくれるという期待に浮き立ち、胸はドキドキ、股間がムラムラした。

「何でも言ってください、言われた通りにしますから」
エロ妄想で頭がいっぱいになった崇雄の気持ちを知ってか知らずか、美羽はあっけらかんとした少女のような笑顔だ。
「は、はあ…、じゃあまず、浅く腰掛けて、ください」
(な、なら…、思いっきり、エッチなポーズを…)
無防備な笑みを浮かべる美羽に変態興奮が湧き上がる。ワンレン黒髪のカワイイ先輩に思いっきりエッチなポーズを取らせて辱めたい衝動が、崇雄を変質者にする。

「これでいいですか」
警戒心など微塵も見せない美羽はきちんと座った姿勢を崩す。椅子の天板先端にお尻をずらして腰を押し出した。ノーパンの股間が見えそうなくらいスカートがまくれ上がるが、笑顔がカワイイ先輩はスソを直す素振りも見せなかった。

(17)変態リクエストにつづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:31:36 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old