FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(15)天国のオーラルサービス

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(15)天国のオーラルサービス

「いたいっ」
背中におぶったミナヲに、ピンク色の乳首が発射するんじゃないかと思うくらい乳房を強く握られたマコは、背中を反らしてお尻を突き出すポーズでのけぞった。

「はっ、ひぎいっ」
(うっ、がああっ、まっ、またあっ…)
勢いよく跳ね上がったお尻にまた尾てい骨攻撃を受けた。股間から脳天を直撃した痛みに悲鳴を上げたミナヲは、握りつぶした乳房を手放してスベスベした背中から飛び退いた。両手で股間を押さえたミナヲは廊下に尻餅をついて悶絶した。
「…、だいじょうぶ?」
赤い痕が付いた乳房を下から大事そうに支えたマコはそれでも痛そうな表情さえ見せず、みっともなくひっくり返ったミナヲにすました視線を向けていた。
「う…、うん…」
(ぐうう…、じ、じぬ、かも…、でも…)
ミナヲは男にしかわからない痛みに悶えた。裸族同級生から冷ややかな視線を受けたヘタレは、股間から全身に沁みる鈍痛に冷や汗を垂らしながら、なけなしの見栄を張って痛くないフリをした。

「…、舐めてあげる」
冷たい汗を垂らす生気のない顔色をシレッとした目で眺めていたマコは、そこにまたがると元気をなくした肉棒をペロペロ舐めだした。
「は?…、うっ」
(ち、治療か?…、まる、見え…、うっ…、いっ、くっ…)
子猫のように背中を丸めて半立チンポを舐めるマコの一本スジが、目の前にあった。スキマから小陰唇やクリの突起が見える。痛撃を受けた愛棒を舐めて愛撫される快感衝撃に、思わず腰が浮き上がってのけぞった。

「んっ」
勢いよく飛び込んできた先端をマコは歯を当てないように咥えた。そのまま進撃を続けた肉棒はノドチンコを押しのけてディープ・スロートに挿入されたが、マコはむせることなく受け入れた。
「あふっ」
(ノドマンコ?…、はああっ、きもちいい…)
意図せずイラマチオなフェラを強制してしまったミナヲは、半剥けカリをヌメったノド粘膜に締め付けられる気持ちよさに、海綿体折損まがいの痛みを忘れた。
(ふはあっ…、い、いくっ、いいぞおっ…)
勃起チンポを口からノドまで使って愛撫される快感が全身に沁みた。無意識に腰を上下にグラインドさせる変態は、ヌルヌルした肉穴に挿入する快楽体験に浮かれた。変態じみた吐息にまみれ、目の前にある股間の真ん中で濡れてテカる一本スジに口を突き出した。

「んっ、ふ、んっ、ふあっ」
ディープ・スロートでノドマンコ陵辱を受けるマコは、一本スジに入り込んでピンク色のビラビラや包皮から剥き出た突起を舐め回され、ツバまみれのベチョベチョにされた。表情の乏しいマコでも感じる部分への刺激で溢れ出る欲情は押さえ切れないようで、きれいなお尻の曲面が震え、せつなそうな吐息が何度も漏れた。
「んっ、はっ、ああっ」
勃起チンポを押しつぶされる激痛地獄からノドマンコやり放題な快感天国に再び急上昇したミナヲは、ご機嫌で一本スジ粘膜を舐めまわした。汗で湿った張りのいい腰肉にしがみつき、濡れた股間に顔を押し付けてクンニに熱中した。

「おっ、んっ、いっ…、ふいいっ」
(うはあっ、すげっ、いいっ…、しょ、処女の、クセに…、うますぎるっ…)
シックスナイン体勢でノドマンコ奉仕を続けるマコは、射精を促すようにツバの溜まった口腔でサオを吸引する。半剥けカリがノドのヌメった粘膜圧迫でしごかれる。時々軽く甘噛する歯が根本に当たり、ミナヲがビクッと震える。愛棒全体に捧げられる極上のオーラルサービスに、ヘタレ童貞は上機嫌な夢心地だった。

秀香蘭高校放送部(16)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:11:08 ━ Page top ━…‥・

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(14)天国から地獄

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(14)天国から地獄

「うう、うう…」
(これは…、おまん…)
階段を上がりきる手前で偶然マコの下半身にしがみついたミナヲは、顔全体を張りのいいお尻の弾力に押される呼吸困難状態ながら、口に触れる女性器を感じた。野生のスケベ本能はとりあえず舌でその感触を確かめ、恥毛の生えてないスベスベ肌がピッタリ閉じた一本スジをなぞっていた。

「どうしたの?」
いきなり性器舐めされたマコだったが、特に動揺した様子も見せずに顔だけ振り返った。台風の大雨が聞こえてこない薄暗い灯りの下で軽くねじった裸体は、女性らしい曲線に艶めかしい陰影を見せ、おかっぱボブカットが揺れる陰に冷たい眼光が潜んでいた。
「あ、いや、その…、転んじゃって、ごめん…」
(う…、気持ちいいけど、きょわい…、怒られる…)
発育優良な腰回りの肉肉しい柔らかさにしがみつくヘタレは感情のない視線にビビったが、アソコのスジはまだ舐め回していた。スジに入り込んだ舌の先端は小陰唇の柔らかい感触に往復を繰り返し、ツバを塗りつけていた。

「大丈夫、おんぶしようか?」
お尻のワレメに顔を埋められて女体の神秘をベロベロ舐め回される女子高生は、怒らずにおんぶしようと言い出した。そういえばマコが本当に怒ったところをまだ見たことがない。
「いや…、いいから…」
(何言ってんの…、おんぶって…)
お尻のワレメに顔を挟まれたミナヲの声は、スベスベ肌の股間と太ももが作る空間を通してマコに届いていた。発育優良なお尻を両手で抱えて離すつもりがなさそうな変態は、いくら身長が同じくらいでもおんぶは無理だろうとたかをくくっていた。

「乗って」
階段を上がりきっていたマコは、その場でしゃがんで背中を向けた。お尻の曲面が下がってワレメが広がっていく様子は壮観だった。一瞬のことだったが、見飽きたネット動画では決して見られないお宝動画だった。
「うっ」
(おっ、と…、うははっ、丸見えっ…)
エロチックな光景に見とれたミナヲはお尻という支えを失って階段に手をついてつんのめったが、ウンコ座りする裸体の女性器が目の前にあった。薄暗い股間にツバで濡れた一本スジがわずかにスキマを見せてテカっていた。
「…、どうぞ」
股間を覗き込む変態に嫌悪感を見せる様子のないマコは、早く乗れと手招きして急かした。
「あ、うん…」
(だいじょうぶか…、はああ…、いい気持ち…)
マコの決めたことに拒否権がないことを痛感していたので、おんぶされるしかなかった。起き上がったミナヲは、階段でおんぶされる危うさを感じながら、肩に手を置くと裸の前面を密着させた。裸の同級生の背中はスベスベして気持ちよかった。

「ひっ…、げえっ」
(え…、いっ、いてえっ…)
ミナヲをおんぶしたマコは予想に反して軽々立ち上がった。その勢いに驚く間もなく、ミナヲは反り上がった分身が尾てい骨で圧迫される激痛に悲鳴を上げた。発育優良な女体との接触に勃起する気持ちよさから股間から脳天を貫く激痛に襲われるという、天国から地獄への予想外の転落に、肩に置いた手は思わず2つの豊満な乳房に下がって握り潰していた。

秀香蘭高校放送部(15)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:42:53 ━ Page top ━…‥・

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(13)階段でアクシデント

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(13)階段でアクシデント

「ん…、苦い…」
下半身にへばりついたザーメンの味を確かめてから飲み込んだマコは、また不思議そうな表情で首を傾げた。

「あ、ああ…、そう…」
(苦いって、言うか…、でも、かわいい…)
体液を味わうだけでなく真顔で感想を伝えてくるマコの予想外な行動に、ミナヲは様々な感情が吹き飛んで呆れていた。しかし頭を傾けた様子におかっぱチビの面影はなく、可愛らしいメガネっ娘だった。
「実物、初めて…、ふちゅ」
黒縁メガネの奥から無表情に見返していたマコは精飲が初めてだと告白すると、もう一度ザーメンを指ですくって口に入れてからキスしてきた。柔らかいプックリ唇がかすかなスキマを見せて吸い付いてくるサプライズアタックを、ミナヲは棒立ちになって受けた。
「へ?、ふあ。ああ…」
(ちゅ、ちゅー?…、な、なんで?…)
初キスだった。唇が重なり合う気持ちよさにギョッとした。想像していた甘いファーストキスではなく、舌と一緒に入ってきたツバはザーメンの苦みがあって、なんだかよけいに興奮した。
(うは、あは…、うひいい、舌が…)
茫然自失のミナヲは絡みつく舌に白目を剥いたが、ヌルっとまとわりついてくる気持ちよさに脳髄がしびれた。射精してダランとしていた愛棒がまた勃起してマコの柔らかい下腹に食い込んだ。

「…、苦い?」
舌を絡めてベロチューを続けていたマコは、ハグをしたまま唇を離して聞いた。暖かくて柔らかいY字ゾーンの弾力が勃起した分身を優しく包み込んでいた。
「は?…、」
(苦い?…、なにが?…)
恋人同士のような抱擁とキスにミナヲはデレデレだった。発育優良な女体に密着する嬉しい快感にウットリするミナヲは、問いかけの意味が理解できずに緩んだマヌケ面をぶら下げていた。
「ザーメン、苦い?」
勃起した肉棒を下腹の柔らかい部分に食い込ませ、白濁液が溜まったへそに半剥けの先端を食い込ませたマコは、ちょっと不満そうなふくれっ面をみせた。
「あっ、ああっ、苦い、苦いよ」
仏頂面のメガネっ娘が見せた表情の変化が妙に嬉しくてカワイイと思った。童貞でまだちゃんとした男女交際の経験がないミナヲは、あっさり恋に堕ちていた。

「…、上行って続きしよ」
テキトウに調子を合わせるミナヲに不満そうだったが、マコは学生鞄を手に取ると全裸のまま二階に向かった。
(う…、見える…)
ミナヲもついていくと、階段で裸の下半身を至近距離から見ることになった。ナマ尻が目の前にあって、一歩ずつ上がるたびにお尻の肉がよじれて亀裂が見えた。
(…、これって、夢?…)
ネットの修正画像を眺めては見たいと切望した肝心な部分が目の前にあった。まだ性経験のないだろうその部分は一本のスジが前後に通っているだけだったが、足を上げるたびに淫靡に歪んでスキマから小陰唇をチラつかせた。女体の神秘をリアルに目撃したミナヲは前かがみになり、夢遊病者のような妖しい歩みでナマ尻に顔を接近させていた。

「うっ」
(えっ?、し、り?…、はううっ…)
マコが階段を上がりきる時、お尻に息がかかるほど前かがみになっていたミナヲは踏み外してつんのめった。体勢を崩したヘタレは発育優良な下半身にしがみつき、お尻に顔を押し付け、ワレメに鼻が食い込んでいた。暖かくて丸い弾力に顔全体を圧迫され、アナルに鼻の先を突きつけた変態は、口がアソコのスジに密着していた。

秀香蘭高校放送部(14)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:26:23 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old