FC2ブログ

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (18)シリ穴調教再開

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (18)シリ穴調教再開

「あうっ、おはあっ」
(倒れるっ?…、く、ううっ、締まる…、えっ、オッパイ?、ふおおっ…)
のけぞって後ろに倒れそうな沙奈恵さんを支えようとして腰に手を伸ばした。快感で硬直した女体がシーソーのように揺れると、起き上がった勢いのまま二つのオッパイが覆い被さってきてオレは押し倒されていた。

「あ、んっ、い、いいっ、アナタ…、いっぱいですうっ」
(おほっ、いいぞ…好きモノ淫乱未亡人の、大開脚うっ…)
オレの背中を床に押し付けた沙奈恵さんは咥え込んだ息子を締めながら起き上がった。太ももを腰に絡ませてまたがった官能的な女体が妖しく揺れ、膣を軋ませるイチモツの味を楽しんでいた。ウエーブのかかった髪が淫らなに揺れるアヘ顔が前後し、ヒダヒダの刺激が絶妙の膣膜がリズミカルに息子を締め付けてくる。
「あ、ああ、いいぞ、く…、もっと、はあ、腰振れ…」
(オレのチンポ、はあっ…、くっ、いっ、いいっ、頑張ってる…)
前後する腰の動きで淫靡なシワを刻んで柔らかく波打つ下腹に、イチモツの先端が突き出しそうに盛り上がる。子宮に入り込んだカリの根本を入り口が輪ゴムのように締め付ける快感にオレは倒錯した快感を味わっていた。

「ああっ、アナタ、ああ…、沙奈恵は、ああっ…、また、イッちゃいます…、あ、ああっ…」
(うはあ、淫乱年増め、イクのか、イキそうなのか、イクのかあっ…、くっ、しっ、締まるうっ…)
オレの胸に手をついて汗まみれに腰を振っていた沙奈恵さんが倒れこむように抱きついてきた。汗で湿ったオッパイの弾力を押し付けてハアハアと昂ぶった吐息でオレの頬を湿らせる欲情未亡人は、芋が挿入された直腸の固さを感じる粘膜で締め付けると、ビチュッと潮を吹いて根本のモジャモジャをネットリ濡らした。
「は、ああ…、沙奈恵さん、イッちゃった?…、良かった?…」
(自分だけ、気持ちよくなるとは…、さすが淫乱未亡人…、次はオレが楽しむ番だぞ…)
騎乗位で絶頂に達して抱きついている沙奈恵さんをかわいいと感じて乱れた髪を撫でつけていたが、オレは正反対の残酷な気持ちで卑猥なプレイを思い浮かべていた。

「ああ…、アナタ、ごめんなさい…、私だけ、イッちゃって…」
興奮した吐息がまだ収まらない沙奈恵さんは、淫靡なアヘ顔を隠そうともせずに申し訳無さそうな半ベソ顔でオレを見ていた。
「いいよ…、このまま、後ろ向いて…」
(エロ年増め…、アヘアヘな目が、いやらしいぞ…、騎乗位でバックから責めてやる…)
オレは淫乱未亡人の潤んだ目にどSな気持ちを隠した笑顔を向け、挿入したまま背中を向けるように促した。
「あ、はい…、ああん、はあっ…、これでいい?…」
(お、おほおっ…、花びら回転ってか…、くうう、回りながら、締め付けてくる…、おっ、芋入り尻アナが…)
従順な淫乱年増はペットボトルよりデカいイチモツを咥え込んだまま腰にシットリとまとわりつく太ももを上げ、器用に脚を入れ替えて背中を向けた。イチモツを咥え込んでヨダレを垂らす下の唇の上に、先端が飛び出たサツマイモで小さく口を開けたアナルがまる見えだった。

「え、ひいいっ、あ、ああっ…、お尻の粘膜っ、引き出されるうっ、ズル剥けちゃうう…」
(うひひ、出てくる、出てくる…、いやらしいぞ、エロ年増め…)
突き出した先端を慎重に引っ張ってコーン形状の先っちょを引き出す。サラダオイルでヌルヌルしたサツマイモで肛門の括約筋を刺激された女体が切なげに震え、汗が滲んだ綺麗な背筋がビクビク痙攣していた。

隣のハーレム (19)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 04:29:18 ━ Page top ━…‥・

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (17)前と後ろの芋

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (17)前と後ろの芋

「もうちょっとかんばったら、全部挿入るよ」
(結構入ったのに、痛がってないな…、サラダオイルのおかげか…)
尻穴にサツマイモを咥えてエッチなポーズを取る沙奈恵さんを眺めたオレは、アナルセックスには潤滑油が必需品なんだと学習していた。

「ああ、ん、はあ…、アナタが、したいなら…、していいのお…」
菊文様を目一杯広げてサツマイモを咥え込んだお尻を突き上げて女豹のポーズをとる沙奈恵さんは、窮屈な直腸に圧迫されてお腹が苦しいのか詰まった息をしていたが、汗が滲んでテカテカした顔を向けるとウットリした目つきでオレを見てきた。
「そう…、じゃあ、もうちょっと我慢してね」
(さすが淫乱未亡人、嬉しそうにしやがって…、下半身で味わう芋の味、もう憶えやがった…)
ペットボトル大のサツマイモをお尻に入れて悦ぶ変態未亡人に、変態倒錯な昂奮が湧き上がってくる。Sっ気を剥き出しにしたオレは、残り半分を挿れてやろうと企んで性器が丸見えのお尻の前にしゃがみ込んだ。

「じゃあ、いくぞ…」
(ちょっと焦らしてやるか…)
いきなり挿れてあっさり入ってしまうのは面白く無いので、少し様子を見ることにした。
「あ、あんっ…、は、ああ、怖い…、あ、ああ、アナタ…、お願い、優しく、して…」
(おっ、操縦桿みてえ…、いや、尻穴カバーの掛かったシフトチェンジか…)
挿れてくれと言わんばかりにこれみよがしにお尻を突き出す沙奈恵さんは、お遊び気分でサツマイモをイジって広がったアナルを刺激してやると、甘えた声でおねだりしてきた。
「あ、ああ…、入って、くるう…、ああ、お尻が、はあ、壊れちゃう…」
サラダオイルでヌルヌルのサツマイモをゆっくりと押し込んでやると、お尻を突き上げて反った背中がつらそうに震える。広がった尻穴はサツマイモからこそぎとったサラダオイルで鈍い光沢を放ち、括約筋が限界まで伸びきっていた。

「よし、よく我慢したな…、ご褒美に抱いてやる」
(うははっ、すっげっ、全部入ったよ…、うへっ、ヌレヌレだよ…、そんなにして欲しいのか…)
サツマイモは毛が生えた尻尾の部分だけがアナルから出ていた。すぼんで同心円状のシワが戻った肛門はサラダオイルでテカっていたが、その下のアソコはそれ以上の愛液が溢れて、淫靡な光沢を照り返していた。
「うれしい、アナタ…、沙奈恵、頑張りました…」
お許しの声に嬉しそうにカラダを起こした淫乱未亡人は、あぐらをかくオレの股間に跨ってきた。
「あ、ああ…、お、おっきい…、あ、アタナ、ステキ、ですう…」
沙奈恵さんは長くて細い指先でヌレヌレの入り口に屹立するイチモツをあてがうと、震えながらゆっくり腰を下ろしていった。自称ペットボトルより大きい息子でギリギリまで広がった肉の切れ目からあふれたおツユがネットリ垂れて、息子が徐々に吸い込まれていく。

「は、ああ…、沙奈恵さん…、気持ちいいよ…」
(お…、すげ、キツキツだよ…、く、くうう…、擦れる…)
膣に飲み込まれていくチンポの裏スジにサツマイモでいっぱいになった直腸の硬い膨らみを感じながら、オレは膣粘膜がカリやサオにこすれる快感を楽しんでいた。
「ん、は、はあ…、アナタ…、あ、ああ…、抱っこ、あんっ、してえ…」
(ほああ…、前と後ろを『芋』で犯された、淫乱年増…、嬉しそうな顔、しやがって…)
あぐらする股間に腰を下ろした沙奈恵さんが抱きついてくる。前と尻の穴をめいっぱい満たされたお腹のキツさに苦しそうだったが、歪んだ笑顔はなにげに満足そうで妖艶な怪しさを漂わせていた。

「ああ…」
(オッパイも、かわいがってやる…)
デカすぎるオッパイで出来た胸の下のスキマから手を入れて、突き出した乳首を引っ張ってやると
「あっ、いっ…、いいっ、ですっ…」
(おっ、奥っ…、くっ、ううう…)
オッパイの刺激に上半身をのけぞらせた淫乱未亡人は、腰を突き出して自らイチモツを根本まで咥え込んで膣奥まで貫かれていた。

隣のハーレム (18)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 04:24:53 ━ Page top ━…‥・

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (16)サツマイモとサラダオイル

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (16)サツマイモとサラダオイル

「サツマイモ、ある?」
(芋みたいって、言ってたしな…、芋で、尻アナ開発してやる…)
バスタオルを腰に巻いて風呂を出た。慌てて自分のカラダを拭いた沙奈恵さんもバスタオルを巻いただけの姿でついてきた。

「え?…、金時さんなら、ありますけど…」
(金時って、金太郎か?…、松田優作の息子ってか?(笑)…)
沙奈恵さんは高級なサツマイモを「さん付け」して呼んでいた。ただそれを使ってアナル開発しようと企んでいることは勘付いてないので、不思議そうにしていた。
「これくらいかな…、あと、サラダオイル有りますか?…」
(広げても、潤滑油がないと、痛いだけだもんな…)
ペットボトルくらいの太さのサツマイモを選ぶとサラダオイルをリクエストした。サラダオイルでヌルヌルにしたサツマイモを尻アナに挿れて悶え苦しむ淫乱未亡人の艶かしい姿を妄想し、オレは自称ペットボトルより大きい息子をよけいに固くしていた。

「じゃあ、ここに寝て」
(アナル調教再開だ…、しっかり広げてやるからな…)
オレはサラダオイルでテカテカになったサツマイモを手にして、熟れた女体にバスタオル一枚巻いだだけの沙奈恵さんを床に寝るように指示した。
「あ、はい…」
沙奈恵さんは冷たい床に直に寝るのが嫌だったようでバスタオルを外して敷いてから、全裸で仰向けになった。大きすぎる乳房は自重でやや潰れていたが乳首が大げさなくらい突き出ていた。
「ちょっと、広げて」
(まな板の上の、鯉だな…、どう料理してやろうか…)
オレは素直に寝た淫乱未亡人に加虐心を昂ぶらせ、Sっ気でワクワクしていた。
「はい…、ああ…」
(エロ年増め、挿れて欲しくて、ウズウズしてるな…)
脚のほうから覆いかぶさって膝を曲げて広げさせた。恥ずかしそうに脚を広げた沙奈恵さんは、愛液で濡れたアソコをヒクヒクさせていた。

「え、やあっ…」
愛液を垂らす切れ目ではなくその下の菊門にサツマイモをあてがうと、沙奈恵さんは拒否感をあらわにした声を上げた。
「いいから、ちょっと我慢して」
(ケツ穴で、しっかり、芋、味わえよ…)
嫌がる年増女ゾクゾクした。シワの寄った菊門は最初は固かったが、逆らっても無駄だと観念したのか急に力が抜けて先端が肛門に挿った。

「や、ああ…、お願い、お尻は、いやですう…」
サツマイモの先端をお尻の穴で咥え込んだ淫乱未亡人は、ポーズだけかもしれないが恥ずかしそうにむずかっていた。
「ん…、やっぱ、挿れにくいな…、四つん這いになって…」
(正常位だと、挿れにくいのかな…、やっぱワンワンスタイルか…)
サラダオイルを塗りたくっていても仰向けだとなかなか挿ってくれなかった。オレは沙奈恵さんを起こして後背位スタイルを要求した。

「お願い、アナタ…、意地悪しないで…、はい…」
正常位のまともなセックスを期待していた淫乱未亡人は息子が勃起した股間にすがりついてきたが、オレが睨んでやると素直に四つん這いになった。
「おっ、挿入った、…、へへ、猫ちゃんみたいで、可愛いぞ…」
(おっ、半分入ったぞ…、やっぱバックだな…、なんか尻尾みてえ…)
四つん這いになった女体にサツマイモを押し込むと一気に半分程度入った。お尻から突き出した芋が尻尾みたいでオレは笑い出しそうになるのを必死に堪えていた。

「え、やだ…、アナタ、もう、恥ずかしい…、イジワル言わないでえ…」
(へへへ…、サカリのついた猫が、尻尾振ってるよ…)
可愛いと言われたのが嬉しいのか、サツマイモの刺さったお尻を突きあげた淫乱熟女は甘えた声を漏らすと、女豹のポーズでお尻を振っていた。

隣のハーレム (17)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:01:06 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old