FC2ブログ

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(20)初めてのアナル挿入

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
4.ららみの場合(20)初めてのアナル挿入

「効いてきた?、これって催淫効果もあるんだよ」
居酒屋の掘りごたつ個室で催される合コンという名のお見合いに誘い込まれて、アナル攻撃に悶える私にいやらしく笑った細マッチョは、学生女子バイトがいなくなったので本格的に変態行為を開始しました。アナルに指挿入を繰り返しながら、股間に差し込んだ反対の手でアソコの切れ目も弄りだしました。

「あ、んっ、ああっ、んっ、おしり、ああっ」
エッチな気分になる変な薬を大事な部分に塗られて欲情してしまうのは、しょうがないとどMな裏の私は運命を甘んじて受け入れていました。股間でうごめく2つの手に悶え、いやらしい喘ぎ声を上げ続けました。
「ボクの棍棒にも塗って、ほら」
前と後ろの穴を指を挿入されて悶えていると、江崎さんはアナルローションと称する軟膏を私の手に塗りたくって勃起したオチンチンを握らせました。
「おほっ、うまいね、ららみちゃん、気持ちいいよ」
裸の下半身を大股開きさせられて江崎さんの股間に跨がった私は、濡れた性器のスジに沿って反り上がる男根を握って両手で軟膏を塗りたくりました。
「あ、んっ、すごっ、あ、ダメ、おかしくっ、なるっ」
軟膏塗り塗り手コキに満足そうな細マッチョは自分も軟膏を指に取ると、また前と後ろから挿入しました。催淫効果のある軟膏が膣とアナルの粘膜にジンワリ染み込みます。私は頭がおかしくなるくらいの快感に悶えあえぎました。

「くっ、ううっ…、ミキ、裂けちゃう、壊れるうっ」
気持ちよすぎてめまいがしそうでした。ふと隣を見るとツマミにがっつく大山さんの股間に跨がらせられたミキちゃんが呻いています。大山さんの肉棒は人間離れした太さなので悲鳴をあげるのもわかりますが、ミキちゃんは使いすぎたユルユルマンコなので、私は演技が入っていると思いました。
「んがっ、ミキちゃんがかわいいな、でもアバズレのビッチだしな」
ミニ丈ドレスがほとんどはだけて裸と変わらないミキちゃんを後ろから抱きかかえて、盛んに腰を上下させる大山さんはロリコン気味に見えましたが、貞操観念が欠如したミキちゃんとのセックスは遊びなのだと感じました。

「あうっ」
大山さんとミキちゃんの野獣とロリビッチセックスを眺めていたら、突然後ろから抱きつかれて挿入されました。尻穴弄りされていたときにアナル拡張もされていたみたいで、勃起した陰茎があっさり挿入されました。
「くうっ、締まるっ、いいっ、いいよっ、ららみちゃんっ」
私がびっくりして振り返ると、アナルに生ちんこ挿入した江崎さんが嬉しそうに顔をしかめていています。
「んっ、大山さんに、ああ、怒られます、よ…」
バックから腰を抱えられた私は初めてのアナルセックスによがり、ビールジョッキが置かれたテーブルにしがみついて悶えました。
「あ、ああ…、大山先輩からはお尻はOK、って言われてるから」
尻穴の締め付けにうっとりする細マッチョは、私の訴えが耳に入るとうっとりしたため息を漏らしました。そして私のアナルを犯すのは大山さん公認だと告げました。
「ああ、んっ、そう、あっ、です、か、ああっ」
尻穴に入り込んだ男根が挿入を開始しました。私は直腸粘膜を勃起チンポで擦られる初めてのA感覚に戸惑いましたが、アナルローションに含まれる催淫剤の効き目なのかビッチな喘ぎ声を上げてお尻をくねらせていました。

「あっ、だ、ああっ、お尻、感じちゃうっ」
初めてお尻を犯されたのに私は感じていました。直腸から大腸を貫く熱い肉棒に私は歓喜の雄叫びを上げていました。
「んっ、い、いいっ、締まるっ、くうっ、もっと、もっとだあっ」
その声に興奮したのか江崎さんは体育教師の体力を発揮してますますグラインドを早めました。歯を食いしばらせたちょいイケメン顔はフンフンと鼻息を漏らし、汗でしっとり濡れたお尻を両手で抱えて催淫剤入り軟膏ヌルヌルアナルへの挿入を激しくしていました。

痴漢電車の女たち 4(21)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:55:20 ━ Page top ━…‥・

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(19)ビールのアテはツマミと女体

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
4.ららみの場合(19)ビールのアテはツマミと女体

「んっ、ごくっ…」
大山さんの口移しビール注入はまだ続けられていました。私は次々に注入されるビールを懸命に嚥下して、気を失いそうになる自分をなんとか保っていました。

「江崎さん、ミキもして欲し~い」
拷問のようなビール注入を受ける私を見て羨ましくなったミキちゃんが、江崎さんにおねだりすると、
「いいよ、…、んっ…」
上目遣いのおねだり光線にニヤけた細マッチョ青年がビールを含んでキスしました。
「あ、んっ、おいしっ」
江崎さんはゴリラ並みの先輩と違って、口に含んだビールの量が大したことがなかったようです。ちょうどいい量を口移しされたミキちゃんは美味しそうに飲み干すと、露出過多なミニドレスの肉体をすり付けていました。

「あの、お料理…、よろしいでしょうか…」
そこに女子学生バイトが料理を持ってきてくれました。彼女たちの再登場で私は拷問のようなビール口移しプレイから開放されました。
「大ジョッキ8杯追加」
大山さんは口移しプレイの間に自分も飲んでいたようで、4杯のジョッキは空になっていました。空になったジョッキ4つを片手で持ち上げると、料理を置いた彼女たちに追加注文しました。

「じゃあ、いただくか」
まだ口をつけてなかった私の前にあったジョッキを当然のように一気にあおった大山さんは、精力増進に効きそうな料理を口に運びはじめました。
「ららみちゃん、って呼んでいい?」
大山さんから開放されて一息つく間もなく、江崎さんが隣りに座ってきました。
「あ、はい…」
初対面の人に名前で呼ばれるのはひさしぶりだったのでちょっと萌えましたが、彼の好色さが滲んだ目は大きく開いた胸の谷間に向けられていました。さっきまで野太い指でもてあそばれていたアソコがキュンとしました。

「んっ、うまいぞっ」
大山さんは精力がつきそうな料理をかきこんでいます。いまにもおっぱいを揉みそうに迫ってくる江崎さんを無視して、ミキちゃんはどうしたんだろうと横を見ると、
「うん、おいしいね、ペロペロ」
料理にがっつく大山さんの股間にしがみついてお口の奉仕を捧げていました。ミニドレスがはだけてポロリした胸を野太い手で片手間に愛撫されるミキちゃんは、巨大な肉棒にまとわりついてペロペロ舐め回していました。

「えっ」
変幻自在なミキちゃんのお淫ら三昧な姿を見てあっけにとられていると、お尻をまさぐられて思わず声が出ました。
「ららみちゃんは、こっちはまだでしょ」
振り返るとスケベ面をぶら下げたちょいイケメンが私のお尻をまさぐって、アナルに指を入れようとしていました。
「あ、はい、え、だめ、あっ、そこ、ああ…」
どM女の習性で素直にアナルバージンを告白して、しまったと思った私はお尻に執着する江崎さんを押しのけようとしましたが、現役体育教師の体力にはとてもかないませんでした。膝の上の抱えられた私は、お尻の穴をグリグリされるのに耐えるしかありませんでした。
「だいじょうぶ、アナルローション持ってるから、すぐに良くなるから」
私を抱えて上機嫌の江崎さんは、ポケットからチューブを取り出して指に取ると、それをお尻の穴に挿入しました。

「あっ、んっ、だ、あ、ああ…」
アナルローションと称する軟膏をアナルの内側に塗りつけられました。肛門から直腸の粘膜にヌルヌルが沁みていきます。アナル粘膜を愛撫される変態プレイを強要された私は、オッパイを剥き出しにされた女体が熱くて変な声が止まりませんでした。

痴漢電車の女たち 4(20)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:42:44 ━ Page top ━…‥・

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(18)ビールで変態カンパイ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
4.ららみの場合(18)ビールで変態カンパイ

「あ、あん、私は高山ららみ、あう、です、うっ…、ミキちゃんの先輩、で、え…、うっ、うん…、今年、あん、社会人7年目、に、あ、ああっ、なり、ますう…」
小悪魔スマイルのミキちゃんに促されて、私は自己紹介しました。でも大山さんの野太い指が股間に入り込んでイタズラをするので、途切れ途切れになってしまいました。

「私は大山だ、大日本帝国体育大学出身の体育教師だ、子供は20人欲しい、野球チームとサッカーチームを作って大リーグとJリーグを制覇するためだ」
ウエストに太い腕を回してザーメン混じりの愛液でグチャグチャのアソコをいじくり回す大山さんは、自慢げに荒唐無稽な将来の夢を語りました。
「あんたとは相性が良さそうだな」
私は売り場で強姦されたときから大山さんに気に入られていたのでしょう。ゆるめたゴツい顔を近すぎるほど寄せて大山さんが私を抱きかかえました。二人の前で性器をもてあそばれる私は頬をベロベロ舐められるんじゃないかと思って怯えました。
「あ…、あん、は、はあん…」
20人もの子供を孕ませ続けられる結婚生活に恐怖しましたが、女体に潜むどMで淫乱な本心は赤ん坊製造機扱いされる奴隷人生を歓迎し、お腹の奥をジンジンと熱く萌えさせました。
「あっ、あ、江崎さん、あん…」
私の恥ずかしい姿を横目に見てニヤニヤしていたミキちゃんは、細マッチョの江崎さんとイチャイチャしてエッチな声を漏らしていました。電車内痴漢でエッチな声を我慢していたためか、江崎さんに濡れ濡れのユルユルマンコを愛撫される悦びに嬉しそうな嬌声をあげてあえぎました。

「おまたせしま…、あっ、すいませんっ」
そこにバイト女子二人がビールジョッキ大8杯を両手に持って来ました。私達の痴態を目撃した彼女たちは恥ずかしそうに顔を伏せました。
「ああ、ごめんね、気にしないで、注文いい?」
ちょいイケメンの江崎さんはミキちゃんの股間をまさぐりながら、彼女たちにビールジョッキを置くように促すと料理の注文をはじめました。
「ニラレバと牡蠣の卵とじ、うなぎ蒲焼、山芋のオクラあえ…」
江崎さんは精力がつきそうな料理を注文しては、大山さんをいちいち見て了解を確認していました。私はバイト女子にチラチラ見られる恥ずかしさに羞恥心を刺激されて、どMなエッチな性根を刺激されていました。

彼女たちはゴリラのような巨体にイタズラされる私をかわいそうに思っていたようですが、私は彼女の視線に露出変態な欲情を刺激され、僅かなパンティ生地越しにアソコの合わせ目を刺激してくる指をベトベトにしていました。

「じゃあ、乾杯するか、俺達の明るい結婚生活にカンパイだっ」
バイト女子が退場すると、大ジョッキ4杯を前においた大山さんはジョッキを軽々と持ち上げて乾杯しました。大山さんのザーメンで出来ているような脳みそでは私との結婚が規定路線となっているようでした。
「ぶはあっ、うまいっ、んぐっ、ほら、あんたも飲んで、ぶっちゅううっ」
0.7リットルのビールを一気飲みした大山さんは、2杯目を口に含むと私の口に吸い付いて注入してきました。

「あっ、んっ、ぐっ、いっ、んっ、ごくんっ」
きつく抱きしめられた私は逃げることも出来ず、分厚い唇に塞がれた口から注入されるビールを懸命に飲み込みました。唇に吸い付く鬼瓦のような顔を見ていると、冷たいオシッコを無理やり飲まされる変態プレイをされている気がしました。
「んっ、ああっ、ごくうっ、あんっ、ごくっ」
その間もパンティ越しの愛撫は続けられました。無理やり注入されるビールで息ができないので苦しかったですが、ザーメン混じりの愛液やお漏らしの湿り気で面積の少ない股布はビショビショになってました。

痴漢電車の女たち 4(19)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:30:18 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old