FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (14)無邪気な後戯

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (14)無邪気な後戯

「しげちゃん…、お姉ちゃんと、セックス…、しちゃったね…」
半剥けチンポをドクドクさせてナカ出したしげ雄が、満足そうに優佳の高校生離れして大人びたカラダにのしかかっていた。優佳は膣内で徐々にしぼんでいく半剥けチンポをいとおしく感じながら、一仕事終えて汗で濡れた背中に手を回して優しく慰撫していた。

「うん、しちゃったね」
何も考えてないお気楽中学生は、いつも優しくしてくれた優佳と初めてのセックスをして、筆下ろしできた幸せを噛みしめていた。
「優佳ちゃん、もうオレの女だね」
優しい保護者であった年上の優佳を自分が女にしたという誇らしい気持ちもあった。火照りの冷めない女体は乳首を硬く突き出し、上機嫌のしげ雄は吸い付いてチューチュー吸っていた。

「あんっ…、だ、めえ…」
一人前に彼氏気取りするしげ雄の赤ん坊がオッパイにじゃれつくような後戯に、優佳は絶頂感の余韻で感度が高まった女体をビクンと震わせて甘えた声を漏らした。
「ああっ、はああっ…、しげちゃん…」
汗が湿った乳肌に指が食い込み、中学生の手に余る巨乳が乱暴に揉み砕かれてひわいに歪む。潜在意識に淫乱マゾ女が潜む優佳は乱暴にまさぐられる悦びを悶えた。
「ごめんね、どいてね?…」
しかしそろそろ梨佳が帰ってくる時間なので、いつまでもこうしているわけにいかない。乳房に吸い付くしげ雄をそっと押しやると、充血した花びらのスキマからにじみ出るザーメンの後始末をはじめた。

「あ、うん…、見てもいいよね」
しげ雄はまだ優佳とイチャイチャしたかったが渋々離れた。そのかわりさっきまで息子が挿っていた亀裂をのぞき込んだ。
「やだ、みちゃいやあっ」
愛液と精液にまみれて充血した性器を見られるのは、する前を見られるより100倍恥ずかしい。慌てて手を当てて隠そうとしたが
「だーめ、もう見ちゃったから」
差し出された手を押さえてアソコをのぞき込むエロガキは得意げだった。

「いやあ、見ないでえ」
恥ずかしさで顔から火が出そうな優佳だったが、スケベ中学生のエロ場のバカ力は思ったより強くて太ももを広げられた。
「あれ、なんか出てくる…、あっ、オレのかっ、うへへっ」
抗う手を下腹に押さえ込んでわずかに開いたスキマに指を差し込むとザーメンがドロッと垂れてきた。

「やあんっ、見ないでえっ、しげちゃんの、いじわるっ」
エロ中学生の下品な笑いにマゾヒスティックな倒錯色情をチクリとされ、優佳は甘ったるい悲鳴をあげた。自分がナマ出ししたザーメンを見て得意絶頂なチビ中学生と、顔から火が出そうなほどの恥ずかしさで倒錯した悦びに襲われてセクシーダイナマイツボディを焦がし、身の置き所がないのロリ美人女子高生のバカップルだった。

幼なじみ (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:37:48 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (13)処女喪失ナマ出し

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (13)処女喪失ナマ出し

「…、そういう、ことって…、好きな人と、すること、だから…」
続けざまに卑猥な言葉で責められ、自ら性器の両側を引っ張ってピンク色の中身を見せるセルフ羞恥プレイで欲情する処女女子高生の羞恥心は、とっくに限界を超えておマ○コは洪水状態だった。切ない訴えも口に溜まったおツユでとぎれとぎれになっていた。

「はあはあっ、おっ、オレ、はっ、優佳ちゃん、はっ、大好きだからっ、はっ、はあっ、セックス、はっ、していいって、はっ、はあっ、ことだよねっ」
恥じらって目を伏せる優佳のエロ可愛さに息を荒げて昂ぶるしげ雄は、先走り液でネチョネチョの先っちょを広がった入り口に押し当てた。
「あんっ、しげちゃん、まって…、まだ、だめだよ…」
入り口に食い込んだ肉棒にビクンと震えた優佳は、しかし抵抗することもなく挿入されるのを待つかのように、脚の根本に股間を突き出すしげ雄をうっとりした半眼で見ていた。

「はっ、どうして、はあはあっ、大好き、はっ、なのに?、あっ」
わざとではないが、しげ雄は前のめりに問いただした拍子にサオの根本まで挿入してしまった。
「あっ…、ああん…」
半剥けチンポが処女膜を突き破って膣に突入した。潤沢な愛液のおかげで痛みはそれほどでもなかった。かすかな痛みも強引に犯されたことがうれしいマゾヒストの悦びがかき消していた。
「ああっ、はあん…、しげ、ちゃん?…」
下腹のナカで膨れあがる半剥けチンポを感じてどMな倒錯色情を熱くする優佳は、意図せぬ挿入のあと下腹を密着させるだけで何をしていいかわからないようなしげ雄の下半身を、ムッチリ太ももで支えながら不安そうな目で見つめていた。

「はあっ…、ゆ、優佳ちゃん…」
生で挿入しまった状況にしばし呆然としたしげ雄だったが、
「オレ達、セックス、はっ、しちゃったね…」
不安そうに見つめる優佳がどうしようもなく可愛く見えて結ばれたことがうれしくなってきた。皮かむりの分身にヌルヌルした温かさがじんわり沁みてきて、気持ちよさに自然に顔が緩んでくる。
「しげちゃん…、まだ中学生だから…、これ以上は、やめて、ね…」
幼い肉棒を咥え込んで広がった花びらのスキマから溢れてくるのは透明の愛液だけで破瓜の徴はなかった。優佳はマゾ女の本性が陵辱されるのを求める欲望を抑えつけ、うれしそうにのしかかるしげ雄を優しく諭した。

「…、優佳ちゃんは、オレのこと、嫌いなの?…」
まじめな顔でセックスの中断をいいだす優佳になんだか悲しくなって、そして腹が立ってきた。
「ううん、しげちゃんは大好き、だよ…、でも…、まだ早いと思う、から…」
優佳は辛そうに目をそらした。強引に犯されたいマゾ女の本心と逆の建前をつぶやくお姉さんとしてのセリフは、もの悲しい響きを帯びていた。
「だったら、いいじゃん、セックスって好きな人がすることでしょ」
優佳の複雑な心境を全く理解してないエロ中学生は、大好きという単語にのぼせ上がって温かい肉布団に嬉々として抱きついていた。

「あ、だめえ…、はっ、あっ、あんっ」
浮かれたエロ中学生はデタラメに腰を振った。のしかかる成長過程のカラダで不規則に押しつぶされる優佳は膣内であばれる肉棒に甘くエッチな吐息を漏らす。
「はっ、はっ、優佳ちゃんっ、はっ、気持ちっ、はっ、いいの?、はっ、はっ、オレもっ、はっ、気持ちいいよっ」
激しい挿入で泡だって白い愛液まみれの勃起チンポは破瓜の徴である朱を帯びていた。大好きなお姉ちゃんを傷つけたことに気付かず、官能的な吐息にはしゃぐエロバカ中学生はデタラメな腰の律動を激しくした。
「あ、やっ、あっ、やさしく、してっ、あっ、あんっ」
ハツモノ女子高生は荒ぶる青い欲望の勢いに翻弄された。チビのしげ雄は重くなかったが、遠慮なしに股間を叩きつける圧迫でとぎれとぎれに息が詰まる。

「おっ、優佳ちゃんっ、はっ、はあっ、好きだよっ」
しげ雄はオナニーより気持ちいいナマ本番に極楽を味わっていた。汗まみれの乳房を握りつぶし、しっとり濡れた尻肉の弾力を掴んで引っ張り、ただれた官能を貪って腰を振りまくる。
「おっ…、くううっ…、で、でるうっ」
そして絶頂はあっけなく訪れた。裏スジを駆け上げる電撃的な快感にのけぞったカラダがビクッと痙攣し、熱いザーメンを膣内射精した。膣に締め付けられた半剥けチンポはほとんどカリが剥けた状態で、ドクドク脈動して白濁液を膣ヒダに注入した。

「ひっ…、んっ、しげちゃんっ」
初めてのセックスでザーメンを生注入された優佳も、膣壁を焦がす熱さでエクスタシーの頂点に突き上げられた。大人びた女体を仰け反って胸が大きくバウンドし、パンパンに張った乳房から突き出た乳首が汗を飛び散らせる。
「んっ、いっ、いくうっ…、んっ、お姉ちゃん、いっちゃ、ううっ…」
快感の大波に襲われた優佳は、股間を押しつけて抱きつくしげ雄を濡れた柔肌で包み込むように抱きしめ、白目がちなアヘ顔で快楽の頂点を突き抜けた忘我の境地を味わっていた。

幼なじみ (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:41:23 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (12)局部露出羞恥プレイ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (12)局部露出羞恥プレイ

「み、見てもいいのっ?…、広げるよ」
恥ずかしいシミから粘り気のある糸を引くTバックパンティを、足から抜き取る優佳の女体を見下ろしてゴクンとツバを飲み込んだしげ雄は、ベッドにはい上がると返事を待たずに太ももを広げた。

「あ…、ん、は、はずかしい」
ベッドに沈み込んだ女体に中学生の頼りない体がのしかかる。恥ずかしい汁を垂らす亀裂を至近距離から観察されて優佳の心臓は早鐘のように高鳴り、汗が滲んだ張りのいい乳房がプルプル震えていた。
「あんまり…、みないで…」
しげ雄の興奮した吐息が敏感な素肌をくすぐってエッチな声が出そうになる。優佳は脚を閉じたくなる気持ちを抑えつけることで露出倒錯な欲情がお腹の奥をジンジン熱くするのを感じながら、M字開脚を続けた。

「はっ、ゆ、優佳ちゃん、はっ、糸引いてるよ…」
花びらがわずかにはみ出したスジがにじみ出た汁気でヌル付いてテカる。花びらに触れた指がネットリした汁が糸を引く。興奮した鼻息が鳴って太ももの素肌がビクンと震える。
「やっ…、そんなこと、言っちゃいや」
淫らな昂ぶりの徴を指摘された女子高生は脚を閉じないで、その代わり重ねた両手で豊乳をギュッと押しつぶした。飛び出した乳首があらぬ方向を向いて奇妙で卑猥な風景を作っていた。

「こ、この中…、はっ、ど、どうなってるの?…、はっ、み、見せて…」
エロ中学生はネットに転がっているエロ画像は肝心な部分がぼやけてよく見えないのでまだ見たことがなかった。湿った吐息を恥部に吹きかける欲情中学生は図々しくお願いしていた。
「…、恥ずかしい…」
マゾ心理をくすぐるセリフに大人っぽい女体を緊張させた優佳はしばし躊躇したが、
「でも、しげちゃんだけに、見せてあげるね…」
思い切ってアソコに手を伸ばすと両側の肉に指を当ててゆっくり引っ張り、ピンク色の中身をさらしてみせた。

「はっ、ここに、はあっ、おちんちんが、はっ、入るんだよね…」
女体の神秘に生まれて初めて触れる興奮で心臓がバクバクするしげ雄だったが、湿ったピンク色のアナを見つめてセックスに関する浅薄な知識を口にした。
「…、う、うん…、そ、そうだよ…」
優佳は性器の内側まで見せる恥ずかしさで顔から火が出そうだったが、半剥けチンポを挿入される予感にゾクゾクし、不安そうな口調で応えた。

「はっ、優佳ちゃん、はっ、オナニー、はっ、したことある?…」
見つめすぎて目がマ○コマークになった変態中学生は、生マ○コを見ながらオナニーしたくなって逆に優佳のオナニー経験を聞いた。
「う、うん…、あるよ…」
SM妄想でオナニーする習慣のある女子高生は、そんな変態行為を見とがめられた気がしてマゾヒステックな昂ぶりを泡立てた。媚肉を広げた指に力が入って、広がった穴からトロリと粘液が垂れた。

「はあはあっ、優佳、はっ、ちゃん…、はっ、セックス、はあっ、したこと、はっ、あるの?」
ちんちんが痛いほど勃起して頭がおかしくなっていたエロ中学生は、優佳を言葉責めしている意識もなく思ったままを続け様に聞いた。
「セックス…、う、ううん…、まだ…、ないよ…」
普通のまともな神経なら聞かないだろうど直球の質問は本当に恥ずかしくて逃げ出したかったが、バージン女子高生はかろうじてガマンして正直に答えた。

「はっ、そう、はっ、なんだ…、はっ、はっ、オレとっ、はっ、優佳ちゃんはっ、はっ、セックス、はっ、はっ、したい?」
優佳は恥ずかしさで悲鳴が出そうになるのをガマンして、今にも襲いかからんばかりに昂ぶるしげ雄に震える指でアソコを広げてマ○コを見せつけていた。ヒダヒダの壁から汁が沁みだして広がった入り口の下側からダラダラ垂れていた。

幼なじみ (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:26:24 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old