FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (20)優佳の怒り

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (20)優佳の怒り

バカ梨佳め…、尻、見てやる…。
真夜中、眠る梨佳を目の前にしてオナニーするしげ雄は、かわいいお尻に張り付いたパンティをはがしはじめた。

「はっ、うひっ、ははっ」
きたーっ、ワレメ、うひひっ…。
桃の皮を剥く時のようにお尻に爪を立てないように慎重にパンティを下げたエロ中学生は、クッキリしたワレメを見て浮きたった。
「くひっ、うほほっ」
シワになったコットン生地を太ももの付け根まで下げると、エロバカは勃起したラッキョチンポをワレメに差し込んで腰を振り始めた。

「ははっ、ふっ、はううっ」
勝ち気な同級生の股間にザーメンをぶちまける妄想で御機嫌のしげ雄だった。少女っぽいまだ固さの残るお尻にチンポをねじ込み、横向きに寝る女体に後ろから抱きついていた。
「うひっ、ふっ、はっ、はあっ」
無抵抗の梨佳をザーメンまみれにする倒錯色情でのぼせ上がった変態中学生は、先端から溢れるガマン汁でワレメをヌルヌルにして快調に腰を振った。菊門のシワが裏スジに擦れるのが気持ちよくて、しげ雄は興奮した吐息混じりにバカ笑いしていた。

「(しげちゃん、ダメよ…)」
「へ?、ひっ」
小さなささやきを聞いて動きの止まったしげ雄は、薄暗がりに立つ優佳を見てヘタレな悲鳴を上げた。セルフ浣腸のあとシャワーを浴びた優佳はバスタオルをカラダに巻いただけのセクシーな姿でドアの前に立っていた。

「(…、しげちゃん、こっち…)」
変態イタズラ現場を見られて硬直したしげ雄を梨佳から引きはがした優佳は、ガマン汁で濡れたお尻を綺麗にしてパンティを引き上げると、しげ雄を自分の部屋に連れて行った。
「しげちゃん、あれはダメ」
ベッドに座らせたしげ雄の前にバスタオル一枚の女体をムッチリさせてしゃがんだ優佳はきっぱりと言った。それは本能のままメス犬にサカる、しつけの出来てないバカ犬をしつける口調だった。

「う…」
いつになく厳しい口調に変態行為を怒られると思ったエロヘタレは、滅多に怒らない優佳が真剣に見つめる顔が怖くて見られなかった。
「もうしないって、約束して、ねっ」
優佳は妹に手を出そうとしたしげ雄に嫉妬混じりの強い視線を向けていた。怯えるしげ雄に優しくしなければと思ったが、それ以上に梨佳に手を出したことが許せなかった。

「う…、う、ん…」
ヘタレは嗚咽混じりに応えて震えていた。
「…、したくなったら、私に言って、ね」
何の考えも無しに妹に手を出す意気地無しなエロガキに小さくため息をついた優佳は、震えるチビを抱きしめ、半ベソの顔を豊満な胸の谷間に埋めていた。

幼なじみ (21)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:36:38 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (19)寝姿オナニー

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (19)寝姿オナニー

「うっ…、んっ…」
アブラ汗を垂らして這々の体でトイレに入った優佳は、ウォシュレットを操作して腸内洗浄した。

「んんっ…」
ネット官能小説でウォシュレットによるセルフ浣腸プレイを知っていた女子高生は、強にした水流をアナルに注ぎ込んでオシッコ浣腸を中和しようとした。
「ああ…、はあ…」
優佳は苦悶しながら括約筋を緩めて菊門に弾ける奔流を受け入れた。勢いよく吹き出す水流がみるみる大腸を満たして下腹がポッコリ膨らんでくる。
「んっ…」
大腸が膨らんでお腹が中から圧迫される。受け入れガマンの限界に達した優佳が無意識に尻アナを緩めると
「はあっ…、あ…、はっ、はあはあっ」
腸に溜まった水が勢いよく噴出し、ウォシュレットの水流を弾き返して便器の水面をビチャビチャ叩いた。溜め込んだモノを一気に放出する爽快な排出感にうっとりした表情を浮かべ、汗で濡れた女体を脱力させた優佳は荒い吐息で肩を揺らしていた。


しげ雄が怯えるくらいの形相で優佳は苦しんだが、飲尿健康法があるくらいなのでオシッコ浣腸による健康被害はない。強いて言えば危険があるのは男性のほうで、ペニスが直接腸内細菌に触れることで細菌感染する可能性がある。オシッコされる女性側に特に危険はない。

優佳が七転八倒して苦しんだのはフィジカルな痛みからではなくメンタルからだった。優佳の大人と変わらない官能的な女体はマゾ奴隷としての優れた素質を持っている。しかし今日はじめてアナルセックスを経験したばかりの女子高生に、SMプレイを受け入れる気持ちの準備はまったくなかった。

SMに関する知識があっても昨日まで男を知らなかった清らかな女子高生は、お尻の中にオシッコされて便器扱いされたのがショックだった。他の子と同じように清潔が絶対的な善という信仰に近い想いで生きてきた女の子は、ずっときれいにしてきたカラダが「汚いオシッコ」で穢されたという大きな精神ショックを受けた。

腸内では日常的にタンパク質やアミノ酸が分解される時にアンモニアが発生しているため実際には何の害もないが、「汚いオシッコ」のアンモニアが腸壁から直接吸収されたら痛いはずという思いこみが、痛みの回路を刺激したせいで優佳の混乱した脳は激痛を感じた。だからウォシュレットによるセルフ浣腸で腸内洗浄して腸内が綺麗になったという安心感とともに痛みは去った。


「はああ…」
オシッコ浣腸のショックからまだ立ち直れない優佳にそんな肉体の複雑な仕組みが理解できるはずもなく、ただ痛みが去ったことに安堵して便座に腰掛けていた。


ちょっとくらい…。
そのときしげ雄はまだ2階にいた。梨佳のあられもない寝姿を目にし、優佳を塗炭の苦しみに突き落とす原因と作ったことなどすっかり忘れたエロガキは、逃げることも忘れて活発女子のプライベートルームに浸入した。
おっ、ノーブラ…。
Tシャツには中学生にしては成長のいい乳房の膨らみと先端の突起がクッキリしていた。梨佳は寝る時に締め付けられるのがイヤでブラをはずしていた。

生意気いいやがった罰だ…、
昼に裸で鉢合わせしたときに変態扱いされたことを根に持つネクラヘタレは、優佳に放出できなかった欲望を梨佳にぶちまけてやろうとたくらんだ。
オマエで一発、抜いてやる…。
横向きに寝る梨佳の背中に忍び寄り、そっとTシャツをめくってパンティが食い込んだお尻を眺めてスケベ笑いしたしげ雄は、ブリーフを下げて勃起したラッキョチンポをシゴきはじめた。

幼なじみ (20)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:32:40 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (18)オシッコ浣腸

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (18)オシッコ浣腸

「優佳ちゃん、気持ち、いいっ」
膣に挿入したつもりで優佳のアナルバージンを奪ったしげ雄は、マゾ女の上物アナルの締め付けに上機嫌だった。

「あんっ、しげちゃん…、あ、ん…、ゆっくり、してえ…」
想定外の尻アナ陵辱に動転した優佳だったが、マゾ女のカラダは変態プレイをあっさり受け入れ、女子高生らしくない官能的なあえぎ声を漏らしはじめた。
「うひいっ、んっ、うんっ」
中年オヤジのようなスケベ笑いをするしげ雄は妖しい色気を発散するうなじにのぼせた。汗で湿った背中にしがみついたエロガキは豊満な乳房を乱暴に揉み砕き、豊かなお尻に押しつけた腰をヘコヘコ振った。

「はあ、んっ、あ、あっ、あんっ」
優佳は直腸を行き来する肉棒の快楽に悶えた。アナルセックスに順応した女体は腸壁のヒダから潤滑油代わりの腸液を分泌し、広がった菊門に挿入を繰り返す剥けかけペニスを潤した。
「はふっ、ふほっ、ほおおっ」
律動する腸壁はカリをネットリ包み、括約筋がきつい弾力でサオを絞りあげる。アナルに挿入していることにいまだに気付いてないエロボケは、二段構えに締め付けてくる女体の神秘を堪能して浮かれていた。

「あ…、優佳、ちゃん…」
膣と直腸の違いもわからずに挿入を繰り返したしげ雄だったが、突然おとなしくなってサラサラヘアが乱れた耳元にささやいた。
「しげちゃん…、な、なに?…」
アナルセックスを楽しんでいた優佳は挿入を中断されて不満だった。おもわず尻アナに力を入れて半剥けチンポを締めあげた。

「うっ…、もっ、もうっ、だめっ」
勃起したラッキョチンポを強く圧迫されたしげ雄は情けない声を上げ、汗で湿ったお尻を抱えて股間を突き出した。
「あっ、えっ?…、や、やだ、やめてっ、やあっ」
S状結腸を貫いた肉棒から温かい水流が吹き出して腸壁に沁みる。すぐにわからなかったがそれがオシッコだと気付くと、文字通り便所扱いの酷い仕打ちに真性マゾ女も怖じけてベッドから転げ落ちた。

「うっ…、ごめん…、優佳、ちゃん…」
尿意をガマンできずに腸内放尿したど変態は、お尻から抜け出した半剥けカリから残滓を垂らす分身を申し訳なさそうに両手で隠していた。
「しげちゃ…、い、痛いっ、痛いっ」
オシッコ浣腸というハイレベルなSMプレイに唖然とした優佳だったが、すぐに腸壁のヒダから吸収されたオシッコに苦しみだした。

「優佳ちゃん…、だ、だいじょうぶ?…」
しげ雄はお腹を押さえて床にうずくまる優佳が心配で泣きそうだった。しかし怖くて何も出来ずにただ見ているだけだった。
「し、しげちゃん…」
尋常でない痛みにまるで陣痛の妊婦のようにのたうち苦しむ優佳だったが、騒ぎが大きくなって二人の関係がバレるのを恐れた。
「か、帰って…」
ヨロヨロ立ち上がるとアブラ汗にまみれた女体にTシャツ一枚だけ着て部屋から出た。

「大丈夫?…、優佳ちゃん…」
ヘタレ中学生は助けたいと思うより、汗を吹き出す太ももがプルプル震えて今にも崩れ落ちそうな優佳が怖かった。
「お、お願い…、帰って…、ね…」
ドアに手を掛けて振り返った優佳は、汗をダラダラ垂らす顔に無理矢理笑みを作ってしげ雄を見た。

「う…、うん…」
しげ雄は薄暗がりに浮かび上がる鬼気迫る笑顔に怯えた。腰が抜けそうなヘタレチビは助けるより逃げることを選んだ。廊下の暗闇に消えた優佳を呆然と見送り、慌てて服を着た。

あ…、バカ梨佳…。
なんとか着衣したしげ雄はベランダから戻ろうとしたが、ふと隣の部屋の窓を覗き込んだ。梨佳はパジャマ代わりのTシャツとパンティだけの姿で寝ていた。
うひぃっ、パンティ、丸見え…。
優佳を見殺しにしたヘタレは、同級生のあられもない姿に節操なく欲情した。アナルセックスを中断して開放されてない欲望が、幼さの残った下半身に食い込むパンティに吸い寄せられていた。

幼なじみ (19)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:46:18 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old