FC2ブログ

== 隣のナミさん ==

隣のナミさん (11)2倍サイズ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のナミさん 目次

隣のナミさん (11)2倍サイズ

「やあん、こわい…、やさしくしてね」
脱がされたニーハイソックスで後ろ手に縛られて、肉欲にのぼせ上がった悠希にのしかかられた亜香里だが、嬉しそうな口調で冷たい板張りの床にあけっぴろげに若い女体を横たえていた。

「…、やってやるっ」
壁のシミのような覗き穴から那美に見られているのを意識して変態倒錯に昂ぶる悠希は、ヒラヒラブラウスのボタンを震える指で外していた。
「いやあん、オッパイ、見られちゃううっ」
ブラウスを広げるとふんだんなレースでかさ増ししたブラが現れる。ブラウスを肩から抜かれて後ろ手に縛られた腕まで剥かれた亜香里はまだ嬉しそうにはしゃいでいた。標準より小さめの乳房はそれでも谷間を作って変態浪人の欲情を誘う。
「生意気に勃起してやがってっ」
広げた太ももの根本に勃起した息子を押し付けてのしかかり、ブラをずりあげるとピンクよりも濃い目の乳首が立ち上がる。控えめな膨らみのやや下側に位置する大きめの乳輪ごと指で摘んでクニクニとこね回す。
「あ、んっ、感じちゃううっ、あ、んっ、ああんっ」
一文字の窪みを見せる乳首をこねくり回すと成長途上の肉体が大げさに悶える。ジャージからカリ首がコンニチワした息子にのけ反った下腹が密着し、マイクロミニがまくれ上がったシットリナマ肌がこすりつける。

「しゃぶらせてやるっ」
幼児体型の名残で心持ちポッテリした下腹に刺激されてムラムラした悠希は、立ち上がって頭にしゃがんで脚で挟むと、シックスナインの体勢でビンビンに勃起した息子をねじ込む。
「んっ、ちゅばっ、ちゅばあっ、んっ、ふぶうっ」
強引に挿入されたデカマラを受け入れた亜香里は太い幹で窮屈になった口の中で懸命に舌を絡めたが、ノドまで挿入されると苦しそうに唸った。
「ぶううっ、ふぶぶっ」
玉袋が鼻の穴をふさぐディープスロートにツインテールの頭が苦しそうに反り返り、口からノドまで一直線になってロングサイズ肉棒が貫通する。平均の二倍はある男根が食道まで貫き、幹の太さで圧迫されたノドが不自然に膨れて喉仏が飛び出す。
「んっ、こっちも、触ってやるっ」
亜香里と反対向きにのしかかり、ノドマンコの奥まで挿入した倒錯興奮で昂ぶる悠希は、呼吸できずに苦しむロリ美少女を無視してマイクロミニをまくり上げて下半身丸出しにすると、濡れたパンティのシワが食い込んだ肉の合わせ目をいじり始める。
「んっ、ぶぶっ、ぶうぶうっ」
ノドマンコ一直線で反り返った後頭部を床に擦り付ける亜香里は、酸欠の苦しさで目尻と男根で広がった唇のハシから体液を垂れ流し、苦しそうなうめき声を鼻の穴から漏らして苦悶してのたうつ。

「んぶっ、ぶっ…、はあはあっ、ばかあっ、死んじゃうっ」
窒息寸前で膝を曲げて覆いかぶさる悠希から足方向にカラダをずらした亜香里は、巨根から開放されてなんとか呼吸を再開し、目の前の腹に悲鳴混じりの非難を浴びせる。
「は?…、あ、そうか…」
デカチンで窒息させていたことに気づいた変態浪人は、悪びれることもなく起き上がると広がった太ももの間に腰を落ち着けた。
「もうっ、死ぬかと思った、あ、ん、ああっ、はあっ」
後ろ手緊縛で起き上がることが出来ない亜香里は顔だけ上げて口撃したが、パンティに差し込んだ指が切れ目を弄るといやらしいあえぎ声を上げた。
「ふっ、これで死ねよ、エロ女っ」
クチュクチュかき回す指に反応し、ヒクヒク震える大陰唇やヒダヒダ小陰唇が絡みついてくる。幼い体型の名残があってもオヤジに調教された若い女体は敏感だった。愛液で洪水状態の性器がヌルヌルする感触に上機嫌の変態浪人は、いまいちパッとしない殺し文句をうそぶいて指マンを激しくした。

「あ、んっ、いっ、いいっ、しんじゃう、ああっ、もっとおっ」
ニーハイを履いたほうの足首に脱がせたパンティをからませた。悠希に見せるためかモジャモジャの茂みはきれいな逆三角形に刈り揃えられ、性器はほぼパイパンだった。開き気味の大陰唇の膨らみに濃い目の色素沈着した小陰唇がはみ出す亀裂をのぞき込み、かすかに見える入り口に中指を差し込んで包皮から顔を出したクリを親指でコスってやる。
「い、いいっ、いっちゃう、ああっ、死んじゃうっ」
中指を挿入するたびにズチュッヌチュッグプッと愛液と柔らかい肉が絡むイヤらしい音がする。挿入をおねだりするように合わせ目が広がって、ピンク色粘膜まで見える入り口からネットリした汁があふれる。
「…、そろそろ、挿れてやる…」
ビクンッビクッと四肢を震わせて欲情しまくる亜香里にちょっと冷めて壁の穴から覗く那美を意識した悠希は、20センチ以上ある勃起チンポを壁穴に見せつけるようにして押さえると、ヌルヌルの入り口に食い込ませた。
「あんっ、んんっ…、、お、おっきいよおっ」
ヌルヌル大陰唇を押さえて入り口を広げてグイッと腰を突き出す。オヤジに調教されたロリマンコはあふれた愛液を沁み出して半分ほど一気に咥え込む。ナマ挿入されたロリ若妻は歓喜の甲高い嬌声を上げ、ビクンッビクッとポッテリ下腹を震わせる。
「んっ、まだ半分だっ」
予想以上のキツ目の締め付けに悦んだ悠希だったが、まだ半分以上残っている息子を奥まで挿入しようと肉付きの薄い腰を抱えた。

「う、うそっ、やっ、壊れちゃうっ、これ以上挿れちゃ、だめえっ」
勇也の平均並みの男根しか経験がない亜香里は、未知の領域への突入に怯えて悲鳴を上げた。後ろ手緊縛で自由が奪われた幼さの残る女体をジタバタさせ、緊張した下腹が挿入済みのカリをギチュチュウッと締め付けた。

隣のナミさん (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:05:20 ━ Page top ━…‥・

== 隣のナミさん ==

隣のナミさん (10)亜香里の誘惑

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のナミさん 目次

隣のナミさん (10)亜香里の誘惑

「オヤジの、後妻…、なんです…」
コギャルにしか見えない亜香里に対する那美のもっともな疑問に、悠希が申し訳無さそうに説明した。

「あ…、なるほど…、じゃあ、わたしはこれで失礼します」
悠希にじゃれつくミニスカロリ美少女を呆れ気味に眺めた那美は、ロリコンオヤジの暴挙や非常識な家庭環境に思うところはあったが、触らぬ神に祟りなしといわんばかりにそそくさと退散した。
「あ…、はい…」
悠希は言い訳したそうだったが、何も言えずに那美の後ろ姿を見送った。
「うふふっ、二人きりだね、ユウちゃん」
邪魔者がいなくなって亜香里は大胆になった。コートを脱ぎ捨てたロリ美少女は成長途中の胸の膨らみを押し付け、ミニスカニーハイの若々しい下半身を悠希に絡めてきた。

「なんで来たんだよ」
エッチな笑みを浮かべる亜香里と対照的に悠希は不機嫌だった。悠希が高校を出たら一人暮らしをしようと決めたのは家庭の事情があったからだが、亜香里の存在がその一番の理由だった。
「ユウちゃんの気持ち、知ってるのよ…、亜香里のこと、好きだったんでしょ」
うつむいて座る悠希にまとわりつく亜香里は、股間に食い込んだレースパンティが見えるのもかまわずにひざに乗ってニーハイの太ももをすりあわせていた。
「…、フッたくせに、なんだよ…」
突き放すような口調だがまだ成長途上の女体の柔らかい感触に股間を膨らませた悠希は、至近距離から覗きこんでくるかつての同級生から目を逸らした。
「だって、あの時は…、ユウちゃんが、こんなだって知らなかったし…」
拗ねる浪人生にまたがった10代の若妻はこんもり膨らんだ股間が嬉しそうで、透け透けレースパンティが食い込んだ股間を擦り付けていた。

「おまえ…、オヤジの奥さんなんだぞ、やめろよ」
おさわりパブやセクキャバのサービスタイムのように腰を振って下半身を擦り付ける亜香里に、悠希は若い欲望を刺激されて息子が硬直するのを意識した。そんな気持ちを振り払おうとするかのように、大胆に開脚してモロパンする若い女体をキレ気味に突き飛ばした。
「きゃんっ…、ユウちゃんがお風呂覗いて、オナニーしてたの…、知ってるのよ」
引越ダンボールが置かれた床に倒れた亜香里は、パンツ丸見えの開脚ポーズで小悪魔な笑みを浮かべていた。
「それでユウちゃんのオチンチン見ちゃったから…、勇也さんで満足できなくなったのよ…、責任とって…」
ゆっくりとカラダを起こした亜香里は勃起した息子で盛り上がった股間に寄りかかると、そこを妖しくマッサージし始めた。
「やめろっ、てっ…」
ジャージを脱がそうとする手を振り払った悠希は不機嫌そうに立ち上がったが、壁の黒い点が目に付いた。
「いいじゃん、こうしたかったら、家、出たかったでしょ…」
壁のある一点を見つめて横を向く悠希を気にしない亜香里は、ジャージの裾に手をかけて一気に下げた。実父の勇也は表向きは息子の独立心だと一人暮らしを認めたのだが、実は若妻とのセックス生活を満喫するためだった。しかし後妻の亜香里が賛成したのはこういうことを期待してだった。
「やめっ、あっ…」
下半身を裸にされて慌てたが、亜香里はかまわずに反り上がる肉棒に嬉しそうに笑って先端を咥えた。ロリ美少女若妻がするフェラの蕩けそうな快感に浪人は固まった。

「んふっ、やっぱりおっきいね…、気持ちいい?、ユウちゃん…」
太すぎて全部口に入れられない巨根の現実を確認してますます嬉しそうな淫乱ティーン妻は、皮のあまった裏スジを唇で嬲って舌でペロペロ舐めながら、妖しい上目遣いで見上げる。
「んっ、や、やめろ、って…、は、く…、はうっ…」
同じ年の女の子とはいえロリコンオヤジに調教された亜香里のフェラテクは絶品だった。下半身が蕩けそうな快感に悠希は翻弄されて悶えるだけだった。
「くうっ…、んっ、わかったよ、こうして欲しいんだろっ」
ロリ美少女に息子を弄ばれてみっともなく悶える悠希だったが、壁の黒い点が妖しく輝いて見えた。那美のオナニー姿を覗いた穴だったが今度は那美が覗いている気がして、悠希の中で何かがパチンとはじけた。
「きゃんっ、あっ、優しく、ねっ」
また亜香里は突き倒されたが今度は悠希がのしかかってきた。ロリ若妻は股間をまさぐる乱暴な手を押さえたが抵抗するつもりはなく、湿ったパンティの上からされる強引な愛撫を楽しんでいた。

「くそおっ、こうしてやるっ」
余裕を感じるいやらしい笑みを浮かべるロリ若妻に、悠希は怒りの混じった加虐色情にいきり立った。乱暴に開脚させて太ももを抱えるとニーハイを無理矢理脱がせ、成長途上の女体にのしかかって押さえつけるとそれで後ろ手に縛り上げた。

隣のナミさん (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:43:45 ━ Page top ━…‥・

== 隣のナミさん ==

隣のナミさん (9)ロリ美少女乱入

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のナミさん 目次

隣のナミさん (9)ロリ美少女乱入

「う…、く…、はっ、ううっ…」
まだ引っ越し荷物が片付いてない部屋に逃げ帰った悠希は、那美の手の平で上で転がされていたことに落ち込んだ。しかしすぐに艶かしい肉体の鮮烈な感触が蘇り、モヤモヤした気分が押さえらなくなった。閉めたドアに背を向けて板の間でヒザを付いた悠希は、勃起した息子を握ってガシガシしごき出した。

「はあ、ああっ、はあっ…、えっ?、はうっ…」
「一人でしてるの?」
興奮した吐息にまみれて自家発電する悠希の後ろでドアが開いて、あっけらかんとした声がした。ケツ丸出しの悠希はすました顔で入ってきた那美を勃起チンポを握ったまま呆然と見ていた。
「ずるいな、自分だけなんて、私もよくして、ね」
膝立ちの姿勢で固まった悠希に寄り添った那美は、首筋を巨乳で挟むと悠希の手を引っ張って何も履いてない股間を触らせた。
「あ、んっ、そこ、はあっ、弱いの…」
那美は悠希の手をアソコに押し付けてオナニーした。大陰唇がせめぎ合うスジに入り込んだ指にネットリした汁が絡んでくる。包皮から向けたクリを触られると鼻にかかった声を漏らし、大きく開いた胸元から乳肌が溢れそうなほど波立てる。
「あうう…、ゆ、許して…、ください」
片手で棒を握ってもう一方で女性器を愛撫させられる悠希は頬を圧迫する乳肌に逆らって横を向くと、泣き出しそうな情けない顔で懇願した。
「ああん、だめえ…、うふふっ、許してほしかったら、私を気持ちよくして、ねっ」
童貞の情けない顔に小悪魔な笑みを浮かべた那美は、正面に回ると泣きそうな顔をデカパイに押し付けた。アソコに押し付けた悠希の手を前後に動かしながらいやらしく腰を振り、童貞の手の平を愛液まみれにしていた。

「また元気になってるね、ゆうきくん、すごい、おっきいよ、ちゃんとしてみよっ」
窒息しそうな乳房のみずみずしい感触に息子は目一杯勃起していた。平均を軽く突破した長さに目を見張る那美は、めったにない逸品に嬉しそうに笑って血管の浮いた幹を優しくさすっていた。
「ああいう無理矢理なのも興奮するけど、イチャイチャしながら、お互いに触るのも、気持ちいいよ、きっと」
どうしたら良いかわからず黙ったまま動かない悠希にお姉さんの優しい態度で接する那美は、ジャージズボンに手を入れると勃起した男根を優しく愛撫しながら、ペッティングを誘ってきた。
「スッキリして、受験勉強がんばろうよ、ねっ」
いつまでもウジウジしてはっきりしない悠希に、那美はお気楽に笑いながら勃起チンポをシゴき出した。

「コンコン、ユウちゃん、開けて」
「はあっ、ん…、は?…、ひいっ、やばいっ」
タレ目美人がしてくれる手コキにのぼせていた悠希は、ドアをノックする擬音とその忘れたくても忘れられない声を聞くと、ヘタレに怯えて後ろに飛び退いた。
「…」
悠希の手ですっかりエッチな気分になっていた那美はまたも逃げ出したヘタレ浪人に小さく嘆息したが、正体不明女の登場に取り乱すことなく居住まいを正して座り直した。
「じゃーんっ」
悠希が開ける前にドアが開いた。浮かれた声で春物コートを広げた女性が、少女の甘酸っぱい匂いがしそうなニーハイ太ももを見せつけるかのように一歩踏み込んできた。
「えっ、誰?」
ツインテールロリ美少女は板間の真ん中で背筋を伸ばして座る那美を見たとたん怪訝そうな表情に変わった。声のトーンが落ちて踏み込んだまま止まった脚線美を見せつける超マイクロミニの奥に、股間に食い込んだスケスケパンティが見えた。

「こんにちは」
不機嫌そうな視線を送るミニスカ美少女が悠希と同年代と判断した那美は、大人の余裕を見せつけるようにニッコリ笑って挨拶した。
「…、ねえ、ユウちゃん、この人、誰?」
キャミ姿がセクシーなタレ目美人に警戒した視線を向けて挨拶を無視した彼女は、勝手に上がり込むといたたまれずに部屋の隅で小さくなっていた悠希に聞いた。
「お、お隣さんだよ、引越しの挨拶に、来てくれたんだ」
恋人同士のように腕を絡めてティーンズファッション風ヒラヒラブラウスの胸を押し付けてくる彼女に迷惑そうな悠希は、古女房に決定的な現場を見つかった浮気夫のように説得力のない言い訳をしていた。
「あ…、お隣さん、なの?…、んっ、こほんっ、悠希がお世話になります、母の亜香里です」
まだ3月なのに露出過多なキャミ姿の欲求不満年増女といわんばかりの冷たい視線を向ける彼女は、那美に向き直ると悠希との続柄を告げて頭を下げた。

「お母さん?、誰が?」
悠希の同級生にしか見えないロリ美少女亜香里の勝ち誇ったような笑顔を思わず二度見してしまった那美は、思ったままの素直な疑問を口にしていた。

隣のナミさん (10)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:10:13 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old