FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (17)アナルバージン

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (17)アナルバージン

「やっ、(やめて、しげちゃん、だめっ、声、でちゃうからっ)」
裸にした女体の下半身にしげ雄がのしかかり、愛液まみれの性器を弄くり回す。優佳はほぼ無抵抗で、自然に漏れるあえぎ声が隣で寝る梨佳に聞かれないように口を押さえていた。

「優佳ちゃん、ペロペロして」
ペッティングに悶える成長のいい女体に御機嫌のエロ中学生は、自分も下半身裸になると勃起した分身を優佳に押しつけた。
「(お願いだから…、静かにしてね…)、んっ…」
強引に迫られるのがうれしいマゾ女の本性に気付かないまま、優佳はエッチな声が出てしまう口をふさぐ栓代わりに皮かむりの先端を咥えた。

「うっ、はああ…、いい気持ち…」
ムチムチ太ももを広げて濡れた媚肉を覗き込むしげ雄は、変形シックスナインの体勢でフェラチオさせる気持ちよさにバカ面を緩ませる。
「んっ、ちゅっ、ちゅるっ、ちゅびびっ、じゅるっ」
機嫌の良さそうな声を聞いてうれしい優佳は精一杯のご奉仕を捧げた。いきり立ったサオを丁寧に舐め上げ、おツユが弾けるイヤらしい音を響かせた。

「うっ、おほおっ、はううっ」
優佳はサオを愛撫しながら恥毛がまばらな玉袋も愛撫した。性経験の乏しいしげ雄は思いも寄らない場所をマッサージされて浮かれた声を上げた。
「んっ、ちゅっ、ちゅっ、ちゅううっ」
奴隷女気質の優佳はしげ雄が悦ぶ声に欲情した。指を咥えた花びらからダラダラ汁を垂らし、いっそう気合いを入れてフェラを続けた。

「あはうっ、優佳ちゃんっ、もういいよおっ」
濃厚なフェラに裏スジが縮み上がる。昼間に3発も抜いて連射の自信がなかったので、しげ雄は口で1発目を出すのがもったいないと思った。
「ふぇ…、しげちゃん?…、もう、いいの?…」
いきなり拒絶されてなにか悪いことをしたのかと思って心配になった優佳は、怯えた声で聞いた。

「うん、入れてもいいでしょ」
優佳の不安など気にしないしげ雄は、背中から抱きついて上も乱暴に脱がした。
「え、うん…、あ、んっ、あ、そこ、ちがう、あ、んっ」
裸に剥かれた優佳はバックからしがみつくしげ雄が挿入しやすいようにお尻を突き出したが、半剥けチンポはアナルのシワに突きつけられた。

「んっ、あれ?…、こっ、このっ」
場所を間違えたことに気付いてないエロバカはサオを握って強引に押し込んだ。半剥けカリが無理矢理菊門のシワを広げた。
「や、あ、ちがう、あ、ああんっ」
優佳のツバで濡れた勃起チンポはアナルに浸入した。辛そうなあえぎ声をあげる優佳はアナルセックスも初めてだったが、奴隷女の本能で括約筋を緩めてなんとか受け入れた。

「うほっ、くっ、んっ…、おほおっ、いいっ、きもち、いいっ」
輪ゴムのように広がったアナル周辺の肉に締め上げられたエロガキは、はじめて体験するきつい締め付けにうれしそうな嬌声をあげた。
「あ、んっ、しげちゃん、ゆっくり、して、おねがい…」
昼間に処女を失ったばかりの優佳はアナルバージンもしげ雄に奪われた。知識としてはアナルセックスを知っていた頭でっかちなエロ女子高生はうれしそうなしげ雄を拒絶できず、お尻が壊れないように優しく挿入して欲しいと懇願した。

幼なじみ (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:07:59 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (16)夜這いするしげ雄

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (16)夜這いするしげ雄

「(優佳ちゃん、後で行くから…)」
その日の夕飯はしげ雄の家だった。両家族揃っての夕飯が終わって引き上げようとする優佳にしげ雄が耳打ちした。

「(…、うん…)」
拒絶するべきだと思ったが二家族の両親がいる前で騒がれるのを恐れて優佳はうなずくしかなかった。親たちは二人のやりとりに気付かなかったが梨佳はそれとなくふたりを見ていた。

「(梨佳ちゃん、来たよ)」
家族が寝静まったのを見計らってしげ雄が窓から入ってきた。両家はベランダが接近していて簡単に乗り越えられた。それをするのは小学校の時の梨佳をのぞくとしげ雄だけだったが。
「…、(本当に来たの…、静かにしてね、梨佳が起きちゃうから…)」
こっそり忍び込む人影に警戒して布団から目だけ出していた優佳だったが、しげ雄だとわかると手招きして布団に誘った。
「(わかってるって、梨佳なんかにバレたら、何されるか、わかんないし)」
梨佳の布団に入ってうれしそうなエロガキはさっそくパジャマに手を入れて大きめの乳房を嬲りはじめる。
「あん…、(だめ…、声、出ちゃうから…)」
優佳は寝るときはノーブラだった。乳肌に食い込むイヤらしい手に思わず声が出て、優佳はしげ雄の手を押さえた。

「(優佳ちゃん、見せて)」
オッパイ弄りからいったん撤退したしげ雄は下に移動するとパジャマのズボンと一緒にパンティをズリ下げた。
「やんっ、(しげちゃん、だめだって…)」
あっという間に下半身を裸にされた優佳は恥毛を手で隠したが、広がった指の間から性器のスジがはっきり見えていた。
「(だめって言ったって、見ちゃうよ、これ、クリトリスだよね)」
太ももを広げて性器を丸出しにしたしげ雄は、スジの上側を指でなぞってコリコリした部分をツンツンし、ネットで復習してきたエロ知識をひけらかした。

「あ、(や、やさしく、して…)」
いちばん感じる部分を弄られてエッチな声が漏れる。女の子の核心にイタズラする指先を押さえようとしない優佳は優しいタッチをおねだりした。
「(わかってるって、やさしく、やさしく、だよね…)」
クリトリスを強く弄ると女の人は痛がるとネットにあったので、しげ雄はできるだけ優しく触っていた。

「う…、ん…、あ、ああ…」
陰核へのたどたどしいタッチは昼間風呂場で乱暴に触ってきたのと違った。優佳は包皮から剥かれた突起へのもどかしい刺激に優佳は悶えた。
「(優佳ちゃん、気持ちいいんでしょ、オレ、上手でしょ)」
クリトリスへのタッチと同期するように太もものスジがピクピク震える。口を押さえて声が漏れないようにして悶える優佳を見て、しげ雄はうれしくなっていた。
「う、うん…(変な声が出ちゃうから、梨佳に聞かれちゃうし、もう、やめてね)」
クリトリスへの刺激をいったん中断して笑うしげ雄に優佳は手を当てて突起が突き出したスジを隠した。

「(やーだよ、オレ、優佳ちゃんが、イクとこ、見たい)」
性器を隠そうとする手をムリヤリひき剥がしてニンマリしたしげ雄は、白い突起をまた弄りはじめた。ネットのエロ動画のように優佳が絶頂に達して悶えるのが見たいエロガキは、ヒタヒタに濡れた亀裂を指でクチュクチュし、稚拙な愛撫で指先をネチョネチョにしていた。

幼なじみ (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:08:41 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (15)活発美少女梨佳

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (15)活発美少女梨佳

「赤ちゃん、出来ちゃうかな?…」
女体の入り口に指を入れて垂れてくるザーメンをかき出して遊んでいたしげ雄は、ふと重大な事実に思い当たったがあまり深刻に考えている風ではなかった。

「…、たぶん大丈夫、心配しなくていいよ」
抵抗するのをあきらめて性器をイジらせていた優佳は、そのセリフを自分の体を気遣う優しさと勘違いしていた。
「なんだ、つまらんっ、赤ちゃん出来たら、優佳ちゃんと結婚できたのに」
世間知らずのおバカ中学生は17歳の女子高生に結婚する意志を伝えてきた。

「え…、結婚…」
しげ雄のプロポーズはまったく想定外だった。考えてもいなかったことに頭の中がまっしろになった。
「しげちゃん…、お姉ちゃんと、結婚したいの?…」
初めてセックスした動揺からまだ立ち直ってない優佳は、女一生の一大事であるプロポーズに驚いて聞き返した。

「だって優佳ちゃんいつも優しいし、イジワルな梨佳とだったら、絶対優佳ちゃんだよ」
おバカ中学生はやっぱり何も考えてなかった。しげ雄にとって結婚とは好きな女の子とずっと一緒にいることだった。
「…、そうだね、優佳もしげちゃん大好きだよ…」
脳天気な返事に安心するのと同時に、肩すかしを食ってがっかりした優佳だった。
「しげちゃん、このことは二人だけの秘密だよ、誰にも言っちゃダメだからね」
いまさらながらしげ雄のバカさ加減を思い知らされた優佳は、この脳天気バカがうっかりしゃべってしまうのを心配して口止めした。

「わかってるよ、優佳ちゃんとオレの秘密だよね」
真剣な顔で見つめる優佳に、おバカ中学生はあいかわらず脳天気に笑っていた。
「もっとセックスの勉強して、優佳ちゃんをもっときもちよくしてあげるから」
脱童貞して上機嫌のエロバカはそういって部屋を出て行った。
「はああ…」
嬉々として出て行く背中を見送ってひとり残された優佳は、おバカ中学生のオモチャにされた性器から垂れるザーメンの後始末をしながら、大きなため息をついた。


「きゃああっ、アンタ、なんで裸なのっ、この変態っ」
意気揚々と1階に下りたしげ雄は、帰ってきた梨佳と鉢合わせした。
「へ?…、バカッ、ちがうよっ、お風呂にっ、見るなよっ」
勉強でも運動でも圧倒的な差をつけられている梨佳を苦手しているしげ雄は、その悲鳴に裸だったことに気付くと慌てて風呂場に逃げ込んだ。

「変態っ、変なことしないでよっ」
優佳ほど完成した大人のカラダではないが、中学生にしては成長のいい梨佳は私服のミニスカートにナマ足をまぶしく輝かせ、脱衣所で慌てて服を着るしげ雄をのぞき込んだ。
「見るなよっ、オマエが変態だっ」
しぼんで皮かむりになったオチンチンを見られる恥ずかしさに腰を引いたしげ雄は、ツンケンする美少女にバカっぽいセリフで応酬した。

「そんなの見慣れてるわよ、私を見習ってちょっとは成長しなさいよっ」
小学校まで一緒に風呂に入っていた梨佳はラッキョチンポなんて見飽きているので強気に言い返した。イジワルに笑うと胸の下に手を当ててタプタプ揺らし、中学生にしては育ちのいい乳房を自慢していた。
「ぐっ…、うるせっ、ホントに犯すぞっ」
ロリな色気に一瞬言葉を詰まらせたエロガキだったが、またもや頭の悪そうなセリフで言い返した。本当に犯してやろうかとも思ったが、3回も放出したあとなのでラッキョウは膨らみそうになかった。

「やれるもんなら、やってみなっ、でもその前に必殺キックでやっつけちゃうけどねっ」
カワイイままのラッキョに全く危機感のない活発美少女は、鼻でせせら笑うと二階の自室に向かった。

くそおっ…、絶対犯してやるっ…。
脱童貞したいい気分を台無しにされたおバカ中学生は、階段を軽やかに駆け上げる健康的なナマ足とチラチラするパンティの白色をまぶしく見ながら、いつか犯してやるとスケベな下心に誓った。

幼なじみ (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:05:44 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old