FC2ブログ

== 24のひとみ先生 ==

24のひとみ先生 (54) トイレの??さん

裏ろま中男 作品リスト
24のひとみ先生 目次

24のひとみ先生 (54) トイレの??さん

余裕のなさそうな須田萌が夜の廊下を歩いていると、ひとみが声をかけた。

「…須田さん、こんな遅くに何をしてるんですか」
「えっ、あっ、ひとみ先生、今はちょっと…」
須田はひとみの相手をしている余裕はない、と言わんばかりにせかせかと歩いていた。
「?、どうしたんですか、須田さん」
「…、スイマセン、今忙しいので」
「ああ、オシッコが、漏れそうなんですね」
「先生っ、声が大きいです、恥ずかしい、ですよっ…」
須田はスカートの上から股間を押さえて、足踏みをしていた。
「…でも、気をつけた方がいいですよ」
「ああんっ、漏れちゃうっ」
ひとみは何か言いたそうだったが、須田はトイレに駆け込んでいた。

「…、はあ、間に合った」
天然美少女の須田は個室のカギをかけるのももどかしそうに、パンティを下ろすと便器にかがんで、たまりまくったオシッコの奔流をたたきつけていた。
「…、?」
おしりにぬるっとした感触を感じた須田は、便器をのぞき込んだ。
「…、ひいいっ、きゃあ~」
薄暗い便器の中におしりに舌を伸ばす顔を見た須田は、悲鳴を上げてトイレから逃げ出した。
「…あっ、せん、せいっ、ひとみ、せんせいっ」
須田は、トイレの前に立っていたひとみに抱きついて、ぶるぶる震えていた。

「…で、でたっ、出ましたっ、」
須田はひとみにすがりついて、涙を溜めた目で見上げていた。
「オシッコが出たからって、いちいち報告しなくてもいいですよ」
ひとみはニコニコ笑っていた。
「ちがいますっ、でっ、出たんです」
「便秘が治ってうれしいのはわかりますが、大きい方も報告はいりませんよ、それより、パンティ上げたほうがよくないですか」
大きな瞳からボロボロ涙をこぼす須田に、ひとみはチョット困ったような笑顔を向けていた。あわててトイレを逃げ出した須田は、まだ太ももにパンティをからませたままだった。
「…きゃあ、ああ、いやああ」
恥ずかしい姿を指摘された須田は、完全にパニックになってその場にへたり込んだ。

「…須田さん、女の子なんだから、用を足した後は、きちんとふいたほうがいいですよ」
太ももをオシッコで濡らした須田に、ひとみが困った顔で見ていた。
「出た、出た、んです」
須田は泣きべその顔で、ひとみを見上げていた。
「…大と小は、もう聞きましたが、…ひょっとして幽霊のことですか?」
「ゆうれい?…、ゆうれい、って、せんせいっ、知ってたんですか」
ひとみがまじめな顔で幽霊という言葉を口にするのに、須田は恐怖に震えていた。
「さっき教えてあげようとしたら、須田さんはお急ぎのようでしたから」
ひとみはニッコリ笑っていた。
「おしりっ、舐めたんです」
「須田さん、カラダが柔らかいんですね…、でも後始末は普通にトイレットペーパーでしたほうが…」
必死な顔で訴える須田を、ひとみはちょっとあきれた顔で見ていた。

「違います、私じゃなくて、便器から、出たんです…」
「…幽霊が、出たんですか?」
「そうです…」
やっと話が通じて、須田は安心したように脱力していた。
「何かされましたか?」
「…、おしりを、舐められました」
「…京都にはおしりをなでる、『かいなで』という幽霊がいるそうですが、舐めるのは聞いたことがないです」
「でも、ほんとに舐めたんです」
須田は涙で濡れた目で、ひとみを見上げていた。

「…じゃあ、ちょっと見てきます」
「あっ、先生、ひとりにしないで」
平然とトイレに入るひとみに、須田はパンティをズリ上げながら、その後についていった。
「…ここですか」
須田の指さすトイレをのぞき込んだひとみは、いったん入ったがすぐに出てきた。
「…何も、いませんよ」
「ホントですか」
「…もう、遅いですから、帰りましょう」
半信半疑の須田は、ひとみに送られてその日は帰った。

ふたりが帰ったあとのトイレには、ひとみの靴跡を顔につけた田無が、うれしそうな笑顔を浮かべて気絶していた。股間には自分で放出したねっとりした液体がべったりついていた。

24のひとみ先生 (55)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:09:33 ━ Page top ━…‥・

== 24のひとみ先生 ==

24のひとみ先生 (53) ノーパンだよ、ひとみ先生

裏ろま中男 作品リスト
24のひとみ先生 目次

24のひとみ先生 (53) ノーパンだよ、ひとみ先生

蒸し暑い朝、ひとみは薄い生地のワンピースにブラ線をスケさせながら教壇に立っていた。

「…このクラスにはノーパンの子がいるらしいので、服装検査をします」
「ええ~」
ひとみの第一声に、生徒たちはのけぞった。
「…ええ~、じゃありません、あなたが言い出したことでしょう」
ひとみがみんなと一緒にのけぞる平田美月に声をかけると、女子の非難がましい視線が平田の集中した。
「…、でも、それって特典映像で美月が言ったことですよね、そんなことで責められても…」
逆ギレ気味にメガネ美少女の平田は不満を漏らした。

「…その辺の事情は置いておいて、女子は立ってください」
しぶしぶ女子は立ち上がった。ノーパン女子高生を妄想した男子は横に立つ女子にスケベな目を向けてスカートをのぞき込んでいた。
「…えっと、まずは平田さん…」
「ええ~」
普段からパンチラして男子の視線を引く倒錯した喜びがクセになった平田は、口では不満そうにしていたが、内心ワクワクしてひとみがスカートをまくれと言うのを待っていた。
「…ですが、あなたは問題ありませんね」
「ええ~、どうしてですか」
肩すかしなひとみに平田は不満顔で聞いていた。

「…だってあなたがノーパンだったら、パンチラじゃなくて、モロチラになっちゃうでしょ」
「わたしは、やるときはやる女ですよ」
おかしなコトに自信満々な返事をする平田に
「…じゃあ、見せてもらいましょうか」
ひとみがニッコリ笑って平田をうながした。
「いや~ん」
教壇に上がった平田はくるりと回った。セーラー服のミニスカートがバレリーナのように広がった。
「…おおっ」
男子から好色な歓声があがった。今日の平田はTバックパンティでオシリがほとんど丸見えだった。

「…、あなたの本気はよく分かりました、…じゃあ、次」
「それだけですが、もっとツッコんでくださいよ」
ひとみの淡白なコメントに、ツインテール美少女は情けない笑顔ですがりついていた。
「…先生は、忙しいんです、あなたの相手ばかりはしてられません、…奥田君、ツッコんであげてください」
「あっ、だめえ」
ひとみに呼ばれた奥田は平田に襲いかかるとTバックパンティのあそこの部分をよけて、勃起した息子をいきなりツッコんでいた。条件反射のように平田はあそこを濡らして、奥田の粘着質なセックスにあえぎはじめた。

「…須田さん、見せてください」
モジモジして挙動不審の天然美少女須田に、ひとみは声をかけた。
「見せないと、…ダメですか」
須田はうつむいて、伏し目がちなウルウルした瞳でひとみを見つめた。
「…ひょっとして、あなたがノーパンなんですか、意外ですね」
「昨日下着を全部洗濯したら、盗まれてしまって…」
須田は顔を赤くしてはずかしそうにノーパンの理由を告白した。

「…矢田君、須田さんが困ってますよ」
「先生、何を言いたいんですか」
ニコニコ笑うひとみに、額のアブラ汗をぬぐう矢田が不審そうな目を瞳に向けた。
「…あなたが犯人ですよね」
「オレじゃないっ」
矢田はダラダラとアブラ汗を流しながら、否定した。
「…、下着ドロは、あなたの天職じゃないですか」
「オレは、変態じゃない」
「…いいんですよ、あなたの性癖は、クラスメイト全員が知っていることですから」
「そうなのか」
ひとみのウソに矢田が悲しそうなアブラ顔を向けた。

「先生、やめて」
ノーパンの天然美少女須田が恥じらいの表情を浮かべて口をはさんできた。
「…矢田君が、犯人だったら、私、いいんです…、でも返してね」
ノーパンの股間がスースーするのか、両手でスカートを押さえながら、須田がはにかんだ笑顔を矢田に向けていた。
「だから、オレじゃないんだ~」
「…往生際が悪いですね、須田さんがせっかく許してくれると言ってるんですから、素直に白状したほうがいいですよ」

「…あの、…」
三人がもめている中に、変態性欲異常者が板についた田無が首を突っ込んできた。手にはパンティが握られていた。
「…、陰湿な変態性向がすっかりなじんだ田無君、なんですか」
「…オレが、盗みました…」
下着ドロを白状した田無は、うつむいた顔にまるで墓場鬼太郎のような陰湿でうれしそうな笑いを浮かべていた。
「…、そうですか…、良かったですね、須田さん、あなたのパンティ、戻ってきましたよ」
「…あの、せんせい…」
ひとみがニコニコしながら須田を見ると、困惑気味の笑顔で須田は下を向いていた。
「…ごめんなさいっ、私、変態の触ったパンティは、はけません」
須田はそう言って教室から逃げ出していた。はたから見ていた男子は走る須田のスカートがめくれないか、注目していた。

「…だそうです、パンティを返す必要はなさそうです…、でも、矢田君はあなたに用がありそうですよ」
矢田はアブラでテカらせた怒りの顔を、田無を向けていた。
「オマエが、須田の下着を盗んだのかっ」
ヘタレの矢田にしては珍しくいきなり殴りかかると、倒れた田無をマウントポジションでタコ殴りにした。田無は一方的に殴られていたが、マゾ体質の田無は腫れあがった顔に醜い笑みをうかべて、股間をふくらませていた。

「…田無君の、狙い通りってことでしょうか」
矢田が馬乗りになって殴りまくる痛みに、絶頂まで興奮した田無はふくらませたパンツの中によこしまな欲望を垂れ流していた。ひとみはあきれ顔でふたりを眺めていた。

(54) トイレの??さんにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:08:32 ━ Page top ━…‥・

== 24のひとみ先生 ==

24のひとみ先生 (52) 浮気かも?、萌ちゃん

裏ろま中男 作品リスト
24のひとみ先生 目次

24のひとみ先生 (52) 浮気かも?、萌ちゃん

不安で泣きそうな須田萌の相談に乗っていたひとみだった。

「…昨日見ちゃったんです、…」
天然美少女須田は泣き出しそうな顔でひとみに訴えていた。
「…、矢田君のケツのアナ…、とかだったら聞きませんよ」
「そんなんじゃありません」
「…ウソです、須田さんが深刻そうなので場を和ませようと冗談を言っただけです」
ひとみがニコニコしていると
「これはVol.2のネタですね、せっかく書いたんだからもったいないって、つまらない話をアップしようとするなんて、読者から不評を買うのをわかっててやるんだから、本当に作者はネタ切れですよ」
急に現れた今回出番のないメガネ美少女平田は、ミニスカートのスソをつまんでヒラヒラさせていつものパンチラをしながら、前回あれだけ折檻されながら懲りずに口をはさんでいた。

「昨日、矢田君が、駅前を年上の美人と歩いてたんです」
「…、矢田君は、年上好みだったんですね…、これから気をつけないと…」
「先生、まじめに聞いてください」
ひとみが貞操の危機を感じて怖じ気づくのに、須田は真剣な顔で訴えていた。
「…、ガキは、飽きたということじゃないですか」
「先生、ひどい」
須田は泣き出してしまった。

「…須田さん、安心してください、高校生に見えないフケ顔の矢田君を相手にするような大人の女性は、風俗の玄人さんぐらいですよ」
「本当に…」
ニッコリ笑うひとみに、須田はすがるような目を向けていた。
「…そんなに気になるなら、直接聞けばいいんですよ」
ひとみは、そこに偶然通りかかった矢田に声をかけた。

「ええっ、なんですか」
ひとみに声をかけられた矢田はのっけから警戒心をあらわにして、額にはアブラ汗を浮かべ落ち着かない様子で逃げ腰だった。
「…早く出しなさい」
「はあ?」
ひとみのぶっきらぼうな質問に、矢田は不安そうな顔を向けていた。

「…会員証です」
「?、なんのですか」
「あなたが、通っている風俗店の会員証です」
「オレ、そんなモノ持ってませんよ」
真剣に聞くひとみに、矢田はチョット切れ気味に答えていた。
「…じゃあ、一緒に歩いていた女性というのは、素人さんなんですか?」
「女性って、何のことですか?」
全くわからないという顔の矢田に
「…矢田君は、脳の海馬に損傷を受けて、記憶の維持が出来なくなっているようです、人間の記憶には長期記憶と短期記憶が…」
ひとみが蕩々とウンチクを語っていると、
「…私、見たの、矢田君が年上の美人と歩いてるのを…」
今にも泣き出しそうな須田が口をはさんだ。

「…ああ、アレは家庭教師だよ」
矢田は安心したように答えた。
「…須田さん、良かったですね、矢田君は勉強を教えてもらっていただけのようです」
「そうだよ、来年は受験生だし、家庭教師の先生に教えてもらってるんだ」
まだ不安そうな須田に、矢田は笑いかけていたが
「…学校の勉強だけとは、限りませんが…」
「学校の勉強以外って、なんですか」
ひとみがニコニコして言うと須田が不安そうに聞き返した。
「…それは、須田さんのパンティを脱がせた後に恥をかかないための、プライベートレッスンですよね」
「だからそんなコトしてない」
「そんなこと、ってなに?」
須田がウルウルした大きな瞳で矢田を見つめていた。

「…それは大人の男女が大好きな、ハダカになってする恥ずかしい行為です」
「矢田君、カテキョーの女の人と、そんなコトしてたの?」
目に涙を浮かべた須田が矢田を見つめていた。
「だからっ、そんなコトっ、してないよっ」
アブラ汗をダラダラ流しながら、矢田は須田の視線から逃げるように焦っていた。
「…女子大生の方とはずいぶん深い仲になって、お互いのオシリのアナのナカまでよく知ってるんですよね」
「そうなのっ、矢田君」
「…違うよ、デタラメだ」
すがりついて涙目で見つめる須田に、火を近づけたらイッキに燃え上がりそうなくらいに、顔中をアブラだらけにした矢田が七三の頭を神経質になでつけながら必死に弁解していた。

「…、矢田君は、私だけ見て」
恥ずかしそうに顔を赤らめた須田はスカートに手を入れて、すみれ色のパンティを脱いだ。スカートをめくりあげてオシリのアナを矢田に向けたが、尻タブはブルブルふるえていた。
「須田…」
須田のハダカのオシリと、その下のイヤラシイ滴で濡れてかすかに光を放つあそこを、矢田は凝視して股間をふくらませていた。
「…矢田君にだったら、…何されても、いいの…」
「須田…、ココもいいのか…」
矢田はオシリの中心のアナに指を入れていた。
「…あっ、イタッ、…でも、うん、矢田君だったら、…いいよ」
矢田に乱暴にアナを愛撫されて苦悶の表情を浮かべた須田は、それでも矢田に愛撫される幸せを感じて、ますますあそこを濡らしていた。

「…ほんとに、このふたりには、私も降参です」
ひとみの前でアナルセックスをはじめたふたりを横目に見て、あきれ顔のひとみは立ち去った。

作者注:すみれ色のパンティはスミレ色のアヌスの連想から、関連ワード:稲垣足穂(いながきたるほ、ホモ小説の先駆的作家…、だと思います…)、「A感覚とV感覚」

(53) ノーパンだよ、ひとみ先生につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:07:29 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old