FC2ブログ

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(25)

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
2.まさみの場合(25)授業中放尿

5限の化学室教壇に立った私は、教師生活8年間で沁みついた条件反射で生徒たちに礼をして授業をはじめました。

ノーパンノーブラで白衣しか着てないので、礼をして襟から溢れそうになったオッパイの谷間に注目する生徒もいたようですが、私はそんなことに頓着する気力がありませんでした。しかしカラダは彼らの視線に敏感に反応して何も付けてない股間を濡らしていました。教師としての冷静な判断力が下がりきっていたので、15歳の少年たちの前で白衣一枚だけの裸同然の姿で立つ疑似露出プレイに、倒錯欲情が高まってお腹の奥に潜むエッチな私が萌えていました。

実験台にもなっている教壇の横長机に座ると、「オシッコ、飲ませて」と呟く声がしました。ハッとなった私が下を見ると田中くんが机の下に隠れていました。先に準備室を出た彼は生徒側の席についていると思いこんでいたので、不意を突かれました。なんとか変な声が出るのを押さえた私は、とりあえず生徒たちに実験手順を説明して授業を進行させると、さり気なく机の下に目を向けました。

「オシッコ、飲ませて」ともう一度呟いた彼は、目をランランと輝かせて私の足を広げて間に入り込むと、何も付けてない股間に吸い付いてきました。私が辱めを受けていることを知らずに実験を始める生徒たちの前で、性器の粘膜をペロペロ舐められる私は喉まで出かかったエッチな声をかろうじて飲み込み、敏感な肌を走る淫らな快感に耐えました。

10代の少年少女の前でいやらしい愛撫を受けてよがる私は、恥ずかしさで顔から火が出そうでした。しかし昼休みにしつこい愛撫を受け続けて発情したカラダがそれを欲して悦んでいることを否定できませんでした。それから「生徒たちの前でオシッコさせられる」と思った私は、恥ずかしさと絶望感で目の前が真っ暗になりました。それでも田中くんの口と舌で執拗に愛撫されて熱く萌える性器は、意に反しておびただしい愛液を垂れ流していました。

お乳をねだる子猫の手つきで太もものしっとりツヤツヤ肌をリズミカルに押してくる田中くんは、上目使いで「早くオシッコして」と急かします。生徒たちのいる前でオシッコしたらもう教壇に立てないと教師の私は断固拒否するのですが、昼休みに飲まされた大量の水が膀胱に溜まっているので、オシッコの穴を舌で愛撫される刺激で尿意が痛烈に湧き上がってきます。まともな社会人としての分水嶺に立たされた私はなんとかオシッコを我慢しようとしましたが、下腹をじわじわと浸食する鈍い痛みに打ち克つ自信は到底ありませんでした。

この場から逃げる選択肢もありましたが尿意はもうオシッコの穴まで迫っていて、立ち上がった瞬間に生徒たちの前でお漏らししてしまうという最悪の事態が容易に予想できました。この間にも田中くんの舌先はオシッコの穴をこじ開けようと執拗に責めています。小さなオシッコの穴は尿道括約筋の頑張りでかろうじて決壊を免れていましたが、下腹に充満した傷みは限界を超えており、悪夢の刻はすぐ目前に迫っていました。

オシッコが我慢できないと諦めた私は、太ももの間から上目遣いで見上げる田中くんに目配せすると尿道括約筋を緩めました。次の瞬間悲劇的な状況を予想していた私に、幸福な開放感に包まれた至福の時が訪れました。私のおかしな様子に注目する生徒もいたようですが、公然放尿の悦びに満たされた私はむしろ「こんな幸せな私を見て」という誇らしい気持ちにさえなっていました。

みんなの前で放尿して悦びを感じる変態な私を、冷静な教師の私が冷たく見下ろしていました。越えてはいけない一線を越えてしまった私は、もうまともな教師には戻れないと思いました。

尿道括約筋が緩んだオシッコの穴から大量のオシッコが溢れていました。シャーと放出する音は彼の口の中に留まり、外には漏れてなかったようです。田中くんはここぞとばかりに股間にしゃぶりついてオシッコを飲み下します。下腹を責める尿意の緊張感から開放されてウットリと弛緩した私は、不審げな男子生徒が視姦するいやらしい目に煽られてますますエッチな気持ちが昂ぶり、白衣が直接肌に触れて刺激される女体が痺れて蕩けるような快感に酔っていました。

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(26)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:58:09 ━ Page top ━…‥・

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(24)

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
2.まさみの場合(24)田中くん専用のオシッコ製造機

山本くんは冷たく「立ちション」と言いました。冷たい言葉で辱めを受けて女としてのプライドをズタズタにされた私は抵抗する気力もなく、聞かれるままに「よかったです」と応えました。

座った私の太ももの間に入り込んでオシッコと愛液でビショ濡れの性器をペロペロ舐めていた田中くんは膨らんだ股間をしきりに揉んでいましたが、「山本くん、やっぱり先生、立ったままじゃ疲れちゃうんじゃないの」と言いました。山本くんは後ろに立って膨らんだ股間を首筋や髪を擦り付けながらオッパイに手を伸ばして揉んでいましたが、「先生、疲れた?」と聞きました。優しさの欠片も感じない抑揚のない声でよけいに徒労感が押し寄せてきました。

山本くんが望んだなら、女としての大事な何かを失ってもオシッコを飲ませてあげたと思います。でも田中くんを喜ばせるだけに小便まみれのヨゴレ女に堕ちたことは後悔でしかありませんでした。惨めな敗北感にうなだれていると突然山本くんからキスされました。反省した山本くんの優しさと勘違いした私は、唇を緩めて彼の気持ちを受け入れようとしました。

しかし次の瞬間、口の中に水が注ぎ込まれました。突然注がれた水流にビックリした私は咳き込むのを我慢できませんでした。呆れた顔で見下ろす山本くんは冷たく「先生、ちゃんと飲まないと」と言うだけです。えづくのが収まった私が涙目で彼を見上げると、「ちゃんと飲んで、また田中くんにオシッコ飲ませてあげて」と冷たく命令します。優しさや思いやりの欠片もない言葉でした。

そのとき思ったのは「私は田中くん専用のオシッコ製造機にされたんだ」でした。山本くんは「じゃあ、田中くん、ちゃんとしてあげて」と言って準備室を出ていきました。田中くんと二人きりになりました。山本くんは私に飽きたんだと思いました。私はゴミクズのように捨てられたんだと思いました。山本くんの痴漢行為を公にしないためにいろいろ努力してきた結果、彼に好意を持った純情な気持ちが泥靴で踏みにじられた気分でした。悲しすぎて涙も出ません。絶望感と惨めな傷心に心が慟哭して全身が凍るようでした。

「じゃあ、せんせい、いくよ」というバカっぽい声に視線を上げると、ちんまりしたオチンチンが目の前にありました。いつのまにか全裸になっていた田中くんは私のカラダを起こすとオッパイを押し潰して抱きつき、キスしてきました。中途半端に勃起したオチンチンが下腹の素肌に押し付けられています。山本くんに捨てられたショックで抵抗する気力が枯れ果てた私は、彼のミネラルウォーター込みのキスを無抵抗に受けていました。

私が注入された水を飲み込むと、彼は水を口に含んでキスしてまた水を注入してきます。それも嚥下すると彼はオッパイを揉んで、半立ちのオチンチンを股間に押し付けて腰を振ってきます。水を吐き出して空になった口から「はあはあ」と興奮した吐息が溢れます。それからもう一度水を含んだ彼は、私をきつく抱きしめると勃起したオチンチンを濡れた性器のスジに食い込ませました。何度もその繰り返しが続き、彼は私の裸体にオチンチンを押し付けて腰を振って「ハアハア」と興奮した息を響かせます。山本くんロストで私はもうどうでもよくなっていて、「そんなことしてないで、さっさと挿入してセックスすればいいのに」と投げやりな気持ちにさえ囚われていました。

その後も水注入キスは続き、ペットボトル3本分飲まされました。昼食を摂ってない私のお腹は1.5リットルの水でポッコリ膨らんでいました。数え切れないほどキスされて、全裸の女体をまさぐられ続けた私は淫らな気持ちで朦朧となっていました。アソコのスジは溢れた愛液でヌルヌルでした。「ハアハア」と荒い息を上げて私にのしかかっていた田中くんはなんどか射精して下腹にザーメンをぶち撒けましたが、なぜか膣に挿入して本番セックスすることはありませんでした。

「じゃあせんせい、着て、5時間目の授業だよ、ボク先に行って待ってるから」という声がしました。ボンヤリして顔をあげると着衣した田中くんが化学室に行くのが見えました。時計を見ると5限の授業が始まる5分前でちょうど予鈴が鳴りました。何も考えられず、教師のサガで「5限の授業をしなくちゃ」と頭に浮かびました。田中くんのしつこい愛撫で意識にピンクのモヤがかかって現実感がない私は、下着をつけてない全裸の女体に白衣を着て、準備室から化学室に通じるドアを開けました。

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(25)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:19:47 ━ Page top ━…‥・

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(23)

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

今日は2件更新したのでまだの方は、(22)山本くんの裏切り再びからお読みください。

痴漢電車の女たち
2.まさみの場合(23)昼休みの全裸放尿プレイ

田中くんが準備室を去ると、私は徒労感に脱力して机に突っ伏していました。オッパイが潰れて勃起した乳首が痛かったですが、それでも2限が終わるまで起き上がれませんでした。

田中くんにいやらしい目で見られてベージュパンティは恥ずかしいシミができていました。白衣に透けないパンティは他にないので、シミ付きパンティに気づかれるんじゃないかと3限と4限の授業は男子生徒の視線を意識してヒヤヒヤしていました。なんとか午前中を乗り切って昼休みになりました。職員室の入り口で仕出し弁当を手に取ると、中には入らずに準備室に向かいました。

山本くんと田中くんはすでに準備室に来ていて、売店で買った惣菜パンをかじっていました。私がドアに鍵をかけて山本くんの横に行くと、いつもの無表情でお尻を触ってきて「パンティ脱いで」と命令されました。二人きりなら悦んで脱いだかもしれませんが、頭の弱そうな田中くんも一緒です。彼はお尻をまさぐる山本くんを羨ましそうに見ています。私は山本くんに逆らう罪悪感をなんとか振り払って「山本くん、ちゃんと説明して」と聞きました。

仏頂面で私を見た山本くんは、白衣のスソに手を入れてパンティをずり下げながら、「田中くんは親友だから、いいよね」とつぶやきました。親友だからオシッコを飲ませていいなんて、理不尽な無理難題にも程があります。でもお尻を裸にされて性器の敏感な部分をイジられると、お腹の奥のエッチな女の部分が熱くなって何も言えませんでした。

「いいって」と田中くんに目配せした山本くんは左手で私の濡れた女の子の部分をイジりながら、仕出し弁当を取り上げて食べ始めました。田中くんは「山本くんありがとっ」と私の股間の前にしゃがむと、白衣まくり上げて潜り込みました。恥毛のあたりに下がったパンティを下げて、片方抜いて足首に巻きつけました。頭の弱そうな田中くんの一瞬の早業で完全にノーパンにされた私は、股間を押さえて尻込みしていました。

弁当をかきこんでいた山本君は「広げて」と短く言うと、左手をお尻の奥に入れて膣口に挿入した指でクチュクチュしてきます。膣がビクッと収縮して「ああ」とエッチな声が出ました。冷たい声の命令に条件反射で足を広げてしまうと、「やった」と股間で歓声を上げた田中くんが股間のスキマに顎をねじ込んできます。彼の口がスジの前側に密着してクリをチューチュー吸ってきます。感じる部分を吸われる快感の波が全身に沁みて、「ん、あ、ああっ」と私は淫乱女のような声を上げて悶えました。

田中くんにクリを吸われて山本くんに膣の入り口を愛撫された私は、「や、ああっ」と恥ずかしい声で悶えました。「せんせいのオマンコ、うまいよ」と田中くんのバカっぽい声がしましたが、「い、いや、ああ」と性器の中心部から湧き上がる熱い官能に震えて白衣の女体をくねらせるばかりでした。かすかに残った教師として理性は太ももに力を入れて田中くんの口がオシッコの穴に到達しないよう抵抗しました。しかし再び「広げて」と山本くんから言われて逆らえず、股の力を緩めました。そうしても田中くんは顎から先が入れられなかったようで、スジの前側を口に入れてクリのあたりを舐め続けていました。

弁当をあらかた平らげた山本くんは後ろから私のカラダをまさぐると「じゃまだな」と言って白衣を脱がせました。ブラジャーも取られて全裸にされました。乳首が恥ずかしいほど勃起して突き出しているのが見えます。教師の威厳など微塵もない惨めで卑猥な全裸姿でした。田中くんは私の裸に興味ないのか、「うう、うう」と唸りながら一生懸命股間を吸っていました。何も隠すものがない股間は田中くんのツバでベチョベチョになっていました。

後ろからオッパイを潰すように強く揉まれました。思わず「ゔっ」とこもった喘ぎ声が出ました。それからリズミカルな動きに変わりました。スベスベオッパイ肌を乱暴に揉まれて「ああっ、ああっ」とエッチな声が出ます。太もも根本のくびれに顎をねじ込んでなんとかオシッコの穴に吸い付こうとしていた田中くんはムリだと諦めたのか、「山本くん」と情けない声で助けを求めました。

そこで山本くんに片足を持ち上げられました。破廉恥な開脚姿にされて、性器を田中くんの前で丸出しにされました。ツバでビショビショのそこがヒンヤリしてピクンと震えてしまいました。秘所を至近距離から観察される恥ずかしいような嬉しいような変な気分で、お腹の奥がゾクゾクしました。田中くんは「ありがと、山本くん」とはしゃいだ声を上げると、スジの両側に手を当てて濡れたスジを目一杯広げました。スジに隠れてた粘膜がピリッとしました。乱暴に扱われる惨めさとそうされる悦びを同時に感じ、私は子宮がキュッと締まるのがわかりました。

田中くんが粘膜にしゃぶりつきました。愛液でビショビショの膣口に舌を挿れられて「あっ」と声が出ました。田中くんは舌先でオシッコの穴を見つけると、小陰唇を口に入れて咀嚼しながら「オシッコオシッコ」とねだってきます。おしっこの出る小さい穴を舌で愛撫されて、尿道括約筋が緊張と弛緩を繰り返します。下腹をキリキリと責める切羽詰まった放尿衝動が徐々に高まります。ピクビク痙攣する太ももを持ち上げたまま片手でオッパイを揉む山本くんが、「オシッコして」と冷たく命令します。

二人の男の子から弄ばれた私は性的興奮が限界まで高まって狂いそうでした。全身の皮膚感度が極限まで高まり、何をされても感じました。息もできないくらい苦しくて気絶しそうなこの快感地獄から開放されるにはオシッコするしか無いと観念した私は、尿意を押しとどめていた尿道括約筋の力を緩めました。

下腹の鈍い痛みから開放されると、熱い昂ぶりの心地よい放出感とともに田中くんの口で覆われた性器が温かくなりました。山本くんに後ろから支えられた私は気が遠くなりそうな快感に恍惚としました。片足立ちの太ももとお尻にしがみついて股間に口を押し付ける田中くんは「うっうっ」と唸って、直接口の中に飛び込んでくるオシッコを懸命に飲み込んでいました。

田中くんは一滴もこぼさずオシッコを飲み干しました。性器に男子の口直付けでオシッコを飲まれた私は、女として守るべき何かを無くしてしまった諦観にグッタリしました。口の周りをビショビショに濡らした田中くんが丸いすに座り込んだ私を覗き込んで、「美味しかったよ、先生」と嬉しそうに笑っています。うなだれる私の顔を上げて無理矢理後ろを向かせた山本くんは無表情なまま、「立ちション、気持ちよかった?」と聞いてきました。

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(24)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:08:56 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old