FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (50)催淫剤入り?極辛麻婆

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (50)催淫剤入り?極辛麻婆

「…姉さん、え?…、何でっ…」
(ひっ、何っ?…、角で、オナニー?…、エロい…)
また真夏がお漏らししたことを恥じらって逃げてしまったので、孝雄はトイレから帰ってきた。個室に戻ると激辛麻婆豆腐を食べて汗だくになった伊織が、ほとんど裸の姿で机の角に股間を擦り付けていた。

「あら、うふふ、あなた…」
机の角に股間を擦り付けてボタンが外れた服がはだけてピンク色の肌から汗を噴き出す伊織は、仮妻の口調で妖しい笑みを浮かべていた。
「これ、とっても美味しいですよ、残しちゃ、ダメですよ」
ウットリした表情を浮かべて角オナニーを中断した伊織は有無を言わせず孝雄を座らせると、麻婆豆腐をなみなみとすくったレンゲを口に押し付けてきた。
「いやっ、まっ、まって」
(ひいいっ、やばい、死ぬっ…)
孝雄はくちびるがヒリヒリする極辛麻婆から顔を背けた。命の危険さえ感じる極悪な辛さに懲りている孝雄が無理やり食べさせようとする伊織から逃げようとすると
「…、真夏さんのは食べたくせに、私は嫌なんですね」
珍しく不満そうな表情をはっきり見せて拗ねた伊織は、汗が溜まった谷間が丸見えの乳房を押しつけて抱きついてきた。汗まみれでヌルヌルに濡れた極上の女体の気持ちよさが全身に沁みて即勃起した。
「ね、姉さん…、なんか、おかしいよ…」
(はあ、気持ちいい…、でも、何が起こってんだ?…)
人が変わったように迫ってくる伊織に怯えた孝雄は、汗でヌルヌルでプルプルのオッパイを押し返して毒々しい赤色の汁をすくったレンゲから逃げた。

「私はおかしくないですっ、私がいるのに、他の女の人とトイレでエッチなことをする孝雄さんが、おかしいんですっ」
汗を滴らせる顔をあからさまに怒らせて他の女との浮気を責めた伊織は、勃起した股間に剥き出しのオマンコを密着させてまたぐと、レンゲを口に含んでキスしてきた。
「うっ…、じ、じぬう…」
(うへっ?、チュー?…、ひっ、びいいいっ…、辛っ、し、死ぬ…)
椅子に座った対面座位で両手両足を絡ませて抱きつき、孝雄の自由を奪った伊織はディープキスで舌を入れて麻婆豆腐を押し込んできた。伊織のツバを含んだ麻婆豆腐は極悪な辛さはそのままで、頭の中で稲光りがして全身がしびれた。孝雄は薄れ行く意識で生まれてからの記憶を走馬灯のように見ていた。

「美味しいでしょ、それにこれ食べると、なんだかエッチ気分になるんです」
伊織は麻婆ディープキスを繰り返して一皿全部孝雄に食べさせた。極辛麻婆を完食させて満足そうな伊織は、白目を剥いてのけぞり全身から汗を吹き出してガクガク震える孝雄の手を胸に当てさせて揉ませていた。
「うふふ、アナタも同じ気分なんですね、いいですよ、もっとエッチなこと、しても」
オッパイを触らせながら肩にぶら下がっていたブラを外した伊織は、腰をずらして勃起した分身を社会の窓から取り出すと濡れた性器に密着させた。
「はうう…」
(はああ、気持ち、いい…、あの川の向こうは、うひっ、極楽か?…)
薄れ行く意識で三途の川の風景をおぼろげに見ていた孝雄だったが、汗と膣から分泌された体液が混じったヌルヌルの性器がチンポを包み込む気持ちよさに不気味な笑みを浮かべていた。

「アナタったら、ほんとにエッチなんだから、でも夫婦ですから、何でも許してあげますね」
極悪激辛麻婆で生死の境をさまよう孝雄が半目の薄ら笑いを浮かべるのを、淫靡な笑顔で見た伊織は淫靡に汗が滴る丸出しのお尻を妖しく揺らし、ギンギンにこわばったイチモツに愛液まみれの縦スジにこすりつけるただれた快感を楽しんでいた。

義姉さんと孝雄 (51)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 13:49:03 ━ Page top ━…‥・

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (49)極辛フェラとオシッコ素股

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (49)極辛フェラとオシッコ素股

「チャウくん、こっちきて、お姉さん、おトイレ行ってきますね」
手コキする孝雄が気持ちよさそうにのけぞるのを見てニンマリした真夏は、尻穴セフル調教に耽って朦朧とする伊織に声をかけて部屋を出た。

「おい、真夏…、くっ、ううっ…」
大事な一人息子を手コキで握られて人質に取られた孝雄は、言いなりになってトイレに連れ込まれるといきなり強烈なフェラで吸引された。
「うっ、き、効くうっ…、お、おふっ、ほおおっ…」
極辛麻婆豆腐が残った舌がカリに絡みついて粘膜にピリピリ沁みた。最近フェラを体験したばかりの童貞は、勃起チンポが感電したみたいにビリビリする新次元のエスニックな味付けのブロージョブに悶え、腰を突き出してのけぞるだけだった。
「ふむっ、ふぁあっ、ふぇふぁあっ」
肩出しキャミの肩紐を垂らしてDカップオッパイをひりだした真夏は、サオで太い輪ゴムのように広がった唇から垂れたヨダレをオッパイの谷間に垂らし、潤んだ半開きの目で嬉しそうにフェラを続けていた。
「くっ…、真夏、ヤラせろ…」
極辛フェラに発射を予感した孝雄はおツユで濡れたオッパイを見て興奮すると、真夏を立たせてバックからしがみついて抱きしめた。
「んっ、いいよ…、あっ、チャウくんが、したいなら…」
無抵抗でドアに寄りかかった真夏は後ろに回した手でお尻からパンティをずり下げ、自分でヨダレまみれにした勃起チンコを愛液が糸を引く亀裂に誘っていた。

「くっ…、真夏…」
辛味成分が沁みこんでピリピリするカリを濡れた股間に差し込んだ孝雄は、ヨダレが垂れたオッパイを鷲掴みして腰を振りだした。
「あ、あんっ、チャウくんの、オチンチン、挿れてえ…」
ロリ風味残念女子大生の女体にのぼせる孝雄は、膣の入り口をカリでこする快感を貪っていた。まだ膣に挿入したことがない童貞は入り口のヒダに分身を擦る快感に満足し、本番挿入を望む真夏を無視していた。
「はっ、はあっ,はあっ、はあっ」
中華料理店のトイレで素股に没頭する童貞は荒い吐息が外に聞こえるかもしれないと心配する余裕もなく、腰を振ってヌルヌルの媚肉に分身をこすりつける気持ちよさに溺れていた。
「あ、ああっ、チャウくうん、あんっ、挿れて、いいよ…」
入り口を行き来するだけの勃起チンポに焦れてきた淫乱女子大生は、開きだした膣口に押し込もうとして前から手を入れて指先でカリを押し上げた。

「お、はっ、真夏、はっ、はあっ、触ってやる…」
真夏が自分から生挿入を望んでいると思わず、感じる部分を自分で触ろうとしていると勘違いした孝雄は、恥毛がまばらな丘に手を伸ばして真夏の手を押しのけると、スジの前側に指を入れてグリグリした。
「かはっ…、や…、そこ…、あ、ああっ…」
クリが一番感じる真夏は乱暴な愛撫に一気に頂点に突き上げられ、ロリの名残がある女体を緊張させてのけぞった。同時に尿道が緩んで股間は大量の黄金水が溢れた。
「おっ、ぐっ…、うくっ…、うううっ…」
緊張した女体に引っ張られるように股間を押し付けた孝雄は、前側に顔を出した分身を引き抜く時に太ももで強く圧迫された。しっとりした太もものナマ肌にカリ根を広げられ、生暖かいオシッコシャワーを分身全体に浴びる異次元の快感にあっさり射精していた。
「く、ううっ…、あったけえ…」
女子大生のションベンまみれになったイチモツが、緊張して狭い股間にガッチリ挟まれてドクドク脈動した。根本のモジャモジャまでオシッコで濡れた孝雄は、小さい頃に寝小便したときの股間が生暖かくなった経験を思い出し、またひとつ倒錯した変態快楽の悦びを知ってしまっていた。

「やっ、やだあっ、お漏らし、恥ずかしいっ、またしちゃったあっ…、もうやだあっ…」
孝雄の部屋に続いてまたオシッコ潮吹きをしてしまった真夏は、我に返ると恥ずかしさで耳の先まで真っ赤になっていた。恥ずかしいを連発してビショビショに濡れた股間にパンティを引き上げると、またもや脱兎のごとくトイレから逃げてしまった。

義姉さんと孝雄 (50)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:46:00 ━ Page top ━…‥・

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (48)極辛麻婆豆腐で極楽昇天?

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (48)極辛麻婆豆腐で極楽昇天?

「チャウくん、辛いの平気?、麻婆豆腐が美味しいお店、真夏、知ってるの」
7月の陽炎が立つような炎天下で孝雄に素肌剥き出しの腕を組んでご機嫌の真夏は、四川風の超辛麻婆豆腐で有名な中華料理店に誘っていた。

「え、まあ…、姉さん平気だよね?」
辛い物好きでも裸足で逃げ出す極悪な辛さで有名な店だと全く知らない孝雄は、汗まみれになるセクシーな伊織を見るのも一興とお気楽に考えていた。
「は、はい…」
買い物袋で隠した孝雄のいやらしい手で尻穴調教を続けられる伊織は、エッチな吐息が漏れないように最小限の単語で返事をした。
「じゃあ、行こうっ」
伊織が自分より巨乳で美人でも孝雄と血縁なら敵じゃないと思っている真夏は、上機嫌で炎天下の陽炎で生足をユラユラさせてスキップしていた。

「オジサン、いつもの3つねっ、個室、いいよね?」
赤と金色のオーナメントのイメージとは程遠い地味な中華料理店に入ると、真夏は顔なじみらしい口ぶりで注文した。
「う…、あれって…」
(な、なんで…、風邪じゃない、よね…)
注文を受けた店主がマスクと水中メガネをつけるのを見た孝雄は、軽いスケベ心で真夏の誘いに乗ってしまったことを後悔した。
「ああしないと、鼻と目、やられちゃうんだって」
完全武装した店主が中華鍋を回し始めるとすぐに目を突く辛い匂いが漂ってきた。危険を感じて口を押さえる孝雄に真夏はそうするのが当たり前という口調で笑っていた。
「…」
尻穴調教がまだ続いている伊織は軽く震えてうつむいていた。お尻の快感でエッチな声が出てしまうのを抑えるのが精一杯で二人の会話に入れずにいた。

「んーっ、おいしっ、チャウくんも食べてっ」
中華料理っぽいい丸いテーブルの部屋で真夏は、赤色が禍々しい麻婆豆腐にうまそうに舌鼓をうち、孝雄の前にレンゲを差し出した。
「んっ…、ひいいいっ」
顔色一つ変えない真夏に心配は杞憂だったかもしれないと思ってしまった孝雄は、一口食べると口から火を吹いて苦悶した。
「ふっ、はっ、はああっ、姉さん、やめたほうが…」
(こんなの食えるかっ、姉さんは?…、えええっ、食ってる?!…)
真夏がいつも頼む「地獄の20倍辛」は人間の食べ物ではなかった。舌の上が火事になっていた孝雄は伊織に食べないように言おうとしたが、伊織は整った顔立ちに汗をダラダラ垂らし、震える指でレンゲを口に運んでいた。

「お姉さん、美味しいでしょっ、真夏、いつもここ、来るんですよっ」
伊織と対照的に汗一つかいていない真夏は不感症じゃないかと思ったが、徐々に頬がピンク色に変わってきた。
「おまえ…、え…」
(なんか、エッチに…、え、姉さん、何してんの!?…)
肩出しキャミの肩紐が二の腕に垂れてふしだらな感じになってきた真夏から目をそらして、口直しに伊織を見ると汗をダラダラ垂らして極悪麻婆豆腐を食べながら、真夏から見えない位置でお尻に手を回して自分でセルフアナル調教していた。
「チャウくん、美味しいのに…、どうして食べないのお?…」
ウットリした目つきの真夏がしなだれかかってくると、孝雄のレンゲを持ち上げて食べさせようとしてくる。

「お、おい…、ひいいいっ…、はううっ…」
(こ、こら、何してんだっ、ぐっ、かっ、辛ええっ…、え、やめっ、はくっ、ううっ…)
ウットリして谷間を強調するキャミの胸を押し付けてくる真夏は極辛麻婆豆腐のレンゲを口に押し付けながら、社会の窓をから取り出した息子を艶めかしい手つきでさすっていた。また口から火を吹いた孝雄は遠くなりそうな意識で分身をしごかれる心地よさを感じていた。

義姉さんと孝雄 (49)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 05:23:30 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old