FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (47)仮妻伊織と真夏

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (47)仮妻伊織と真夏

「姉さん、びっくりしたよ、いきなりしゃぶってくるんだもん」
(イオリは、勃起したオチンチンが、大好きってか…、うひひっ…)
試着室から漏れる艶めかしい声は店員や客にも伝わっていた。欲求不満っぽいお局店員から注意を受けて長居出来無くなった孝雄と伊織は、結局両方の水着を購入して水着売り場を逃げるように出て行った。

「孝雄さんが悪いんですよ、でも私たちは「夫婦」ですから、あのくらい当たり前ですよね」
よく晴れた往来でフェラからの口内射精に触れる孝雄に恥ずかしそうなかわいいふくれっ面を見せた伊織は、仮の夫婦関係を持ちだして言い返した。
「あ…、そうだったな、イオリ…、もっとかわいがってやるから」
(こういうこと、言うヤツだっけ?…、でもちょうどいいや…)
妙にノリの良い伊織に浮かれた孝雄は、多くの人が行き交う往来で成長のいい女体を抱き寄せるとお尻に手を回して撫で回した。
「アナタ…、こんなとこじゃ、いや…」
水着が入った買い物袋をお尻に持っていって痴漢する手を隠した伊織は、恥ずかしそうな上目遣いで変態行為をしてスケベ笑いする孝雄を見ていた。
「なんだ…、旦那様に逆らうとは悪い嫁だ、お仕置きしないとな」
(くううっ、かわいいっ…、イオリ、かわいがってやるっ…)
すがるような目に萌えた変態は、花柄ワンピに手を入れるとパンティに指を差し込んで尻穴をいじりだした。
「や、やだ…、変態…」
多くの人とすれ違う道でお尻の穴を愛撫された伊織はビックリしてスケベ笑いする孝雄を見つめたが、逃げようとせずにお尻の穴に侵入してくる指を受け入れていた。

「やっぱりチャウくんだあっ、探したよおっ」
仮妻のアナルを甚振る路上羞恥プレイに股間をモッコリさせてのぼせていた孝雄は、突然現れた真夏に抱きつかれた。オシッコ潮吹きして孝雄の部屋から逃げ出してから、オールドキャラ登場のコスプレ乱交プレイに参加させてもらえず、作者から半ば忘れられていた真夏だが、このエロ小説のスーパーサブは自分だとアピールして張り切っていた。
「え、おまえ…、なんでっ?」
肩紐キャミで露出度の高いファッションが定番の真夏は、乳首が見えそうな位置まで谷間を強調する乳房を孝雄の胸にグイグイ押し付け、パンティが見えそうなミニスカの窪みをモッコリに密着させていた。
「戻ったら、チャウくんち、お留守だったし…、でもチャウくんの匂いがしてたから、このへんかなって探してたのっ」
棒立ちする孝雄にヒザを絡めてミニスカの股間を押し付けてくる真夏は、飼い犬並みの嗅覚で探しだしたことが自慢みたいで、ツインテールの頭をナデナデして欲しそうな上目遣いだった。
「はあ…、ああ…」
そこそこかわいいのだか性格が残念な感じの女子大生と同級生の仮夫がイチャイチャするのを横目で見る伊織は、まだお尻の穴に指を挿れられたままでどMな艶めかしい吐息を漏らして妖しい表情を見せていた。
「おまえなあ…、あ、そうだ、姉さん、腹減らない、昼飯どっかで食おうよ」
(お前は犬か…、はうう、伊織、エロいぞ…、うひひっ、3Pで、もっといじめてやれ…)
なついてくる真夏の動物並な嗅覚に舌を巻く孝雄だったが、アナル責めをジッとこらえる伊織のどMな妖艶さに魅せられ、もっとスケベなSM調教が頭に浮かんで昼食に誘った。

「お姉さん、こんにちはっ、今日もお綺麗ですねっ」
顔を赤くしてうつむく伊織がお尻の穴を弄ばれてSM調教風にかわいがってもらっているとは夢にも思わない真夏は、脳天気な笑顔で挨拶した。
「チャウくん、真夏もお腹ペコペコおっ、早く行こおっ」
チューブトップ風キャミで露出するお腹をさすり、ロリな口調でブリッ子する鬱陶しい小芝居をした真夏は、誘われてもいないのに伊織の反対側で露出した胸をわかりやすく押し付けて腕を組み、さっさと歩き出した。

義姉さんと孝雄 (48)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 04:06:44 ━ Page top ━…‥・

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (46)試着室で口内射精

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (46)試着室で口内射精

「汚れるって、ナニが?…」
(…、エッチなおツユで、かな?…、うひひっ…)
狭い試着室に二人で入り、伊織のお尻の前にしゃがみこんで紐状にしたパンティで股縄攻めする孝雄は、股間のすき間に指を差し込んでエッチなおツユの出具合を確認していた。

「や…、あ、ああ、だめえ…、そ、そこ…、触っちゃ、ああ、だめえ…」
Tバック水着と細い縄状にされたスケスケレースパンティで股化粧された伊織は、湿り気を帯びた柔らかい肉とクリがはみ出したスジを弄られて、生々しい喘ぎ声を上げてあえいでいた。
「なんで、はみ出てるから、押し込んであげてるんだよ…」
(エロいぞ、伊織…、もっとかわいがってやる…)
壁に手をついた内股ポーズで、SMチックな甚振りをおねだりするように桃尻を突き出して震える女体に加虐嗜好を盛り上げる変態は、股縄パンティを咥え込んでプックリ膨らんだ両側の肉をスリスリさすりながら、指の腹で押し込んでいた。
「あっ、や…、だ…、だ、めえ…、い、いっちゃうっ…」
グイグイと上下に引っ張られる股縄パンティとアソコをイジられるどMな被虐耽美で伊織は今にも昇天しそうだった。最小限の布地しかないビキニを着けた女体は唇をパクパクさせる口の端にヨダレを滲ませ、半目の白目になって天井を仰いでいた。
「姉さん、手持無沙汰だろ、これ、シゴいてみる?」
(さっきの続きだ、手コキ、させてやる…)
同じ年の女子が見せる生々しいアヘ顔に昂ぶる変態は、ズボンの中で窮屈そうに収まっていた分身を出すと震える手に握らせた。診察室での夢の様なコスプレ乱交が中断されたのをまだ根に持っていた孝雄は、「江戸の仇を長崎で討つ」とばかりに狭い試着室で手淫を強制した。

「あ、だ、だめ…、い、イッちゃう…」
敏感な部分を執拗に責められてエクスタシー直前の断末魔にあえぐ伊織だったが、後ろ手に握った男根を緩急つけてシゴいていた。生真面目な学級委員気質の変態ビキニ女子は与えられた仕事をきちんとこなして極上のサービスを提供していた。
「んっ、い、いいぞ、イオリ…、もっと、だ…」
(くうっ、う、うまい…、処女のくせに、どうしてこんなに、チンポの扱いがうまいんだ…)
コスプレ乱交をいいところで切り上げられたせいもあるが、腰が蕩けそうな分身の気持ちよさに悶える孝雄は今にも発射しそうだった。すぐにも発射して気持ちよくなりたい孝雄は、悶える女体に後ろから抱きついて小さな三角ビキニに手を入れて豊乳を揉みまくっていた。
「あ、ああっ、だめえ、ああっ、汚れちゃうっ、んっ、ちゅるじゅるうっ」
指マン乳揉みのお返しに手コキしていた伊織は崩れ落ちるようにカラダの向きを変えてしゃがむと、勃起チンポにしゃぶりついてペロペロ舐め出した。

「おっ…、うっ…、くうう…」
(フェラあっ?!…、くっ、出るっ…)
買う前の水着をザーメンで汚されたくない一心でフェラをしてお口の中出しを誘った伊織だったが、そんな事情に気を回す余裕のない孝雄は、たっぷりの唾液で潤った口腔内でチュブルジュブブッとチンポをしごかれる極楽気分にあっさり発射した。
(お、おおお…、きっ、きもちっ、ええっ…)
口内射精の気持ちよさにのぼせる孝雄は三角ブラが外れたオッパイに手を伸ばして揉みながら、腰を前後して伊織の唇を性器扱いして抽送する勃起チンポをビクビク脈動させ、ドロっとした精液を裏スジを舐める舌の上にぶちまけていた。

義姉さんと孝雄 (47)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:08:44 ━ Page top ━…‥・

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (45)試着室のSM調教

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (45)試着室のSM調教

「姉さん、着た?」
(パンティ、脱いだ頃だろ…、見てやれ…)
試着室の前で花柄ワンピースを脱ぐ衣擦れの音に興奮していた孝雄は、パンティを脱いだ頃合いを見計らってカーテンの間から顔を突っ込んだ。

「きゃあ、ダメです、まだですうっ」
ブラを取ってパンティの上から小さな布地とヒモだけで出来ているビキニパンティを履こうとしていた伊織は、悲鳴を上げて大きく揺れた胸を隠してしゃがみこんだ。
「え…、姉さん、パンティ、脱ぐの忘れるよ…」
(あれ、履いてんじゃん…)
しゃがんでいるのでよく見えないが、伊織は下着のスケスケレースパンティの上に自分が選んだ水着を付けていた。
「…、水着は、下着の上から試着するんです…」
ほとんど裸の女体をジロジロ見るいやらしい視線に恥ずかしそうに赤くした顔を伏せ、大きな乳房を隠すには小さすぎる三角形のひもブラを付けて背中で結ぶ伊織は試着のルールを説明した。

「ふうん、そういうもんなんだ…、でもこれだと、本当に着た感じがわかりにくいね」
(へえ、ブラは直接付けていいんだ…、ああ、下は直接履いたら性器で汚しちゃうからか…)
Tバックヒモパンティを直接素肌に食い込ませた卑猥な下半身を妄想していた孝雄は拍子抜けしたが、すぐに第二スケベ計画が頭に浮かんで試着室に入り込んだ。
「孝雄さん…、狭いです…」
狭いスペースに二人で入る窮屈さに立ち上るしかなかった伊織は、代わりに股間の前にしゃがんでいやらしい吐息を太もものナマ肌に吹きかける孝雄に、成長のいい女体をモジモジさせていた。
「姉さん、ちょっと後ろ向いて」
(フリフリ水着ってか…、うひひ、二枚履いても、モッコリしてんな…)
下着のスケスケレースパンティがひもビキニのフリルに見えた。下着が水着の一部になったような見た目は、これはこれでありかなと思った孝雄だったが、Tバックがどうなっているか確認したくなった。
「はい…、あ、あん…」
伊織は触れそうな近くで局部を見られる恥ずかしさに太ももをムチムチと震わせていたが、狭いスペースで後ろを向くときに腰の肌に孝雄の口が触れるとエッチな声が出てしまった。

「こうすれば、いいか」
(食い込ませてやる…、悶えろっ…)
目の前の豊かなヒップに劣情を高ぶらせる孝雄は、スケスケレースパンティをTバックのヒモのように引き絞って引っ張りあげた。細い縄のようになったパンティはお尻のワレメに隠れ、アソコの肉に挟まれて食い込んでいた。
「や…、だ、め…、孝雄、さん…」
孝雄にお尻を向けて目の前に突き出すように試着室の壁によりかかる伊織は、アソコに食い込むパンティに苦しそうな声を漏らして水着姿の女体を苦しそうに震わせていた。
「う~ん、こんな感じか…」
(くうう…、いい眺め…、伊織、もっと悶えろ…)
縄状になったパンティがアソコの肉を一直線に割ってきつく食い込む淫靡な光景にスケベ笑いする変態はグイグイ引っ張りあげ、苦しそうに悶える伊織を責めたてるサディスティックな変態興奮にのぼせあがっていた、

「や、ああ…、孝雄、さん…、もう、許してえ…、汚れちゃう…」
荒縄のように弾き絞られたパンティでアソコを責めたてられる伊織は、被虐性向な気弱なセリフを漏らしていたが、イジメられるアソコの切れ目から垂れるエッチな滴で水着が汚れるのを心配する恥ずかしいセリフを口走っていた。

義姉さんと孝雄 (46)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 03:02:34 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old